誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ノンフィクション

ノンフィクション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ノンフィクション」のブログを一覧表示!「ノンフィクション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ノンフィクション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ノンフィクション」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

『ノーモア 立川明日香』小川善照著、インベカヲリ★撮影(三空出版 1260円) 『ノーモア立川明日香 養護施設で育ち、政治家辞職までの全真相』小川善照著、インベカヲリ★撮影(三空出版1260円)『ノーモア 立川明日香』~養護施設で育ち、政治家辞職までの壮絶半生~「私のような子どもを、これ ... » more

『「漢検事件」の真実 京都の変。政・官・産・学・宗・茶・華VS漢』野田峯雄著(第三書館 1470円) 『「漢検事件」の真実京都の変。政・官・産・学・宗・茶・華VS漢』野田峯雄著(第三書館1470円) 「漢検事件」の真実―京都の変。政・官・産・学・宗・茶・華VS漢第三書館 野田 峯雄 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ ノンフィクション 漢検事件 書籍紹介

『「漢検事件」の真実』野田峯雄著…「漢検事件」には華道・茶道界等も絡んでいたことを暴いた書 「漢検事件」には華道・茶道界等も絡んでいたことを暴いた書NEWSポストセブン2013.10.21 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20131021_223213.html ... » more
テーマ ノンフィクション 漢検事件 書籍紹介

「流星ひとつ」沢木耕太郎著…流星のように消え去った藤圭子の「真実」を描く奇跡のノンフィクション! 「流星ひとつ」沢木耕太郎著(新潮社1,575円)「何もなかった、あたしの頂上には何もなかった」--1979年秋。歌を捨てる決意をした美しき歌姫・藤圭子に、沢木耕太郎がインタヴューを試みた。その肉声は、聞き手と語り手の「会 ... » more

オレが試しに、溶融塩炉(LFTR)といったら、「溶融塩炉(LFTR)教」とほざきさらした。ところが、東芝は熱心にも、「溶融塩炉(LFTR)」で特許取ろうとしてたんだhttp://www.patentjp.co ... » more
テーマ ニュース トリウム ノンフィクション

俺も、否、誰もが知っていることだが、「人間はいつどうなるかわからず、『薄氷を踏む日々』であり、人生設計とは、覆るために有る」と。この事を知っているものは少ない。いや、「知ってはいるが、俺のように、この事実を、思い出したくない ... » more
テーマ 積立文章 ノンフィクション 雑文

(序文)私は、思うことがある。「18年前『リタ中(リタリン中毒)』にかかって、『凶暴患者用の精神病院』に入院させられていなければ、あんな『身の毛もよだつ恐ろしい<本当の話>を聞くことも無く、悪夢を見ず』にすんだのに」と。 ... » more
テーマ 積立文章 ノンフィクション 雑文

日本の戦闘機、造船、鉄道などの技術に関する著作の多いジャーナリストが、戦時に努力を重ねた技術者たちの終戦後の動きを綿密な取材をもとに描く。零戦の堀越二郎、新幹線の島秀雄、造船業のエキスパートにして電電公社の民営化を果たした真藤恒、レ ... » more

『謎の独立国家 ソマリランド』 高野秀行 謎の独立国家ソマリランド著者 : 高野秀行本の雑誌社発売日 : 2013-02-19ブクログでレビューを見る»アフリカ東北部にあるソマリア共和国。無政府状態で内戦が絶えないと言われるその国(?)の一角に、十数年も平和を維持してい ... » more

「僕たちは世界を変えることができない」 葉田甲太 読んだ感想 普通の大学生がカンボジアに学校を建てるまでの実話。「僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.」 葉田甲太(小学館文庫)面白かったぁ〜なんて言っ ... » more

金子哲雄さんの妻が夫の闘病生活と死生観について綴った書…『死後のプロデュース』金子稚子著  金子哲雄さんの妻が夫の闘病生活と死生観について綴った書NEWSポストセブン2013.08.24 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20130824_206979.html ... » more

数々の困難な登山を成し遂げてきたクライマー夫婦の新たな挑戦の記録。過去の栄光に満ちた成功とともに、凍傷により手足の指をそれぞれに失い、かつてのような力強さや速さは求められなくなった山野井夫妻。奥多摩に暮らし、山を近くに感じつつ、手足 ... » more

54歳から67歳の主婦6人によるドーバー海峡横断泳挑戦の記録。その挑戦に興味をもった記録映画の監督が、撮影のかたわらで著したノンフィクション。挑戦の2年前から本格的な準備を始めるが、メンバーの怪我や病気、家庭事情などによる各種の障害 ... » more

戦前の日本男性が喜んで受け取ったとされる赤紙を書いた本… 『戦争とたたかう』 水島朝穂著 戦前の日本男性が喜んで受け取ったとされる赤紙を書いた本NEWSポストセブン2013.08.08 16:00戦前の日本の戦争映画によく赤紙が来る場面がある。そうすると赤紙、つまり召集令状を渡す側は「おめでとうございます」といい ... » more

「戦争とたたかう 憲法学者・久田栄正のルソン戦体験」水島朝穂著(岩波書店 1,491円) 「戦争とたたかう憲法学者・久田栄正のルソン戦体験」(岩波現代文庫)水島朝穂著(岩波書店1,491円)戦争とたたかう――憲法学者・久田栄正のルソン戦体験 (岩波現代文庫)岩波書店 水島 朝穂 Amazonアソシエイト ... » more
テーマ 書籍・書評 ノンフィクション 戦争

ハフィントン・ポストの躍進と既存新聞衰退の現場を論じた本…『米ハフィントン・ポストの衝撃』牧野洋著 ハフィントン・ポストの躍進と既存新聞衰退の現場を論じた本NEWSポストセブン2013.07.29 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20130729_202588.html ... » more

元零戦搭乗員の取材と著作を主とするライターが平成22年に発表した作品の文庫化。延べ500人近い海軍関係者(うち300人弱が搭乗員)への取材をもとに、圧倒的な強さを発揮した零戦の初陣から太平洋戦争初期、米国の新鋭機の登場により苦戦を余儀なくさ ... » more

【読書日記】新聞記者 司馬遼太郎 (産經新聞社) 昭和を代表する国民的作家である司馬遼太郎について、新聞記者時代の姿を、その古巣である産経新聞の有志がまとめたもの。終戦とともに陸軍の戦車部隊から復員し、紙不足の世相から乱立していた新興新聞社に入社。その後、各種の縁もあり、産経新聞で ... » more

「関西性欲研究会」メンバーが日中韓の「性」をまとめた書  『性欲の研究 エロティック・アジア』 「関西性欲研究会」メンバーが日中韓の「性」をまとめた書NEWSポストセブン2013.06.13 07:01【書籍紹介】『性欲の研究 エロティック・アジア』井上章一著(平凡社1890円)「性欲の研究エロティック・アジア ... » more

『クマに森を返そうよ』沢田俊子・著 汐文社 「ツキノワグマはどんぐりが大好きな、おとなしくて、やさしい動物です」クマと森と人を守る活動をしている森山さんは、こう語ります。最近、クマが人里に現れた、というニュースが増えています。なぜ、森でくらしているはずのクマが、人里に現れ、ときには人 ... » more
テーマ 沢田俊子 ノンフィクション 児童書

高野秀行氏 リアルONE PIECEの国でカネ続くまで取材続けた 高野秀行氏リアルONE PIECEの国でカネ続くまで取材続けたNEWSポストセブン2013.05.07 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20130507_185612.html ... » more

【読書日記】辻井伸行 奇跡の音色 (神原一光) 2009年に米国のコンクールで第一位となり一躍注目を浴びる存在となったピアニスト辻井伸行の成長の記録。盲目というハンディを負って生まれた辻井の天性のピアノの才能を大きく育てた、指導者川上昌裕に焦点を当てている。東京音大を首席で卒業し ... » more

今日のオススメ本 : 『キャパの十字架』 沢木耕太郎 「崩れ落ちる兵士」――スペイン内戦において共和国軍兵士が銃弾に倒れるまさにその瞬間を捉えた写真として、若き報道写真家ロバート・キャパの名を一躍有名にした一枚。しかし、キャパは死ぬまでその写真の詳細を明らかにすることはなかった。 ... » more

ネガポ辞典 [ ネガポ辞典制作委員会 ] 引きこもり→戦士の休日臭い→刺激的キモい→存在感がある修羅場→ドラマチック作り笑い→筋トレポジティブ通り越して現実逃避だろ! ↓話のネタ本として最適 ... » more

「ヒトラーの秘密図書館」 ヒトラーの蔵書から見えてくるもの ノンフィクション「ヒトラーの秘密図書館」2009年アメリカティモシー・ライバック著赤根洋子訳文藝春秋2010年1月10日第一刷2010年3月1日第二刷2013年4月21日(日)読了アドルフ・ヒトラーの死、およびドイツの敗北による ... » more

『お金が教えてくれること マイクロ起業で自由に生きる』家入一真著(大和書房  1365円) 十数億円を2年で使い果たした元社長が自らの金銭観披露の書NEWSポストセブン2013.04.09 16:01【書評】『お金が教えてくれること マイクロ起業で自由に生きる』家入一真著(大和書房 1365円)お金が教えて ... » more

【著者に訊け】 堀川恵子氏『永山則夫 封印された鑑定記録』(岩波書店  2205円) 連続射殺犯精神鑑定テープ聞いた作家「原因不明の熱が出た」NEWSポストセブン2013.04.08 16:00【著者に訊け】堀川恵子氏『永山則夫封印された鑑定記録』(岩波書店 2205円)永山則夫 封印された鑑定記 ... » more

コーランはなぜ豚肉食を禁止したのかなど「豚」を追った書 (SAPIO2013年4月号) コーランはなぜ豚肉食を禁止したのかなど「豚」を追った書NEWSポストセブン2013.04.06 16:00【書評】『愛と憎しみの豚』(中村安希著/集英社/1680円・税込)【評者】笹幸恵(ジャーナリスト)「愛と憎 ... » more

「チャイナ・ギャップ」遠藤誉著(朝日新聞出版 1785円) 「チャイナ・ギャップ」遠藤誉著(朝日新聞出版1785円)【書籍・書評】 日刊ゲンダイ2013年3月29日 掲載<「カイロ密談」で蒋介石は沖縄諸島の占領を拒否>新体制となった中国の習近平政権が対日外交にどの ... » more

【自著を語る】 『伝え方が9割』 佐々木圭一さん(コピーライター) ( 東京新聞2013年4月2日) 【自著を語る】『伝え方が9割』佐々木圭一さん(コピーライター) 東京新聞2013年4月2日 賀地マコト撮影◆人生はコトバで変わる「領収書おとしてください」よりも「いつもありがとう山田さん。領収書お願い ... » more
テーマ 東京新聞 ノンフィクション 自著を語る

 

最終更新日: 2016/12/06 17:11

「ノンフィクション」のブログ関連商品

» 「ノンフィクション」のブログレビュー をもっと探す

「ノンフィクション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る