誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高橋克彦

高橋克彦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「高橋克彦」のブログを一覧表示!「高橋克彦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「高橋克彦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「高橋克彦」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

***ストーリー**********************前作『写楽殺人事件』の主人公・津田良平は、亡き義兄・国府の遺稿を出版しないかと、美術界大手の出版社に依頼された。依頼主がとくに興味を示した「北斎隠密説」を追っていく最中、葛飾北 ... » more

***ストーリー***********************一介の大学助教授・津田良平は、江戸時代の伝説の浮世絵師・東洲斎写楽の正体解明の手がかりを古書マーケットで偶然に入手した。美術史界を揺るがすこの大発見の発表の準備を進めていく津 ... » more
テーマ 読書 高橋克彦

2001年10月20日 高橋克彦「火怨」にみる敗北の美学 推理小説では「写楽殺人事件」SF伝奇で「総門谷」この二つの作品を読んでこの作家の力量を感じていました。しかし、「総門谷の続編、続々編」にいたっては、うんざり。量産で粗悪製品の多発に陥ったかと心配していましたところ、新ジャンルのまっとうな ... » more

リアルタイム 高橋克彦『天を衝く』 「北の鬼」といわれた九戸政実の生涯 熾烈な経済戦争の結果今を生きる「負け組」にとどけ!歴史に埋もれた南部武者の魂の叫びを陸奥とは既成の歴史ではそれだけマイナーな地方なのだ。戦国時代、天下統一の覇権を織田信長から豊臣秀吉が取って代わろうとするとき、東北地方の北の果て ... » more

月9天狗殺し/高橋克彦/集英社文庫
安政五年(1855)上野周辺。第十三代徳川家定、第十四代徳川家茂の頃。高橋克彦の完四郎広目手控シリーズ第2作目。完四郎と魯文は日本の行く末を探る為に京都へ旅立つ。龍馬とお杳が一緒の旅である。坂本龍馬が出てくるだけなら未だ ... » more
テーマ 読書 高橋克彦

安政二年(1855)の頃、上野辺りが舞台になっている。第十三代徳川家定の頃である。香治完四郎は旗本の次男でお玉が池の千葉道場の目録まで進んでいる。しかし、今は竹光を腰に古本屋「藤由」の居候である。藤由こと藤岡屋由蔵は広目 ... » more

2000年4月7日 高橋克彦の久々の傑作 歴史小説、「火怨」 推理小説では「写楽殺人事件」SF伝奇で「総門谷」この二つの作品を読んでこの作家の力量を感じていました。しかし、「総門谷の続編、続々編」にいたっては、うんざり。量産で粗悪製品の多発に陥ったかと心配していましたところ、新ジャンルのまっと ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 07:24

「高橋克彦」のブログ関連商品

» 「高橋克彦」のブログレビュー をもっと探す

「高橋克彦」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る