誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    紀行

紀行

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「紀行」のブログを一覧表示!「紀行」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「紀行」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「紀行」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

奥の細道紀行 18. 尾花沢〜立石寺 ・ 尾花沢(2014. 5. 16.) 山刀伐峠を越えて尾花沢に入った芭蕉は鈴木清風を訪れ、そのもてなしを受けてくつろいだ。「おくのほそ道」に『尾花沢にて清風といふ者を尋ぬ。かれは富める者なれども志卑しからず』と描かれている清風は、 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

saojoseのブログ世界の車窓から その8
2014/06/03(火)は、No.9,525現在はポルトガル編2014/05/12〜07/04予定9,525÷365=26.096一年中休まずとしても丸26年。1988年以前に開始。従前はインドネシア編だった。 ... » more
テーマ 鉄道 紀行 テレビ

奥の細道紀行 17. 尿前の関〜山刀伐峠 ・ 尿前の関(2014. 5. 15.)いよいよ芭蕉は進路を西に向けて出羽の国に向かう。「おくのほそ道」では『小黒崎・みづの小島を過ぎて、鳴子の湯より尿前の関にかかりて、出羽の国に越えんとす』と記している。小黒崎・みづの小島(美 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

奥の細道紀行 16. 平泉(続)〜岩出山 ・ 平泉(続き)中尊寺では先ず金色堂を見物した。私はどうゆう訳か今まで機会がなく、この歳になって平泉は初めてである。この金色堂を今まで見たことがなかったのだ。今回の奥の細道巡りを始めた動機も、金色堂を見たいことが第一であった。それだ ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

折々の言葉「榎本栄一」〜玉蓮寺 宮城県美里町 「わけ」〜榎本栄一玉蓮寺宮城県美里町前にも紹介しましたが、玉蓮寺の山門入り口には、親鸞上人の言葉など折々の言葉が掲げられています。「へとへとになって・・・」の文字が仙台ハーフマラソンの頃の自分と重なって、気に ... » more

奥の細道紀行 15. 一関〜平泉 ・ 一関(2014. 5. 14.)芭蕉が登米を発って一関に入った日は、ひどい大雨だった。「曽良随行日記」には、『十二日曇。戸今を立。・・・・・一ノ関黄昏ニ着。合羽モトヲル也。宿ス』とある。一関市内の「かっぱ崖」には幾つかの標識が建 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

吹上随想飛騨のへぼ採り
飛騨の男達は遊び上手である。年中川に入って、釣りばかりしている訳ではない。5月の筍堀り、山鳥、雉撃ち。冬の猪、鹿狩り、大きな声では言えないが、渡り鳥のツグミをカスミ網で昔は捕った。年中、川へ山へと遊びに入る。遊びが上手いのだ。中 ... » more
テーマ 紀行

吹上随想紀行 美濃白川
美濃白川口の駅にほど近い、白い吊り橋のたもとに成田屋という旅館と居酒屋を営む店がある。旅館の客は、朝げ、夕げとこの居酒屋で膳を出してもらうことになるのだが、私は泊客ではない。しかし、夕食をともにすることになった。ここの主夫婦の情 ... » more
テーマ 紀行

奥の細道紀行 14. 石巻〜登米 ・ 石巻(2014. 4. 17〜18.)松島を発って石巻の日和山に向かう途中、石巻湾に面した東松島市、石巻市の津波被災地を通り、大震災の凄さ、恐ろしさを目の当たりにした。震災前は立派な市街地だった地区が、今は瓦礫などは整理されて一 ... » more

今日から大塚バラ祭り 先日も書きましたが、今日から大塚バラ祭りが始まるということで、ちょっと見てきました。というか、撮ってきました。( -_[◎]oパチリ・・・・人気ブログランキングへ←応援して下さる方はポチッと押して!●5/11から ... » more
テーマ お知らせ 紀行 大塚駅

奥の細道紀行 13. 松島、瑞巌寺 ・ 松島(2014. 4. 16〜17.)「おくのほそ道」の冒頭の一節で、『松島の月まづ心にかかりて』と述べているように、芭蕉は深い期待をもって松島を訪れた。そして『そばだつものは天を指さし、伏すものは波に腹ばふ・・・・その気色えう ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

フォトひとり言奥の細道紀行 12. 塩竈
奥の細道紀行 12. 塩竈 ・ 塩竈(2014. 4. 16.)塩竈神社は陸奥国一宮として古くから崇敬され、仙台藩主伊達家によって再興整備されてきた。芭蕉はここを詣でて、「おくのほそ道」に『かかる道の果て、塵土の境まで、神霊あらたにましますこそ・・・・いと尊け ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

高城川〜宮城県松島町幡谷 高城川〜松島町幡谷2014.04.27 仙台藩は元禄時代、現在の大崎市鹿島台と松島町の間に横たわる広大な品井沼(しないぬま)の干拓を始めました。藩政時代には、曲がりくねった川と人力で掘ったトンネルによる排 ... » more
テーマ 紀行

sikaban-okunohosomiti江戸の町を歩く
江戸の町を歩く 東都番町大絵図尾張屋嘉永年製桜花爛漫の頃、久しぶりに江戸の町を歩きました。市ヶ谷駅ホームから外濠をのぞむ田舎暮らしなものですから、東京へ行く機会はめったにないのですが、孫を娘のところに送ることにかこつ ... » more

sikaban-okunohosomitiクリーミー船形山
クリーミー船形山 船形の頂の雪クリーミー なぞらえし人今はいづこに 日出男 ... » more

奥の細道紀行 11. 多賀城〜末の松山 ・ 壷碑(つぼのいしぶみ)・多賀城跡(2014. 3. 9.)多賀城外郭南門跡から公園に入り丘を登ってゆくと、四面が格子窓の鞘堂がある。この鞘堂に納められて立っているのが「壷碑」と云われた多賀城碑である。この壷碑は、神亀元年(724 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

奥の細道紀行 10. 笠島〜仙台 ・ 笠島(2014. 3. 8.)「曽良随行日記」によると、陰暦5月4日 飯坂を出発した芭蕉一行は、伊達の大木戸・鐙摺・甲冑堂を過ぎて白石に一泊し、4日に岩沼で武隈の松を見物したのち、笠島へ左折する道を通り過ぎてしまい笠島を見られず ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

タイの祭事 2014年4月 3月18日―4月7日Samutsongkram Lychee Festival 2014サムットソンクラム県サムットソンクラム市役所前サムットソンクラム県の名産であるライチー(リンチー)フェスティバル。ライチーのほか、ドライフルーツやシ ... » more

奥の細道紀行 9. 鐙摺〜武隈の松 (2月に予定していた 「黒塚〜国見」 の行程は記録的な大雪のため中止になりました。この地区へは改めて行くことにして、今回は先に進みます。)・ 鐙摺(あぶみずり)・甲冑堂(2014. 3. 7.)「おくのほそ道」の笠島の章には ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

蕪栗沼の夜明け〜宮城県大崎市田尻 2014.03.04 蕪栗沼の夜明け宮城県大崎市田尻2014.03.04晴天の朝をねらって、マガンの飛び立ちを撮りに行って来ました。いつも、いきあたりばったり、出たとこ勝負、日が出る時間も調べもせず、寒い中2時間も待機しました。 ... » more

蕪栗沼(かぶくりぬま)の夕暮れ〜宮城県大崎市田尻(たじり) 蕪栗沼2014.02.26久しぶりに蕪栗沼に行ってきました。例によって、直情径行型なもんですから、暫く前から朝日に向かって飛び立つマガンの飛び立ちの写真を撮りたいという、ふつふつと沸く感情を抑えきれなくなって、下見がてら ... » more

sikaban-okunohosomiti北帰行
北帰行 2013.02.18事務所にいると、時折白鳥の群れが声を掛け合いながら飛ぶ声が聞こえてきます。どうやら、白鳥の北帰行が始まったようですね。写真は去年の2月18日の写真ですが、今年は寒さと大雪のせいで遅れていたので ... » more
テーマ 日常 紀行

タイの祭事 2014年3月 2月28日―3月2日First Trat Orchid Festival 2014 トラート県カオサミン郡フルーツで有名なトラートでの祭事。パイナップルや各種樹木のコンテストなどあり。3月1―2日Chiang Mai Fest ... » more

八甲田BCテレマークスキー〜南八甲田逆川岳他 八甲田ロープウエイ2014.02.08今年も八甲田バックカントリースキーに行ってきました。青森市内陸奥湾津軽半島〜ロープウエイ山頂駅より岩木山東京にも30cmの積雪をもたらした南岸低気圧が近づく中 ... » more

sikaban-okunohosomiti船形山暮色〜2014.02.12
船形山暮色〜2014.02.12 船形山2014.02.12夕日は沈んでからがいいんですよね。 ... » more
テーマ 紀行  コメント(2)

フォトひとり言奥の細道紀行 8. 須賀川
奥の細道紀行 8. 須賀川 ・ 須賀川(2014. 1. 11〜12.)「おくのほそ道」須賀川の章は『とかくして越え行くままに・・・・左に会津根高く、右に岩城・相馬・三春の庄、常陸・下野の地をさかひて山連なる』とあり、白河の関を越えていよいよ本格的な奥州路へ踏 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

奥の細道紀行 7. 白河の関 ・ 白河の関(2014.1.11.)白河の関は、5世紀の頃、蝦夷に対する防衛拠点として設けられた関であるが、9世紀初めには縮小し、廃絶された。その後も陸奥への入口として能因法師をはじめ多くの古歌が読み継がれてきたが、芭蕉の時代には、 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

タイの祭事 2014年2月 2月7―9日38th Chiang Mai Flower Festival 2013チャンマイ県チャンマイ市Nong Buak Hat Park 、ターペー門などASEAN Nation Flower Bloomsをテーマとした、チェン ... » more

小肥羊で女子会 久々の尚子(たかこ)です。昨日は高校時代の友人らと新年会で、銀座に集まりました。・・・・人気ブログランキングへ←応援して下さる方はポチッと押して!銀座はしばらくぶりなので、早めに行って三越をウロウロ。ムー ... » more
テーマ 紀行 タカコ 飲食

フォトひとり言奥の細道 旅立ち編
昨年9月に深川を出発した「奥の細道を訪ねて」の旅は、さる11日に白河の関を越えました。この間の写真を纏めてdigibook 「奥の細道・旅立ち編」を作りましたので、ご覧ください。 ... » more
テーマ 紀行 奥の細道

 

最終更新日: 2017/03/27 16:20

「紀行」のブログ関連商品

» 「紀行」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る