誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    辻仁成

辻仁成

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「辻仁成」のブログを一覧表示!「辻仁成」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「辻仁成」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「辻仁成」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

光彩日本辻仁成が日和る太田光に説教
■リテラ辻仁成が日和る太田光に説教!「安倍首相に直接会っても意味がない」「太田さんの批判はフランスでは優しいほう」http://lite-ra.com/2015/08/post-1397_2.html「それで花見のときに『今度、 ... » more

Tudo Bem ?『サヨナライツカ』(辻仁成)
この本を読むと,なんか旅行をしたくなるような気がします.アジアの喧騒に触れてみたいと感じました.日経ビジネスAssocieの2012年5月号で,東大の西成先生が推薦していた本の中の一冊です.その紙上のコメントの中に,「ラスト ... » more
テーマ 読書 恋愛 辻仁成

『ミラノ霧の風景』須賀敦子コレクション白水ブックス 私が須賀敦子さんの本を初めて読んだのは中公文庫の『本に読まれて』という本でした。書評からの本の紹介、好きな本たちについて、読書日記と、読み進むにつれてその文の美しさのすっかりと ... » more

読むはずのない本であるが、読んでみた。最初から、無用な形容詞句に「何だこれは!」と思った。意味のない隠喩の数々。私が読んだ作家の隠喩は、それぞれが意味を持ったものだった。だが、ここに次々と現れるそれは、話の流れとは関わりをもたない、 ... » more
テーマ 辻仁成

夕芽の EX LIBRIS海峡の光
海峡の光 前回は漫画でしたが、今日は芥川賞受賞作のこんな本を。振り幅広すぎ(笑)。『海峡の光』辻仁成(新潮文庫)地味な小説である。今季節は夏だが、本を開くと、冬の函館の厳しい寒さと、それにあまりにも似つかわしい「刑務所」という ... » more
テーマ 辻仁成

類は友を呼ぶとはこういうことなのだろう。『冷静と情熱のあいだ』は、BluもRossoも それ単独で読んでも楽しめるしコラボ小説としてもかなり完成度が高いと思う。ただ、両方読んで改めて感じるのは江国さんの作家として ... » more

夕芽の EX LIBRISピアニシモ
ピアニシモ 今日はちょっと懐かしい本。前回書いた「海辺のカフカ」の主人公「カフカ」は15歳で、自分の弱さゆえにもう一人の自分「カラスと呼ばれる少年」を作り出した。が、これとそっくりな小説が昔あったのを思い出した。主人公の年齢も、“もうひ ... » more
テーマ 辻仁成

おっちゃんの備忘録グラスウールの城
図書館で借りる。グラスウールの城内容(「BOOK」データベースより)レコード会社の制作ディレクターの僕には、時々幻聴が聞こえる。不規則な生活を十年も続けているのが原因だろう。好きな音楽の仕事だが、ストレスはある。恋人とも ... » more

どこまで行っても旗はこれなのか野獣のように現地で人を殺して食料を徴発してきた日本軍のあの旗映画でこれを再現できるなら挑戦してみたいと現代の中国の監督は考えたでも日本の監督はまだそれを果たせないそこで作 ... » more

「見えた」と思った「冷静」とは振り子の高さの最大値「情熱」とは振り子の運動の最大値冷静は制止動かないことで表現する「高さ」経験と知恵と痛い思い出が重りをかき抱き押しとどめるでも想像したものを創造し ... » more
テーマ 物理実験 辻仁成

 

最終更新日: 2016/12/04 14:34

「辻仁成」のブログ関連商品

» 「辻仁成」のブログレビュー をもっと探す

「辻仁成」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る