誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    モラハラ

モラハラ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「モラハラ」のブログを一覧表示!「モラハラ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「モラハラ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「モラハラ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

私は「下品」が「苦手」です。「避けて」通ってきましたが、たまに予告もなく真正面からぶつかってくる人たちがいて、随分嫌な想いをしてきました。「下品」とは対案を持たずに反対を唱え、力で抑えようとするひとたちの中身。行 ... » more
テーマ モラハラ 生き方、考え方 つながり

虐待やネグレストなどいういわゆる毒親に育てられたとしても、現在、自分が生き甲斐が持てる人生が送れているのなら、何の不足もないのではないでしょうか。親は未熟です。子どもを持つ準備も出来ない自分が子どもであるのに親になって戸惑ってしまっ ... » more
テーマ モラハラ 生き方、考え方 つながり

自分以外の誰かに対して攻撃的なもの・反撃したい感情は時として表出することもあるでしょう。それを前面に押し出すのが、男性たちの結束する世界各国の暴力を手段とする団体なのかもしれません。それでも、彼らの心の底にあるのは、暴力的な解決では ... » more
テーマ モラハラ 信じること 生き方、考え方

あのひとは本当は素直で心がホットで根はいいひとなのだから、私が頑張ったらきっと時々見せる優しい状態がずっと続いてくれるようになるという考え方はキッパリ捨ててください。そもそも、この世の中には2つのタイプのひとしかいません。ハ ... » more
テーマ 意地悪 モラハラ 生き方、考え方

http://niphredil.hatenablog.jp/entry/2015/04/17/150406日本人は大人同士がハグする習慣がありません。男女では配偶者か決まったパートナー以外でハグすると周囲から怪しげな目で見られます ... » more

嵐のあとの日々もうひとつの理由
最近、あまり旅行をしたいと思わなくなったのは、怠惰な出不精になったからだと思っていたけれど、それだけでなく、もっと積極的な理由があるのではないかという気がしてきた。脱出後の5年間、友達の家を転々として居候していた期間は、 ... » more

NHKの『あさイチ』で、今日は表記のテーマを取り上げていた。しっかり取材された、とてもいい番組だった。とりわけ、子どもたちへの取材に細心の注意が払われていたことは特筆に値する。番組ディレクターによると、このテーマを取り上げる ... » more

今着れない服はもう着ることはないので思い切って手放しましょう。きついのに我慢して着ているのは、その無理が周りにも気づかれています見た目も痛いし、身体もしんどいし、ろくなことはありません。自分に合ったものを見に着けることが肝心です。 ... » more
テーマ モラハラ 生き方、考え方 つながり

嵐のあとの日々7回目の脱出記念日
6月2日。7年前の今日、わたしはモラな夫から、そして住み慣れたわが家から脱出した。あの日も今日のような、ぴっかぴかの晴天だった。あれ以来、毎年6月2日のこの記念日は快晴のような気がする。1週間ほど前から、7年前のことがあ ... » more

基本的に私は嫌いな人がいません。 でも苦手な人、出来たら避けたい人は残念ですがいます。 きっとそういう人は私に足りないところ、直した方がいいところを教えてくれています。私にとっては有難い人なんでしょう。 一緒にいるのは余り気が ... » more
テーマ 意地悪 モラハラ 生き方、考え方

全てはつながっているのですが、生理的に気持ちが悪いもの、どうしても受け付けないものがあります。 それは他人を見下す、もしくは羨ましがる顔です。元々の顔はどうでもいいというか気にならない質なのですが、ある人たちの表情に比較やジャッジが入っ ... » more
テーマ 意地悪 モラハラ 生き方、考え方

一生懸命追いかけてその真意を見定めようとしているときは気づかなかったことが、手放して一歩引いて客観的に見るようになると「そうだったんだ」とわかることがあります。 気に入っていて自分が追いかけていたようだったけど、実はそう仕向けられていた ... » more
テーマ 使命 モラハラ 生き方、考え方

嵐のあとの日々定着記念日
うっかり忘れてたけど、今日は定着記念日だった。思えば2年前の今日、それまでの漂流生活に終止符を打って、現住所へ引っ越してきたんだ。あっというまの2年間だったなぁ。でも、精神的にはものすごく安らかだ。やはりわたしは農耕 ... » more

嵐のあとの日々佐野洋子語録D
佐野洋子著『死ぬ気まんまん』より、わたしがすごいと思った言葉、 今回はそのDである。死なない人はいない。そして死んでも許せない人など誰もいない。そして世界はだんだん淋しくなる。この言葉も、そのとおりだと思う。 ... » more

嵐のあとの日々佐野洋子語録A
佐野洋子著『死ぬ気まんまん』より、わたしがすごいと思った言葉、今回はそのAである。父は毎夕食の時に、何を言っても理解できない小さい子供に訓辞をたれた。「人間は小指の曲がりを直すために千里の道を行く。根性を直す人が隣に ... » more

嵐のあとの日々不便よのう
安倍政権を打倒するための市民連合が全国各地で結成されているらしい。強引にやりたい放題やっている安倍政権の暴走を阻止するには、市民と野党が力を結集して立ち上がるしかない。わたしが住んでいる市でもそういう動きがあり、市民連合の結 ... » more

ちょっとでもやだって感じたら、そこは居場所じゃない。快く受け入れてくれる場所にいるのがいい。我慢することなんかないんだ。直感は信じていいんだ。 初め親切だった人が豹変したとき、何だか信じられなくて、いつかはまたあの優しいあの人に戻るんじ ... » more
テーマ モラハラ 生き方、考え方 つながり

嵐のあとの日々エア花見
今朝、用事があって神田まで行ってきた。ちょっと足を伸ばせば千鳥ヶ淵や四谷の土手、上野公園など花見に最適な場所がいくらでもある。桜はちょうど満開だし、よく晴れた気持ちのいいお天気だ。手ぬぐい部長あざらしさんお勧めの濱文様さ ... » more

嵐のあとの日々延長
今年もまたこの季節がめぐってきた。「住民基本台帳事務における支援措置」(いわゆる住民票の閲覧制限)を延長する季節だ。去年(こちら)と同様、今年も役所から通知が来ていて、延長手続きができるのは3月22日から4月21日までと ... » more

嵐のあとの日々恵みの雨
結局、今日のマンモグラフィーの検診には電車で行った。隣の駅は、脱出前には自宅から最寄りの駅だったから以前はよく利用していたけれど、2010年の脱出以降、一度も降り立ったことがなく、実に7年ぶりの再訪だった。駅構内は内装が ... » more

里親や養子に行った先で、多くの子どもたちがすることの一つは、親になった人に対する耐久力テストです。この人たちは本当に自分を愛してくれているのか、それが気になるので試すのです。その行為がどれだけ親を悲しませているか、考えなしで愛される ... » more
テーマ モラハラ 生き方、考え方 つながり

嵐のあとの日々雨水
今日は二十四節気の雨水。おひな様を飾るのにいい日だとラジオで言っているのを聞き、そうそう、うちのおひな様も出してあげなくちゃ、と思った。去年とおなじ、小さな内裏びなが2セットだ(こちら)。今日出せば、2週間近く飾っておけ ... » more

嵐のあとの日々しっかり生きている
年明けに取り寄せた戸籍謄本が、本籍地の役所から送られてきた。う〜む、まだしっかり生きている。しぶといねぇ。(毎年飽きずに戸籍謄本を取り寄せているわたし自身も、相当しつこくてしぶといとは思うけど) ... » more

嵐のあとの日々お正月恒例の
わたしの毎年の初仕事(仕事というより作業というか、決まり事というか、イベントというか)は、戸籍謄本を取り寄せることである。毎年書いていることだけど、もしかしたら初めてお読みになる方もいらっしゃるかもしれないので、ざっと説明し ... » more

嵐のあとの日々人心地
あまりの疲労困憊に耐えかねて、体力をつける漢方薬を飲み始めてから1カ月余。ようやく少し体力がもどって、人心地がついた。考えてみれば、その前のドアを開けっ放しにする件も、机のまわりの整理ができないのも、認知症が心配になるほ ... » more

嵐のあとの日々悪夢
久しぶりに夢を見た。夫の夢だった。夢のなかの夫はささいなことで怒り、怒鳴り始めた。怒鳴り声はどんどん大きくなっていく。耐えきれなくなったわたしは、「ごめんなさい」と言ってしまった。その言葉を口にした直後、はっと気 ... » more

嵐のあとの日々命の連続
2010年の6月に脱出したとき、それまでベランダで育てていた草花を枯らしてしまう(タラ夫のことだ、水やりさえしないだろう)のはかわいそうで嫌だった。でも、持って出るわけにもいかないので、かなりの数を友達にもらってもらったり、「ご ... » more

嵐のあとの日々ACのしっぽ
一昨日の夕方、川沿いの遊歩道をウォーキングしていたら、路傍のベンチに60歳代くらいの女性が坐り、その孫とおぼしき小学校低学年くらいの男の子がぐったりと女性の膝にもたれていた。「どうなさったんですか」と声をかけると、「急に ... » more
テーマ 所感 モラハラ

嵐のあとの日々倉庫化
最近、わたしの仕事部屋はどんどん倉庫のような感じになっている。作業用の机をネットで買ったら、とどいた品物がモニターで見たのより安っぽい感じで、それも倉庫化に拍車をかけたようだ。もちろん、仕事用の家具や道具にうんとお金をかけて ... » more

嵐のあとの日々定住記念日
1年前の今日、わたしはここへ引っ越してきた。長年の漂流に終止符を打ち、ようやく自分だけの巣に落ちつくことができた、記念すべき日だ。運び込んだ段ボール箱に囲まれ、それ以外はカーテンもラグもない殺風景な部屋で、ほっと安堵して ... » more

 

最終更新日: 2017/08/20 10:35

「モラハラ」のブログ関連商品

» 「モラハラ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る