誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    血液

血液

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「血液」のブログを一覧表示!「血液」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「血液」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「血液」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

慢性骨髄性白血病経過治療現在の治療法ではこの病気は治せませんが、進行を遅らせることは可能です。約20%が診断後2年以内に死亡し、その後は1年ごとに約15?20%が死亡します。しかし、50%以上は診断後4? ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

慢性骨髄性白血病 症状診断慢性骨髄性白血病の初期の慢性期には、症状はほとんどありませんが、人によっては疲れやすくなったり、脱力、食欲減退、体重減少、発熱、寝汗、脾腫による腹部の膨満感が現れることがあります ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

慢性骨髄性(顆粒球性)白血病は、正常では好中球、好塩基球、好酸球、単球に成長する細胞ががん化する病気です。慢性骨髄性白血病(CML)は年齢、性別に関係なく起こりますが、10歳未満の小児にはまれです。40〜 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

慢性リンパ球性白血病治療慢性リンパ球性白血病はゆっくりと進行するので、多くの場合、リンパ球数の増加、リンパ節の腫れ、赤血球や血小板の減少などがみられるまで治療を必要としません。白血病治療に使われる薬は症状 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

慢性リンパ球性白血病経過ほとんどのタイプの慢性リンパ球性白血病がゆっくり進行します。医師は病気の進行度(病期)を判定し、経過の見通し(予後)を予測します。この判定は、血液と骨髄のリンパ球数、脾臓と肝臓の大 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

慢性リンパ球性白血病症状診断初期の慢性リンパ球性白血病は一般に症状がなく、白血球数の増加から診断されます。その後、リンパ節の腫れ、疲労、食欲減退、体重減少、運動時の息切れ、脾臓の腫大による腹部膨満感などが ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

慢性リンパ球性白血病は、成熟リンパ球が癌化して、徐々にリンパ節の正常な細胞に取って代わる病気です。慢性リンパ球性白血病(CLL)の患者の4分の3以上が60歳を超えており、小児にはみられません。また、男性で ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

一般に、最初の薬物療法(寛解導入療法)では、持続静注法による7日間のシタラビン連続投与と、3日間のダウノルビシン(あるいはイダルビシンまたはミトキサントロン)投与を行います。最初の治療で寛解状態になったら、数週間から ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

急性骨髄性白血病経過 治療治療を受けずにいると一般に、診断後、数週間から数カ月で死に至ります。治療によって、20?40%が再発せずに5年以上生存できます。再発はほぼ必ず最初の治療から5年以内に起こるので、 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

急性骨髄性白血病症状診断急性骨髄性白血病の初期症状は、急性リンパ球性白血病の症状に似ています。髄膜炎が生じる確率は急性リンパ性白血病の場合より低いものの、急性骨髄性白血病の細胞が脳と脊髄を覆っている髄膜に ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

急性骨髄性(骨髄芽球性、骨髄単球性)白血病は、正常な状態では好中球、好塩基球、好酸球、単球に成長する細胞ががん化して、急速に骨髄の正常細胞に取って代わる、命にかかわる病気です。急性骨髄性白血病(AML ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

豊な自然 大地の恵? タイトルなし ?
最初の集中治療から2〜3週間後に、残りの白血病細胞を破壊するための追加治療(地固め化学療法)を行います。薬剤を追加するか、最初の治療と同じ組み合わせで、数週間にわたって数回の投与を行います。この後さらに、 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

急性リンパ球性白血病経過 治療現在のような治療ができるようになる前は、ほとんどの患者が診断から4カ月以内に死亡していました。現在では、小児の80%、成人の30〜40%近くが治癒するようになっています。 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

急性リンパ球性白血病症状 診断初期の症状は、骨髄が正常な血球を十分に産生できないことが原因で生じます。白血球が減少することにより感染を起こし、発熱や多汗が生じます。赤血球が減少して貧血になり、脱力、疲労、 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

急性リンパ球性白血病は、正常ならリンパ球になる細胞ががん化して、急速に骨髄の正常細胞に取って代わる、命にかかわる病気です。急性リンパ球性白血病(ALL)はあらゆる年齢層で発症しますが、小児のがんとして最も ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

豊な自然 大地の恵白血病!U
骨髄異形成症候群骨髄異形成症候群は、同一の細胞群(クローン)が増殖して骨髄を占拠する病気です。これらの異常細胞は正常に成長して成熟しないため、赤血球、白血球、血小板が不足することになります。主 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

豊な自然 大地の恵白血病!
白血病は、白血球または成熟して白血球になる細胞のがんです。白血球は骨髄の幹細胞から生じた細胞です。細胞の成長過程で誤りが生じると、染色体の遺伝子の配列が部分的に変わってしまうことがあります。こうしてできた ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

H鎖病(重鎖病)は形質細胞のがんで、形質細胞のクローンがH鎖という異常な抗体の断片を大量に産生する病気です。H鎖病は、産生されるH鎖のタイプにより、アルファ、ガンマ、ミューの3種類に分けられます。アルファ ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

クリオグロブリン血症とはクリオグロブリンは形質細胞でつくられる異常な抗体で、普段は血液中に溶けています。クリオグロブリンは正常な体温よりも低い温度になると、大きな集積物を形成して固形の粒子(沈殿)を生じま ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

マクログロブリン血症治療 経過クロラムブシルやフルダラビンによる化学療法は異常な形質細胞の増殖を遅らせますが、マクログロブリン血症が治るわけではありません。メルファランやシクロホスファミドなどの薬剤を単独 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

マクログロブリン血症診断マクログロブリン血症が疑われる場合は、血液検査を行います。特に有効な検査は、血清タンパク電気泳動、免疫グロブリン測定、免疫電気泳動の3種類です。このほかの臨床検査も行われます。 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

マクログロブリン血症(ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症)は形質細胞のがんで、単一のクローンの形質細胞がマクログロブリンと呼ばれる大型の抗体(IgM)を過剰に産生する病気です男性は女性よりもマクログロブリン血 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

重度の貧血がある場合は、赤血球の輸血が必要です。あるいは、赤血球の産生を促進する薬のエリスロポエチンやダルベポエチンで貧血を適切に治療できることもあります。血液中のカルシウム値が高い場合は、静脈から水分を補給して治療 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

新しい併用療法も多く行われています。その1つは、従来の化学療法を数カ月間行った後、高用量の化学療法を実施する方法です。高用量の化学療法は骨髄でつくられる正常な細胞にも有害なので、この療法を行う前に、患者の ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

多発性骨髄腫治療 経過治療法が近年進歩しているとはいえ、多発性骨髄腫は依然として不治の病です。症状や合併症の予防と緩和、異常な形質細胞の破壊、病気の進行を遅らせることが治療の目標になります。現在のところ、 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

多発性骨髄腫診断多発性骨髄腫は、別の目的でX線検査を受けたときに骨密度の減少が見つかって、症状が現れる前に診断されることがあります。骨量の減少は広い範囲にわたる場合もあれば、骨のところどころで骨密度が下が ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

多発性骨髄腫症状 合併症形質細胞腫は骨を侵すことが多いため、背中、肋骨、股関節部などに骨の痛みが起こります。形質細胞腫により骨密度の低下(骨粗しょう症)が起こり、骨が弱くなって骨折しやすくなります。また、 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

多発性骨髄腫は形質細胞のがんで、骨髄やときに他の部位で、異常な形質細胞が制御を失った状態で増殖する病気です。多発性骨髄腫は一般に60歳以降に生じます。原因は不明ですが、近親者に多発することから、遺伝が関係 ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)は、異常だが良性(非癌性)の形質細胞により産生されたモノクローナル抗体が蓄積される病気です。一般に、意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症は、重大な健康上の問題を起こしません ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

血液1マイクロリットル中の好塩基球数は0〜300で、血液中の白血球の3%未満です。好塩基球は、免疫系における監視機能と傷の治癒の役割を担っています。また、ヒスタミンなどのメディエーターを放出してアレルギー反応を開始さ ... » more
テーマ 生活習慣病 血液 カバノアナタケ

 

最終更新日: 2016/12/04 13:20

「血液」のブログ関連商品

» 「血液」のブログレビュー をもっと探す

「血液」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る