誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    海外事情

海外事情

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「海外事情」のブログを一覧表示!「海外事情」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「海外事情」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「海外事情」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

茶店(売店)は日本のコース独特の仕組みと言われる。確かに英国でコース内に茶店があるコースは殆どない。ロイヤル・シンクポートの8番ホールの横に茶店と言うよりは小屋があり、軽食を売っていたのだ唯一の記憶だ。米国では”Halfway House ... » more

(No.2910)ゴルフスウィングの重要要素を分解する ゴルフ要素の分解から、ステップ1:体を水平に右に回す。この時右膝が一緒に回ってはならない。ステップ2:右に限界まで回した後、腕は上に上がって行く。ステップ3:トップを決めて、腰、胸を切り返す。決して腕から切り返してはならない。ステ ... » more

(No.2909)レッスンプロとして選ぶなら、男子プロか女子プロか 連戦で疲れからか、昨夜左足が攣った。気付きが早かったから、直ぐに足を延ばし、親指に力を入れたら収まった。ゴルフ場で歩くだけが運動では筋力強化にはならないようだ。某囲碁将棋界の重鎮の話。碁会所で、有名男子プロの指導碁を開催しても人気は ... » more

(No.2906)夏場のラフからの脱出はこれだ FedEx Cup最終戦に出場した30選手はこの試合だけでどれだけ稼いだか。最終戦の賞金は、1st $1,575,000 、2nd $945,000 、3rd $595,000 、4th $420,000 、5th $350,000、 25 ... » more

ゴルフ浪漫街道(No.2905)敬老杯
(No.2905)敬老杯 敬老杯とは、年寄りを敬う会と書く。敬うが故に、ティグランドは相当前に出て距離は短くなっている(英語では、UPという)。昼食もサービスだし、表彰式には、料理と酒が並ぶ。古希を過ぎた老人にはありがたい会だ。だから日頃見掛けない会員も参加す ... » more

胸をレベルに右に回してバックスウィングをし、レベルに戻してフォローを取るように努力をしている。だが右肩がダウンスウィングで少し前に出て外からインパクトを迎えると、夏の強いラフに負けて振り抜けず、惨めに数十ヤード飛ぶだけだ。深 ... » more

40数年前にゴルフを始めた時は、スモールボールだった。暫くするとラージボールに統一された。1909年、R&Aは、ゴルフボールの最小径を1.62インチと決めた。多くのゴルファーは、向かい風の時は最小径のボールを、追い風の時 ... » more

(No.2895)PGAシニアツアー 成田開催 PGAシニアツアーが初めて日本で開催された。PGAが世界制覇を狙っているのを、日本側が警戒しこれまで許可しなかったからだ。今回も倉本会長は最後まで抵抗していたらしい。本場の名立たるプロが大挙して日本に押し寄せると、日本シニアツアーが成り立 ... » more

(No.2893)ゴルフも結局は判断力だ 大事な大会をミスパットで勝ち残れなかった。寄せが絶好調でしぶとくパーを重ねていたが、その日特に距離があっていた30ヤードのアプローチを失敗、尚且つパットもミスした。それを取り返そうとして次のホールの下りの2メートルをカップしか見 ... » more

2017年9月ロンドン日記その3 鯛焼き、お好み焼き、火鍋 以前紹介したレスタースクェア近くのお好み焼き屋。繁盛しているようです。チャイナタウンの鯛焼き屋一口サイズです。これ、どうみても鯛じゃないだろ。ふぐの子供みたい。夕食はチャイナタウン近くの爽 ... » more

2,017年9月ロンドン日記その2 女王陛下の秘密兵器。 DSEIで公開された英国の最新秘密兵器です。ではなくて、ロンドン・フィルム・ミュージアムで行われていたジェーム・スボンドの車輌展というイベントがあったので行ってきた次第。 ... » more

2017年9月ロンドン日記その1  さて、おとといからロンドンに来ています。来週始まるDSEIの取材ですが、その前にあれこれと野暮用を済ませております。今回英国航空のプレミアムエコノミーで来たんですが、機材は787。初めて乗りました。A380は何度も乗っているんですが ... » more

Presidents Cupの世界選抜12人の内10人は世界ランクのトップ10から選ばれる。谷原は12位でキャップテン推薦に望みを賭けた。だがニック・プライスが選んだのは世界ランク11位のEmiliano Grilloと16位のAni ... » more

(No.2883)ゴルフのロマン、距離も精度も欲しい 定例会だ。練習でそれなりにスウィングを掴んだつもりだが、確たる自信がある訳ではない。そんな中でフェアウェイウッドを何かの拍子に手首を返さないで打ってしまった。これが素直な良い球筋。そこでフェイスを返さない様に振ってみるとアイアンも精度が ... » more

業界のOBの集いに出た。最年長は87歳、楽老はまだまだ子供だ。同年輩の知人が長生きの秘訣として、数字「1,10,100,1000,10000」の意味を教えてくれた。10000は一日に10000歩歩くことだと言う。1000は一日1000文字読 ... » more

マスターズで優勝したバイロン・ネルソンに与えられたグリーン・ジャケットが、オークションに掛けられようとしたが、オーガスタ・ナショナル・カントリークラブとマスターズ・トーナメントが中止を求めて裁判所に仮処分を訴えた。オーガスタ ... » more

(No.2874)ハーフ 11パットは流石に凄い アプローチとパットが決まるとスコアは纏まる。当然の理屈だが昨日はそれが極めて良かった、特に後半9ホール。2パットが2回、残りは全て1パットで合計11パット。プロでもこの数字にはなかなかならないのではないか。アプローチが良くなっ ... » more

(No.2873)バックスウィングで伸び上がってはいけない バックスウィングで幾らか伸び上がる癖がある。胸はレベルに回しているのだが、クラブは上へ上げていかなければならない。自然と上がって行けばプレーンに乗っているのだが、高く上げようとする意志があるのだろうか、伸び上がる。腕は高く上がるべ ... » more

雨模様だが猛暑よりはプレイしやすいと歓迎する。仲間もほぼ同意見。それでもメガネが曇る程の雨量となると煩わしさも半端ではない。人間贅沢なものだ。トップで右足内側後方に体重を乗せるやり方練習場で会得できた。とは言え、実践で上手くやれな ... » more

バンカーショットは軽く打つのがコツだが、ボールが沈んでいるとどうしても力みが入る。力めばダフる可能性が高まるのだが、砂を吹き飛ばさなければならないと思い込んでいるから、力みを無くすことはできない。ダフらなければ力を入れずとも、砂の下 ... » more

松山は何故勝てなかったのか。ジャスティン・トーマスに運が微笑んだからか。楽老は1番のバーディパットに全てが現れていたと考えている。元々パッティングに課題を抱えている松山が短いパットをカップをかすりもせずに外した。今日のパッ ... » more

(No.2859)腰が開くからミスがでる ミケルソンが全米プロで初めて予選落ちした。落胆する彼は、キャディの変更が影響していることはないという。練習場では上手く打てている。にも拘らず、本番では結果がでない。ボールが曲がっている(Hitting the ball brooked ... » more

カナダオープン最終日、首位を走るチャーリー・ホフマンは、12番Par3でティショットをバンカーに入れたが、目玉(英語ではFried-egg-lieという)で尚且つスタンスも取り辛いところだった。足を踏み入れて足場を確認するホフマン、暫 ... » more

(No.2854)松山英樹 勝利インタビュー 欧米のメディアは、松山の表情に騙されてはならないという。駄目だという表情を浮かべているから、バンカーに打ち込んだのかと思うとピン横4メートルに付けている。世界選手権最終日。松山のスタート前の練習を見ていた全員が、彼は駄目だと思った ... » more

全英オープン2位に終わったマット・クーチャー。「説明するのは難しい。押しつぶされ傷ついた。が、興奮とスリルも。戦争であり、戦いだった。この位置に着くには厳しい練習があった。歴史を作り、そして全英に勝つチャンスに出会うことができるのはそう多 ... » more

(No.2844)米国人はトランプ大統領をどう見ているか ゴルフ夜話。(1)全英初日、スピースはガムを噛みながらプレイをして65のトップに躍り出た。何と朝から同じガムをずーと咬み続けていたそうだ。2番まで1アンダーで来たので咬み続けた方が良いと思った、という。ガムを噛めば反射神経が ... » more

(No.2843)ゴルフ:右膝を前に出すな 1988年のマスターズと全英オープン優勝者のマーク・オメーラは、全英の初日1組目先頭打者の栄誉に浴した。だがそのオープニングショットをOBし、8を叩く。「酷いスタートをしてしまった。クラブから手が滑った。7番までで9オーバー叩け ... » more

(No.2840)スピースはラウンド中どう思っていたか ラウンド中のスピースの心の綾について。「(最初の数ホールでボギーを連発し)マスターズを又再現するのかと思った。今回のメジャーを上手く手仕舞いすることは今後の自分にとって極めて重要なことだった。スタート前、上手く手仕舞いできる選手 ... » more

(No.2835)今売り出し中の若手、全米オープンを語る 時々フェアウェイウッドがトップする。インパクトで起き上がるのが直接的原因であろうが、何故起き上がるのかを解明しない限り再発する。トップが浅いと腕で振ることになる。腕で目一杯振ろうとすると左肩が早く上がる。左肩に引っ張られて起き上がる ... » more

デシャンボーが遂に勝った。質の良いボールストライカーである彼の欠点はパッティング、その為予選通過にも苦しんできた。クラブのシャフト長さを揃えたことで有名になった彼は、パッティングスタイルも種々工夫をしてきた。サイド・サド ... » more

 

最終更新日: 2017/10/15 11:39

「海外事情」のブログ関連商品

» 「海外事情」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る