誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    独白

独白

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「独白」のブログを一覧表示!「独白」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「独白」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「独白」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

アロハを着たハンターマトリックス
マトリックス コーナーでの休息も無ければラウンドの終わりを告げる鐘も無い一日は因果の法則のリングの上にしかない未来は因果の法則のリングの上の勝利の先にしかない一日、一時間、刹那刹那が実存的勝利と実存的敗北の屹立した因果の稜線の ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

Ruin MemoriesTwitter自粛につき。
「CMが自粛モードになって時々デレステのスケートボーイズ中居さん(&着ぐるみぴにゃこら太)CMが流れて癒されてる」というツイートが大量RTされている件について。震災のトラウマでほぼテレビつけてないのですが……、新聞を読んでたら、や ... » more
テーマ Memory 独白

Ruin Memoriesつれづれ。
普段の日常についてはTwitterの過去ツイ参照。FGOしてまーす。デレステしてます。いまデレマス総選挙中なの、今年は大石泉さんに集中投票してる。絶対デビューさせてあげるんだからあ!!「なんかジャパンでアースクエイクったらしいん ... » more
テーマ Memory 独白

Ruin Memories20年前の表紙の天使は、
ゲーメストを初めて読んだのは20年前でした。ところで、今年初投稿じゃなくない? ヤバくない?……と思っていたら安心してください、2回目でした。キース様とエミリオくんへのバースデーメッセージ(爆)はTwitterとmix ... » more
テーマ SubCulture 独白

桜の花の満開の下で 桜の花の満開の下にようやくたどり着いたらそこにはこれまでの人生の細やかなハレの時々がたゆたう陽だまりの中でのたりのたりと春の波音のように永遠の時を揺らめいていた一回生の中ですら輪廻転生を繰り返してきたような日 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

新年から新年度までの憂鬱を越えて 息絶え絶えに襤褸襤褸(ボロボロ)の心身を引きずる旅人は、北風に尚固い蕾を揺らす桜木の下に行き倒れ命尽きるその断絶痛ましい生け贄の沈鬱な静寂の時を経てようやくうららかな陽気はやって来てまるで旅人の命の化身のように一 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきお殿様
お殿様 営業終了時刻が、早いので、非常に使い勝手が悪いが少しでも割引があるのなら使わないわけにいかないなぁ。今日は、朝だと時間がとれたから予約していた切符を受け取りに来たが営業開始時刻も遅かった。この後の予定もあるので開 ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンター花鳥風月の世界
花鳥風月の世界 養老孟司 著「養老孟司の幸福論」 読了昔から人間には、「人事の世界」と「花鳥風月の世界」があり、このふたつの世界の両方を行き来しながら、生きてきた。人間関係と、人間の意識の外に人間の意思とは無関係に広がっている世界のことであり、それぞれ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター脱獄
脱獄 去年の今頃もその前の年も、こうしてブラインドの隙間から午後には日陰になりがちなこのビルの北東側に植えられた数本の桜木の、蕾から葉桜に至るまで一部始終を見届けた脱獄・・あゝ 何度も考えたさ (映画「パピヨン」「ショーシャンクの ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター厳戒令の夜
厳戒令の夜 本能と煩悩だけで動き回るゲジゲジのような奇態な虫が砂紋のようにおぞましくひしめき合い蠢(うご)めくカシャカシャという喧(やか)ましい音は十数本の足の忙しなく動く音と絶えず何かを喰い咀嚼(そしゃく)している顎(あご)の骨の音だ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき函館
函館 急な用事ができて、函館に学生時代、4年間住んだ街。すっかり景色が変わってしまったなぁ。 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンターオデッセイ 3
オデッセイ 3 北風がいつまでも渦巻く晴れ上がった早春の昼下がり、深紅の梅の花びらが人知れず路傍の風の吹き溜りに鮮烈な帯(おび)をなしているのを見た梅は咲いて春の訪れを告げ桜は散って春の終わりを知らしめるその末期(まつご)桜花は薫風 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンターオデッセイ 2
オデッセイ 2 未分化な創成期刻々の神話世界宇宙ビッグバン後の数万分の一秒のゆらぎ受精卵が倍々に分裂加速する黎明のたゆたいわたしの細胞ビッグバンその時の背景放射が同時に拡大を続けた潜在意識の空洞の背景を生涯を通して淡く照らす ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ここ2週間、週末になるとなんやかんや用事が入る。その合間をぬって、行こうと思うのだが、週末になると、異様なくらい温い・・・・・温すぎて、ゲレンデに行く気がうせてしまう。けっか・・・・・今月に入って、まだ1回しかゲ ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンターバーテンダー
バーテンダー NHK 「プロフェッショナル 仕事の流儀」(凄腕バーテンダー岸久)を見た。そこが花も実もある東京銀座の裏通り地下に静かに佇む会員制老舗バーであることが肝要だ。その店のマスターはオーナー兼バーテンダーで、恰幅の良い身体に白いブレザーを ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

カードの引き落としに使っている口座の通帳しばらく記帳していないので、ATMで記帳しようとした。が、機械が通帳を読み取ってくれない。インターホンで係員とやり取りしたところ、「磁気部分が破損しているようです。窓口で新しい通帳と交 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンターオデッセイ
オデッセイ Go on now goWalk out the doorすぐに出て行ってちょうだい そのドアから出て行ってよ向きを変えればいいだけでしょだってあなたはもうお呼びではないわよあばよって言って私を傷つけようって魂胆じゃ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

底なしの行間を持つ男 大地が大きく裂けて屹立した断崖絶壁の間に霧にかすむ底なしの峡谷が何処までも延びていたどれだけのものがこの谷底に落ちていったのか茫として知る由もない谷底から渓谷を流れ落ちる水の音が聞こえるわけでもなく ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

村上春樹小説世界への巡礼 村上春樹 著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 読了田崎つくるは長く心に蓋をすることになるかつて自分を深く傷つけた高校時代の友のところへ巡礼をする。それによって多くの真実を知りある部分救われもしたが、それ以上に巡礼を勧めた ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ラスボス   小林幸子 金スマで〈小林幸子の復活〉を見た2012年の事務所騒動がもとでその後三年間紅白歌合戦を干され仕事も激減。それでも大手レコード会社と縁を切り自主レーベルで「茨の木」を出し、スーパーやレコード店へ自ら足を運び手売りするどん底の営業活動を続け ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター雪の降る街を
雪の降る街を この冬初めての雪は朝方には吹雪となってあれよあれよと積っていった見慣れた街が雪の降る街になった雪の降る街よジャリジャリとチェーンの音がして屋根の上に雪を積んだ車やバスがのろのろと渋滞し路肩に路上の溶けかけ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ハードボイルドの由来 ヘミングウェイ短編集 「われらの時代・男だけの世界」 読了1920年代、フランス・パリにあるリュクサンブール美術館に通い詰め、セザンヌの絵の前に立つヘミングウェイ。セザンヌが描くように自然を描きたい。写真のようなリアリズムとは一線を ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター荒行三昧
荒行三昧 日経平均 戦後初 東証年明け5日続落 1月4日 18,450🔽582 (大発会)・中国市場サーキットブレーカー発動 1月5日 18,374🔽76 1月6日 18,191🔽18 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

例年であれば、この時期までに3回は山に行って体を動かしているのだが、今年は、新年に1回(昨年末にも1回)行ってるだけ。しかも、初滑りの蓮ちゃんだったので、体なら慣らし程度の運動。そのあとは、正月ということで、ただただ ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

あの方(吉田松陰)を見た 小春日和の快晴だった真っ青な空の下に年の瀬の静まり返った街は放射冷却で昼間でもシンと冷えていたそれでも油見隧道を抜け小瀬川沿いに安芸の国側の県道を数キロ歩き両国橋を渡る頃には身体も温まりウインドブレーカーを脱いで方脇に抱 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきシロ
シロ 昨夜泊まった民宿の看板猫人なつっこいが、カメラを向けるとソッポを向く。そのくせ、こちらを見る時は、クリッとした瞳でじっと見つめてくる。カワイイじゃないかカワ(・∀・)イイ!! ... » more
テーマ 独白

ゆるボーダーのつぶやき夜更かし
夜更かし 民宿に戻って、見知らぬ若者たちと楽しく飲み気がつけば2時過ぎ。早く寝なくては。でも、ビールが、美味い。 ... » more
テーマ 独白

ゆるボーダーのつぶやき額面通り
8月の記事「お宝か?」で紹介した古いお金たちを使えるようにするために銀行に持ち込んだ。快く応対してくれたお姉さん。手際よく数えてくれた。穴無い50円玉、知らない世代だろうナ。聖徳太子の5000円札や1000円札み ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

月は自ら光を発している 冬至を過ぎた暁の闇漆黒の西側の山の端の上に黄色がかった鏡のような満月が浮かび燦燦と光のリングを放ち続けているのを見た何の変哲もない岩の塊がただ太陽の光を反射しているだけでこれほどに俺の魂を射抜くはずがない ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター行間の無限格差
行間の無限格差 言葉がたゆたう帆船なら青く輝く大海原に言葉が風雪に洗われ続ける小石ならその上に雪解け水のせせらぎを言葉が百万光年先に瞬く星なら百万光年の透徹した沈黙を行間にある青い大海原雪解け水のせせらぎ百万光年 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

 

最終更新日: 2016/11/28 16:10

「独白」のブログ関連商品

» 「独白」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る