誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    真保裕一

真保裕一

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「真保裕一」のブログを一覧表示!「真保裕一」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「真保裕一」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「真保裕一」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【著者インタビュー】  「遊園地に行こう!」真保裕一氏 著者インタビュー「遊園地に行こう!」真保裕一氏日刊ゲンダイ2016年8月18日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/187927真保裕一氏(C)日刊ゲンダ ... » more
テーマ 著者インタビュー 真保裕一 遊園地に行こう!

「遊園地に行こう!」 真保裕一著(講談社 1,620円税込) 「遊園地に行こう!」 真保裕一著(講談社1,620円税込)【内容情報】(出版社より)明日も仕事に行くための、勇気と熱狂ここにあります!感動を巻き起こせ!大ヒット『デパートへ行こう!』『ローカル線で行こう! ... » more
テーマ 真保裕一 講談社 遊園地に行こう!

「デパートへ行こう!」(講談社文庫) 真保裕一著(講談社 802円税込) 「デパートへ行こう!」(講談社文庫) 真保裕一著(講談社802円税込)デパートへ行こう! (講談社文庫)講談社 2012-08-10 真保 裕一 Amazonアソシエイト by デパートへ行こう! [ 真 ... » more
テーマ デパートへ行こう! 真保裕一 講談社

「ローカル線で行こう!」(講談社文庫) 真保裕一著(講談社 950円税込) 「ローカル線で行こう!」(講談社文庫) 真保裕一著(講談社950円税込)【内容情報】(出版社より)廃線間際の赤字ローカル線。その未来を託されたのは新幹線の若きカリスマ・アテンダント。読めば元気が出る痛快鉄道再生ミステ ... » more
テーマ ローカル線で行こう! 真保裕一 講談社

真保裕一  『ローカル線で行こう!』   元気の出る企業再生小説のはずであったが……… 真保裕一の代表作といえば『ホワイトアウト』『奪取』だと思っていたから、エクスクラメーションマーク「!」がついている『デパートへ行こう!』はタイトルからして、これまでのイメージからすれば新境地と言えた。そしてデパートが子供の遊び場であった ... » more
テーマ ミステリー ユーモア小説 真保裕一

「食の安全」を舞台にした力作。ややこしすぎるが。 〜 「連鎖」 真保裕一 著 読書感想文 原発事故をきっかけに、「食の安全」についての関心が高まっているけれど、かつて、ソ連(当時)のチェルノブイリで原発事故が起きた時にも、多くの国民が不安を抱いたわけです。その問題を舞台にしたミステリーが本作「連鎖」。人気作家真保裕一のデ ... » more

ふくろうの読書記録『防壁』真保裕一
『防壁』真保裕一 真保裕一の『防壁』(2000年7月刊講談社文庫)を読みました。図書館の内容紹介によると、<狙撃犯、海難事故、不発弾、放火魔…。日常に潜む幾多の危険。それらの危険に立ち向かって行く男たちを真保裕一が描く。小説現代に掲載 ... » more

最愛 真保裕一 ★★★ 2011/11/26 真保裕一さんは私の好きな作家の一人です。タイトルが「最愛」だったので、私の苦手な、恋愛小説かと思いながら読み進めていき、最後になるほどと思わせるあたりが、さすがに真保裕一さんだなと思いました。内容は、何年も音信不通だった ... » more
テーマ 読書 最愛 真保裕一  コメント(4)

My Favorite Books真保裕一 「最愛」
真保裕一「最愛」読み終わりました〜小児科医である主人公の押村のところに警察から電話が入る。18年間連絡の取れなかった姉が病院に運ばれ、危篤状態だという。もったいぶる警察からの説明によると、金融会社で ... » more

5玉で出来ました! もらった毛糸が6玉しかなかったので、何を作ろうかと考えていたところ、こんな本を見つけました。秋冬5玉までで編めるミセスのニット〜ベスト・プルオーバー・ボレロ・マーガレット〜この本の中から、編んだ作品がこち ... » more

発火点 [真保裕一] 発火点真保裕一少年時代に父を殺されたことで、万事言い訳することが当たり前の人生を送っている主人公。仕事への取り組みも女性との交際も全てが中途半端で、何かと言うと「自分は父を殺された人間だ」と考えてしまう。そんな主人公が、 ... » more
テーマ 真保裕一

実を言うと、真保裕一作品を読了したのは、これが初めてなんです。いや〜、期待以上に面白かったです!…って言うか、私の好みでした!デパートへ行こう! (100周年書き下ろし)講談社 真保 裕一 Amaz ... » more
テーマ 読書 真保裕一

「デパートへ行こう」(真保裕一著)を読み終えて久しぶりに真保裕一の小説を読みました。久しぶりだったせいか、何故かとっても読みづらくて1週間ほどかかりました。以前はもっと読みやすかったように思えたのですが。 ... » more
テーマ 読書 真保裕一 デパートへ行こう

My Favorite Books奪取
「ホワイトアウト」の真保裕一原作の何とか賞ダブル受賞の逸品だ!やくざの借金を返済する為、ATMのお札読み取り機に読み込ませる偽札をPCを駆使して作り上げ、ATMで偽札を本物に換金する・・・そこから本物と見まがう偽札作りに没頭 ... » more

奪取 [真保裕一] 奪取真保裕一悪徳金融業者から理不尽な借金を背負わされた主人公と友人。短期間に大金を入手するため、ATM専用の偽札を作成して見事に成功するのだが、主人公はもっと精巧な偽札を作りたいと本気で思うようになる。約1000ペ− ... » more
テーマ 真保裕一

真保裕一 『デパートへ行こう!』 懐かしさあふれる涙と笑いの傑作の人情劇 真保裕一らしからぬ、エクスクラメーションマークがついているタイトルからして軽いのりだなと第一印象!『ホワイトアウト』や『奪取』という代表作のイメージからすれば真保裕一の新境地である。そしてわれわれ初老族にとっては実に楽しい小説でした。デ ... » more

1つ目の寄り道・・・。 やっぱりハワイアン・クロスステッチ&カルトナージュは、少々飽きてきてしまいました。そこでとりあえず1つ目の寄り道ジェネラル・ルージュの伝説と同 ... » more

取引 [真保裕一] 取引真保裕一著者らしいハードボイルド長編作品。濡れ衣によって職を追われた公取の元審査官が、検察の密偵となってODA疑惑を暴くためにフィリピンへ。調査対象で元同級生のゼネコン社員と再会することができたのだが、物語はあら ... » more
テーマ 真保裕一

連鎖 [真保裕一] 連鎖真保裕一江戸川乱歩賞受賞作。昔の恋人で、今は親友の嫁。そんな女と不倫をしてしまった主人公は、その親友が自殺を試みた事を知る。生死の境を彷徨う親友の、自殺した理由を探るうちに、主人公はとんでもない陰謀を探り当ててし ... » more
テーマ 【江戸川乱歩賞】 真保裕一 オススメ  トラックバック(1)

「連鎖」真保裕一著http://www.amazon.co.jp/%E9%80%A3%E9%8E%96-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%9C%9F%E4%BF%9D-% ... » more

心の音繋がれた明日/真保裕一
繋がれた明日 (朝日文庫)内容(「BOOK」データベースより)この男は人殺しです―。仮釈放となった中道隆太を待ち受けていた悪意に満ちた中傷ビラ。いったい誰が何の目的でこんな仕打ちをするのか?孤独な犯人探しを始めた隆太の前には巨大な“ ... » more
テーマ 真保裕一

秋野書庫。奪取
奪取 今日も、私の好きな作品のご案内。真保裕一「奪取」ダッシュじゃないです、奪取です。この作品は、大学1年のときに、友人が貸してくれたもの。上下巻に分かれてて、結構ボリュ ... » more
テーマ 真保裕一 小説

「投票しに行かなくちゃ!という気持ちになりました」 真保裕一/ダイスをころがせ! 今回の参院選、ものすごい結果になりましたね。私も選挙に行って投票してきましたが、まさかこんなにも自民党が大敗するとは思っていませんでした。今回は参院選でしたが、これから先、日本の政治が…はたまた日本自体がどう変わっていくのかをしっ ... » more

最愛 真保裕一 新潮社 真保さんの書く「女」は、ちょっとどこか甘くて、古い。この物語も、どうしてもそんな感じが否めないのが勿体無いんですが。男の人が頭で考えた女、というところから、もう一つ抜け出せないような気がする。この物語も、とっても力作なのに、そこ ... » more

「ダイスをころがせ!」 真保裕一 小説ミニレビュー。「ダイスをころがせ!」真保裕一新潮文庫上下巻点数:魚魚(感想)現在の選挙の仕組みがよくわかります。なるほど、無所属から出馬するのは相当不利なんですね。終盤、かなり尻つぼみ感が強いです。選 ... » more
テーマ 2点 読書 真保裕一

「密告」 真保裕一 小説ミニレビュー。「密告」真保裕一講談社文庫点数:魚魚魚魚(感想)面白かったですね。ハードボイルドです。誰もが主人公のことを密告者だと思う四面楚歌の状況で、さまざまな妨害に遭いながらもひとり奮闘する。話は ... » more
テーマ 読書 真保裕一 4点

【読んだ本】『バーティミアス3』『発火点』『陽気なギャングの日常と襲撃』 3冊まとめて(^_^; 相変わらず本はちくちく読んでます。が、それをブログに反映させるのには、ちとパワーがいるので滞っちゃっています。いま、感想文を溜めている本、3冊。『バーティミアス 3 プトレマイオスの門』ジョナサン・ストラウド 著、金原瑞 ... » more

「偽札造りを通した友情の物語」 真保裕一/奪取 今日は真保裕一の小説の中で一番好きな『奪取』を紹介します。文庫版で上と下、あわせて1000ページ近い長編なのですが、ユニークかつスピード感あふれる展開に、あっという間に読み終わってしまいます(^^;)。真保裕一の書く話は、『ホワ ... » more

「誘拐の果実」 真保裕一 小説ミニレビュー。「誘拐の果実」真保裕一集英社文庫上下巻点数:魚魚(感想)中盤までなかなか白熱の展開で進むのですが、非現実的な事件の全容が明らかになるにつれ徐々に興味が薄れだし、終盤のきれい事の羅列が出たとき ... » more

「奇跡の人」を読んだ。とはいってもヘレン・ケラーではない。真保裕一氏の本だ。数年前に一度読んだのだが内容を忘れてしまったのでもう一度。主人公は交通事故が元で脳死寸前までいったものの奇跡的に回復した。ただし過去の記憶, ... » more
テーマ 真保裕一

 

最終更新日: 2016/11/28 08:39

「真保裕一」のブログ関連商品

» 「真保裕一」のブログレビュー をもっと探す

「真保裕一」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る