誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    独白

独白

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「独白」のブログを一覧表示!「独白」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「独白」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「独白」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

風は吹いているか 浅田次郎 「壬生義士伝」(上)(下) 読了巧い!感嘆しつつ読み進むが、何度も終わっていいところで終わらず、正直「巧い」のくどいほどの連続にしまいには少々むせ返りくたびれた。無骨な物語と思いきや、やがて幕末をも俯瞰する長い叙情詩となる ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

すべては傾いている 落合信彦 「そして帝国は消えた」 読了すべては傾いている繁栄と衰退勃興と崩壊上昇と下降増加と減少前進と後退進化と退化成長と老化向上と堕落すべては不安定な力学の中にあり尚その運動を続けよ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

欲望と理性のコントラスト 村上龍「トパーズ」 読了book off で100円で売られていた好きな作家の読み残しを拾ってはみたが、時代は変わり当時は問題作であったとしても、今は古本ながら100円の値をつけられていることが至極妥当であると納得したバブル ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンターam5:00・August
am5:00・August 夏至を過ぎて既にひと月と十日水蒸気も大方晴れ上がり僅かに傾いた夏がようやくその輝く肢体を鮮明にして静かに走り出す荒ぶる狂気がその背中に訥々と叡智を語り始めるまだ誰も気づかないところで日はもうだいぶ短く ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき控酒
禁酒でも断酒でもない。ただ控えているだけ。先週の水曜日から、お酒は飲まないように心がけている。それでも、この酒好きオヤジなので、どうしても飲みたくなったら缶ビール1本はOKということにしたら、けっこう我慢できた。ビー ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

レディ・ジョーカー 高村 薫 「レディ・ジョーカー」(上)(中)(下) 読了新潮文庫の上、中にも下の最終巻にも解説はない。高村薫のこの作品に対する強烈なプライドが解説者の御託を不要としたか、あるいは受け手がいなかったか凄まじい質量を内包した驚嘆すべ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき酔って候う
♪土佐の鯨は大虎で腕と度胸の男伊達(おとこだて)いつでも酔って候(そうろう)酒と女が大好きで粋な歌も雪見詩(ゆきみうた)いつでも酔って候♪昨日開けた四合瓶今日で飲んじまった。だから、いまのおい ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンター巌流島の決闘
巌流島の決闘 寝たたった三缶のビールでひどく酔った酔ったのか?唯この世のくだらなさが増幅されるだけなのだよくこんなものを長い間、有難くやっていたもんだ一年ぶりに飲んだビールは何処にも連れて行ってはくれなかった素 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

スーパー・サマーバケーション 夏休み入りをする仕事はしばらくは休日登校か宿題くらいに考える早朝からの強烈な陽射し、喧しい蝉の鳴き声近所の公園のラジオ体操の音、不思議な静寂感訳もなくワクワクする予感に満ちた輝く一日の始まり朝顔、風鈴、西瓜、打ち ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき寝苦しい夜は
寝苦しい夜は 昨夜の発熱もおさまったが、今日1日はおとなしくしていた。昨夜活躍した氷嚢熱はないけど、今夜も使いましょ! ... » more
テーマ 独白

昨日は、舌が喜ぶよるだった。今夜も家内は友人とコンサートだというので、どこで飲もうか、朝から考えていたが、ばちが当たった。(*´Д`*)午後から、妙にカラダの節々が痛くなってきた。熱を測ったら37.5 ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンター束の間の青空
束の間の青空 梅雨時分は毎年鬱々として散々ぼやいてきたが今年は長雨が比較的少ないだけでなく何故だかそれほど気分的に追い込まれていないシステムとして細分化された情報処理最前線のオペレーションから統合的というか未分化なアナログ的認識采配業 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター諦念への叛乱
諦念への叛乱 北方謙三 「絶海にあらず」(上)(下) 読了海賊である叛乱であるそも藤原純友とは何者か海とは何であるかを京に知らしめる義憤の勇者なのか時代の閉塞に風穴を開ける豪胆な英雄なのかその結末にある史実の虚しさを ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター辺境に死す
辺境に死す フロンティアとは辺境、最前線、最先端、新分野、未開拓地・・未だ価値の定まらない手をつけるにはおよそ無謀な荒野を云う要は生き方は二つしかない価値の定まったものへのアプローチか価値の定まらないものへのアプローチかだ価 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき親不孝モノ
親不孝モノ きのう、中指のささくれから出血ささくれができるのは親不孝をしているときだそうだ。役1ヶ月ぶりに母親に面会。なにやら、夢を見て目が覚めたというところだったようで反応がいい。私の顔もすぐ認識できたし、 ... » more
テーマ 独白

新しい未知なる連続 五木寛之 「青春の門」第七部 挑戦篇同 「青春の門」第八部 風雲篇 読了1967年6月から「週間現代」で連載が始まった「青春の門」は第一部〈筑豊篇〉が1970年に刊行されてから、〈自律篇〉〈放浪篇〉〈堕落篇〉〈望郷篇〉と続き、第 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき12ヶ月点検中
フロントのサスペンションにガタを発見、来週、修理を、予約。7年も経ってるからなぁ。距離も結構走ってるし。でも、もう少し頑張ってもらわないと。 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンターくぐり残した門
くぐり残した門 五木寛之 「青春の門」第五部 望郷篇 同 「青春の門」第六部 再起篇 読了五木寛之が続編を新たに週間現代に連載している埋もれていた古代の門柱が土の中から顔を出し、止まっていた時が動き出すくぐり忘れ、くぐり残した門 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

放たれたアンカー 五木寛之 「青春の門」 第三部 放浪篇 同 「青春の門」第四部 堕落篇 読了存在とは何か自らが存在するとはどう云うことか誰もが心の奥底に持たされた一つの問いそれは終生自らを脅かし続ける時限爆弾の秒針の音の ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ホット珈琲とアイス珈琲 五木寛之 「青春の門」第一部 筑豊篇 同 「青春の門」第二部 自立篇 読了長編小説を読みたいのだ内なる舟、波動の一つを常に大海の沖に浮かべていたいのさもちろん雄大で痛快なものに越したことはないだが、たいがいのものは既 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき物欲
物欲 バック欲しい病が再発。ショルダーバックが欲しくなった。カバン店なんかを覗いてみるが、コレは!と言うのに出会わない。ご贔屓にしている楽天を覗き、いくつか良さげなのをピックアップしたが、実物を見ないで買うのはチョット ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンターマツバギク
マツバギク 浅田次郎 「五郎治殿御始末」磯田道史 「龍馬史」 読了十六才の夏の風景はいつもピンと張った憂いを含まない赤の花弁の華やぎでありその葉はポッテリと厚く水分を蓄えた瑞々しい緑色の福よかな台座を繁らせていた夏の眩しい日射しの中 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

オーシャンブルー 丸山健二 「生きることは闘うことだ」朝日新書 読了大昔に「アフリカの光」を読んで以来だが、悪い油で揚げた天ぷらでも食ったように彼の文章と文体にむせてしまった。あるいは彼は一部の人間に奇岩奇木の人と映っているのかもしれないが、ただの凡人で ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター仕上げの調律
仕上げの調律 北方謙三 「肉迫」読了うんキレのあるビールを飲み干したような爽快感最後の仕上げは北方謙三のハードボイルドだろカフカもカミュもそうそう読んじゃいられない絶望も虚無もすでに堪能させてもらって余りあるわざわざ五 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンターGWという断層
GWという断層 GWという断層を越えると時間は一気に加速するすべては海底が隆起して台地になるようにステージを上げる新緑の若葉はあれよあれよと隆々たる黒光りした逞しい葉となりきのうまで北風に沈黙していた痩木の下に今日は ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

零地点からの脱出 フランツ・カフカ 「城」 読了「わたしは、結構なキズをもってこの世に生まれた。それが、わたしのこの世への身支度のすべてであった」短編『村医者』のなかの言葉いかなる世界にも所属できない異邦人であるということは、存在を喪失しているという ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき焦った!
焦った! エビスバーでくつろいで、会計を済ませトイレに寄って時計を見て、驚いた。新幹線は18:20発走ったよ!人混みかきわけかきわけ。そんな時に限って、自動改札でもたつく奴がいるんだよな。しかも、空いてるのはIC専用ば ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

アロハを着たハンター満ち潮と満ち陽
満ち潮と満ち陽 岩礁を覆い尽くし伸びやかで艶やかな紺碧の海原がキラキラと太陽光を反射しながら尚厚みを増して押し寄せてくる力強い陽光もまた早朝に立ち海の向こうから洪水のように溢れもんどり打ってなだれ込んでくる強烈な光線がく ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター殲滅せよ
殲滅せよ 出撃せよ!そして殲滅せよ!ならず者には死を調子者には破滅を畜生には監獄を愚者には絶望をアル中には肝硬変をヤク中には肝臓癌をスモーカーには肺癌を出撃せよ!そして殲滅せよ!生か ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき冬か?
冬か? 本日、青森市出張。みちのく道路は、吹雪。次の日曜日にタイヤ交換の予定。もう大丈夫だよねぇ。 ... » more
テーマ 独白

 

最終更新日: 2017/12/18 04:44

「独白」のブログ関連商品

» 「独白」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る