誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ★★★★★

★★★★★

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「★★★★★」のブログを一覧表示!「★★★★★」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「★★★★★」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「★★★★★」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

BONOの本棚高温障害に強いイネ
高温障害に強いイネ2007/養賢堂日本作物学会北陸支部・北陸育種談話会編近年,日本全国で問題になっている水稲の高温障害.登熟期の高温によって,白未熟粒などが発生し品質を低下させているとされていますが,詳しいメカニ ... » more

SANYO 防水型デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ)シリーズ (シェルホワイト) DMX-CA65(W)ここ4ヶ月ほど使っているデジカメのレビュー。というほど使い込んでいないわけですが。10月から、Xacti DM ... » more

Microsoft Projectでマスターするプロジェクトマネジメント 実践の極意2005/ASCII岡野智加本書を読んで,目から鱗が落ちました.もっと早くにこの本を読んで,Microsoft Projectを活用して ... » more

へうげもの 1服 (1) (モーニングKC)快作である。時は戦国。織田信長の家臣、古田左介は200石の小家臣だった。彼は武功を立てて、出世するぞといきまくのだが、武芸の腕は今ひとつ(というか出てこない)。茶碗やふすま、掛け軸 ... » more

人口減少下の社会資本整備―拡大から縮小への処方箋2002/土木学会丹保憲仁編者・著者代表2006年を堺に人口が減少し始めた日本.これまで人類が経験したことのない時代に突入するにあたって,これまでの人類の発展の歴史と現 ... » more

BONOの本棚渋沢栄一「論語」の読み方
渋沢栄一「論語」の読み方三笠書房渋沢栄一/竹内均編・解説「論語」を扱った本は,世にたくさんありますが,この本はなんといっても明治期に数々の日本経済の礎を築いた渋沢栄一がまとめ,解説しているところに魅力があります.孔子 ... » more

MyMDbRENT
★★★★★この映画に関して言うと、拙者、予告編を見ただけで泣いてしまうので…いつか歌のうまい奴を集めて、その中に紛れ込んで歌ってみたい。♪SEASONSOFLOVE…曲勝ち(泣)エンジェーーーール(泣)映画館を出る時 ... » more

「すごい会議」を行うための具体的手順と注意ポイントが満載の本私自身、目からウロコの手法もかなりあった。(要旨)・「すごい会議」は経営の意志がある者に、その事業部/会社の経営を任せる事が前提・会議は「意志決定の場」「約 ... » more

MyMDbカポーティ
★★★★★満足。トルーマン・カポーティ。彼が本当にこの映画のような人物だとしたら、彼は虚だ。周りの人間はだれも言葉や仕草から彼の「本当」を見出すことはできないだろう。みずからそのように振舞っておきながら、だれにも理解 ... » more

年間400冊超のビジネス書を読むという著者の読書手法を紹介しているオススメ度:★★★★★(要旨)・ビジネス書を購入して読むことは何よりも効率の良い投資である・「本を読む時間がない」と言い訳をする方が多いが、本を読まないか ... » more
テーマ 勉強ノウハウ ビジネス書 ★★★★★  トラックバック(1)

はじめまして。このブログに訪れてくださって、ありがとうございます。映画やDVDをメインに、勝手にランキングさせてもらいますえ〜というブログです。末永くお付き合いいただければ幸いです。記念すべき1作目は、「アイス・プリンセ ... » more

★★★★★名作もとより正義がないだけに、詐欺師の映画はどこまでも格好よくなければらない。観客は、甘いマスクの詐欺師に、華麗な手口に、一筋縄ではいかない脚本に、魅せられてしまうことを期待している。わずかに罪悪感を感 ... » more

★★★★★おもしろかった。本当にいい奴も、本当に悪い奴も世の中にはいない。そんなものは立場関係上にのみ存在する幻。ところで名ゼリフ満載。Girl on Bus: Do you have monkeys i ... » more

BONOの本棚慟哭 小説・林郁夫裁判
慟哭―小説・林郁夫裁判2004/講談社佐木隆三遅まきながらオウム真理教が何だったのか,地下鉄サリン事件がどういうものだったのかを理解できたような気がします.地下鉄サリン事件実行犯の一人である林郁夫の裁判の過程から ... » more

BONOの本棚大学の授業を変える16章
大学の授業を変える16章1994/大月書店淺野誠大学の授業でもこんな工夫ができるのか!っという軽いショックを受けました.大学の授業はいわゆる講義形式の,言うなれば講演会の連続.聴衆(学生)の関心度にお構い ... » more

BONOの本棚水理学詳説
水理学詳説1971/理工図書丹羽健蔵著改めて読み直しました.”読める”水理学の解説書といっていい.おおむね水理学Tと呼ばれる分野の様々な事象を,とてもわかりやすく,丁寧に解説してあります.現象の説明の後に ... » more
テーマ 水理学 参考書 ★★★★★

BONOの本棚small planet
small planet2006/リトルモア本城直季一見ジオラマを写したようなのような写真たち.でも,それは現実の風景を写したもの.なぜこんなにもミニチュアっぽく見えるのだろうか.鮮やかすぎる色がよりいっ ... » more

BONOの本棚水理学史
水理学史 (1974年)1974/鹿島出版会H.ラウス・S.インス:著/ 高橋裕・鈴木高明:訳本書のまえがきにライプニッツの言葉を引用したくだりがあります.「歴史の研究に価値があるのは,過去の人間を正当かつ公平に扱う ... » more
テーマ 水理学 歴史 ★★★★★

BONOの本棚水の文化史 水文学入門
水の文化史―水文学入門 (1979年)1979/文一総合出版アシット・K・ビスワス著/高橋裕・早川正子共訳人類・生命にとって不可欠な水その振る舞いは経験的に理解され,古代文明発生時より様々に利用されてきた. ... » more
テーマ 歴史 ★★★★★ 水文学

BONOの本棚ファインマンの手紙
ファインマンの手紙2006/SoftBank Creativeリチャード・P・ファインマン著/ミシェル・ファインマン編/渡会圭子訳感動しました.久しぶりに本を読んで涙しました.リチャード・P・ファイン ... » more

BONOの本棚まっとうな経済学
まっとうな経済学2006/ランダムハウス講談社ティム・ハーフォード/遠藤真美・訳目が覚める感覚を味わえる本でした.経済学というと一見複雑で,株や為替などの動きを扱っているイメージで,私たちの実生活からはちょっ ... » more

BONOの本棚星の王子さま
星の王子さま1953/岩波少年文庫サン=テグジュペリ作内藤濯訳先日のNHKスペシャルを視て久々に読み返しました.この本はいまさらレビューするまでもない名作ですので,個人的に好きなところを抜粋させて頂きます. ... » more

BONOの本棚悪について
悪について2005/岩波新書中島義道本書を読んで,心のつっかえが一つ取れた思いがしますこれまでの中島氏の著書を読んで抱いていた「この人はなぜココまでマイノリティに対するマジョリティの傲慢さを非難するのか? ... » more

BONOの本棚「あたりまえ」を疑う社会学
「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス2006/光文社新書好井裕明取っつきやすいタイトルと軽妙な語り口で社会の様子を綴る新書の出版が相次いでいますね.そういった多くの新書の一つかな,と軽い気持ちで手にとったので ... » more

BONOの本棚科学者という仕事
科学者という仕事―独創性はどのように生まれるか2006/中公新書酒井邦嘉著私もよく,職業としての科学者の意義について考える.とくに大学という「教育」や「社会貢献」にも多くの時間を費やさざるを得ない職業における科学 ... » more

富豪の彼女は夫はもちろん周りの者にもいつも傲慢な態度。夫婦でクルージング中に船内のクローゼットの模様替えの為に大工に依頼。しかし使用する木材からなにから気に入らない彼女は代金も踏み倒した上に解雇してしまう。忘れ物を取りに行った時に過って海に ... » more

BONOの本棚失敗の心理学
失敗の心理学―ミスをしない人間はいない2004/日経ビジネス文庫芳賀繁“人は必ずミスをするものである”そういう視点に立って,ミスの種類や底に働く人の心理を紐解いていく.大きく分けてミスには2種類あるという.認 ... » more

BONOの本棚果てしなき探求
果てしなき探求(上)(下) -知的自伝ー2004/岩波現代文庫カール・R.ポパー恥ずかしながらこの本を読むまで,私はカール・R.ポパーという人物のことを知りませんでした.今というタイミングが自分にとって良かったのか,悪か ... » more

BONOの本棚臨床の知とは何か
臨床の知とは何か1992/岩波新書中村雄二郎著“臨床”というと医学・医療という言葉を思い浮かべますが,最近よく“科学”的である態度に対するアンチテーゼとしてこの“臨床”という言葉にお目にかかります.いったい“臨床”と ... » more

どう書くか―理科系のための論文作法2001/共立出版杉原厚吉著どうせ書くなら楽しく論文を書きましょう♪というコンセプトで書き方を指南した本.本書が他の本とことなるのは,論文のなかに遊び心をいれようと提唱していると ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 08:15

「★★★★★」のブログ関連商品

» 「★★★★★」のブログレビュー をもっと探す

「★★★★★」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る