誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高橋克彦

高橋克彦

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「高橋克彦」のブログを一覧表示!「高橋克彦」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「高橋克彦」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「高橋克彦」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

満載!Myど−らく再び、高橋克彦
再び、高橋克彦 私の高橋克彦入門は、「炎立つ」などの歴史小説からでしたので、そのイメージが強かったのですが、もう一つの顔がミステリーや幽霊話やUFOや宇宙人まで、そりゃもう何でもかんでもお任せアレ!って感じの、いわゆる不思議系(不思議ちゃんではありません) ... » more

高室弓生を読む2 『えびす聖子(みこ)』 殺し合いはしない、という思想 マンガ『えびす聖子(みこ)』原作:高橋克彦作画:高室弓生潮出版社2016年5月5日第1刷発行2016年4月6日(水)読了(注意!)ネタバレあり。高橋克彦の原作小説は未読。まっさらな状態で読んだのが功を奏したか、非常に面白 ... » more
テーマ 高室弓生 マンガ 高橋克彦

昨日の山形路を車で走って聴いていた土曜日午後のNHKラジオ番組での話です!それは、盛岡の生の公開放送で現地在住の、直木賞作家の高橋克彦さんが、ゲストで当然東北の話題でした。東北の人たちは、大伴家持や坂上田村麿など当たり前に知って ... » more

満載!Myど−らく風の陣
風の陣 高橋克彦の『風の陣』全5巻がやっと?読み終わった。やっと・・・と感じるのは、5巻めに入るまでに1年くらいかかったから。『火怨』や『炎立つ』のように怒涛の展開!ってのと、また違った感じで、1巻から4巻までが道嶋嶋足と物部水鈴の二人が、奈良朝に ... » more

満載!Myど−らく高橋克彦〜その3
高橋克彦〜その3 「火怨」「炎立つ」〜と続いて、陸奥の歴史小説にはまり続けて、ついに高橋克彦3部作の最後(出版の順番は別よ!)の作品、「天を衝く」に到達。阿弖流為から平泉の滅亡まで、ずっと蝦夷の忘れられた歴史に光を当てた小説でしたが、「天を衝く」は、 ... » more
テーマ 九戸政実 高橋克彦 小説

炎立つ に、ハマる 高橋克彦氏の「火怨」を読んで、その陸奥ワールドにガツンとやられた勢いで、次に読み始めた「炎立つ」ヤバい、これはさらにヤラれ過ぎ!北方歴史小説以来、これほどハマる小説はなかった。90年代の大河ドラマの原作で ... » more

高橋克彦 『風の陣 裂心篇』  「裂心篇」は大長編の歴史ドラマの完結篇だが独立した小説として読もう。 もはや戦いを防ぐ手立てはない………。蝦夷の雄・鮮麻呂に決起のときが!陸奥の黄金を求め、牙を剝く朝廷に対し、蝦夷の首長・伊治鮮麻呂が起ち上がる。狙うは陸奥守の首ひとつ!北辺の部族の誇りを懸けた戦いを描くシリーズが、ここに幕を降ろ ... » more

村上春樹氏・・・非現実的な夢想家 村上春樹氏が、カタルーニャ国際賞を受賞されたニュースは、人気作家の海外での受賞という「ウケ」のよい内容にもかかわらず、意外なほどテレビなどでは大々的に放映されていないようです。中には、全く放送していない局もあるらしい。なぜ?受賞式で ... » more

高橋克彦 『風の陣4 風雲篇』 「義」によって結ばれた男たちのそれぞれの陸奥 国家とは?国民とは?政府とは?地方自治とは?こんな風に日本列島を眺める人はいなかった時代のことだ。ここに、あえて近代的国家観を持った男たちを投じ、悪戦苦闘させるのがこの小説の面白さである。けれども東北地方をどうまとめるかとなれば、この時 ... » more

秋本吉徳 『常陸国風土記 全訳注』 大和朝廷による関東蝦夷(えみし)征討のプロセスに注目 奈良朝初期、『古事記』や『日本書紀』とほぼ同時期に編述された作品、『風土記』。そこには、古代人の生活、習俗のさまがいきいきと描かれている。春秋の歌垣の行事にまつわる童子女の松原の悲劇、夜刀の神をめぐる人と神との争いなど、洗練された文章の ... » more
テーマ 高橋克彦 ノンフィクション 神話・伝承・伝説  コメント(1)

高橋克彦 『風の陣 3 天命篇』 怪僧・道鏡打倒の秘策は? 恵美押勝討伐の功で破格の昇進を遂げ、勲2等まで授けられた牡鹿嶋足は、しかし実際には閑職に追いやられた。嶋足を陸奥守にして蝦夷の平穏を確保しようとする物部天鈴らの企ては実現しそうもない。朝廷内で高位の官位をえた嶋足は奥州の安定より ... » more

高橋克彦 『風の陣2 大望篇』 なんと 主人公・牡鹿嶋足は史実の人・道嶋嶋足だった  牡鹿嶋足は「橘奈良麻呂の変」鎮圧に大いに功績があったものの、あえて表舞台に立とうとしなかったため、彼を陸奥守に出世させたいともくろむ物部天鈴からみれば大いに不満があったが、それでもこの第2巻の冒頭で、天皇の身辺警備を務める授刀衛(じゅと ... » more

高橋克彦 『風の陣 1 立志篇』 蝦夷が仕掛ける朝廷内の権力抗争 高橋克彦の歴史・時代小説では2000年に読んだ『火怨』のインパクトは忘れられない。平安遷都(794年)のころ東北制覇を狙う朝廷10万の大軍を迎え撃つ1万5千の蝦夷。その族長、若きアテルイらの活躍と戦闘シーンの連続に興奮し、権力に飲み込ま ... » more

新潟鋼鉄総帥のブログ完結
完結 新聞の広告に。毘沙門叩きという本が載ってた。現代の話らしいが。英雄アテルイがどうのこうのと。気になって本屋さんへ行ったら。無かった…。やはり、アマゾンか?いやこういう場合は。図書館。買うにはかなり ... » more
テーマ 高橋克彦

写楽殺人事件 [高橋克彦] 写楽殺人事件高橋克彦江戸川乱歩賞受賞作。謎につつまれた浮世絵師「写楽」の新たな事実を発見した主人公が、写楽と彼を取り巻く人間関係を解き明かすのだが、その新説を巡る陰謀が明らかとなってゆく。乱歩賞受賞作の中でも上位にラ ... » more
テーマ 【江戸川乱歩賞】 高橋克彦

「ゴッホ殺人事件」全二巻/高橋克彦(講談社) 写楽、北斎、広重……ときて、コレにたどり着きました。ちょっとずつ登場人物が重なっていたりして、そういうところが妙にツボにはまった一因ですが。いまや世界中で知らぬ人とて無い「ゴッホ」。夭折の天才画家。「ひまわり」「黄色い部屋」 ... » more
テーマ 読書 歴史ミステリ 高橋克彦

これは短編集ですね。手に取るまで気がつかなかったんですが……。不気味なホラー系のものや、エイリアンに関するSF系、そして表題作「北斎」に関連した浮世絵美術系のものなど、様々です。浮世絵にからむ歴史ミステリーから出発して、今では伝奇も ... » more
テーマ 読書 高橋克彦

文庫で出ていることは知っていたのですが、書店のどこも置いていなくて、いずれは古書店でも入手しようか…と思いつつ、まずは図書館で借りてきました。しかし…閉架になっているって、何事?そんなに…古かったっけ?おなじみの苦労&不幸人(? ... » more
テーマ 読書 歴史ミステリ 高橋克彦

前回の「写楽」に引き続き、浮世絵考察を絡めたミステリです。葛飾北斎…中学校の歴史でも習う(しかもテストにもよく出ますね)、日本浮世絵界を代表する作家。そして世界に通用する芸術家でもあります。前回に引き続き、北斎を追うのは津田。彼 ... » more
テーマ 読書 歴史ミステリ 高橋克彦

隙間式本棚火怨
火怨(上・下)/高橋克彦/講談社文庫友人がオススメということで、郵送で(!)貸してくれた本です。正直あんまり興味ないし…と少々放置してたんですが。(高橋克彦氏というと、なんだか伝奇ミステリのイメージがあって。あんまり興味 ... » more

隙間式本棚時宗
時宗(壱)(弐)(参)(四)/高橋克彦/講談社文庫鎌倉時代…むかーしむかし授業で習った以外はなじみが薄くて、ほとんど何も知らない時代。大河ドラマも見てなかったし、正直あまり興味がなかったので、友達から本が回ってこなかった ... » more

この小説で高橋氏は江戸川乱歩賞を受賞。文壇にデビューしましたね。そういえば…この10年前、作家デビューしようとしてある作品を持ち込んだ高橋氏。当時の編集長か誰かに「あと10年してからもう一度おいで」とか「10年間何も書くな」と言われたそ ... » more
テーマ 写楽殺人事件 高橋克彦 ミステリ

北の燿星アテルイ「火怨」下巻・高橋克彦著(男同士の歴史、公の精神)★★★★ 読了しました。大和だけの歴史観に浸っていた小生が恥ずかしくてならない。蝦夷にはこんなに熱い人々がいて、しかも戦術的にも高度であったなんて知らなかった。小説であるから多少の脚色はあったと思うが、それにしても戦の描写、大将同士の心理表現、秀 ... » more

北の燿星アテルイ「火怨」上巻・高橋克彦著★★★★ 吉川英治文学賞受賞作品を読んだ。東北の英雄であるアテルイを中心に、8世紀の大和朝廷対東北・蝦夷との攻防の物語である。最近、大和朝廷対東北・蝦夷・アテルイの攻防に心ときめいていた為、とても楽しめました。上巻は岩手での大和朝廷との攻防、そし ... » more

これで、何度めだろ〜って思うほど陸奥三部作(四部作!?)を読み返してます。って、これだけでは判らないか^^;私の大好きな作家「高橋克彦」さんの小説です。最近読みたいと思う小説があまりなくって(買うのがもったいない ... » more
テーマ 火怨 高橋克彦 小説

久しぶりに大好きな高橋克彦さんの新刊(文庫版ですが…)を見つけました〜♪もちろん、即、購入!高橋克彦さんを知ってる方も、それ誰?っていう方もクリックしてくれたら嬉しい↓日記・ブログランキングFC2 Blog Ra ... » more

なんだか、ブログを書く気力がおきないまま二日ほど過ごしてしまいました。自分は大丈夫だろうと思っていたものの、ペットロス状態に陥ってしまいましたが…こんなときは、無理に考えても「しんどい」だけなので、好きな本を読みまくろうと思いま ... » more
テーマ 火怨 高橋克彦

高橋克彦さんが好きです。ちょっと紛らわしいですが、俳優の典でも実でもなく作家の高橋克彦さんです。推理小説がめちゃくちゃ好きでとにかく気になった作家の作品は続けて買ってしまうのですが、その頃、なんだかムショーに「写楽」に惹 ... » more
テーマ 高橋克彦

PAOの本読み日記北斎殺人事件
北斎殺人事件 高橋克彦「北斎殺人事件」が2006年最初に読み終わった本になりました。まず、最初に北斎とはまったく関係のなさそうな老人がボストンで殺されるところから始まります。そして、日本では写楽殺人事件の主人公津田が、義兄であり、前作で死んだ ... » more
テーマ 高橋克彦

PAOの本読み日記写楽殺人事件
写楽殺人事件 高橋克彦の「写楽殺人事件」写楽とはいったい誰なのかという謎を主人公の浮世絵の研究者津田と素人代表(?)冴子が解明していく過程が面白かったです。殺人事件のほうは、読んでいて切なかったですけど、よく出来ているなーと感心。展開とし ... » more
テーマ 高橋克彦

 

最終更新日: 2016/12/04 07:24

「高橋克彦」のブログ関連商品

» 「高橋克彦」のブログレビュー をもっと探す

「高橋克彦」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る