誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    は行の作家

は行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「は行の作家」のブログを一覧表示!「は行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「は行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「は行の作家」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

星野智幸 ‘俺俺’ 今回ご紹介する‘俺俺’という小説の表紙の絵は石田徹也氏の‘燃料補給のような食事’です。‘燃料補給のような食事’は一見すると効率を重視する現代社会に対する批判や皮肉が込められているように見えます。人物の描写を見 ... » more

「書籍化しちゃたの!?」というのが、‘NARUTO―ナルト―ド根性忍伝’が書店で販売されているのを見て最初に思ったことです。この小説は、少年ジャンプで連載していた漫画‘NARUTO―ナルト―’の作中に出てきた小説の‘ド根性忍 ... » more

バージニア・リー・バートン ‘ちいさいおうち (岩波の子どもの本)’ 第143回(2010年上半期)直木賞受賞作品の‘小さいおうち’は、‘ちいさいおうち’という絵本にインスパイアを受けた作品です。この絵本のは、丘の上に建てられた「ちいさいおうち」が主人公の物語です。主人公である「ちいさいおうち」が ... » more

東野圭吾 ‘流星の絆’ ドラマの再放送を見て原作小説の‘流星の絆’を読んでみました。ドラマは原作より笑えました。宮藤官九朗氏の脚本だからでしょう。‘流星の絆’は洋食屋を経営する夫婦が何者かに殺されてしまいます。残された子どもたちが犯人に復讐を誓うという ... » more

ぼくの宝物絵本 穂村弘 白泉社 歌人の穂村さんが、自分の絵本に対する偏愛を綴ったもの。偏愛・・というと、変態っぽい感じになりますが「愛」は偏って当たり前なので、この「偏愛」という言葉は、私の最大級の賛辞でございます。子どものための・・というよりは、大人 ... » more

ほしよりこ ‘カーサの猫村さん1’ ‘きょうの猫村さん’おなじみの猫の家政婦・猫村さんのもうひとつの奉公先の物語が‘カーサの猫村さん1’です。‘カーサの猫村さん1’の猫村さんの奉公先「カーサブルータス」は実はほとんど実在だそうです。この漫画はどこまでが実話でど ... » more

フジモトマサル ‘いきもののすべて’ タイトルがすべて平仮名になってかえって読みにくいタイトルの漫画の‘いきもののすべて’ですが漢字交じりで「生き物の全て」なんて書くと何の漫画か分からなくなってしまいます。本題の本の説明に戻すと、‘いきもののすべて’はフジモトマ ... » more
テーマ 漫画 は行の作家 フジモトマサル

フジモトマサル ‘こぐまのガドガド’ ‘こぐまのガドガド’は平和な南の島を舞台にした、クマの親子の物語です。この物語の世界観は、ほのぼのとしているなかに、少し不思議な部分があります。‘こぐまのガドガド’は親子の物語、家庭がテーマの漫画です。しかし、この物語に ... » more
テーマ 漫画 は行の作家 フジモトマサル

おっちゃんの備忘録蝉しぐれ
蝉しぐれ なんか読書スランプ中ですが、大変おもしろく読めました。先日の出張である程度は地理の感覚もあり、より楽しめました。関係ないけど、江戸時代の日本人は格好いいなぁ。蝉しぐれ文藝春秋 藤沢 周平 ユーザレビュー:時代小説が苦 ... » more

龍のいるまわり道                 ホーガン死去
ホーガン死去 このところ訃報が続いているが、夫にホーガン死去のニュースを教えてもらった。東京創元社HPSF作家ジェイムズ・P・ホーガン 逝去「SF作家のジェイムズ・P・ホーガンが、現地時間7月12日(月)、アイルランドの自宅で ... » more

はやみねかおる ‘帰天城の謎〜TRICK青春版〜’ 山田奈緒子と上田次郎は「母之泉」事件以前に出会っていた・・・。というのが、GWに公開された映画と同時期に発売された、はやみねかおる氏の‘帰天城の謎〜TRICK青春版〜’の設定です。「青春版」というだけあり、山田さんは中学2年生上 ... » more

古沢良太 ‘ゴンゾウ 伝説の刑事’ 梅雨になると、‘ゴンゾウ伝説の刑事’というテレビ朝日のドラマを思い出します。とはいえ、このドラマに関しては、小説版の方が好きです。主人公の黒木警部補は、かつて捜査一課のエースといわれていましたが、なぜか、備品係でくすぶってい ... » more

「リアル・シンデレラ」 姫野カオルコ リアル・シンデレラ姫野 カオルコ 光文社 2010-03-19売り上げランキング : 1009Amazonで詳しく見る by G-Tools内容紹介誰もが知っている「シンデレラ」の物語。その物語をテーマに文章を書こうとしていた私が紹 ... » more

それは一昨日の晩。いつものように、おとうしゃんからの帰るコール。多少?早いこと以外で、いつもと違うのは「もう皆風呂入った?」って質問があったこと。あっ、そういえば、朝出掛けに「そろそろ虫捕りのシーズンだ。」とか言って ... » more

「絶叫委員会」 穂村弘 絶叫委員会穂村 弘 筑摩書房 2010-05売り上げランキング : 316Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)町には、偶然生まれては消えてゆく無数の詩が溢れている。不合理でナンセンスで真 ... » more

船に乗れ! U 独奏 藤谷治 ジャイブ 1巻のレビューで、「これから、彼は「音楽」という、比類なく美しいものの持つ、残酷さに直面していくのだろう」何て書いちゃったんですが。ドンピシャでした。「美しく在る」という事は、何て難しいんだろうと。音楽という「美」が求めるも ... » more

月曜日。いつもの通り目覚め、朝ごはんを作る為にリビングに下りて、カーテンを開けようとすると。カーテンの下に、なにやら黒い筋が。ええつ!何!?メガネをかけて見るまでもなく、それは蟻の行列がなす1本の黒い筋で ... » more

橋ものがたり  新装版 せっかく記念館にまでいった仲なので、これからぼちぼち読んで行きたいと思います。読書スランプ中だと思ってましたが、このくらいのボリュームだったら全然いけます。橋ものがたり 新装版実業之日本社 藤沢 周平 ユーザレビュー:大好き ... » more

「人魚猛獣説 −スターバックスと私」 穂村弘 人魚猛獣説―スターバックスと私かまくら春秋社 2009-12売り上げランキング : 193333Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明あのメニュー、あのカスタマイズ、あのフレンドリーさ、あのエプロン、あの緑…。人気歌 ... » more

絵本が目をさますとき 長谷川摂子 福音館書店 ブックスタートをしている関係上、時々赤ちゃんを持つお母さんから、読み聞かせの事について聞かれたりします。まだ言葉も離せない赤ちゃんに、絵本を『読む』と言われてもどうしたらいいのか、わからない、とか。絵本って、いつぐらいから読 ... » more

「WILL」 本多孝好 WILL集英社 2009-10-05売り上げランキング : 117670Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明人の想いは死んでなお、愛する人によびかける…。18歳の時に両親を亡くし、家業の葬儀屋を継いだ森野。関わった ... » more

「MOMENT」 本多孝好 MOMENT (集英社文庫)集英社 2005-09-16売り上げランキング : 41343Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明幼馴染みの葬儀屋、森野が紹介してくれた病院で清掃員として働く青年は、その病院で死を目前に ... » more

ヘルマン・ヘッセ ‘車輪の下’ ‘車輪の下’の「車輪」は子どもに対する過度な期待を寄せる大人たちによるプレッシャーの象徴のようです。主人公のハンス少年は村一番の神童として、村中の大人たちから期待されます。さらに、ハンス少年自身も期待に応えるだけの才能の ... » more

フジモトマサル ‘長めのいい部屋’ はじめに断わっておくと、「眺め」ではなく、「長め」です。変化ミスではありません。‘長めのいい部屋’は「長め」と言いながら、中身は「フジモトマサル短編集」です。‘長めのいい部屋’には、OLの羊さんや漫画家志望のライオンさん ... » more
テーマ 漫画 は行の作家 フジモトマサル

ほしよりこ ‘きょうの猫村さん2’ テレビドラマ‘家政婦は見た’のパロディのような‘きょうの猫村さん’には、読者を引き付ける何かがあります。前回ご紹介した‘きょうの猫村さん1’は猫村さんが猫の身でありながら家政婦になるまでと奉公先の複雑な事情が描かれています。 ... » more

ほしよりこ ‘きょうの猫村さん1’ 何かと話題の「きょうの猫村さん」が無性に気になったので、シリーズ第一作目である‘きょうの猫村さん1’を読んでみました。少し読みにくかったです。全編鉛筆書きなのでしょうがないです。それゆえの味があるというものです。‘きょうの猫 ... » more

平山瑞穂 ‘シュガーな俺’ 緩徐進行1型糖尿病をテーマにした小説。これ(↑)が‘シュガーな俺’という小説です。ちなみに、ネタばれになるので、緩徐進行1型糖尿病に関する説明は控えさせていただきます。‘シュガーな俺’は著者である平山瑞穂氏の実体験に ... » more

送り人の娘 廣嶋玲子 角川書店 銀のさじシリーズ うーん。お話の要素としては、結構好きな感じなんです。額に入れ墨を持つ少女・伊予は、送り人の娘。送り人とは、死者の魂を、黄泉の国まで送り届ける人の事。送り人の真由良に育てられた少女・伊予は、ある日禁忌をやぶって、死んでしまった ... » more

「Box! ボックス!」  百田 尚樹 昨日はザブチの卒業式でした。ザブチもこの日はレンタルスーツ!!に身を包み、雨なのでこれ幸いにとばかり、足元は黒のスニーカーで最後の登校。試着した時、あんまり奇妙で散々笑ったせいか、普段Tシャツにジーンズというラフな格 ... » more

『海月姫』 東村アキコ 海月姫(1) (KCKISS)講談社 2009-03-13売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明連載開始とともに、各方面で話題騒然!史上初(?)の「本格腐女子漫画」第1巻が発売です☆独特のセン ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 02:24

「は行の作家」のブログ関連商品

» 「は行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「は行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る