誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    政権交代

政権交代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 政治
テーマ「政権交代」のブログを一覧表示!「政権交代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「政権交代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「政権交代」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

管総理の人格を懸念する(考察シリーズ)今日の総理の所信表明では「私を信じてほしい、国民は付いてきて欲しい」旨表明しているが、とても、不肖、今唐はその気持ちにはなれない。その理由の一つ、基本的な人間の信義則は「約束を守ることで ... » more

本や新聞を読むこと(日記シリーズその2(16)本を読まなくなった。先月はたったの2冊だ。それも図書館から借れた。年寄になると読書まで進まなくなる。新聞さえ読まなくなった。色々考えて前に進まなくなるのだ。読むことを苦にしないご ... » more

管内閣成立の雑感について(考察シリーズ)その一、ため息がでる。書き続けてきた悪代官小沢がやっと引っ込んだ。しかし、引退する気はないようである。二、三回書いたが、それも、最近、気付いたのだが、彼は若い頃から政治に目覚め、苦労し ... » more

管総理の人事を危ばむ(考察シリーズ)管総理について長期政権になる可能性がある、と書いた。しかし、そうでない短命内閣の可能性が今回の人事で見えた。その危ばむ人事は、幹事長の枝野幸男と消費者・少子化担当の蓮舫 とである。枝野さん ... » more

今回の「政変」の基本構造について(考察シリーズ)民主党政権における今回の政変の基本構造は、鳩山前総理と副総理、管の「示しあわせ」である。前総理の弟の邦夫氏は次のように語っている。「私と違って、兄は手練手管の男である。しかし、 ... » more

管直人という人物について(考察シリーズ) 管直人という政治家を考察する。先ず、政治家としては、ベテランであることが指摘できる。若い頃から全うな政治活動に従事して来たと言っても良いであろう。全うと言う意味は、少し世代が違うが、 ... » more

鳩山総理辞任の理由について(考察シリーズ)総理辞任の理由について単刀直入に書く。一つ、民主党は、本来は、潰すべき自治労及び日教組などの左翼系労組にも依存していたこと。これらの労組は、本来、労働者のための組織であるにもかかわら ... » more

まぁ、ビックリしました!先日、「9月には持ち直す!〜MOON」と書いたばかりでしたから、さすがに(というより、当然なのですが) MOON先生の能力をまた再確認することとなりました結局、9月には持ち直すとはいえども、兆しさ ... » more
テーマ 鳩山首相辞任 政権交代 占い

この国のかたちについて(3)再び、民意のこと(考察シリーズ)社民党が連合から離脱した。この後の政変は、どうなるのだろうか。総理と悪代官小沢二人が辞める。どちらか一人が辞める。参議院で総理の辞任要求が可決される。そのうちのどれか一つで ... » more

この国のかたちについて(2)社民党離脱か!(考察シリーズ)どうも、社民党が連立離脱のようだ。今日(5月30日)の全国代表者会議で結論を出すようである。福島党首も頑張って格好が良いが、ダブルスタンダートで選挙対策のパフォーマンスのよう ... » more

不景気・・・不況・・・まぁまぁ、この2年ほどでしょうか、皆様ありえない状況に陥っていらっしゃる方もおいでかと存じますワタクシめも、ゴハンを食べれないほど不景気の時期も乗り越えて参りました久々に、MOON先生の言葉 ... » more

石破自民党政調会長に期待する(考察シリーズ)石破政調会長をもっと評価して良い。谷垣総裁に対しては、自身が言っていたのだから、このブログで「野党の王道」を歩くべきと書いてきた。大島幹事長についてはご自身か、若しくは、スタッフが能力不足 ... » more

この国のかたちについて(1)(考察シリーズ)鳩山総理については、別のブログの記事で、「ポストモダーン」であるかも知れないと書き、「悔い改めた」とも書いた。沖縄基地軽減対策についての鳩山批判には「民意、民意」という言葉がよく出てきて批 ... » more

悪代官小沢幹事長の聴取について(考察シリーズ)悪代官については、逮捕されるであろう、号外も出るであろう、とこのブログで書いてきたが、残念ながらそうならなかった。その理由は、検察庁の美学の問題であろう、と不肖、今唐は考える。特 ... » more

鳩山総理への袋叩きについて(考察シリーズ)沖縄基地の負担の軽減策について、「5月決着」と言っていたのにそれが駄目になったと、鳩山総理が、今、袋叩きに遭っている。偉大な噺家林家三平師匠の愛嬢泰葉さんのキャッチコピーをもじったが ... » more

森田実氏の「私が今一番伝えておきたいこと」 昨日(8日)、山梨県昭和町カルチャーデザインクラブ・こうふ政経茶話会主催の森田実講演会が山梨県昭和町地域交流センターで行なわれた。200人近くの参加者があった。 ... » more
テーマ 昭和町地域交流センター 政権交代 民主党  トラックバック(1)

カナダ・アルバータ州にあるウッド・バッファロー国立公園の南端部で、ビーバーが作った世界最大のダムが発見された。長さは約850メートル。あまりに巨大なため、宇宙からも見えるという。ビーバーによる建設が始まったのは1970年代半ばとみら ... » more

名護市長稲嶺氏の頑迷な発言について(考察シリーズ)鳩山訪沖に伴う鳩山総理の発言と比べ稲嶺市長の胸を張った基地の一部移設拒否の発言については、不肖、今唐は、むしろ愚鈍さを見るのである。そして、地域「活動家」を含め利己に拘る「ずるさ」も ... » more

悔い改めた鳩山総理について(考察シリーズ)海兵隊の役割やアメリカ駐留軍の仕組み、それらによる極東アジアでの抑止力、沖縄の地勢的意味などが判った、と総理は訪沖で語った。本当であろうか。弱々しく、気の毒のような気がしたが、そう語 ... » more

鳩山総理を「仕分け」してみよう(考察シリーズ)鳩山総理については、1回から8回に分けて鳩山総理の始めての「所信表明演説について(8)」(考察シリーズ)カテゴリー政権交代、ニュース、政治http://39383054.at.webry ... » more

小沢幹事長と前原大臣のバトルについて(考察シリーズ)悪代官小沢がバトルを仕掛けたようであるが、発端は鳩山総理なのである。例の、ガソリン税の減税問題である。今、どうなっているか調べないが、悪代官小沢が「国民の声」として、「減税 ... » more

亀井郵政担当相よ頑張れ その3(2)(追考・応援シリーズ)亀井金融相に再々度のエールを送る。産経(4月21日朝刊、藤沢志穂子記者)が「亀井改革」に否定的だ。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗が反論する。 ... » more

亀井郵政担当相よ頑張れ その3(1)(追考・応援シリーズ) 亀井金融相に再々度のエールを送る。産経(4月21日朝刊、藤沢志穂子記者)が「亀井改革」に否定的だ。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗が反論する。 ... » more

舛添新党について(考察シリーズ)結論から言うと彼の党は胡散霧散して何処かに消えてしまうであろう。その後、彼は「教授キャラタレント」かどこか私大の教授で余生を送ることになるであろう。以下がその理由である。学者でもなく、文章を売 ... » more

外国人参政権について(考察シリーズ)武道館で17日(土)、外国人参政権反対集会が開かれ1万人集ったそうである。主催者は自民党かと、確認したら桜井よしこ、佐々淳行氏などが呼びかけ人であった。こんなところにも、自民党が駄目になった理由が ... » more

鳩山総理周辺の雑感について(考察シリーズ)オバマとの10分間会談とはどういうことなのだろうか。あの偉大な落語家で芸能人の林家三平師匠の愛嬢、泰葉さんのキャッチコピーをもじったが「金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイア」は鳩山総理の対米姿勢 ... » more

枡添要一の研究についてその4(追考シリーズ) ヤット虚像が崩れる方向に向かった、産経は見出しで「舛添氏八方ふさがり?党内に同志なく・・首長と連携模索」と打った。学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗が虚 ... » more

atorante民主党の後始末
民主党の支持率がついに2割に減少した。民主党が国民をだましたというが、本当は投票した国民に全責任があるのではないか。たしかに、マニュフェストという政権公約が各政党毎に掲げられ、従来よりは具体的な政策内容で選挙で一票投じることができる ... » more
テーマ 政権交代

亀井郵政担当相よ頑張れ その2(追考・応援シリーズ) 今は、収まったようだが、「亀井さんの郵政改革」についての評価は酷いものであった。そこで、不肖、今唐は経済に疎いが、少し勉強をした。実を言うと「文春」を読んだだけだが。その ... » more

普通なら内閣総辞職という感じだけど、政権交代で期待が大きかったから失望も大きいという感じかも。 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 03:27

「政権交代」のブログ関連商品

» 「政権交代」のブログレビュー をもっと探す

「政権交代」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る