誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    海外事情

海外事情

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「海外事情」のブログを一覧表示!「海外事情」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「海外事情」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「海外事情」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

(No.2859)腰が開くからミスがでる ミケルソンが全米プロで初めて予選落ちした。落胆する彼は、キャディの変更が影響していることはないという。練習場では上手く打てている。にも拘らず、本番では結果がでない。ボールが曲がっている(Hitting the ball brooked ... » more

カナダオープン最終日、首位を走るチャーリー・ホフマンは、12番Par3でティショットをバンカーに入れたが、目玉(英語ではFried-egg-lieという)で尚且つスタンスも取り辛いところだった。足を踏み入れて足場を確認するホフマン、暫 ... » more

(No.2854)松山英樹 勝利インタビュー 欧米のメディアは、松山の表情に騙されてはならないという。駄目だという表情を浮かべているから、バンカーに打ち込んだのかと思うとピン横4メートルに付けている。世界選手権最終日。松山のスタート前の練習を見ていた全員が、彼は駄目だと思った ... » more

全英オープン2位に終わったマット・クーチャー。「説明するのは難しい。押しつぶされ傷ついた。が、興奮とスリルも。戦争であり、戦いだった。この位置に着くには厳しい練習があった。歴史を作り、そして全英に勝つチャンスに出会うことができるのはそう多 ... » more

(No.2844)米国人はトランプ大統領をどう見ているか ゴルフ夜話。(1)全英初日、スピースはガムを噛みながらプレイをして65のトップに躍り出た。何と朝から同じガムをずーと咬み続けていたそうだ。2番まで1アンダーで来たので咬み続けた方が良いと思った、という。ガムを噛めば反射神経が ... » more

(No.2843)ゴルフ:右膝を前に出すな 1988年のマスターズと全英オープン優勝者のマーク・オメーラは、全英の初日1組目先頭打者の栄誉に浴した。だがそのオープニングショットをOBし、8を叩く。「酷いスタートをしてしまった。クラブから手が滑った。7番までで9オーバー叩け ... » more

(No.2840)スピースはラウンド中どう思っていたか ラウンド中のスピースの心の綾について。「(最初の数ホールでボギーを連発し)マスターズを又再現するのかと思った。今回のメジャーを上手く手仕舞いすることは今後の自分にとって極めて重要なことだった。スタート前、上手く手仕舞いできる選手 ... » more

(No.2835)今売り出し中の若手、全米オープンを語る 時々フェアウェイウッドがトップする。インパクトで起き上がるのが直接的原因であろうが、何故起き上がるのかを解明しない限り再発する。トップが浅いと腕で振ることになる。腕で目一杯振ろうとすると左肩が早く上がる。左肩に引っ張られて起き上がる ... » more

デシャンボーが遂に勝った。質の良いボールストライカーである彼の欠点はパッティング、その為予選通過にも苦しんできた。クラブのシャフト長さを揃えたことで有名になった彼は、パッティングスタイルも種々工夫をしてきた。サイド・サド ... » more

メジャーの直近10年間の優勝者を調べた。マキロイがメジャー初勝利したのは、2011年の全米オープン。カイマーは2010年の全英オープン。スピースは2015年のマスターズ。ミケルソンは2004年のマスターズ。殆どのメジャー ... » more

2017年7月ドイツ日記その4 やっと帰国しました。ベルリンからフランクフルト経由だったのですが、フランクフルトで乗り換えの際に手荷物検査がなかったのが意外でした。中のパン屋で大きな黒パンが売っていおりました。前日にベルリンで買ったので買いませんでしたが、中々日本では ... » more

2017年7月ドイツ日記その3 運河と女スリ 昨日は運河のクルーズにも行ってきました。ベルリンには結構個性的な近代建築物が多いことが実感できました。東ベルリンのアイコン、テレビタワー。ベルリンのスカイツリー。展望台には回転式レストランがあるそうです。 ... » more

2017年7月ドイツ日記その2  DDR博物館 昨日はDDR(東ドイツ)博物館に行ってきました。東ドイツ製のパンスト。東ドイツにもヌーディストビーチがあったそうです。びっくり!政治犯収容所の「個室」 ... » more

2017年7月ドイツ日記 ミュンヘン近くで取引先とのセミナーがあり、色々と実りがありました。昨日は取引先の有力ディーラーの訪問でした。ドイツの特殊部隊に関する表には出てこない(面白い)話なども聞けました。さて、一昨日はミュンヘンからベルリンへの移動、その ... » more

リッキー・ファウラー、全米で最もファンが多いゴルファーと言っても良いだろう。リー・ウェストウッドと「メジャー未勝利で6度の2位」の記録を分け合う。ツアーでのボールストライキング・ランキングは8位で悪くはないのだが、最終日に乱れる ... » more

(No.2818)世界で最も美しい城とゴルフコース イングランドの東部にあるリーズ城は、ヘンリー8世と最初の妻キャサリンが過ごした宮殿であった。その後ジャコバン党の拠点になったりしながら、現在は保存団体が管理している。門を潜ると大きな駐車場があり、そこから大きな森を抜けると突然、青 ... » more

全米オープンで松山と2位を分け合ったハーマンは、「”Moral Victory”など信じない。勝つチャンスはあったがやれなかった。だからと言って、トーナメントに負けたとも思わない。ケプカが上手くプレイしそして勝ったということだ」と語っ ... » more

(No.2806)ニューヤマハ ゴルフクラブ 評判通りの飛距離か 全米オープン16番ホールで松山は15番第三打が98秒掛かったとして「スロープレイの警告」を受けた。にも拘らず16番ではバーディを決め、17,18番のクリティカルなパットも沈めた。「プレイがそれほど遅かったとは思わないが、残りのホ ... » more

(No.2805)左手甲でボールを弾く コースでこれだと思ったことも、練習すると少し修正が必要となる。例えば、右肩がダウンスウィングで前に出ないようにするには、両肘が地面を指すようにダウンスウィングすればよい。だが右手で振り下ろせば右肩が出る。これを防ぐには左肘がボール ... » more

文化の違いは明白だ。米国議会に於ける元FBI長官ジェームズ・コミーの証言は東部時間10時から開催された。注目の政治イベントを自宅ではなくバー、レストランに集まりワイワイガヤガヤ大画面で見るのが彼の地のスタイル、店側は9時半から営 ... » more

ロンドン郊外ウェントワースで開催されたBMW選手権(欧州ツアーの高額賞金大会)初日、エルスは69で回った。だが彼は自らペナルティを申告し、71に修正した。5番ホールPar5の3打目をチップインしてイーグルを取ったが、その3打目の前に ... » more

(No.2790)練習場のボールは飛ばない 練習に行けば必ず調子を狂わせる。練習場のボールは飛ばない設計になっている。分かっているが飛ばないと力む。欲望の塊の心は、最高に飛んだ距離を一生忘れていない。だから、それを求めて練習をする。だが飛距離が生涯最高ということは、瞬間的にエネルキ ... » more

(No.2788)ホールインワン達成 やった!遂にやった!Hole-In-Oneだ。仲間のホールインワンに立ち会ったことは何度かあるが、自分のボールはカップを避けてばかりだった。ホームコース、170ヤード、ややフォロー・ウィンド。7番アイアンか6番アイアンかで迷って ... » more

(No.2784)パットは常に入れるつもりで打て 例会に出る。昨日のショットが良くなかったから、新打法への疑念が膨らむが、トップでの手首、クラブの位置を確かめながら振る。やや右に出ることはあるが、ダックフックはでない。その分芯で捉えていないので距離が出ない。ヘッドが走らないのは、手 ... » more

(No.2776)実力よりビッグマウスで有名になったゴルファー Grayson Murrayは今年からPGAツアーカードを獲得した新人で、23歳。今売り出し中のJoe Rahmの1年先輩にあたり、アリゾナ州立大出身だから、ミケルソンの弟の薫陶を受けたであろうが、トラブル王の才能の方が先に開花したよ ... » more

(No.2772)レッドベターの樽理論と左の壁 連休中は何処へ行こうとも人混みに溢れる。だから自宅で静かにしていた。カミさんは近場のデパートへ出かけたりしたが、こちとらは人がいないゴルフ場通い。プロから教わった「クラブを右下へ降ろす(日本語でこれを正確に表現することは難しい) ... » more

Pete Cowenは、マスターズ・チャンピョンのダニー・ウィレット、全英オープン・チャンピョンのステンソン、ライダーカップ・キャップテンのダーレン・クラーク等々名立たる選手を指導している欧州ツアー一番のゴルフコーチであ ... » more

(No.2766)病膏肓、ゴルフ膏肓 グランドシニア大会に出る。80歳のお医者さんと一緒だ。少し足に来ているようだが、往年の腕は衰えてはいない。体も良く回っている。楽老もあの歳まではやりたいと思う。病気の数だけ処方箋が必要だが、ゴルフも然り。ミスショットの原因は一つで ... » more

ゴルフ浪漫街道(No.2763)感激の優勝
春冷えの一日、うっかり薄着で出掛けたので寒い。他の3人が飛ばし屋で、私が幾らナイスショットをしても見劣りがする。手応え十分だけに結果を見るとガッカリする。意識しているつもりはないのだが、その内力みだした。分相応の飛距離で我慢すべきだが、ま ... » more

ゴルフの醍醐味は、日々新たな発見があり、開眼があることだ。例えば、飛ばないのは何故か。原因は沢山あるだろうが、左脇が空いて降りてくるのも一つだ。脇が空けば腕は最短距離を動かない。当然エネルギーロスとなる。発見と開眼は残念ながら繰り返す。 ... » more

 

最終更新日: 2017/08/14 09:31

「海外事情」のブログ関連商品

» 「海外事情」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る