誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    近江

近江

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「近江」のブログを一覧表示!「近江」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「近江」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「近江」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

歴史家の今谷氏が、近江国に焦点を当てて、古代から明治の大津事件までを記したもので、「あとがき」によると、産経新聞関西版に「近江時空散歩」として連載したものを、まとめ直した本のようだ。深い知識は得られないが、「こんな人物も近江か」とか「知らな ... » more
テーマ 歴史 近江

ベレー帽通信 WEST大津浜街道を歩く
大津浜街道を歩く 古い大津の街は、JR大津と膳所の間に琵琶湖に沿って広がるコンパクトな町並みである。大津の仕事場に行きすがら、大津浜街道を歩く。今だ、古い町屋や残っている風情ある通りである。浜街道は、琵琶湖岸に沿った道であったらし ... » more
テーマ 大津 町並 近江

松尾芭蕉の墓碑を訪ねる 松尾芭蕉は、大坂でなくなったことは知ってはいたが、その亡骸は、大津に葬られていることは知らなかった。大津に所用があったおり、そのことを知り、墓碑を訪ねた。大津の浜街道という、東海道に並行する旧道に面した義仲寺とい ... » more

滋賀旅行 2日目 その2 続きです。近江八幡エリアに到着。かつて宿場町であった草津とその北東部に広がる守山や近江商人の地、近江八幡。草津宿本陣や商家跡など、かつて大名や庶民が往来した活気をただよわせます。近江兄弟社 ... » more
テーマ 滋賀 三井寺 近江

滋賀旅行  1日目 その1 滋賀に行ってきました。まずは新幹線の中で朝食柳川弁当を食す。2時間で米原に到着〜。何も〜ない〜駅です〜♪さっそく東海道本線に乗り換えて長浜駅へ。秀吉、光成像が迎えてくれます ... » more
テーマ 滋賀 長浜 近江

膳所と芭蕉 「かるみ」を知る 膳所の街角に「草の戸や日暮れてくれし菊の酒」という芭蕉の歌碑があり、特段に気に留めずにいたが、後日、「奥の細道」について調べていて、膳所は芭蕉にとって、縁の深い地であることを知る。その日の夕刻、大 ... » more

「街道をゆく」をゆく〜近江散歩D・安土城址と琵琶湖(後) あれこれと司馬遼太郎を読んでいると、作家は日常的に「登り」を避けていたようにお見受けする。しかし安土城址へは登った。「近江散歩」は昭和59年頃の話だから、当時の司馬さんは61歳。それより少しだけだが、若いわしが登らないわけに ... » more
テーマ 司馬遼太郎 街道をゆく 近江

「街道をゆく」をゆく〜近江散歩C・安土城址と琵琶湖(前) 琵琶湖の湖岸道路はよい。水辺に点在する親水施設は整備が進んでいて、バーベキューを楽しむひとらをよく見る。こちらは焼き肉をガンガン楽しむ年齢ではなくなったので、アウトドアクッキングとはすっかりご無沙汰している。しかし、 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 街道をゆく 近江

「街道をゆく」をゆく〜近江散歩B・長浜タワーとかしわ鍋(番外) 並んでまで昼飯を食べる趣味はない。昔、仕えた上司は並んでいるのをみると並ぶ癖のあるひとで、この時期のサラメシには閉口した。しかし今日は並んでみよう。噂では、めちゃくちゃ安いのである。長浜駅すぐの「鳥喜多」というお蕎麦 ... » more
テーマ 街道をゆく B級グルメ 近江

「街道をゆく」をゆく〜近江散歩A・国友鍛治(後)  かつて2度ほど国友村を散歩したことがある。そのわずかな経験によって四国の国友さんのルーツ探訪のアッシーをやっている。いささかおこがましい。国友の自治会館の前で車を降りると、目に触れるものにすべてに「国友」の名が冠 ... » more
テーマ 司馬遼太郎 街道をゆく 近江

「街道をゆく」をゆく〜近江散歩@・国友鍛治(前) 近江の国友には国友姓をもつひとが今も多く住んでいる。ポルトガルから伝わった鉄砲を、いちはやく作った村である。町を歩くと国友さんの表札や屋敷跡の表示が至る所にある。たまたま妻の友人に国友さんがいた。この方は四国の国友さ ... » more
テーマ 街道をゆく 近江 白洲正子

いきあたりばっ旅〜淀川の始まり「瀬田川大橋」 淀川にかかる最初の橋と最後の橋を渡りたい。そう思いついたもののなかなか行く機会がなかった。もとより淀川は宇治川、桂川、木津川という3つの川が大山崎で合流して始まるのだが、そのひとつである宇治川の先は瀬田川で、そのまた先は琵琶 ... » more
テーマ 街道をゆく ぶらり旅 近江

此処にそして彼方に近江八幡を歩く
近江八幡を歩く 八幡と言えば、近江商人近江兄弟社(ウォ−レス)長命寺近江水郷そして、最近は、ロケ地として有名で多くの観光客がTVで見た風景に誘われて訪れる。誰だって、一度は何らかのTVドラマや映画、旅番組でこの風景を見た事であろ ... » more

此処にそして彼方に湖東の町
湖東の町 今年の青春18旅、最初の目的地は湖東の町、長浜/彦根/八幡である。似ている様で、どこか違う、歴史も異なる町はそれぞれ魅力的であった。長浜と言えば、北国街道沿いの黒壁の町で、戦国時代ファンにとっては見逃せない土地である。7時、未だ、眠 ... » more

京阪奈ときて滋賀〜「偉大なるしゅららぼん」 湖西は鵜川、白髭神社前で交通事故。そんな記事を一ヶ月ほど前に読んだ。あそこは危ない。北上するときで云えば、我慢して走ってきた狭い一車線の追い越し禁止道がやっと広がり、風景がパッと開き、解放感がありアクセルを自然に踏み込んでい ... » more

近江 きつねそば定食 2011年11月7日(月)しばらく前からオープンしていたようですが・・・・初めて突入してみました。夜は焼肉屋の様ですが、きつねそばを注文・・・・きつね茶そば???これで38元・・・・ ... » more
テーマ 上海 そば 近江

「花の生涯」〜よみがえる歴史小説 これは完全に大人向けだ。やっと手に入れた舟橋聖一の「花の生涯」(祥伝社文庫)を読み終えて思った。官能的な描写も多く、大河ドラマ第一作「花の生涯」も大人を想定して作られていただろうと想像する。村山たかを演じるのは淡島千景。 ... » more

さすらいの黄色い軽トラ〜昔ながらのホットドッグ 夜鳴きそばは来なかったが、ホットドッグ屋は軽トラでやってきた。わしのこども時代の話である。近所の商店街が店を閉めたあと、黄色い軽トラックが薄暗くなったアーケードの入り口にやってきて、後部ドアを開け、ホットドッグを売り始める。 ... » more
テーマ 街道をゆく B級グルメ 近江

「今週の本棚」〜近江についての新しい書き手 新聞の書評で一番よいと思っているのは毎日新聞の「今週の本棚」である。なんといっても、レイアウトが素晴らしい。3頁ある紙面建のフロントには必ず和田誠さんの挿絵が入っていて、見た目がとてもやわらかい。「この人・この3冊」のコ ... » more
テーマ 街道をゆく 近江 白洲正子

「近江山河抄〜女優 真野響子 白洲正子と往く旅路〜」 誰もいないのにずっと黙って見られている気がする。湖東の石塔寺を歩きながらそう感じた。人々がこぞって持ち寄ったという石の宝塔とお地藏さんがぎゅうと詰まって並べられている。どの石も風化して塑像は崩れている。とくにお地蔵さ ... » more
テーマ 街道をゆく NHK 近江

「八百万の神がすむ山河」〜泰澄伝説 ♪一度だけ〜♪、♪恋をした〜♪というのはさだまさしの「舞姫」。イントロがないので歌う勇気がない。今、恋焦がれている場所は、美濃の白山長瀧寺と石徹白(いとしろ)。どんなところかと想像をたくましくしていたところ、 ... » more
テーマ 街道をゆく NHK 近江

タコ部屋から近江日野商人館
近江日野商人館 単身赴任のルーツは近江商人にあった。と、冗談めかして、滋賀県にある「近江日野商人館」の職員さんが話してくれた。いまどきは「さっちょん族」といって、単身赴任は旦那さんのほうに呼称があるが、江戸時代の日野商人の場合は逆で、留 ... » more
テーマ 街道をゆく 近江 大河ドラマ

月に憑かれた・・・〜湖北・月出 湖北にあるJR高月の駅を東に出ると緩やかな坂が続く。坂の背後の山に満月が顔を出していた。こんなに大きな月を眺めたのは久しぶりだ。シティーボーイのわしは満月の明るさを知らなかった。毎日がルミナリエのような繁華街 ... » more

タコ部屋から「星と祭」〜湖北・渡岸寺
「星と祭」〜湖北・渡岸寺 十一面観音像を知ったのは井上靖の「星と祭」を読んでからだ。美術に暗いし、詩には弱い。井上靖の詩は、平易な言葉で書かれていて僕にも分かった。そういうわけで井上靖はけっこう読んだ。数年前、井上靖原作の「氷壁」がN ... » more
テーマ 街道をゆく 井上靖 近江

第216号2版  6月21日月 【実践女子大学本むらさき式部集。を読む20】… 【実践女子大学本むらさき式部集。を読む20】…み。のフーガ、あるいは【は行】【ま行】による変奏。……あふみのみづうみにてみがさきといふところにあみひくを見て…………みをのうみ。にあみ引たみのてまもなく。たちゐにつけてみや ... » more
テーマ 芭蕉 近江 むらさき式部集

最高の近江牛とマッコリ(彦根で高級牛を喰らう!) 今回は近江牛を喰らいながら、マッコリを飲める滋賀県彦根市の「清洲」を紹介します!彦根で一番有名な近江牛を喰わせる店は「千成亭」だが、あまりに値が張るので、別の見せないかなと探していたところ、一人ぶらっと入ったのが「清洲」 ... » more
テーマ 近江 グルメ

風を待ちながら・・・佐川美術館にて
佐川美術館にて 堅田より路線バスに乗って、琵琶湖大橋を渡った。行く先は佐川美術館。平山郁夫館、佐藤忠良館に続いて、楽吉左衛門館がオープンしたのが昨年の9月であり、今年になって楽吉左衛門自身が設計した茶室が公開されている。見学は予約制 ... » more

風を待ちながら・・・湖族の郷・堅田
湖族の郷・堅田 浮御堂を後にして、日に何便もないバスの時間まで堅田を少し歩いてみることにする。琵琶湖の最狭部に位置する堅田は、水上交通の要衝であり、水運と商業で栄えたところである。満月寺の近くに「湖族の郷資料館」というのがあった。堅 ... » more

湖国の遅い春 浮御堂にて 東海道線はトンネルを二度潜ると、濃霧につつまれた。山科を過ぎ、比叡山系を越して湖西に抜けると気候が一変する。京都に宿泊して、奈良へ、近江へと足を延ばした。その3日目。湖西線を堅田で降り、タクシーでまず浮御堂を ... » more

近江観音正寺の道しるべ 滋賀県の安土にある、観音正寺の道しるべです。聖徳太子が建立したという伝承を持つ、古いお寺です。人魚のミイラがあったとか・・・。人魚伝説は、また別の機会に。かつて観音正寺と同じ繖山には、近江守護であった六角氏の居城観音寺城がありました ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 03:31

「近江」のブログ関連商品

» 「近江」のブログレビュー をもっと探す

「近江」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る