誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    政権交代

政権交代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 政治
テーマ「政権交代」のブログを一覧表示!「政権交代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「政権交代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「政権交代」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

小沢幹事長の豪腕から見えた政治と各種団体について(考察・提言シリーズ)やはり小沢さんの豪腕ぶりは日本人離れしている。TVの「サンプロ」改め「Sフロント」の特集を見ていて思った。キャスターの小宮悦子さんは前からフアンであったが、少し容 ... » more

枡添要一の研究についてその3(追考シリーズ)4月7日産経の主張欄に、「「枡添氏待望論」に応えよ」、とのみだしが踊っていた。またやっていると思った。見出しは論説委員がつけたものではないであろうが。主張そのものは、野党自民党の与 ... » more

憂鬱な事業仕分けが始まる(再考シリーズ)事業仕分けがまた始まる、憂鬱である。憂鬱な理由を先ず先に示しておく。その一つ、仕分け人の人間性である、例えば、枝野と蓮蔀が顔を見合わせて薄笑いをするような場面がしばしばあった。つまり、 ... » more

与謝野さんの新党立ちあげについて(考察シリーズ)与謝野さんにはインテリジェンスがある。自民党員として希少価値があった。一つは、合格である。そして、政治家という人間は胡散臭いという世間一般の評価からすれば、新しいという印象も与える。 ... » more

マスコミが政治を混乱させている・・・ 平沼赳夫 衆議院議員の『政局所感』と題する講演を聞いた。先の総選挙で17人のグループの代表として闘った。結果は政権交代の波をもろに受けたため3人だけしか当選できなかったという。この政権交代は「国民による無血革命」だっ ... » more
テーマ 小沢一郎 政権交代 平沼赳夫  コメント(1)

鳩山政権の癌とみられる社民党について(9)(考察、提言シリーズ) 例によって、社民党の「基本綱領(本当のその組織の基本的な考え方の意)」であるのかどうか調べないが、今年の「12回党大会宣言」にそって社民党を検証してみる。注○が社 ... » more

拝啓鳩山総理殿貴方のするべきことについて(考察シリーズ)かってドイツはアメリカに対し、戦術核の排除を一方的に要求し、また、日本のバブルのきっかけともなった金利の引き上げの要求も無視した。アメリカにずけずけと自国の国益を要求するが、そ ... » more

NORAの爪 ☆ 民主党はパラノイア ☆ 別にぜ〜んぶマニフェスト通りにやれ!という気もないし、政策の方向性が社会情勢の変化によって変わり得るものだくらいの理解はある。でも、こう次から次へと変えられると、「マニフェストってナンなの?!」とも言いたくなるよねぇ。私は前の選挙で ... » more

「辺野古」にかかる日本人の平和ボケについて(考察シリーズ)数日前に、産経紙のオピニオン(376)に、曽野綾子女史が、体験的に分かる真実として「敵に近い土地は守らなければならず、敵は備えのないところから入り、島は特に危ない、敵など入っ ... » more

子供手当て法案成立について(考察シリーズ)子供手当てについて反対の意見は、大きくは財源の確保、小さくは外国人の子供も貰える、もう一つ上げれば、金持ちも貰える、などである。そして、バラマキだ、ともいう。民主党は、子供は社会・国 ... » more

昼飯、何にする? Aさん 「さ〜て、昼前の仕事は終わったし、今日の昼飯、何処で何食べる?」Bさん 「そうだなあ。小鳩レストランにしますか?大したこと無いけど他に良いところも無いし。」Aさん 「しょうがないね、そうするか。でも本当にこの ... » more

高橋敏男のブログ国会議員の仕事
国会議員の仕事 昨晩、『月刊日本』 特別講演会〜敢えて民主党を叱る〜と題した平野貞夫(政治評論家)氏の講演を聴いた。(http://gekkan-nippon.at.webry.info/)講演内容の大筋は平野貞夫氏の「平成政治20年史 ... » more
テーマ 平野貞夫 政権交代 月刊日本

小沢一郎の研究について(2)(考察シリーズ)今回の「生方の変」について考察する。昨日、ゴルフから帰ると、愚妻で愛妻の我が妹が言った。「生方さんも男らしくない。小沢さんが役員に戻すと言ったら、復帰するらしいよ」と。彼女は友達と ... » more

政権交代で民主党の役割は終わった!! ・・・第三勢力よ、出でよ!・・・・国民は、日本を大きく変える事を、民主党に望んだ!ところが、自民党と内容は変わらなかった!もともと、問題を起こしている議員は自民党のときに政権の中枢にいて、金 ... » more
テーマ 民主党・自民党 政権交代 未来

野党自民党の「政策構造」について(考察シリーズ)ずばり、結論、今の自民党は大島幹事長が実質的には動かしている。いつもの、日曜日での「サンプロ」を見ていた結論である。紙面に余裕があれば、かの有名な「サンプロ」の田原氏にも触れよう。 ... » more

小沢一郎の研究について(1)(考察シリーズ)小沢一郎幹事長が公的活動から隠退するまでこのシリーズを続ける事にした。「鳩山(邦)の変」について下の記事で書いたが、枡添要一の研究についてその2(考察シリーズ) >h ... » more

枡添要一の研究についてその2(考察シリーズ) 確か、今週の月曜日(3月15日)であったと思う。全国ネットではない関西テレビ8チャンネルで、独立総合研究所社長、青山繁晴氏が、コメンテータとして語っていた。その内容は、小沢、鳩山(邦)、 ... » more

旧国鉄の革命戦士の救済について(考察シリーズ)前原大臣が、例により、淡々と冷静に語った。国鉄民営化に伴い再雇用されなかった「革命戦士」のふたたびの採用と賠償である。事情を知らない若い人々のために書いておこう。JRの売店を「キ ... » more

「可視化法案」見送りについて(考察シリーズ)可視化法案の今国会への提出が見送られる、と産経(3月18日(木)朝刊)が伝えた。気になる点が二つあるので記事にすることにした。その一つ、見送りについては、「法務省が、17日、民主党 ... » more

枡添要一の研究について(考察シリーズ)今朝、ひらめいたので書いておこう。枡添要一氏は参議院議員であったのである。恐らく今回が改選に当たっているのだと思う。それで、納得した。今朝の「スパモ二(朝日系)」のコメンテーターが、「彼 ... » more

政界再編は進むのか(考察シリーズ)今日(日曜日、3月14日)の報道番組を見ていて、自民党は分裂するなと考えた。ところで、不肖、今唐は自民党も民主党も解党せよと書いてきた。先ず民主党の解党論について示しておこう。結論は書いてお ... » more

夫婦別姓について(考察シリーズ)結論から先に語ろう。どうでもいい事だ、明治維新までは、ろくな名前の制度もなかったのだから。ただ、条件が一つある、家族が仲良く、夫婦が仲良く暮らせるようにしなければならない、ということだ。また、 ... » more

鳩山政権の癌とみられる社民党について(8)(考察、提言シリーズ) 例によって、社民党の「基本綱領(本当のその組織の基本的な考え方の意)」であるのかどうか調べないが、今年の「12回党大会宣言」にそって社民党を検証してみる。注○が社 ... » more

自民党の起死回生策について(考察・提言シリーズ)ずばり、提言する。枡添前厚労相と河野太郎議員を切ることである。両氏は、パフォーマンスによって自民党をかき回している。自民党が政権に復帰するためには、幾つかのブログで書いたが、そ ... » more

鳩山政権の癌とみられる社民党について(7)(考察、提言シリーズ) 例によって、社民党の「基本綱領(本当のその組織の基本的な考え方の意)」であるのかどうか調べないが、今年の「12回党大会宣言」にそって社民党を検証してみる。注○が社 ... » more

鳩山政権の癌とみられる社民党について(6)(考察、提言シリーズ) さて、例によって、社民党の「基本綱領(本当のその組織の基本的な考え方の意)」であるのかどうか調べないが、今年の「12回党大会宣言」にそって社民党を検証してみる。注 ... » more

日教組」の政治的中立と民主党小林議員の進退について(考察シリーズ)昨年1月の日教組の新春の集いで、鳩山総理は「民主党にご支援下さっていることに感謝し、日教組と共にこの国を担う覚悟だ」旨語り、輿石参議員議員会長は「教育の政治的中立など ... » more

鳩山政権によって日米同盟が弱体化したのか(考察シリーズ)アメリカからそそのかされ、大東亜戦争を戦い日本は負けた。このことに屈辱感を覚える日本人は、少数ではあるが、確実に存在し、学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加 ... » more

鳩山政権の癌とみられる社民党について(5)(考察、提言シリーズ) さて、例によって、社民党の「基本綱領(本当のその組織の基本的な考え方の意)」であるのかどうか調べないが、今年の「12回党大会宣言」にそって社民党を検証してみる。注 ... » more

平成の脱税王鳩山総理について(追考シリーズ)与謝野前財務相は、予算委員会での「緻密な質問」により、鳩山総理について平成の脱税王だ、と語った。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗は、担当秘書なり六幸商会 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/11 03:49

「政権交代」のブログ関連商品

» 「政権交代」のブログレビュー をもっと探す

「政権交代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る