誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    海外事情

海外事情

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「海外事情」のブログを一覧表示!「海外事情」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「海外事情」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「海外事情」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

(No.3046)スウィング中の手首の角度 手首の角度をスウィング中維持すると、飛距離と正確性が増す。手首の角度(コック)を維持したままテイクバックすると、肩、胸を回さざるを得ない。体の正面からクラブが逃げていかない。手首の角度が変わらないわけだから、腕がアドレスの位置に戻れ ... » more

(No.3040)ゴルフは左手と腰だ 出だしはショットも最悪、右肩が突っ込む癖が再発し、パーも取ったがダボも叩くチグハグさ。それでも前半の最終3ホールをパーで上がると、後半はショットも良くなり、何とか30台を確保できた。最初のティショットは決して悪くないのだが、 ... » more

(No.3037)トレビノは正しい:左手甲が命だ フェニックスオープンはウッドランドが5年ぶりに勝った。オフシーズンにスウィングコーチのブッチ・ハーモンにミスショットの指導を乞うた。ハーモンは併せてショートゲームコーチのピート・コーウェンを紹介した。今大会が始まる前には、ハ ... » more

(No.3036)ハンドファーストなインパクトにする フェニックス・オープン3日目、216,818人の新記録の観衆を集めていた。10番グリーンと16番の有名なスタジアムとは隣接し、多くの群衆は界隈に屯していた。ミケルソンは10番ティショットを左へ押し出し、セカンドをグリーン右サイド ... » more

親しい仲間が、短いパットは「右肩で打て」という。右肩をアドレスの位置に固定するつもりで打てば決して引っ掛からないとの趣旨。新しい意見は直ぐに試すのが楽老のモットー。右手首を固定して右肩で打つ。方向性も然ることながら右主導だから距離感が良 ... » more

ゴルフ浪漫街道(No.3029)腰が止まる
(No.3029)腰が止まる Farmers Insurance Openは、プレイオフになり、4ホールで決着がつかず月曜日へ持ち越しになった。アレックス・ノーレンの沈着なドライバーショットとジェイソン・デイのパワーとの戦いは、デイにやや分があったにも拘ら ... » more

(No.3025)インパクトで左手甲を目標に向ける ボールの飛ぶ方向は、フェイスの向きで80%は決まり、スウィングプレーンは20%程度と言われる。フェイスの向きは打ち出し時の方向性を決め、スウィングプレーンはボールのインプレッション、スピード、芯的中率、スピン量に寄与する ... » more

(No.3022)手を返してはいけない。自然と返るからだ。 ショットの距離が出なくなったと思っていたら、インパクト以降左脇が空いていた。左脇が空けば、体は回転できないし、クラブも振れない。引っ掛かる癖を直そうとして、手首を返さないように努めていたが、序に脇も空いていたようだ。左脇を締めてクラブ ... » more

(No3021)アプローチだって体重移動が必要だ 得意のアプローチが上手くいかない時の前兆は、素振りで芝を擦れなくなることだ。体が起き上がっているのか、手元が浮いているのか、そのようなことを考え出すともういけない。手首だけでガツッと叩き、大トップだ。三日連続で練習に行った。200 ... » more

(No.3019)松山のスウィングリズム 大分ショットが安定してきた。左手に意識を集中し、切り返しからは腰に意識を移し、左手は左上へ振り上げる。それでもリズムが悪いと左腕が左上へ上がっていかず、体の回転も中途半端になる。スウィングプレーンはアップライトがよい。左手で左上へ振 ... » more

(No.3018)スウィングはリズムだ ゴルフスウィングはリズムだとしみじみ思う。トップへ「スー」と持っていく「様」、トップで得も言われぬ「一呼吸」を入れる「様」、切り返しでの「腰の動き」の「様」、そして「左手の動き」。個々に制御すべきポイントはあるが、人間は一連の体 ... » more

(No.3016)ソニーオープンこぼれ話 ソニーオープンは劇的幕切れだった。初優勝を目指したトム・ホジーは16番でプレッシャーに負けた。一方、優勝したキザイアは今季既に2勝目だ。昨年までは精々90位辺りをうろついていたのが大変身である。(それにしても彼の奥さんは別嬪だ)ジ ... » more

(No.3013)初打ち:30台で回る 今年の初打ちは天国と地獄だった。前半は、ショットもアプローチもパットも決まらず散々の出来、昨年末来の不調が尾と引き、忸怩たるものがあった。トップへ素直に体を回していけないから、気持ちよく振れない。暗澹たる気持ちで昼食、酒を飲む気にもな ... » more

「尺骨関節打法」のあの手応えを忘れられない。何故再現できないのだろうと悶々としていたが、答えは簡単だった。右手の平に置いたコップの水を溢さないように上げていく。これが「呪文」だった。だがスウィングはたった一つの呪文だけで解決できるもので ... » more

(No.3010)トランプ大統領のゴルフの実力 今年の初戦で勝ったD・ジョンソンは、当初M3ドライバーを使うつもりだったが、彼の為に開発したM4を使った。トーナメントで行き成り使うことへの抵抗感もあったが、ハワイの風を考慮すると「低弾道で直進性に優れたM4」が向いていると判断した。 ... » more

(No.3009)左手は伸びているべきだ 年末年始、トランプはフロリダでゴルフを楽しんだ。クリスマス明けから仕事に復帰すると宣言しながら、翌日もゴルフ場に姿を現した。朝一番にツイッターを発信したから仕事を開始したとも言えないでもない。お陰でフロリダ在住の現役プロ選手達は ... » more

年頭の目標(Resolutions)を決めなくなって10余年。或るのはゴルフへの希求ばかり。世間では色々と年頭の所感が報じられている。これらを風刺するのもマスコミの仕事だ。以下は、US Todayの編集委員会の風刺リゾリューションの一部 ... » more

欧米のマスコミも松山のメジャー制覇は近いと見ている。しかし、良いショットをしても顔を顰める彼の「完全主義」には否定的だ。勿論、彼の練習熱心さ(Work ethics)は評価するものの、宮崎のダンロップオープンでケプカに10打差を付 ... » more

(No.3005)オーガスタ・ナショナルのモニュメント 年越しのイベント(New Year Celebrationという)は、今年も世界中で祝われた。世界の大都市で最初に新年を迎えるのは、ニュージランドのオークランドである。シドニーでは、恒例の虹色の花火がオペラハウスとハーバー・フ ... » more

ホンダゴルフからのメールによると、切り返しでシャフトは後ろに倒れなければならない。後ろに倒れるとは、バックスウィングのスウィングプレーンよりヘッドが下がることをいう。昔、シャフトが寝て降りてくるから駄目だと言われた記憶があり、 ... » more

(No.3001)初夢に賭ける 今度こそ「開眼」か 宝籤に当たった夢を見たことはないが、当たって欲しいと夢見ている。英国で想像できないような籤が発売された。デボンシャーに1990年代に建てられた3百万ドルする大邸宅が売りに出された。その発売方法が夢想だにできないやり方だった。一口&po ... » more

ゴルフ浪漫街道(No.2998)胸の回転で打つ
(No.2998)胸の回転で打つ 昨日の不甲斐ないショットに自ら呆れ、練習へ。短いアプローチから練習する。手首から脱力し、胸の回転だけで打つ。胸がレベルに回っておればミスはない。それでもダフる。切り返しで微妙に手首が動き、ヘッドがプレーンを外れるとダフる。要する ... » more

どうした日経? と ウクライナ と クリスマスイブの思い出。 【日経社説】新たな危機にも目配りする防衛体制に https://www.nikkei.com/article/DGXKZO25015850T21C17A2EA1000/>防衛費が急ピッチで増加している。東アジアの安保環境の ... » more

マスコミもファンも選手仲間も、ウッズの復帰を大歓迎している。だが、グレッグ・ノーマンは冷静だ。「ついこの前まで、ウッズは二度とプレイできないだろうと言ってたやんか。そして今、330ヤード飛ばしてるやろ。えらい違いや。皆ウッズが ... » more

(No.2981)アプローチ・ショットの神髄 アプローチの精度、安定を目指すなら、腕で打つのではなく、腰と胸の回転で打つべきだ。40ヤードまでのアプローチショットならば、手首から完全に脱力していても距離は確保できる。ダフったりトップしたりするのは、手首で打とうとするからだ。距 ... » more

(No.2978)名球会メンバーとゴルフ 最近、野球の名球会のメンバーと酒を飲んだり、一緒にゴルフをする機会が増えた。世間に公表できない内輪話が斬新で面白く、遂々してはならない質問をすることになる。有名人も多数メンバーにいるが、ゴルフ以外の話題を出さないのが暗黙のルールだ。 ... » more

事の起こりはツイッターだった。ゴルフ評論家のブランデル・チャンブリーが、「最近フラットスウィングが多くなった。アップライトスウィングの方が優れている」と書き込んだ。即刻色々の反論が入る。その内、話は、フラットかアップライトか ... » more

(No.2973)グリップエンドをボール目掛けて振り下ろす ウッズの復活は本物か。一瞬の輝きを見せたジョン・デイリー、期待の新星だったデイビッド・デュバルの栄枯盛衰と比較してみたい。デュバルは、1997年3勝、1998年4勝、1999年4勝を挙げて、2000年には世界ランクNo. ... » more

トランプ大統領は就任以来45週の内、34週、週末彼の所有するゴルフクラブで息抜きをした。他の週も所有する邸宅等々へ出向いているので、彼が大統領府に週末居たのはたったの4週のみ。オバマ大統領を大事な政務をやらずにゴルフばかりすると選 ... » more

最もゴルフセットを沢山所有しているのは、スペイン・マラガのレストランオーナーのRobert Lantsoght氏で、4393セットも集めている。1992年から収集を始めたと言うから25年間、毎年175セット前後購入していることになる。 ... » more

 

最終更新日: 2018/04/22 08:29

「海外事情」のブログ関連商品

» 「海外事情」のブログレビュー をもっと探す

「海外事情」ブログの人気商品

「海外事情」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る