誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フォークソング

フォークソング

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「フォークソング」のブログを一覧表示!「フォークソング」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「フォークソング」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「フォークソング」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

花織ちゃぶギタレレと爪とチューナー
ギタレレと爪とチューナー 「ギタレレでミドリ」について先週嵐山に行った時もあんまり暑くて重たいギターを諦めてipad持ってったギターアプリの話を周囲の人にして9時過ぎに電車で帰ったそんでその日からチューナーが行方不明でさっき前に取って ... » more

「ゆたかな夏に蝉の声」 ラストピースナインコンサート 京都 雑花塾ほか。7月19日 (CDを買おうと迷っているとおすすめされて買ったのがこれ。これはすごい良い盤。)10年で終わる京都のピースナインコンサート、50を超えた私でさえまだ若手のコンサート、とはいえ3回目だっしかこれなかった。来たいと思っても宵々山コンサートが ... » more

花織ちゃぶギタレレでミドリ
カポ5のギタレレ音階でややこしい曲のコードが簡便になったGreenをCM7 Gでやればよろしいもともと弦がやらかいのでおさえやすいし原調とキイは一緒になるバンドがなくても歌えるGreen ... » more

上の方に書いてありますが。村下孝蔵さんの「同窓会2014」が11月に都内のライブハウスで。ライブハウスでの開催は一昨年の「夏の同窓会2012」以来2回目だと思います。残念ながら昼の部、夜の部共 ... » more
テーマ 村下孝蔵さん フォークソング

股旅生活の柄
「生活の柄」という曲がある何年か前に始めて聴き衝撃を受けたのだもしももっと若い頃に聴いていたら私の人生も変わっていたかも知れない歩き疲れては夜空と陸との隙間にもぐりこんで草に埋れては寝たのです処かまわず寝 ... » more

井上陽水が1973年に発表したアルバムに「氷の世界」と云う作品がある。その前年に吉田拓郎が初期の大ヒットアルバム「元気です」を出して要るが、この二枚は私の中で、青春時代の邦楽のツートップと言っても良いアルバムであった。その陽水が ... » more

「祭ばやし、川の流れ、赤き唇そしてフォークソング」よいよいよい祭3回目(サンケイホール6月15日) 3年目となった宵々山コンサートの後を受けたコンサート、今年は日本のフォークソングを中心に構成されて、ナターシャの歌は一曲も出てこずに、それでも高石さんも城田さんも永さんも北山さんもいる音楽会だった。特別ゲストは山本コータローさん ... » more

貴方のことで  ギター弾き語り 歌松山千春作詞松山千春作曲松山千春お庭のアイスバーグという薔薇です。別名白雪姫と呼ばれます。枝が細いのですが毎年咲いてくれる頼もしいバラです^^ギターで松山千春さんの「貴方のことで」を弾き語りしました。 ... » more

花織ちゃぶ枕草子と徹子の部屋
枕草子と徹子の部屋 「ボブディランの古い曲」について中納言がやって来る姉ちゃんのとこへその姉ちゃんがてんのうの妻だから敬語てんこ盛り無骨な姿勢で周りが喜ぶ和やかなサロンに筆者の機知が光る周りの人が書いてって言うのよあたしは ... » more

加茂の流れに ギター弾き語り GWですね♪みなさんいかがお過ごしでしょうか、私はお友達と京都を散策したり、大阪に帰ったりしていました。写真は清水寺です。清水の舞台にものぼってきました。長い坂道にはたくさんのお店があり、清水 ... » more

「いま歌える生きている歌あり、だからしあわせ」第4回ナターシャーセブン(4月26日エル大阪) 今回の高石ともや、城田じゅんじ2人会は、フォークソングをテーマに趣旨の107ソングブックとは離れた感じの会だった。ピートシーガーさん、こういう音楽の第一人者の一人がなくなっては触れるわけにいかず、触れればそれは1回分のコンサートにな ... » more

酔っています。 春の嵐か・・・。今日は、私用で某病院へ声帯を見てもらう為に、休みを取ました。そうです、ポリープの検査です。結果、問題は無く、一安心しましたが、その際50年以上も着き合って ... » more

花織ちゃぶなくしたものは
「虎猫は阿倍野の公園で」についてなくしてよかったそれは未練矢印の方向30年の月日個人の資質ぼけていたものがレンズを通すと焦点で像を結ぶそこにどれほどの重なりがあるか ... » more

作詞松山千春作曲松山千春一昨日、娘が大学を卒業し、東京に就職が決まっているので、本日から東京のマンションで一人暮らしを始めました。子育ての期間は忙しかったですが、本当に楽しかったです^^これからは遠くから ... » more

siori's cafe素顔 ギター弾き語り
素顔 ギター弾き語り 歌長淵剛作詞長淵剛作曲長淵剛長淵さんの「素顔」をギターで弾き語りしました。長淵さんの曲の中では、1、2を争う私の好きな曲です。写真は、食事に行ったときに片隅にあったランプ、可愛くてスマホにおさめていま ... » more

siori's cafeおやすみ
おやすみ 歌松山千春作詞松山千春作曲松山千春千春さんの「おやすみ」をギターで弾き語りしました。何度も録音しなおし、やっと完成しました。これからもずっと弾いていきたい曲です♪写真はお昼ね中のはるちゃん、い ... » more

siori's cafe花嫁 ギター弾き語り
「花嫁」をギターで弾き語りし、YOU TUBEにアップしました。写真の前半は私の撮影したものですが、後半から画像をお借りして作っています^−^ ... » more

siori's cafeてんとう虫のサンバ・花嫁
てんとう虫のサンバ・花嫁 歌チェリッシュ作詞さいとう大三作曲馬飼野俊一先日、びわ湖の湖岸沿いに咲いている菜の花を撮影しに行ってきました。雪山と菜の花のコントラストが綺麗でした^^偶然、花嫁さんの撮影をされて ... » more

浮き草の道草花はどこに行った
ピート・シーガーが亡くなりました。94才だったとのことです。反戦フォーク歌手ということで一時代を築いた人物でした。この曲は彼の代表作として有名です。作曲されたのは昭和31年(1955年)とずいぶん前のことですが、実際にヒットしたのは ... » more
テーマ ピート・シーガー 音楽 フォークソング

すべては、ピート・シーガーの手になる“We Shall Overcome!”なのである。アメリカという国に行ってみようだなどと、この年齢になった今では考えられないことである。夥しい銃の数には、今だ理解しがたい銃依存が見て ... » more

花嫁を唄いました♪ ミカちゃんの後追いでUPしました^^唄っている人は、はしだのりひこは知っていたのですが、クライマックスと言うのが解らなくて、又ミカちゃん宅を覗きました(笑)借り物です^^花嫁はしだのりひことクライマックス ... » more

悲しくてやりきれないを唄ってみました♪ 昨日ミカちゃんが花嫁を熱唱していたので、私も古〜い歌を唄ってみました花嫁は又次にUPしますMore Images @ MyNiceProfile.com悲しくてやりきれない フォーククルセダース ... » more

浮き草の道草夕暮れ時はさびしそう
昭和49年(1974年)にNSPというグループが歌ったフォークソングです。NSPはニュー・サディスティック・ピンクの頭文字をとったものだそうで、「またどうしてこんな名前なの?」という命名ですが、曲の内容とグループ名のミスマッチでインパクトは ... » more

siori's cafe卒業
卒業 歌松山千春作詞松山千春作曲松山千春昨日は、我が家に嬉しいできごとがありました。ずっと、つきたかった職種の会社に娘が内定をもらいました。私に報告してくれたときの娘の笑顔は、ほんとに輝いていました。涙 ... » more

まるで洪水のように・・・・(続)秘密保護法 40年も前に歌っていた「五つの赤い風船」の歌詞を思い出した。「まるで洪水のように」作詞:西岡たかし私達は今思い起こさなければ私達は今平和をきずかなくては私達は今兄弟を守らねば私達は今戦争を忘れてはなら ... » more

民は之に由らしむべし之を知らしむべからず 人民はただ従わせればよく、理由や意図を説明する必要はない(俗説)出典:論語(原説)人民を為政者の方策に従わせることはできるが、その理由を理解させることは難しいいま話題沸騰していて国会の争点になってもいる「秘密 ... » more

浮き草の道草遠くで汽笛を聞きながら
わたしは大学を出てしばらくはアパート住まいをしていましたが、8年くらいしてもともと住んでいた故郷へ帰ってきて、それ以来ずっと同じ住所です。大学時代までは夜遠くで列車の通る音が聞こえてきましたが、今ではまったく聞こえてきません。列車の音が静か ... » more

siori's cafe冬が来る前に
冬が来る前に 歌紙ふうせん作詞後藤悦次郎作曲浦野直ももこの後追いで、「冬が来る前に」を歌いました。今の時期にぴったりかもしれません^^写真は以前に自宅で撮影したものです^^あの頃はシフォンケーキ作りに凝っていま ... » more

浮き草の道草ヨバノ・ヨバンケ
『ヨバノ・ヨバンケ』はマケドニアのフォークソングで、マケドニアだけでなくブルガリアやセルビアなどでもポピュラーな音楽となっているようです。フォークダンスにもなっているということで、フォークダンスの映像もユーチューブには載っています。 ... » more

昭和44年(1969年)にアン真理子が歌ってヒットした曲です。「アン真理子」のごろが「あんまりな子」というように読め、あんまりにも悲しい子という連想ができていたのを覚えています。どういう意図でつけられた芸名なんでしょう。アン真理子の ... » more
テーマ 音楽 フォークソング アン真理子

 

最終更新日: 2017/12/13 04:31

「フォークソング」のブログ関連商品

» 「フォークソング」のブログレビュー をもっと探す

「フォークソング」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る