誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フォークソング

フォークソング

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フォークソング」のブログを一覧表示!「フォークソング」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フォークソング」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フォークソング」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

花織ちゃぶ火山が爆発したら
火山が爆発したら 「太陽はせんべいが好き2002、12、13」についてもし今火山が大爆発したら地上の人は灰の下今ここでしているそのままの形で埋まる灰の下台所でトイレでふとんでしてるその形のまま ... » more

二十歳の頃によく聴いたLP盤の中に入ってた一曲。けだるくて不健康そうで。煙草吸い過ぎだよと思う。がヘンに惹かれてしまう。このほんの少し前に、よしだたくろうを知った。「結婚しようよ」が流行る前。パチンコの景品で「今日までそして明日から」のシン ... » more

坂庭省吾さんの「せめて今夜だけ」とまじめ半分ギター教室の歌 「どこにいればいいんだろう」について今はなきナターシャーセブンの省吾さんの演奏「せめて今夜だけ」http://www.youtube.com/watch?v=yVfQOqfCwrs&feature=related ... » more

「黄昏の女囚の歌(歌えるバージョン)原作槙村浩」についてジャンナビチェフスカヤの「ステンカラージンの夢」が聴けるサイトがありましたhttp://byeryoza.com/topic/mp3/Janna1.mp3「ステンカラ ... » more
テーマ フォークソング 槙村浩

PPMフォロワーズ (フォーク昔話 その1) 新しいシリーズこいつはじきネタ切れになると思います…小室等がソロになる前「六文銭」というグループで活動していたことを知っている人は結構いると思います。上条恒彦と「出発の歌」というのを歌っていたこともありましたね。 ... » more

先週末、とある集まりがあって久々にカラオケに興じたのだ。別に声自慢でもないし、特にごひいきの歌手がいてレパートリーが固定化しているというわけでもない。単に聴いたことがあるとか、その昔の“自分の歌”を歌うくらいでしかない。 ... » more

肥後 章のキッチンソング夢の中へ
夢の中へ 井上陽水といえばおいらの青春時代の代表的なフォークシンガーでした。傘がない人生が2度あれば東へ西へなど歌っていました。今回は夢の中へをハモってみました。似顔絵がきれいすぎるという意見がありましたので、泥臭い陽 ... » more

浮き草の道草北京の55日
『北京の55日』は昭和38年(1963年)に公開された映画です。中国で1900年に起こった義和団の乱での争乱を映画化したものでした。当時わたしはまだ小学生でポスターを見た覚えがありましたが、映画は見ていません。動乱の時代を描いた映画でしたか ... » more

浮き草の道草小さな街のプラタナス
小椋佳は昭和46年(1971年)デビューのシンガーソングライターです。ジャンルを越えたさまざまな曲をつくっていますが、叙情的な歌詞、歌いやすく耳に心地よいメロディーをつくるところによさがあると思います。そして、その歌を響きのある美しい声で軽 ... » more

「遠い祭囃子に自分もいればいいな。」高石ともや年忘れコンサート10年12月29日サンケイH 横でなんだか携帯のメールをやりまくる人がいて全く集中できなかったコンサートだったけれど、損した気分はあるけれど、怒る気にはならなかったな。。。20年近く前にこのコンサートに久しぶりにいったら、とにかく高石さんは歌にやる気が無くなっている ... » more

しあわせについて 「しあわせについて」という題名を見てどんな歌なんだろうと思いました。この歌は「映画・ひめゆりの塔」の主題歌でした。映画の重さに対して軽すぎるという批評もあったようです。何度練習しても歌えないというジレンマ・・・さださんはなん ... » more

冷水で茶碗を洗っていると目がしょぼしょぼして頭が痛くなって眠たくなって投げ出したくなった一日三回洗ったら三回とも目がしょぼしょぼ冷たい水で手を冷やすと簡単に頭にくるということだうちにガ ... » more

「カセットテープとipodをつないでダビングしてみる」について昨日録音したテープの音がなんべんやっても一定の間隔で音飛びしているitunesのupdateしてみたら飛んでる時間がまとまって長くなったな ... » more

「黒いレコード」について20年もほってあったカセットテープ生録音源のやつをさっきからダビングしてるサイレントモードで聞こえないけど鳴ってることはわかるダビングは静かなものだだって ... » more

千利休と西岡恭蔵「アフリカの月」 「利休にたずねよ」って小説を読んでるこの小説秀吉と利休の確執の間に高麗の美しい緑釉の香合があったらしいしかもその元の持ち主は高麗の女性の形見で利休は知らず知らずその人の影に操られてたみたいって書いてある ... » more

「「重力ピエロ」について」について忘年会で歌おうと3日前に2時間練習し当日に2時間と三十分練習して本番練習の途中でのぞきに来る人がいてどうぞといって踊ってもらったあたしもほんとは踊りたいしかし ... » more

故郷の途切れし道や落葉の地図 振り向けばバサリと一葉プラタナス街路樹に、プラタナスの植わってある歩道を歩いていると、今は風に吹かれる大きな葉でいっぱいです。はしだのりひこ&シューベルツの「風」が、ふと耳に聴こえ ... » more

岩話§『デジャ・ヴ』CSN&Y 1970年代初め、まだまだ少しはロックとかフォークとかに興味を残していた頃に、一枚のレコードに衝撃を受けて飽きずに聴き続けたものがある。クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングという、固定されたグループではなく、メン ... » more

『神田川』の男と女 昨日に引き続き、フォークソングのお話です。日刊ゲンダイに『橋本テツヤあのヒット曲を追っかけろ!』というコラムがあります。橋本テツヤさん、ご存じでしょうか?一言でいうと、アナウンサーです!あの伝説のラジ ... » more

永遠のフォーク大全集 青春の歌 ダイレクトメールが届きました。若者たち/ザ・ブロードサイド・フォー星に祈りを/ザ・ブロードサイド・フォーあなたのすべてを/佐々木勉今日の日はさようなら/森山良子歌ってよ夕陽の歌を/森山良子別れのサンバ/長 ... » more

オデッタの「朝日の当たる家」 http://www.youtube.com/watch?v=Aaya8jYZBO8&feature=relatedものすごくはかなげな声のオデッタドラマチックな歌い方鳥肌が立ってくるサンダカン八 ... » more

ドックのギタードックワトソンの「セントジェームス病院」ピートシーガーも映ってるどっちも若いhttp://www.youtube.com/watch?v=45aUFWdubTY&feature=relatedこのしぶい声が ... » more

花織ちゃぶポスト
ポスト 意識の端にちょこんとのせるポストのせてあるのだが歩いてると消えて結局たった今の今まで思い出せなかったポストの位置はわかってる意識の端に何度ものせてその場所を帰りには通ろうと電車 ... » more

佐渡山豊「どうちゅいんむにー」 「9月9日は菊の節句とフォーク3曲」についてhttp://www.youtube.com/watch?v=6vgWzeBGMGM&feature=relatedめっちゃかっこええおっちゃんやなあ字幕が出て初めて意味がわか ... » more

9月9日は菊の節句とフォーク3曲 「1980円花セットのその後」について旧暦の9月9日は菊の節句キクのせっく咲いてませんね今は高かった秋明菊影も形もありませんくっくくく「私の青い鳥」は飛んでいってしまったのかし ... » more

浮き草の道草旅人よ
この曲は、昭和41年(1966年)に『夜空を仰いで』のB面として出されました。当然この『旅人』は当初それほど注目を集めなかったようで、テレビの新曲紹介なども見た覚えがありません。そんなわけで、この曲を初めて聞いたのがいつか思い出せませんが、 ... » more

はれんち フォークル のたぬきの歌 「きたやまおさむ九州大学退官講義とコンサート」についてフォークルといえば大昔のライブで「きつね」という歌を歌っていました「俺は貧しいきつねさんかあちゃんや五匹のこぎつねと獲物の少ないこの冬はほんとにど ... » more

きたやまおさむ 九州大学退官講義とコンサート 「関大前の風景と「雨の降る品川駅」」について心理学の教授だったきたやまおさむさんの番組があったので見ていたらきたやまおさむさよならコンサート(再)というものが今日あるということがわかりましたもうじきだよ ... » more

ミュンヘンの空港で借りた車を7日間1300km乗り倒してミュンヘンの市内で返却した。この3年は、自宅でCD-R3枚に焼き込んだ音楽を聴きながらの快適なドライブをしている。……はずだったのだが、今年の旅行中前半の雨降り続きがい ... » more

中野重治の「雨の降る品川駅」の詩がパギやんの日記に掲載されていたhttp://fanto.org/diary-new/archives/910.htmlこれで思い出すのは関大前駅の踏み切りのコンクリートの小さい石の柱 ... » more

 

最終更新日: 2017/07/26 03:20

「フォークソング」のブログ関連商品

» 「フォークソング」のブログレビュー をもっと探す

「フォークソング」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る