誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    グローバリゼーション

グローバリゼーション

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「グローバリゼーション」のブログを一覧表示!「グローバリゼーション」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「グローバリゼーション」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「グローバリゼーション」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

GoogleはGoogle.cnへのアクセスを香港にリダイレクトして自由に検索できるようにしているにもかかわらず、中国本土からのアクセスは制限されているようです。今までどおりチベット暴動、天安門事件などの検索は表示さ ... » more

Googleが35%、百度が58%。1/3のシェアを持つGoogleの影響は大きいと思いますが、撤退を決めたようです。ただし香港にリダイレクトして検閲を受けない検索結果を利用できるとか。今後の展開が気になりま ... » more

次世代ということですが原子力発電と聞いて複雑な思いです。CO2排出の少ないクリーンな発電というわけではないですよね。原子力発電はむしろ役目を終えた後の解体が大変のようです。日経の一面TOPがアメリカの医療保険改革法案 ... » more

残念ながら法律違反があったわけですから、閉店は当然でしょう。記事によると完全に証拠を握られていたわけです。ただし捕鯨の是非とは違う話です。法律で販売禁止されているものをすしとして出していたわけですから。 ... » more

大統領はセールスマンでネゴシエーターでリーダー オバマ大統領が信念を貫いた感じですね。僅差の可決ですが、これで公約を果たす第一歩がスタートしたわけです。おそらく、オバマ大統領は勢いつくでしょうね。人気がどうなるかです。【仮装 ... » more

毛沢東もかすむ黄砂被害 面白い写真ですね。20日北京は黄砂で大変だったようですが、日本は昨日(21日)。あっという間に日本まで飛んできたのですね。日本の空、上空も黄色くなっていました。毎年クルマも汚れますが、風は強かったので、きっと ... » more

たしかにいわれっぱなしはいけません。間違った報道があったら、謝罪を要求するのは当然です。アメリカでの日本企業の危機広報戦略の舞台裏がいずれ伝わってくるでしょうが、それに関心があります。日本企業をカモに ... » more

NEWS日記0304 ◆今冬は約30年に1回の異常気象。異常気象と地震の謎と不安に答える本◆スペイン警察のコンピューターをウイルスに感染させた3人を逮捕。スペイン風邪?なわけないけど悪意を持ってネットで活動する人をなくしていくには、やはり摘発 ... » more

バンクーバーオリンピックもう後半です。 競技日程はこちら。女子フィギュアは盛り上がってますね。競技の面白さからいくとショートトラックもおもしろいですね。カーリングガールズ~2010年バンクーバーへ、新生チーム青 ... » more

空からの写真の公開。なぜ今なのだろうと思いますが、何か違う真実が見えてくるでしょうか。ビルの内部に爆薬があったなんて説もありましたから。 ... » more

中国政府は中国外務省を通じてわれわれもハッカー攻撃の被害者だと発表しましたが、どうも、Googleはシステムを「複雑」な経路で政府機関にハッキングされたことをつかんでいるようです。「複雑」というのはGoolge社内に ... » more

この「ポスト・グローバリズムの構想」というのが最近知った北沢方邦さんの日記に出ている。個人的に全く知らないだけでなく、実は何をやってる人なのかということも知らないのだけど。北沢方邦の伊豆高原日記【52】Kitazawa,Ma ... » more
テーマ グローバリゼーション サブシステンス  トラックバック(2)

まさにバブルの塔。ドバイ危機は一時的に回避されているようですが、それは各国の必死の支えのおかげ。いつ再燃してもおかしくない状況。ドバイ政府は信用回復のシンボルにしたい考えのようですが、果たしそうなりますか? ... » more

これがいつ出されたのかがわからないのだけれども、ぼくが初めて見たのは10月14日付けの吉田太郎さんのブログ。吉田さん訳してくれたものをぼくなりに適当にリライトして、同じ日にブログにアップしている。でもいま、もっと読まれる必要があると ... » more
テーマ グローバリゼーション サブシステンス

いいですね、白銀の世界。幻想的な写真が好きです。★メール便発送・送料込み★薬用入浴剤 ヤングビーナスSSv 80g×5個体の芯から温まる天然温泉の感触をヘルスケアコヤマ 【商品の情報】製品名ヤング ... » more

興味深い記事ですね。clipしておいてじっくり検証していきたい記事です。当ブログとしては。 ... » more

リオの海岸のココナッツ騒動 大方、市の清掃キャンペーンの一貫化、清涼飲料水の陰謀か、そんなところで本気でココナッツを規制するわけがないのでは。規制したところで効果があるとも思えませんし。この写真いいなあ、やっぱりココナッツがリオ ... » more

小倉さんの運動と空間をめぐる議論も出てきたのでここにコピペ(小倉さんの書いたの、どこにいったかわかんなくなることが多いし(笑)いつか、コメントも書きたいけど今日はそのまま閉ざされた「自由な空間」から社会的空間のオ ... » more

以下、PPのMLに流したものをほとんどそのまま転載世界社会フォーラム(WSF)のキーパーソンが2名来日します。ピープルズ・プラン研究所も連絡先になっています。WSFとは何か、それがどこへ向かおうとしているのか?ま ... » more

世界で二番目に素晴らしい仕事だって!? 確かにオーストラリアの南の島の管理人はある意味世界一素晴らしい仕事といえるでしょう。でも今回のフランスの案件は言い過ぎでしょう。魅力的ではありますが…。若者は応募してみたら。「世界一素晴らしい ... » more

ブラジルの大停電はサイバー攻撃か アメリカCBSテレビのニュースショ「60ミニッツ」が今年はじめに起きたサイバー攻撃の取材の中でわかったとのこと。サイバーテロについてですが、電力などのライフラインを狙われた場合、かなり深刻な事態になります。 ... » more

twitter革命といわれたイランの反政府運動はその後聞かれませんでしたが、こうしてまだ続いているようです。世界の関心が大切です。伝え続けることです。イランを知るための65章 エリア・スタディーズ明石書店 岡 ... » more

温暖化ガスでわからない議論 温暖化ガス排出権の議論のなかで石油など化石燃料を燃やして作られるCO2が排出規制の対象となる温暖化ガスといわれて「そうなんだ、なんか変だな」と思っていたのです。化石燃料ではない木を燃やしてCO2は出しても京都議定書で ... » more

やっと日本の政治がグローバルになれた、そんな感じですかね。成果についてはこれからです。同時に抵抗もすごいでしょうから、そこも注意深くみていきたいと思います。≪ トキめき新潟国体 ≫ キッピーぬいぐるみ(S)JFA ... » more

新型ワクチン不足と他の国への供給という問題 この前取り上げたニュースです。↓日本がないのはなぜ?−他国への新型インフルワクチン供給 ブログとインターネットで遊ぶ必要な絶対数が足りない中で国内では接種の優先順位が議論され、ほぼ固まったようです。接種の金額も6 ... » more

PARC『オルタ7/8月号』http://www.parc-jp.org/alter/2009/alter_2009_07-08.htmlが、ちょっと遅れたけど発行された。買える人はぜひ買ってください。(利害関係者・(笑)) ... » more

マウリツィオ・ラッツァラート『出来事のポリティクス――知-政治と新たな協働』洛北出版 マウリツィオ・ラッツァラート『出来事のポリティクス――知-政治と新たな協働』、村澤真保呂・中倉智徳訳、洛北出版、2008年先に紹介した廣瀬純『シネキャピタル』(洛北出版)と合わせて読みたいのが、同じ洛北出版から刊行された二つ ... » more
テーマ 哲学/思想 グローバリゼーション 政治

錚々たる知識人たちのインタヴュー集――『グローバル権力から世界を取り戻すための13人の提言』 ネルミーン・シャイク『グローバル権力から世界を取り戻すための13人の提言』、篠儀直子訳、青土社、2009年現在のグローバル化や新帝国主義に対抗するためのアイディア・視角を提供する。目次(インタヴューを受けた人の一覧)を見 ... » more
テーマ 植民地主義 哲学/思想 グローバリゼーション

大田区の町工場出身の平川克美さんの著書。彼のブログをいつからか読むようになった。これけっこう好き。http://www.radiodays.jp/blog/hirakawa/表題の本(2009)は、すっきりした装丁に変った講談社 ... » more

『排除型社会』の続編――ジョック・ヤング『後期近代の眩暈』 ジョック・ヤング『後期近代の眩暈(めまい)――排除から過剰包摂へ』、木下ちがや・中村好孝・丸山真央=訳、青土社、2008年前回挙げたジョック・ヤング『排除型社会』(洛北出版)の続編となる本。ついでに紹介。「排除」が単純な ... » more

 

最終更新日: 2016/11/27 03:45

「グローバリゼーション」のブログ関連商品

» 「グローバリゼーション」のブログレビュー をもっと探す

「グローバリゼーション」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る