誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    モクセイ科

モクセイ科

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「モクセイ科」のブログを一覧表示!「モクセイ科」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「モクセイ科」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「モクセイ科」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

金木犀の花、どうやって食べる? まず、前回の記事の続きは、まだ花が開いていないので、もう少しお待ちください。今週に入り、夜どこかから金木犀の香りがすると気づきました。自分の家の庭の金木犀、満開になっているではありませんか。毎年、紅茶に金木犀の花を散 ... » more

しまもくせい(島木犀) シマモクセイ(学名:Osmanthus insularis)はモクセイ科モクセイ属の常緑高木。高さは10〜15m。原産地は日本、台湾、朝鮮半島。日本では本州(福井県以西、八丈島、小笠原)、四国、九州、琉球の主として亜熱帯、暖帯域に分 ... » more

とねりこ(戸練子、十練子) トネリコ(学名:Fraxinus japonica)はモクセイ科トネリコ属の落葉高木。高さは約15m。原産地は日本。東北地方から中部地方にかけての温暖な山地の湿地に自生する。樹皮は暗褐色、縦に割れ目がはいる。葉は奇数羽状複葉、対生、 ... » more

ミントのみん金木犀を手軽に食卓へ。
金木犀を手軽に食卓へ。 いい香りの金木犀も、そろそろ後半。ほんの1週間程度の花の香りが去るのも惜しいし、金木犀の花の形が金平糖のようで、とても好きです。金木犀は、中国ではお茶にしていますよね。ホワイトリカーと氷砂糖で漬けてもよさそうだし、お砂糖 ... » more

ミントのみん金木犀の花を愉しむ。
金木犀の花を愉しむ。 今年は例年より早くから、庭の金木犀が咲いていました。金木犀は、1週間。花を洗って、紅茶に入れました。ちょっと香りがある程度ですが、金木犀に染まった気分になります。あとはそのまま、玄関に…。10月になっ ... » more

ミントのみん金木犀の香り
金木犀の香り 金木犀の香る、ほんの短い季節になっています。庭の金木犀です。 花やその香りは、季節を感じたり、人を思い出したり。今日の強い風で少し散っていますが、まだがんばっています。毎年入れる、金木犀を散らした紅茶。 ... » more

星庵徒然マルバアオダモ
マルバアオダモ 関東北部のマルバアオダモはまだ葯が開いていないものが多い。半月前の山梨県甲府付近では開花間最中であったのだが。そうは言っても山の麓付近ではすっかり花は終わっている。靄に霞んではいるが華やかに見える白い花は ... » more

夢彩人_樹木・草はしどい(丁香花)
はしどい(丁香花) ハシドイ(学名:Syringa reticulata)はモクセイ科ハシドイ属の落葉性高木。高さは5〜12m。原産地は東アジア。北方領土を含む北海道〜九州の山地の林の中に生える。樹皮は灰白色。葉は幅の広い卵形で対生。葉の先は尖り、鋸歯はな ... » more

夢彩人_樹木・草あおだも(青ダモ)
あおだも(青ダモ) アオダモ(青梻、学名:Fraxinus lanuginosa f. serrata)はモクセイ科トネリコ属の落葉小高木。高さは10〜15m。原産地は日本、南千島、朝鮮半島。北海道〜九州までの山地に広く分布。成熟した木の樹皮 ... » more

夢彩人_樹木・草やちだも(谷地ダモ)
やちだも(谷地ダモ) ヤチダモ(学名:Fraxinus mandshurica)はモクセイ科トネリコ属の落葉高木。高さは〜25m。原産地は。湿原の周辺などの湿潤地に生育する。樹皮は灰白色で皮目が点在し、浅い割目がある。葉は十字対生で、7〜11枚の小葉からなる ... » more

ちょうせんれんぎょう(朝鮮連翹) チョウセンレンギョウ(学名:Forsythia koreana)はモクセイ科レンギョウ属の落葉低木。高さは2〜3m。原産地は朝鮮半島。シナレンギョウの変種とされる。葉縁上部にのみ鋸歯があるシナレンギョウに対して、葉縁全面に鋸歯があり、葉 ... » more

えぞいぼた(蝦夷水蝋) エゾイボタ(学名:Ligustrum tschonoskii f. glabrescens)はモクセイ科イボタノキ属の落葉低木。高さは1〜3m。原産地は日本、樺太。北海道から九州にかけての山地の林の縁などに生育する。ミヤマイボタの葉の裏 ... » more

ミントのみん金木犀の花を浮かべて…。
金木犀の花を浮かべて…。 庭の金木犀が満開に近づいてきました。末娘が小学校入学の時に、区から記念樹としていただいたものです。この時期だけに香り、一瞬のうちに散ってしまうので、大切に観ています。本当に可愛らしい花を付けてくれます。年によって花の ... » more

はごろもジャスミン(羽衣Jasmine) ハゴロモジャスミン(学名:Jasminum polyanthum)はモクセイ科ソケイ属の常緑蔓性低木。草丈はつる長100〜300cm。原産地は中国南部。葉は対生し奇数羽状複葉で小葉は5〜9枚、長さ2〜3cmの卵状楕円形で葉先は尖り葉縁は ... » more

金木犀と同化する・・・。 金木犀の香る時期になりました。庭の金木犀は、末子が小学校の入学の記念に、横浜市からもらったものです。あれから10何年?経過しました。金木犀はあっという間に終わってしまいます。木の下へ行って思い切り香りを浴 ... » more

夢彩人_樹木・草モクセイ科(Oleaceae)
モクセイ科(Oleaceae) ●学名■植物名 ◆写真(クリックで説明表示)▲別名(*印は別に表示、−は不明) 〔樹木/草の区分〕●Abeliophyllum distichum■うちわのき(団扇の木) ▲シロレンギョウ〔樹木〕●Chion ... » more
テーマ モクセイ科

うんなんきそけい(雲南黄素馨) ウンナンキソケイ(学名:Jasminum humile var. glabrum)はモクセイ科ソケイ属の常緑半蔓性低木。高さは2〜3m。原産地はヒマラヤ。葉は互生し、奇数羽状複葉です。3〜5月ごろ、鮮やかな黄色い花を下垂して咲かせる。ヒ ... » more

ヤスミヌム・フルティカンス(Jasminum fruticans) ヤスミヌム・フルティカンス(学名:Jasminum fruticans)はモクセイ科ソケイ属の常緑低木。高さは3〜4m。原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ。4〜5月、黄色の花を、上方の短枝に3〜5個つく。花径は花筒とほぼ同長で1.5cmく ... » more

はちじょういぼた(八丈水蝋) ハチジョウイボタ(学名:Ligustrum ovalifolium var. pacificum)はモクセイ科イボタノキ属の半落葉低木(半常緑低木)。高さは3m。八丈特産。葉は対生。花期 5月下旬。花は小さいものがまとまり房状に咲く。花 ... » more

たいわんそけい(台湾素馨) タイワンソケイ(学名:Jasminum grandiflorum)はモクセイ科ソケイ(ジャスミン/ヤスミヌム)属の常緑つる性低木。つるは5mくらい伸びる。インド北部〜ヒマラヤ原産。花期は7〜10月。花は白く、花弁の外側が淡紅色。香りが強 ... » more

ミントのみん即席・金木犀ティー
即席・金木犀ティー あちらこちらで金木犀の香りがする時期になりました。我が家の金木犀も、何とか咲いてくれました。この木は、末の娘の小学校入学の年に記念植樹したもの。10年以上の年月が経ったことになります。枝に、セミの抜け殻がありました。 ... » more

シオジ ... » more
テーマ モクセイ科

ミントのみん金木犀の季節
金木犀の季節 庭の金木犀が、満開に近くなっています。この香りは、この時期そのものの香りです。毎年ほんの一時で終わってしまうのですが、だからこそこの一時が大切です。子どもの頃大切にしていたおもちゃの指輪に、こんな小花がついていたような気 ... » more

アメリカひとつばだご(america一つ葉田子) アメリカヒトツバタゴ(学名:Chionanthus virginicus)は、モクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉小高木。高さ10m前後である。アメリカ東南部に自生し、京都府立植物園、小石川植物園など国内各地に生育されている。葉は、托葉のない ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 13:17

「モクセイ科」のブログ関連商品

» 「モクセイ科」のブログレビュー をもっと探す

「モクセイ科」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る