誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    桐野夏生

桐野夏生

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「桐野夏生」のブログを一覧表示!「桐野夏生」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「桐野夏生」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「桐野夏生」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

嬉有箱ナニカアル
ナニカアル 『ナニカアル』桐野夏生林芙美子の秘められた愛。戦争に翻弄されながらどう書いてどう愛したか。実際に林芙美子が何年何月にどこへ行って何をしていたのか、調べた史実をもとに桐野夏生が想像で描いた作品。前半はあまり面白くなかった。 ... » more
テーマ 桐野夏生 小説

女の嫉妬 「IN」 桐野夏生 この桐野さんって人は、どうしてこう人間の嫌らしい、おどろおどろしいところを描けるんでしょ。今回のこのINってのは、12年前に桐野さんが書いたOUTとどういう関係なのか、OUTを読んでいないのでわからないが、主人公の小説家が別の小説家の人 ... » more
テーマ 読書 IN 桐野夏生

嬉有箱発火点
発火点 『発火点』桐野夏生対論集10年前のものから最近のものまで12人の論客との対談をまとめたもの。最初に読んだのは西川美和、次が皆川博子、そして佐藤優。ここでとまってしまった(^^;結局は最後まで読むのだろうけれど、興味が ... » more
テーマ 桐野夏生 映画

桐野夏生の短編を初めて読んでみました。--------------------------------------------------------------デッドガールdead girl六月の花嫁 june bride ... » more

うめのゆめ陰・隠・引
怖いものを読んでしまいました。桐野夏生『IN』。圧倒的迫力でわしづかみされ、日蝕の起きてる世界みたいなところに連れて行かれた気分。世界が「陰(いん)」に覆われたかのよう。吉井さまの自伝に、奥様の鬱病のことが書かれていましたが、そ ... » more
テーマ 桐野夏生

この週末に桐野夏生『IN』(集英社)という本を読み終えた。桐野夏生さんはぼくの好きな作家だが、ここ1年以上読んでいなかった。本書は鈴木タマキという女性作家が主人公になっている。タマキが、7年間も不倫関係にあったかつての愛人の編集者・ ... » more

顔に降りかかる雨 [桐野夏生] 顔に降りかかる雨桐野夏生江戸川乱歩賞受賞作。大金と共に失踪した親友を持つ主人公が、ヤクザに追い込まれながら人探しをする1週間を描いた作品。親友の不倫相手だった男と共に捜査を進め、大金の行方が判ったまではよかったが、最 ... » more
テーマ 【江戸川乱歩賞】 桐野夏生

あれれ こんなもんか 東京島 桐野夏生 図書館でも予約が100人待ちというくらいのベストセラーなだけに、また、著者の「グロテスク」の印象が痛烈だっただけに、どんな凄い物語なのだろうと期待して読み始めたこの「東京島」、拍子抜けでした。無人島に女一人男数十人が流れ着いて、、、とい ... » more

「残虐記」桐野夏生著 新潟で引きこもりの青年が9歳の女児を誘拐してそれから9年間も自室に監禁していた事件が数年前に実際にあって、本書は題材の着想をその事件から得ている、そしてタイトルが残虐(!)記、とくれば、文学とかミステリーに名を借りたおもっくそ変態ぽく扇情的 ... » more

桐野夏生 『東京島』 極限で露呈する現代人のサバイバル作法とは………と大見得切った作品なのかな? [桐野夏生] ブログ村キーワード32人が流れ着いた太平洋の果ての島に、女は清子ひとりだけ。いつまで待っても、助けの船は来ず、いつしか皆は島をトウキョウ島と呼ぶようになる。果たして、ここは地獄か楽園か?いつ脱出できるのか………。 ... » more

ジオラマ  ☆桐野夏生 ジオラマ (新潮文庫)桐野 夏生新潮社 2001-09売り上げランキング : 68568おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)ベルリンのガイドで生計を立てる、美貌の男、カ ... » more
テーマ 桐野夏生

似合わないクツを脱ぎ捨てて東京島。
東京島。 読んだ。今回も、ハル先輩に感謝(´∀`人)ありがと。と言うか、これから私が感想UPする本は、ほぼハルくんからの頂き物なので、まとめてお礼を言っときまーす(笑【あらすじ】あたし ... » more

Tudo Bem ?『東京島』(桐野夏生)
桐野さんの本は初めて読みました.本屋さんでブラブラしてたときに,「無人島に漂着した31人の男と1人の女」というサブカバーの記述を発見し,ドラマの「LOST」に似てるなと思い,思わず購入したというのがきっかけです.無人島という閉じた空 ... » more

桐野さんの作品を読むのは、結構昔に読んだ「顔に降りかかる雨」以来だったので久しぶりでした。あらすじ≪32 人が流れ着いた太平洋の涯の島に、女は清子ひとりだけ。いつまで待っても、無人島に助けの船は来ず、いつしか皆は島をトウキョウ島 ... » more

東京島 桐野夏生 新潮社 タフだわ。桐野さんのタフネスぶりには感嘆詞をいくつつけても足りないくらい感心します。設定も展開も、「生」のエネルギーが、これでもか、これでもか、と迸って、ちょっとぐったりするほどです。無人島に流れ着いた32人の男達と、一人の ... » more

残虐記  ☆桐野夏生 残虐記 (新潮文庫 き 21-5)桐野 夏生新潮社 2007-07売り上げランキング : 66448おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)失踪した作家が残した原稿。そこに ... » more
テーマ 桐野夏生

桐野夏生の小説でカタルシスを感じることはあまりない。そこまでも陰惨であり、人生というのはこういうものかもしれないと思う・・・いや、犯罪を起こした人、犯罪に巻き込まれた人の人生というのは、いつまでもこういう思いを引きずるということなのだろ ... » more
テーマ 少女監禁 読書 桐野夏生  トラックバック(1)

愛のゴンズイ玉 半分人間だもの
半分人間だもの さて電気グルーヴの新作「J-POP」、5曲目まではスキップなし!ノンストップで毎日健康、ヘビロテ状態でございます。先週から筆者iPod在住のシャッフルDJ様にも暇を出しまして、久しぶりにアルバム指定順位での聴講いそしみ中であります。 ... » more

Tショート・コラム女の文句文芸タレント知の鑑賞私空間離人/荒れた庭/トンネル/取材の実態時のかたち命預かります/偶然率/わたしは律儀/台所に立つ時ひとりごと1ひとりごと2ひとりごと3ひとりごと4「ドクハラ」痩せる創造の力 ... » more

I'm sorry,mama.  ☆桐野夏生 I’m sorry、mama. (集英社文庫 き 16-2)桐野 夏生 集英社 2007-11売り上げランキング : 911Amazonで詳しく見る by G-Tools要旨]児童福祉施設の保育士だった美佐江が、自宅アパートで2 ... » more

東京は今日もまた晴天、昨日よりさらに暖かく小春日和といっていいような一日でした。今日は息子は一日中塾で、妻とぼくは昼間、買い物を兼ねて隣駅まで行き、スターバックスでしばらく時間を過ごしました。先週20日にぼくの好きな桐野夏生さんの『 ... » more

桐野夏生『柔らかな頬』上・下(文春文庫)という本を読み終えました。昨年の秋に初めて桐野さんの『グロテスク』(文春文庫)という小説を読んで以来、すっかり桐野さんのファンになり、この1年あまりの間、長編『OUT』『リアルワールド』『魂萌え!』『 ... » more

自分は少女誘拐監禁事件の被害者だったという驚くべき手記を残して、作家が消えた。黒く汚れた男の爪、饐えた臭い、含んだ水の鉄錆の味。性と暴力の気配が満ちる密室で、少女が夜毎に育てた毒の夢と男の欲望とが交錯する。誰にも明かされない真実をめぐって少 ... » more

桐野夏生『残虐記』(新潮文庫)という小説を読み終えた。この小説は主人公の景子がまだ10歳・小4の時、工員のケンジに拉致・監禁されたところから始まる。景子はケンジの住む個室に監禁され、監禁生活は1年余りに及んだ…。この小説は200 ... » more

桐野夏生 『メタボラ』 論評する資格のない自分に気がついた。 ドキュメンタリー番組で「ネットカフェ難民」という人たちを知り、正直驚いた。住む家がなく24時間営業のインターネットカフェに寝泊りし、日雇い派遣労働などで食いつないでいる若者が急増しているのだそうだ。そしてこの『メタボラ』である。「ネ ... » more

夫バラバラ切断、セレブ妻深層…その猟奇的手口 夫バラバラ切断、セレブ妻深層…その猟奇的手口●PR/注目のショートムービー⇒こちらから━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東京都新宿区と渋谷区で昨年12月、男性の胴体や下半身が発見された事件で、 ... » more

桐野夏生「魂萌え!上・下」(新潮文庫)という小説を読み終えた。桐野さんの小説を読むのは、ぼくにとって「グロテスク」「OUT」「リアルワールド」に続き4作目である。「魂萌え!」は、映画化され来年1月下旬から全国で公開されるらしい。「魂 ... » more

やはりクライマックスは『阿武隈』での敏子と昭子の対決。NHKドラマの『魂萌え!』は最終回の10分ほど(!?)しか見なかったが、たまたまこのシーンで、高畑淳子と高橋恵子のやりとりは迫力があった。映画ではこれが風吹ジュンと三田佳子に変わるわけか ... » more

2005年4月に毎日新聞社から出た本が二年もたたないうちに文庫化された。異例の早い文庫化は当然、来年1月下旬の映画公開にあわせてのことだろう。文庫本の帯には<『魂萌え!』映画化!2007年1月下旬全国ロードショー出演:風吹ジュン、田中哲 ... » more

桐野夏生『リアルワールド』(集英社文庫」という小説を読み終えた。この秋、『グロテスク』『OUT』と続けて桐野さんの小説を読み、ともに面白かったので、桐野さんの他の小説も読みたいと思った。しかし『グロテスク』と『OUT』はともに上・下に分 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/05 07:16

楽天市場のおすすめ商品

「桐野夏生」のブログ関連商品

» 「桐野夏生」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る