誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    貴志祐介

貴志祐介

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「貴志祐介」のブログを一覧表示!「貴志祐介」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「貴志祐介」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「貴志祐介」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『悪の経典/DVD』を観て 妻が原作を読んでいたのでDVDを借りてきて一緒に観ました。けっして悪い映画ではないのですが、個人的には二度と観たくありません。殺人の動機が恨みや怒りなら人間らしい心の動きが感じられてまだいいのですが、主人公蓮実 ... » more

さあ、「鍵のかかった部屋」も、ついに最後のお話「硝子のハンマー」になりました。原作は読んでいる。感想はこちら→http://pu-u-san.at.webry.info/201205/article_14.html意欲は買うのだ ... » more

再放送された「鍵のかかった部屋」の第9話「はかられた男」を見た。ドラマの公式サイトはこちら→http://www.fujitv.co.jp/kagi/story/index09.htmlなるほど!こんな簡単なトリックか! ... » more

素性が非常に怪しい、自称・防犯コンサルタントの榎本径が密室の謎を解くという「防犯探偵・榎本」シリーズの第1弾が‘硝子のハンマー’です。‘硝子のハンマー’をはじめとする「防犯探偵・榎本」シリーズは‘鍵のかかった ... » more

月9ドラマ、「鍵のかかった部屋」の原作の防犯探偵榎本シリーズの第2弾が‘狐火の家’です。‘狐火の家’は表題作のほか計4編を収録した短編集です。全ての作品が密室トリックを扱ったミステリーです。密室トリックと ... » more

「密室は破れました」でおなじみの「月9」ドラマである‘鍵のかかった部屋’の原作小説です。実はドラマの原作となった「防犯探偵・榎本シリーズ」と呼ばれる小説は全部で3作品あります。ドラマのタイトルと同じタイトルの ... » more

気になる・・・「黒い家」
貴志祐介さんの「黒い家」を読みました。主人公は、生命保険会社の社員で、運用側から、現場の既存の契約(保守)を担当する側へ移動した若手社員。そこへ来るクレームや支払い請求などに対応していた。そんな中、彼に自 ... » more
テーマ 貴志祐介

フジテレビで放送している「鍵のかかった部屋」の原作なのです。手に取った時、「これ、厚すぎないか?」と思ったのだけれど、まあ、推理作家協会賞受賞作品でもあるし、せっかくの機会だから(何が?)と思って買ったのでした。http://w ... » more

気になる・・・「硝子のハンマー」
貴志祐介さんの「硝子のハンマー」を読みました。あるビルの最上階のフロアで起こった殺人事件が舞台です。その部屋は社長室で、亡くなったのは社長。日曜の昼休みに起こったその事件は、防犯カメラや部屋の鍵など、 ... » more
テーマ 貴志祐介

読みました。あらすじ《防犯コンサルタント(本職は泥棒?)・榎本と弁護士・純子のコンビが、4つの超絶密室トリックに挑む》2012年版「このミス」の第17位の作品。4つの短編、どれもトリックが難しい… ... » more
テーマ 読書 貴志祐介

書道楽ブログ『狐火の家』 貴志祐介
防犯探偵シリーズの第2弾!文庫版が出ていたので購入しました。狐火の家 (角川文庫)角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-09-23 貴志 祐介 Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」デ ... » more
テーマ 読書 貴志祐介

本書は、防犯探偵・榎本シリーズ第3作。密室を題材にした4本の短編集です。青砥純子弁護士が、アシスタントの防犯コンサルタント・榎本を従えて、密室トリックの解明に乗り出します。でも実は・・・・・・名探偵なのは榎本。榎 ... » more
テーマ 貴志祐介

ジムニーと日常DVD 黒い家
原作本を数年前に読んで以来、まったく興味を持っていなかった映画版ですが、貴志さんの本を読んだ所為か、気になってしまったのでレンタルしてきました♪青の炎の映画が残念だったので、心配しましたが、サイコパス人間の怖さが十分に堪能で ... » more

ジムニーと日常新世界より 下巻
探し回ってようやくゲットしました♪本屋行けばあるだろうと思っていたのが甘かったです・・・。早速読み始めてますが・・・面白いww先が気になります、でも寝なくちゃね!バケネズミ、反旗を翻すのかな?w ... » more
テーマ 貴志祐介

ジムニーと日常お盆休み中
とにかく毎日暑いです!でも、引き篭もって読んでない本を読破中!が、全部貴志さんの本wwダークゾーン読破!悪の教典読破←これは久々に良かった!新世界より上巻のみ読破(下巻が見つからない!)探しに行ってく ... » more

小説『ダークゾーン』貴志祐介 貴志祐介先生の『ダークゾーン』を読みました。(ちなみにポケデジのノイズモードで撮影しました)昔から貴志祐介先生の小説が好きでずっと読んでます(*^_^*)先生の小説はどれも『イマイチだったなぁ〜』なんて事 ... » more
テーマ 貴志祐介 小説

日々是好日酒盗と思考と記憶
酒盗と思考と記憶 日本橋の飲み屋で初体験。本場高知でますますハマった”酒盗”を近所のリカマンで見つけたので買ってみた。神奈川県産と高知県産の2種類あったが、もちろん高知県産を購入。パッと見、イカの塩辛のよう。食べるとイ ... » more
テーマ 悪の教典 酒盗 貴志祐介

新世界より [貴志祐介] 新世界より貴志祐介1000年後の日本を描いたSF作品。未来の世界では「呪力」と呼ばれる超能力を駆使する人間達が住む異様な世界だった。日本版のハリーポッターとも言うべき完成度の高いSF大作で、その設定全てが秀逸。突 ... » more
テーマ 貴志祐介

読みました。あらすじ≪「覚えてないの?ここ、端島じゃない。こんな場所、ほかにないもの」 その名前に触発されて、いくつかの情景が意識に現れようとした。しかし、その映像はぐにゃりと歪み、闇の中に溶け去ってしまう。まるで、この島に ... » more
テーマ 読書 貴志祐介

青の炎 [貴志祐介] 青の炎貴志祐介サイコホラー作品で読者を震撼させてきた著者が送る心理サスペンス。どこにでもいるような高校生が、ふと誤った結論を導き出したことから転がり落ちるように道を踏み外してゆく姿をシュールに描く。ろくでなしの義父が家に ... » more
テーマ 貴志祐介

風のない場所青の炎/貴志祐介
青の炎/貴志祐介 秀一は湘南の高校に通う17歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹の三人暮らし。その平和な生活を乱す闖入者がいた。警察も法律も及ばず話し合いも成立しない相手に秀一は自らの手で殺害することを決意する。□ ... » more
テーマ 読書 貴志祐介

読みました。あらすじ≪とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか──ピカレスクの輝きを秘めた戦慄のサイコ・ホラー。≫<ネタバレあります>貴志さん、久々の新作 ... » more

これも、ツンドク本の中に埋もれていた一冊です。質・量共に充実したミステリ長編でした硝子のハンマー角川書店 貴志 祐介 ユーザレビュー:話が長かったわりには ...貴志さんは、ミステリ ...好き ... » more
テーマ 読書 貴志祐介

黒い家 [貴志祐介] 黒い家貴志祐介保険会社に勤めていたという著者が放つサイコサスペンス。保険金の不正受給に関する事例も満載で楽しく読めそうなのだが、子供の自殺偽装らしき事件からホラー作品特有の展開が始まってゆく。読破後に「映画のような展 ... » more
テーマ 貴志祐介

『クリムゾンの迷宮』 貴志祐介 貴志祐介作品を読むのは、コレが初めてです。他に、『硝子のハンマー』とか、気になる作品はあるのですが、なんでか?!この作品に手が伸びました。クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)角川書店 貴志 祐介 ユーザレビュー:最後までこの ... » more
テーマ 読書 貴志祐介

日々是好日硝子のハンマー
硝子のハンマー 青春18切符、JR10時間の旅。いつもはたいがいウツラウツラ寝てるんですが、丁度図書館にリクエストしてた小説が届いてたので、今回は読書の時間に充てました。貴志祐介「硝子のハンマー」密室ものです。めっちゃく ... » more
テーマ 青春18切符 貴志祐介 硝子のハンマー

日々是好日新世界より
新世界より 3連休のほとんどの時間を読書に費やした。大好きな作家、貴志祐介の書き下ろし「新世界より」。図書館に予約してたのが、やっと回ってきたのです。彼の作品との出会いは、京都を舞台にしたサスペンスホラー「黒い家」。この作品に圧 ... » more

十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA [貴志祐介] 十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA貴志祐介他人の感情を読み取ることが出来る主人公が、ボランティアの最中に出会った多重人格者の少女。それぞれの感情を読み取るうちに、一人の恐ろしい人格「ISOLA」が存在していることに気 ... » more
テーマ 貴志祐介

新世界より 上下 貴志祐介 講談社 最近、長編を読むのが苦しいんですが(笑)頑張って読みました。長かった・・分厚い分厚い上下巻。「人間の醜さ」を、貴志さんらしい独特の美学が充満するグロテスクさで書き上げた力作でした。設定は、はるか未来。人間は「呪力 ... » more

狐火の家 貴志祐介 角川書店 密室ミステリ4編。「硝子のハンマー」の、元(?)泥棒、防犯コンサルタント榎本と女弁護士青砥のコンビ。二人のやりとりは、ちょっとずつギャグが滑っていく気配がありますが(笑)これが、また独特の味わいかも。「密室」という、もう、ミ ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 13:35

「貴志祐介」のブログ関連商品

» 「貴志祐介」のブログレビュー をもっと探す

「貴志祐介」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る