誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    独白

独白

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「独白」のブログを一覧表示!「独白」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「独白」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「独白」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

アロハを着たハンター嵐が丘
嵐が丘 エミリー・ブロンテ 著 「嵐が丘」 読了束の間、ヒースクリフという孤独な悪党を友としたが、復讐も正に成就せんとしたその時になって悪党であることに疲れ果て、その予期した展開に自嘲しながらも新たな破壊に手を下すこともなく、自ら死んじまいやが ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

洗い晒しのひと時 うんいいねシンプルで明るくて数えきれない輪廻転生に洗い晒しの何気ないひと時うんいいね何もかもが穏やかな光となって輝いている人気ブログランキングへ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

甘やかし過ぎかなぁ 息子が就職して、まもなく1年になろうとしている。昨年の今頃、就職祝いと卒業祝いとで、スキーを買ってやる約束をしていたが、当の息子が多忙を極め結局買ってやれなかった。その約束を今日果たした。息子の運転で、一戸町 ... » more
テーマ 独白

ビーナスの微笑み 西の空に上弦の月と火星と金星が並んだその金星の幻惑を誘うほどの眩さ一体この明るさは何なんだ自ら宿してきたファンタジーはことごとく夢と消え果て凍てつく暗いアスファルトを黙々と歩く男にこうして空を見上げ美しく謎め ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター辺境にある熱狂
辺境にある熱狂 北方謙三 「碑銘」 見城徹 「たった一人の熱狂」 読了見城徹は勝つ術のない死に、それでも儚(はかな)くも抗い続ける生のパルチザン闘士として自らを捉えればこそ、圧倒的な中心と圧倒的な成功のもとにありながら、尚たった一人の熱狂を続け ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター辺境に棲む日々
辺境に棲む日々 辺境への強烈な執着と偏愛中心への侮蔑と無関心辺境にある己れへの冷静な客観と諦念に燻(いぶ)されて尚、艶(なまめ)く不屈の自我遠くなっていく中心にわいわいやっているだけの幼稚で空疎な中心に夢から覚めたように興味を失 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

早春のプレゼンテーション J. ディッキー 「救い出される」 読了村上柴田翻訳堂で新訳復刊された10冊の内の1冊1971年発刊、もともとの邦題は「わが心の川」、映画の邦題は「脱出」それにしても(救い出される)とはつまらない表題だ暗喩と両義性に満ちた単 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

喪失してはならないもの 大岡昇平 「野火」村上春樹 「女のいない男たち」読了新年早々たまたま読んだ二冊の本はどちらも面白かったおみくじを引いたような偶然にあえて意味を見つけるなら、戦場という極限の中で人間性と自らの命の喪失に直面する男たちと、愛する ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター初夢
初夢 賑やかな市街地に売り出し中のそう広くはない土地を買うことにしたそこは8分割されていて俺の購入した土地の両端も瞬く間に売約済となった俺にとって名前は知ってはいるが何の足掛かりも手掛かりもない遠い街取り立てて喜んでいる風もない俺 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンターオレという連続
オレという連続 ドナルド・トランプ 著「トランプ自伝」青山繁晴 著「平成紀」 読了俺だけが知る俺の連続俺の肉体を住処(すみか)とし思考し感じ企み続けるもの肉体の所在の履歴などとは次元の違う思考し感じ企み続けてきた任意な定点の ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきポチッと
ポチッと やってしまった。新しいボードが欲しいなぁなんて考えながら楽天市場をうろうろしてたら、目についてしまった。前から欲しかったモバイルプロジェクター。これで、宴会の席で写真やビデオなどをみんなで見られる。そのためだけと ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンター割拠
割拠 村上春樹 「職業としての小説家」佐藤 優 「先生と私」浅田次郎 「ハッピー・リタイアメント」読了高杉晋作は第二次長州征伐軍も迫る絶体絶命の四面楚歌の中で長州割拠と叫んだ割拠長州割拠俺の人生も幕末と ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

もう一つの四十七士 つまらぬエビデンスや作業指示書や報告書、決裁書類に一体どれほど押印してきたことだろうかそれは取りも直さず、自らの分裂と解体と喪失に悶絶し続ける長い闇夜の彷徨だった若い情熱が何度も挫折し、それでも果敢に夢色の未来に挑んでいたはずが ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター五分後の世界
五分後の世界 朝靄(もや)に煙る街( たしかに珍しいほどに濃くて深い朝靄だ)昨日までの街とは違う五分後の世界踏み出したのだ愛想を尽かした我と輝きを失った世界を後にしてすべては似て非なるもの今はまだ朝靄の先に隠れてい ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきぴいマン
ぴいマン 先日の北上方面旅行のお土産。ピーマンを練りこんだせんべいだというが、ピーマンの味はせなんだ。。普通にうまい、クッキーせんべいなのだ。 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンターサクセス
サクセス 暗くなった誰もいないプラットホーム闇の先に深と静まり返る新たな街に向かい、肺の奥底から細い紫煙を吐き出すと、チリチリと赤く燃える煙草の先に束の間目をやる地底のミッションをいくつかこなし人生の配線をちっとばかし変えてまたこ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

「憂囚録」を閉じる 船戸与一 著「満州国演義」(九)最終巻読了吉田松陰の「憂囚録」が明治ー大正ー昭和ー敗戦までの百年を貫いていると看破する。黒船の来航で一挙に顕在化した日本の民族主義は、松陰の打開策を尊皇攘夷と名付けた。明治新政府は欧米列強による植民地 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター晩秋のカタルシス
晩秋のカタルシス 船戸与一 著「満州国演義」(七)(八) 巻 読了船戸さんは現場取材を非常に大切にしていた。そこの地理、気候、町並み、民族、宗教などをざっと掴み、あとは文献資料で徹底的に調べる。その上で、オリジナルの登場人物は存分に動かし、豪快に血し ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンタートランプリスク!
トランプリスク! 軍隊経験も政治経験も政治献金もゼロ不動産王として巨万の富を築きあらゆるイデオロギーにも権力にも組織にも大衆にも依存せず自らの成功体験と自らの金と自らの人格によって立つアメリカンドリームを自ら体現しアメリカの自由を誰よりも ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき1人宅飲み
1人宅飲み 妻が友人宅に食事に行った。女子会だそうだ。息子も友人と街に飲みに行った。私も飲みに行こかと思ったが、天気と残業でその気を削がれた。結局惣菜買い込んで、宅飲み。新しいビールが出ていたぞ。イヤ、ビールじゃないか。 ... » more
テーマ 独白

ゆるボーダーのつぶやき新兵器
新兵器 明日は雪になるらしいです。自分のエクストレイルは、点検と一緒にタイヤ交換してもらったが、妻のデイズ君は、私がやらないといけない。そこで、今年はこんなものを買ってみた(画像はネットから)昨日、息子のタイヤ交換で ... » more
テーマ 独白  コメント(2)

無頼という反逆・漂流 船戸与一 著「満州国演義」(五)(六)巻 読了かつて柳絮(りゅうじょ)のように生きると緑林の徒を率い青龍攬把と呼ばれた敷島次郎は、手下をすべて失い一時受けた関東軍特務機関からの依頼仕事にも決別し、拳銃を捨て馬を手放し背広を着てルノー ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター隷属かモーゼルか
隷属かモーゼルか 船戸与一 著「満州国演義」(三)(四)巻読了「祖国のためなんですよ」「俺の知ったことじゃない」「自由ですか?」「何だと?」「そんなに自由が大事なんですか」「おれは刹那刹那で生きているだけだ。自由がどうだこうだとは ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

アロハを着たハンター鈍く光るもの
鈍く光るもの 組織を抜けるということはなかなかの難事業だ裏稼業は言うに及ばず真っ当な仕事ですらも世の中は当然の如く組織に属していることの価値ばかりをあげつらうが、何の組織にも属していないという黙殺された価値がある世の中の大勢は組織に属 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやきうまれた
うまれた 先日、卵が孵化した。コダックレベルが6になった。そんなに歩いてはいないのになぁ。 ... » more
テーマ 独白

アロハを着たハンター馬賊という生き方
馬賊という生き方 船戸与一 著「満州国演義」(一)(二)巻読了〈全九巻〉日本を捨て大陸に渡り馬賊となった清朝末期の混乱の中で必然にして湧き出るように現れた盗賊団治安悪化故の自衛集団がやがて力を持ち無法の徒として大地を跋扈す ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

ゆるボーダーのつぶやき早々と
早々と 先月はまだ冷房が必要な日もあったというのに月が変わったら、早々とストーブだよ今年は寒くなるの早いのかな。 ... » more
テーマ 独白

自由と実存の朝日 人生の果実はモラトリアムの中にこそある学生時代・失業期間・リタイア後・・そこに自由とありのままの自分があるからだやり甲斐や生き甲斐やアイデンティティーやステイタスや社会的責任といった生まれながらに刷り込まれた社会的共同幻想か ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

 終わりなき ルート2 AM4:35' 、時折大型トラックが2~3台固まって流星のように追い越していく。街頭に白々と照り返す閑散としたアスファルトが百年一日の如く続き、頼りない原付バイクのエンジン音が未明の街に低く鳴り響く。ヘルマン・ヘッセは「シッダールタ ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

秋・マクドナルド 2016・9・24 AM5:55' 早朝のマクドナルド24h営業ゆえの朝方の気だるさだが悪い気はしなかったわずかな気だるさと同時に肌に冷んやりとした初秋の朝がガラス窓の外にゆっくりと明けていくソーセー ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

 

最終更新日: 2017/02/17 21:59

「独白」のブログ関連商品

» 「独白」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る