誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    マリノス

マリノス

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: Jリーグ
類似テーマ: マリノス 横浜F・マリノス
テーマ「マリノス」のブログを一覧表示!「マリノス」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「マリノス」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

チームを信じている 〜2018バージョン〜 さて2月。開幕まで24日となった。いよいよ気持ちを高めつつだろうか。漏れ聞こえる情報によると、チームは順調に準備を進めているらしい。横浜に帰ってくれば、トレーニング見学に行きたいし、もちろん、プレシーズンマッチも観戦に行くつもりである。 ... » more

悔しさ、仲間との飲み、戦術理解度、希望と期待 シーズンオフは、どうしてもマリノスサポーター仲間と飲む回数が増える。特に、この時期は新しいシーズンへの期待を語らう機会を求めてしまう。仲間が今どんな心境にいるのか、どのような期待を持っているのか、確認したくなる。飲みに行った。珍しく ... » more

続々々々々々? 横浜人≠ノなる たまたま異動があり、たまたま横浜に住み着いて、今年が20年目となるはずである。赤ちゃんだったお姉ちゃんが大学生ラストイヤーになり、横浜で産まれた下のボクも大学受験の準備をする年頃になった。何度か訪れた異動のチャンス(ピンチ)もスルー ... » more

理想的な30人でシーズン開幕か チームは石垣島での1次キャンプを終えた。このあと、宮崎での2次キャンプが10日間あり、その後は横浜で約2週間のトレーニング。いよいよ開幕、そして奪還のシーズンが近づいてきた。私たちの気持ちの準備も、そろそろ必要かもしれない。いったん ... » more

奪還のシーズン迫る リーグチャンピオンから離れること、14年目のシーズンが間もなく開幕する。毎年、期待値を上げながらも、そこには届かない。届きそうに感じたシーズンは何度も経験しているが、悲願の奪還には届かない。J1は18チームで行われる厳しい舞台である ... » more

家に帰ろう 〜日産と三ツ沢〜 辞書で「Home」の意味を調べると、(生活の場としての)家,わが家,自宅,家,住宅,家庭,家庭生活,生まれ故郷,郷里,本国、とある。マリノスサポーターとしての生活の場≠ヘ日産スタジアムであり、ニッパツ三ツ沢球技場となるのだろう。自分の ... » more

トリコロールフェスタの開催時期を予想するなど 新しいシーズンの幕開けまで1ヶ月、チームも私たちも、ひっそりと力強く、その準備を進める時期である。試合がないのはアレだけど、この時期はマリノスのことを落ち着いて見つめられる貴重な時間でもある。2年連続でバリバリの主力が移籍の道を選ぼ ... » more

日程発表 〜開幕まで1ヶ月〜 昨日、リーグ戦の日程とルヴァンカップGroup Leagueの日程および組み合わせが明らかになった。リーグ戦ではどのチームとも2度対戦するし、ルヴァン予選も今シーズンはHome&Awayで2度対戦するのだから、単に順番がどうなるか、だけであ ... » more

2019年 大阪帰還計画 今年2018年が、横浜に来て21年目、マリノスと出会って12年目になる。なかなかに長く居るような気もする。横浜に居を構えた時は、腰掛けのつもりだったし、いつか故郷の大阪に戻るイメージだったわ。1歳だったお姉ちゃんは来年には大学を卒業する ... » more

チーム・熱さ・サポーター マリノスサポーターになって12年目のシーズンを迎える。天皇杯優勝しか知らなくて、リーグ戦での歓喜は未だ知らないし、ナビスコも準決勝までしか行ったことはない。もちろん目指すはタイトルだが、応援する意義は、それだけでない。究極を言えば、 ... » more

明後日は忙しい   〜日程発表〜 チームは石垣島でのキャンプを開始した。ホントは話題にしたいが、見学に行けない私は、それを書く立場にない。漏れ聞こえる範囲では、とても充実しているようだ。宮崎を経て、横浜に戻ってから、この目で2018年仕様のマリノスを確認してみたいわ。 ... » more

今シーズンは卒業しますか 不思議なことに、主力と呼ばれるプレイヤーが自ら移籍の道を選ぶたびに、チームへの愛着と期待度が高まって来る。2018年のマリノスこそ、横浜のために闘ってくれる意欲を存分に持ったプレイヤーで構成されている気がする。結果や内容は、これから ... » more

移籍、準備、目標設定とか プレイヤーとサポーターの気持ちには乖離があるのだろうか。私たちは、プレイヤー達は皆マリノスを愛していて、トリコロールのためだけに闘ってくれると信じている側面がある。気持ち現れるプレイに歓喜し、得点後に見せる喜びの表現に心揺さぶられ、 ... » more

毎年恒例  〜ブログの辞め時〜 足りなかった2017年シーズンを経て、2018年のマリノスが始動した。トレーニングが始まりキャンプに向かう。3年続いたモンバエルツ体制も終わり、新しい監督を迎えてのシーズンである。この3年でチームを構成するメンバーは大きく変化した。今シ ... » more

ぶち破れ、繋げ  〜マリノスCBの系譜〜 今シーズンより若きCBが2人加入する。マリノスユースから西山大雅、鹿児島城西高校から生駒仁。この世代を代表するプレイヤーである。もちろん、マリノスにCBとして認められるのだから、その能力は言うまでもないのだろう。仲間たちとの遠征のクルマ ... » more

1.17に思う  〜チーム始動日〜 まだマリノスと出会う前、私は大阪に住んでいた。23年前の今日。未明に突き上げるがごとく衝撃に飛び起きた。屋根が落ちて来るんじゃないかと、一瞬、死を覚悟したと記憶している。幸いなことに怪我をおうこともなく、命を長らえている。そこから、 ... » more

明日はチーム始動日 〜何を掴みにいくのか〜 勝つために必要なのは得点であり、負けないために必要なのは失点しないこと。得点を競うスポーツでは、当たり前のことである。勝つために競うのか、負けないために競うのか。やっぱり勝つために、となるのである。チームも私たちも、横浜がいかに勝利 ... » more

新体制発表会に行ってきた  〜掴みに行く〜 仲間と会うたびに交わされる「シーズンあけましておめでとうございます」の挨拶。いよいよ今日からシーズンが始まるという高ぶりと希望を感じさせる。もしかすると、この挨拶を交わし、シーズンへの希望を見出すために、毎年、新体制発表会に足を運んでいるの ... » more

新体制発表会  〜今日がシーズンの始まり〜 シーズン開幕まで約40日、昨シーズンが終わって10日強、来週水曜日からチームは始動する。悔しい思いを経て、メンバーの入れ替わりが顕著にある。短いオフでチームを再構築していかなければならないのは、ちょうど1年前の感覚と似ているかもしれない。 ... » more

いつもの横浜 俗な言葉で「サポーターは移籍しない」というのがある。これは気持ちの持ち方の話であろう。移る人も去る人もいる。実際に、私の知り合いにもいる。マリノスサポーターだけでなくね。まぁ、言葉も考え方も、誰もが100%完璧に一致することはないし ... » more

壮大な片想い 報道は報道として、いったんスルー気味に事に当たりたいとは思う。それにしても、サポーターって無力に近いなぁ、と、いつも感じる。わたし達の思いや気持ちが、チームであったり、プレイヤーに直接的に影響を与えるのは難しい。修行僧がごとく、チームを ... » more

2018年の準備を  〜明日は開幕カード発表〜 ついこの前、シーズンは終わったばかりだが、もう次のシーズンの足音が聞こえてきた。明日は開幕カードが発表され、日曜日にはマリノスの新体制が明らかになる。もう2018年シーズンは始まっていると考えてもよいかもしれない。開幕カードが発表さ ... » more

去年の今ごろ、そして今 去年の今ごろ、わたし達のココロは削られるがごとくであった。ネガティブな報道があり、それに乗っかった他サポ、いや、マリノスサポーターにも居たであろう。なぜか貼られた「チーム崩壊・人気ガタ落ち・降格候補」という三重苦のような前評判、、、 ... » more

わたし的ユニフォームの選び方 マリノスは、つい先日シーズンが終わったばかりだが、今週末には新体制発表会が行われる。2018年シーズンを闘う陣容がほぼ*セらかになる日であり、私たちにとっての元日みたいな感覚だろうか。すでに新しい戦闘服(ユニフォーム)が用意され、 ... » more

外国人プレイヤー  〜結果と成果を〜 現役の韓国代表アタッカーであるユン・イルロク≠フ加入が発表された。入りと出があるのはプロのサッカーチームの常である。出会いと別れを繰り返しながら、チームは先に進んでいく。思い入れのあるプレイヤーが去るけど、また、これから新しい思い入れを紡 ... » more

「花見・はじめまして・あと1歩」 今まで何度も書いているから、ある程度、お馴染みかもしれないが、わたし、大阪生まれの大阪育ち。言葉もイントネーションも、いまだ大阪人が丸出しの感じである。たまたま住んだ横浜で、たまたまマリノスと出会った。2018年が12年目のシーズン ... » more

2010年 2011年を経ての思い 天皇杯決勝が終わり1週間、新体制発表会までも1週間。この僅か2週間がサポーターにとって悲喜交々となるのは、毎度のことである。流出を嘆き、加入にココロが躍る。結果、足りなかったのだから、また次のステップを目指そうというチームの姿勢は、ある意味 ... » more

見え隠れした希望 〜新シーズン迫る〜 「どんなスポーツでも特定のチームを応援するのは、自ら修行の道を歩むようなものである。」確かに、そうなんだ。勝ちの喜び、負けの悔しさ、引分けの呆然、素晴らしい内容のサッカーを楽しみ、上手くいかない時に沈んだ気持ちにさせる。いろんな感情をサッカ ... » more

10日後のこと 〜新体制発表会〜 元日から横浜は、この時期らしい晴天が続いている。新しい年、新しいシーズンに向けて歩み始める気持ちになろう、、、と簡単になるはずもなく、、、リーグ戦で希望を感じようが、変わりゆくチームに未来を予感しようが、いくら決勝戦らしい濃密な試合 ... » more

[観戦雑記]第97回天皇杯決勝 横浜F・マリノスVSセレッソ大阪 〜泣けないわ〜 12/23 準決勝に勝ってからの高揚、試合前日のむず痒い心境、スタジアムについた時の高ぶり、チャントを聞いた時の震え、プレイヤー達が出て来た時の祈るような気持ち、、、これぞ、まさに決勝に挑む2チームのサポーターのみが味わえる心境だった。 ... » more

 

最終更新日: 2018/06/22 17:31

テーマのトップに戻る