誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    知識

知識

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「知識」のブログを一覧表示!「知識」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「知識」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「知識」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

第100回看護師国家試験午後問題80認知行動療法で最も期待される効果はどれか。 1,過去の心的外傷に気付く。2,薬物療法についての理解が深まる。3,物事に対する誤った信念が修正される。4,人間の生きる意味を感じと ... » more

呼吸器のアラーム無呼吸アラーム設定された時間を超えても自発呼吸が感知されない場合に鳴る原因回路のはずれ回路の閉塞気管チューブのカフ圧の低下自発呼吸が停止したか、非常に弱くなった(容態の悪化、過 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

呼吸器のアラーム換気回数上限アラーム呼吸回数が設定値を超えたことを知らせるアラーム呼吸回数が多くなりすぎることで、呼吸努力が増え、呼吸筋の疲労が起こる可能性がある一回換気量が減少し、有効な呼吸ができなくなる可能性がある ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

呼吸器のアラーム分時換気量上限アラーム呼吸数や一回換気量が増加し、一分間の換気量が設定値を超えたこをと知らせるアラーム原因患者さんの呼吸状態、全身状態が悪化し、呼吸が早くなっている自発呼吸が改善して呼吸数 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

呼吸器のアラーム分時換気量下限アラーム一分間の換気量(呼吸回数×1回換気量)が設定値に満たない時のアラーム原因回路の外れ、漏れ回路の折れ曲がり痰の貯留気管チューブのカフ圧の低下患者さんの無呼吸 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

○少年少女のためのスッタニパータ162.163.・・・知識と智慧の違いは何ですか?知識は知識を増やすもの。智慧は知識を減らすもの。162.163.第1蛇の章9.雪山夜叉経10.11.○毎田周一先生訳1 ... » more
テーマ 雪山夜叉経 智慧 知識  コメント(2)

呼吸器のアラーム気道内圧上限アラーム気道内圧が設定値を越えて上昇したことを示す。原因呼吸回路の閉塞気管内チューブが痰や血液により詰まったファイティング(患者の呼吸と人工呼吸器の換気が合わないこと) ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

呼吸器のアラーム気道内圧下限アラーム気道内圧が設定された圧力まで上がっていないことを示す。VCV(従量式換気)などの場合は、ガスが十分に送られていないことを意味する。SIMV(間欠的強制換気)などの補助換気の場合は、 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

利尿薬の特徴と種類炭酸脱水酵素阻害薬ダイアモックスなど。近位尿細管で炭酸脱水素酵素を阻害することで、Na+とHCO3-の排泄を増加させる。利尿作用はあるが、利尿薬として使用されることはない。緑内障、呼 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

血管外漏出に注意したい薬剤・輸液 血管外漏出に注意したい薬剤・輸液抗菌薬フルオロキノロン類(点滴だとシプロキサンなど)ゲンタマイシンペニシリンバンコマイシン電解質塩化カルシウムグルコン酸カルシウム塩化カリウム重炭酸ナトリウム ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

ネブライザーの管理について ネブライザーの管理ついてネブライザーの部品は少なくとも24時間ごとに消毒する。患者間で再使用するときは患者ごとに消毒をおこなう。ネブライザーはセミクリティカル器具に分類されるため、滅菌や高水準消毒が必要になる。 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

ノロウイルスに関する知識 ノロウイルスに関する知識潜伏期間は12時間〜48時間。発症後4週間はウイルスが便中に検出される。ウイルスの量のピークは感染後2〜5日。感染力が強く、わずか18個のウイルスでも感染させることができるといわれ ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

第100回看護師国家試験午後問題79 アルコール離脱症状はどれか。 1,作 話2,幻 視3,思考途絶4,観念奔逸 ... » more

問題78 不安が強いうつ病患者(depression)への対応でもっとも適切なのはどれか。 1,不安の原因を言語化するように促す。2,不安が強いときは意識的に話題を変える。3,抗不安薬はなるべく使用しない方がよいと伝 ... » more

第100回看護師国家試験午後問題77 フロイト,S.(Freud,s.)のいう現実原則に従って機能し、防衛機制を働かせるのはどれか。 1,イ ド2,自我3,超自我4,リビドー ... » more

第100回看護師国家試験午後問題76 妊娠34週で死産をした褥婦への援助で適切なのはどれか。 1,児とのお別れの機会をつくる。2,児の抱っこはしないように助言する。3,児のために準備したものを処分することを提案する。 ... » more

第100回看護師国家試験午後問題75 正期産で出生した生後3日目の女児の状態で、異常が疑われるのはどれか。 1,平坦な大泉門2,伸展した四肢の姿勢3,性器からの少量の出血4,手掌に触れたものを握る動作 ... » more

問題74 正常の分娩経過で正しいのはどれか。 1,第1頭位では右臍棘線上で胎児心音を聴取する。2,陣痛周期が10分以内になった時点を分娩開始にする。3,排臨は胎児先進部が陰裂間に常に見えている状態である。4,分娩 ... » more

第100回看護師国家試験午後問題73 ヒトの染色体と性分化で正しいのはどれか。 1,常染色体は20対である。2,女性の性染色体はXYで構成される。3,性別は受精卵が着床する過程で決定される。4,精子は減数分裂で半 ... » more

目眩で入院したり、入院した患者さんに目眩が起こると、患者さん自身が驚いて恐怖を感じる場合が多いようだ。実は私も1回めまいになったことがあるのだけど、あの時はけっこう驚いた。静かにしてたら自然に治ったけど。 ... » more
テーマ 知識 看護師

問題72 体重6kgの乳児に必要な1日の水分摂取量で最も最適などれか。 1,480ml2,600ml3,840ml4,1,200ml ... » more

エビデンスベース看護情報センターというサイト。エビデンスベース看護情報センターは、エビデンスを核とした、看護職と大学の研究者、または看護職間をつなぐコミュニティです。ということ。岩手県立看護大学看護学部の運営。 ... » more
テーマ 看護に役立ちそうなサイト 知識 看護師

第100回看護師国家試験午後問題71 子どもへの医療処置に対するプレパレーションで正しいのはどれか。 1,子どもの病気の治癒を促進する。2,泣いてはいけないと子どもに伝える。3,両親はプレパレーションに参加しない。 ... » more

第100回看護師国家試験午後問題70 4ヶ月児の生活環境を整える援助として最も適切なのはどれか。 1,仰臥位で寝かせる。2,柔らかい布団に寝かせる。3,ベッド柵は上げなくてよい。4,おもちゃとしてビー玉を用意する ... » more

問題69 手術後に抗癌化学療法が予定されている4歳児が「おなかの悪いものを取ったら、おうちに帰れるの」と尋ねてきた。対応として最も適切なのはどれか。 1,そのとおりであると伝える。2,話題を変えて気をそらせる。3 ... » more

テリアのトリミング方法は毛を抜いて作ります。毛を抜いてトリミングする犬種はオーストラリアン・テリアエアデール・テリアボーダー・テリアダンディ・ディンモント・テリアケアーン・テリアアイリッシュ・テリアジ ... » more
テーマ 知識

第100回看護師国家試験午後問題68 前額部の血腫で救急外来を受診した6ヶ月児の母親の言動で、虐待が最も疑われるのはどれか。 1,「治りますか」2,「後遺症は残りますか」3,「子どもが自分でぶつけたんです」4,「 ... » more

問題67 親の介護を行うことになった夫婦のうち、家族発達理論に基づき介護力が最も強いと考えられるのはどれか。 1,子どものない20代の新婚の夫婦2,1歳の子どもがいる30代の夫婦3,大学生の子どもがいる50代の夫婦 ... » more

第100回看護師国家試験午後問題66 Aさん(84歳、女性)は大腿骨頸部骨折(femoral neck fracture)で入院した。何度か転倒したことがあり、「食事後、立ち上がるとめまいがし、ふらついてしまう」と言う。Aさんの転倒 ... » more

問題65 パーキンソン病患者(Parkinson's disease)がすくみ足を軽減させる練習をするときに、看護師が行う助言で適切なのはどれか。 1,歩行器を使うよう勧める。2,メトロノームを使うよう勧める。3,補 ... » more

 

最終更新日: 2017/10/16 04:20

「知識」のブログ関連商品

» 「知識」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る