誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    国際問題

国際問題

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 国際
類似テーマ: 国際問題 国際情勢 国際関係 国際政治
テーマ「国際問題」のブログを一覧表示!「国際問題」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「国際問題」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「国際問題」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

歴史 張作霖事件の背景 <歴史張作霖爆殺事件の背景>(総説)日本史において、最も重要な時代とはどこだろうか!?それは、満州事変(1931年昭和6年9月)〜日米開戦(1941年昭和16年12月)までの歴史であることは疑いがありません。日米開戦〜終戦(昭和20 ... » more

『日本国と国際社会の平和と安定』のために活動する(米国以外の)他国部隊に対して、後方支援を行うための法整備の中心は『周辺事態法の改正』になってくる。IS(イスラム国)の人質事件と日本の安全保障の転換点1:テロとの戦いにどこまで関与す ... » more

IS(イスラム国)の人質事件と日本の安全保障の転換点1:テロとの戦いにどこまで関与するか 後藤健二さんと湯川遥菜さんが犠牲となるIS(イスラム国)による『邦人人質事件』が起きてから、日本の中東地域における安全保障政策と憲法解釈・自衛隊派遣の指針が大きな転換点を迎えつつある。一つはアメリカ以外の他国軍隊への後方支援の拡大であり、も ... » more

『地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図』 ロバート・カプラン著(朝日新聞出版) 『地政学の逆襲「影のCIA」が予測する覇権の世界地図』 ロバート・カプラン著(朝日新聞出版3,024円税込)国際情勢を読み解くカギは'地理'にある!米情報機関「ストラトフォー」の主席アナリストによる、地政学分析の決定版。 ... » more
テーマ ロバート・カプラン 地政学の逆襲 国際政治

<政治山本参院議員・テロ非難決議退席>1(「反戦論者」の理論は破綻している!?)昨日2月6日山本太郎参院議員が、参院での対ISテロ非難決議において一人だけ棄権し退席しました。『日本人のためのピケティ入門』などで著名な池田信夫氏が、自 ... » more

極めて残忍かつ惨酷な恐怖支配を拡大している「イスラム国」へ、世界の若者達が吸引される困った状況が伝えられています。世界の約80カ国から義勇兵2万人近くが参加とみられています。しかし、イスラム国の内実についてさまざまな憶測や目撃情報があります ... » more

ツイッター紹介<韓国人です>@zittaikokuhakuこの方のツイートは、ユニークです。「韓国人」でありながら、日本国民へ有益なメッセージを発信しています。日韓関係の様々なテーマについて、韓国人の視点でありながら、日本国内のサヨク的 ... » more

<2月分雑記開始>このコーナーでは、雑記・小ネタを、備忘録風に書いていきます。説明を要するテーマは独立スレッドとし、記事表題にはリンクを貼り記事インデックスを兼ねます。なお当サイトは、コメントフリー、リンクフリーです。どなたでも ... » more

後藤健二さんの人質事件は“テロ(警察対応)”か“戦争(安全保障)”か:ISに対する日本のスタンス 後藤健二さんと湯川遥菜さんの邦人人質事件は、『テロ(過激派集団の対個人の犯罪)』なのか『戦争(擬似国家の対国家の挑発)』なのかによって、日本政府の対応や管轄する公的組織(警察・自衛隊)が変わるといった有識者の意見も出されていた。イス ... » more

イスラム国(IS)が後藤健二さんを殺害:テロと戦争のマージナルゾーンで発生した人質事件 スンナ派過激組織のイスラム国(IS)が、PMC設立を企図したとされる湯川遥菜さんに続き、国際ジャーナリストの後藤健二さんを殺害した。何の罪もない抵抗もしていない後藤さんを理不尽に処刑し、その遺体が映った残酷動画をネットにアップロードしたこと ... » more

湯川遥菜氏が殺害されたと見られる動画が公開され、さらに難しい局面に入ったと思われるイスラム国事件。政府がきちんと救出にあたるよう国民もプレッシャーをかけ続ける必要があるが、しかし、ここで気になるのは、日本の大手メディアの姿勢だ。 ... » more
テーマ 国際関係 政治

<イスラム国人質事件自己責任論>(自己責任論とは)テロ組織「イスラム国」による邦人人質事件で、巷には「自己責任論」が出ています。救出義務のある政府からこれが出ているのではなく民間からです(そこは誤解のないように)。そこで、その「自己 ... » more

かめ:おとなしいかめも、騒がしい世界情勢に耳をかたむけることはある。うさぎ:自分で思ってるほど、おとなしくないんちゃうの?かめ:いや、このニックネームでは、おとなしくなくてはいけない。うさぎ:どうでも ... » more

衝撃的な事態だ。日本人2人が「イスラム国」に人質として捕まり、72時間以内の殺害を予告された。イラクとシリアの北部一帯を支配し、残虐の限りを尽くしているイスラム国は、これまで人質に取った白人を容赦なく殺しているだけに、殺害予告は脅し ... » more
テーマ 国際関係

政府のお墨付きを求めた中田考元同志社教授の記者会見から岸信介や中山福蔵を検索した。後藤氏の家族への身代金の要求を政府が知っていたとするなら、抗イスラム国援助はリベンジのように見えるのだが。 ... » more
テーマ 国際情勢 妄想

<国際慰安婦問題とヘイト問題に共通するもの>仏風刺画事件から前回フランスでの風刺画事件との関連で<国際ヘイトスピーチの正体>という記事を書きました。この風刺画事件での風刺による表現と各国の憲法で定める「表現の自由」との関係を、どのように ... » more

NHKの解説を聞きながら、まるでオウム真理教のようだと感じた。麻原は自ら教祖となったが、イスラム国は教祖を侮辱している組織だと感じた。 ... » more

イスラム国(IS)による日本人二人の人質事件:集団的自衛権の日米同盟強化と対イスラム国の姿勢 イスラム教スンニ派の過激派組織『イスラム国(ISISまたはIS)』と欧米諸国やシーア派の国(イスラム国の理想に賛同しない中東国家)との戦いが激化しているが、民間軍事会社(PMC)設立を計画していた湯川遥菜氏とジャーナリストの後藤健二氏がイス ... » more

フランスの週刊新聞シャルリエブド社への襲撃テロ事件に対し全土で1月11日、空前の370万人が参加する追悼抗議デモ・集会が開かれました。参加者の多くは「JESUISCHARLIE」とのスローガンを掲げ風刺紙への連帯を表明しました。「私はシャル ... » more

なんでまたそういうことを。 という本日は最近の話題から。こちらはトルコのエーゲ海沿岸の風景。このあたりにはリゾート地として有名なボドルム半島もあったりするのだが、そのすぐ北にある古代都市遺跡がこのたびまるごと売りに出されたのだという。htt ... » more

<国際ヘイトスピーチの正体>昨日のNHK「クローズアップ現代」(ヘイトスピーチを問う)で、いわゆるヘイトスピーチ(増悪表現行為)を採り上げていました。折りしもフランスでは、1月7日に、イスラム教の預言者を風刺したフランスの新聞社「シャル ... » more

<謹賀新年> 明けましておめでとうございます。本サイト読者の方及び管理者から年賀状が届いた方は、今年もよろしくお願いいたします。<1月分雑記開始>このコーナーでは、雑記・小ネタを、備忘録風に書いていきます。説明を要するテーマ ... » more

ここ数日世間を賑わせて(?)いる、フランスを発端とした問題。表現の自由とか言って、イスラム教の最大のタブー(禁止事項)であるムハンマドの絵を想像で描き、紙面に掲載した。なんでフランス人はやってはならないことを理解できないんだろう ... » more

回転猫目歴史儀英国製琥珀と言えば。
琥珀と言えば。 古代より世界的な主な産地はバルト海沿岸で、はるばるヨーロッパ各地や古代エジプトまで交易されていたというのだが。こちらはバルト海沿岸、ロシアの飛び地カリーニングラード(リトアニアとポーランドの間にある)の海岸。何やら寒い中 ... » more

しかしそれをやめたら。 楽しみがなくなるのでは。という本日は最近の話題から。フィンランドではこのたび、酒を飲んでいい年齢・18歳以下の若者がアルコール関連の広告を目にすることがないよう法律が改正されたらしい。その結果、ソーシャルメディアやテレビなど ... » more

2015年は新たな宗教戦争が地球規模で始まった年として歴史に残るかもしれません。年明け早々の1月7日、パリ中心部のパロディ週刊新聞「シャルリー・エドブ」事務所を2人のイスラム過激派武装テロリストが襲撃し同紙編集主幹ら12人を殺害、ほかに11 ... » more
テーマ 国際政治 テロ

うわ、恨みは恐ろしい。 という本日は最近の話題から。こちらの女性はフランスの Valerie Trierweiler さんで、昨年破局するまでフランスのオランド大統領の事実上のパートナーでファースト・レディだった方。フランスは籍を入れていない事実婚 ... » more

San Francisco Paris Kobeなんと非常識な
なんと非常識な プラハの歴史的建造物に落書き、日本人の男逮捕http://www.yomiuri.co.jp/national/20150101-OYT1T50013.html?from=ytop_main2 ... » more
テーマ 非常識もほどほどに 国際問題

<歴史「歴史認識問題」とは2>言論プラットフォーム<アゴラ>というサイトがあります。そこでの表題テーマ関連での記事を紹介します。リンクだけで紹介しますと、リンク先がなくなってしまうとリンク切れになってしまいます。ゆえにその要旨を示したう ... » more

回転猫目歴史儀英国製というわけで。
というわけで。 昨日のクリスマスの世界各地の様子。オーストラリアは南半球で現在夏なので、当然雪のないクリスマスになるという。こちらはインドネシア。意外にも世界最大のイスラム教徒を抱える国で、クリスマスミサのために集まった ... » more

 

最終更新日: 2016/11/28 23:38

「国際問題」のブログ関連商品

» 「国際問題」のブログレビュー をもっと探す

「国際問題」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

トランプが日米関係を壊す の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル トランプが日米関係を壊す
徳間書店 日高義樹

THE TRUMP - 傷ついたアメリカ、最強の切り札 - の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル THE TRUMP - 傷ついたアメリカ、最強の切り札 -
ワニブックス ドナルド ・ J ・ トランプ

[生声CD&電子書籍版付き] トランプ演説集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル [生声CD&電子書籍版付き] トランプ演説集
朝日出版社 CNN English Express編

ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書)
文藝春秋 佐藤 伸行

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る