誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    神話

神話

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「神話」のブログを一覧表示!「神話」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「神話」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「神話」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

・ガイア(ギリシア)大地の女神。原初の女神。神々と怪物の母。万物の母。子や孫の神々をかわるがわる溺愛し、次々と諍いを引き起こす一方で、新たな生命を生み出すところからは、母性に対する原初的な畏怖が見て取れる。それを ... » more
テーマ 宗教 神話

・ゼムリャー・マーチ(スラヴ)大地の母神。父なる天と一対のものと考えられていた。天父地母型という。似たものとして、ギリシャのウラノス(天空)とガイア(大地)、インドのディヤウス(天空)とプリトヴィー(大地)などがある。 ... » more
テーマ 宗教 神話

・イズー(ケルト・アーサー王物語)トリスタンとの悲恋・不倫の物語が、12〜13世紀のフランス語などによって伝わっている。マーク王の妻となるが、その甥・トリスタンと「愛の媚薬」を飲み、恋に落ちる。イズーは世襲の「魔法使い」であ ... » more

神話紹介 ギリシャ神話 ギリシャ神話とは、ギリシャの古代の神話を総称しているもので、「ギリシャ神話」という書物があるわけではありません。日本ではアポロドーロスの本が「ギリシャ神話」として出版されていますが、この本の原題は「ビブリオテーケー」。そ ... » more
テーマ 精神世界 神話

デュメジルは、ブリハスパティをはじめとする一般的なバラモンが「ミトラに属するバラモン」であるならば、ウシャナスは「ヴァルナ的なバラモン(brahmane varunien)」であるとして両者を対比させ、ウシャナスの力を、ヴァ ... » more
テーマ 宗教 神話

以上の分類について、まずどのような者が呪術を行うかを見てみると、全四二例のうち、聖仙・バラモンが二八例、王族(王・王妃)が三例、神・女神が九例、アスラが一例、蛙が一例、となっている。聖仙・バラモンが圧倒的に多く呪 ... » more
テーマ 宗教 神話

D蘇生1 聖者ルルは死んだ妻を生き返らせたいと願うが叶えられない。自分の寿命の半分(aayuso ardha)を妻に与えて蘇らせる。 (1, 9, 15)2 アスラのイルヴァラが死んだ者に呼びかけると、その者 ... » more
テーマ 宗教 神話

B行動の制限・強要・変化1 ブリグ仙が、羅刹に彼の妻の素性を明かした火神に激怒して(paramamanyumat, abhikruddha)、「なんでも食うものになれ(sarvabhakso bhavisyasi)」と言 ... » more
テーマ 宗教 神話

A死・怪我・病などの宣告1 バラモンのウッタンカがパウシャ王を、「私に不浄な食物を出したから、あなたは盲目となるだろう(yasmaan me asucyannam dadaasi tasmaad andho bhavisya ... » more
テーマ 宗教 神話

以上にみてきたように、『マハーバーラタ』においてウシャナスは三つの呪術を用いている。第一に、「ここに戻って来い」と言うことで死者を生き返らせる、蘇生の術。第二に、異なる身分(種姓(ヴァルナ))の者同士の結婚に対し、その罪 ... » more
テーマ 宗教 神話

『マハーバーラタ』におけるウシャナスの第二の話は、彼の娘デーヴァヤーニーがアスラ王の娘と諍いを起こしたことを契機として、アスラ王がウシャナスに全財産を譲り渡す話である。ある時、アスラの王ヴリシャパルヴァンの娘シャルミ ... » more
テーマ 宗教 神話

このようにしてカチャは蘇生の術を手に入れた。ところが、神々の住処に帰ろうとするカチャをデーヴァヤーニーが引きとめ、自分と結婚してくれるように頼んだ。カチャは、「あなたは師の娘で、私にとって目上の方ですから結婚することはで ... » more
テーマ 宗教 神話

『マハーバーラタ』には、ウシャナスを中心とする神話が三つある。第一の、そして最も重要な話は、死者を蘇らせる「蘇生の術」をブリハスパティの息子カチャに伝授するいきさつを語るものである(3)。神々とアスラたちとの間に、三界の ... » more
テーマ 宗教 神話

この記事は、2009年の沖田の論文(『人文研紀要』第66号、中央大学人文科学研究所、259−280頁)を、再編集したものです。ヴェーダ神話の至高神ヴァルナの孫にして、聖仙ブリグの息子であるカーヴィヤ・ウシャナスは、『 ... » more
テーマ 宗教 神話

J. B. ラッセルによると(14)、世界の宗教において悪魔と豊穣や多産性との結びつきは不自然であるどころかむしろ普通に認められる現象である。悪魔たちは多くの場合地下の世界を住処としているが、地下は豊穣の象徴であり、そこから ... » more
テーマ 神話

「悪魔」に類する存在が珍しい財宝を持っているという話は、日本の鬼だけでなく、イギリスの昔話などにも認められる。「巨人殺しのジャック」では、ジャックは三頭巨人を退治して、それを着たものの姿が見えなくなるコート(かくれ蓑)と、そ ... » more
テーマ 神話

わが国の鬼には、アスラなどインド・ヨーロッパ語族の「悪魔」と似た性質が認められる部分があるように思われる。吉田敦彦は「鬼からも福を得る多神教の知恵」において(10)、日本の狂言や伝承などの中で、鬼が人間に富を与える役割を果た ... » more
テーマ 神話

北欧ゲルマンの神話においては、神々の永遠の闘争相手として悪魔的巨人族が存在し、第三機能グループとしては、ヴァン神族がある。ところがこの二つのグループは、強い類縁性を持っているように思われる。ヴァン神族の代表であるニョルズ ... » more
テーマ 神話

『マハーバーラタ』においてアスラの化身とされるカウラヴァ百兄弟においても、パーンダヴァの憎まれるべき宿敵という立場のほかに、豊穣の機能との繋がりが認められる。例えばカウラヴァ百兄弟の長男ドゥルヨーダナは、クルクシェートラ ... » more
テーマ 神話

デュメジルは、北欧神話における上記Aの戦い(一つ前の記事参照)、すなわち神々と悪魔的巨人の闘争「ラグナロク」を、『マハーバーラタ』の大戦争と比較している。クルクシェートラの戦争で互いに殺し合い、ほんの数名の戦士しか生き残らな ... » more
テーマ 神話

1第一機能・第二機能と、第三機能の集団デュメジル(G. Dumezil)によれば、インド・ヨーロッパ語族に特徴的な三つの機能(第一機能:聖性、第二機能:戦闘、第三機能:生産性)のうち、上位二機能と第三機能は元来対立関係に ... » more
テーマ 宗教 神話

この記事は、2010年の『人文研紀要』(第68号、中央大学人文科学研究所、289−310頁)に掲載された論文を、編集したものである。インド神話において、神々(deva)の闘争相手としてアスラ(asura)という神的集団が ... » more
テーマ 宗教 神話

2ソーマカ王説話とハイヌヴェレ型神話ソーマカ王が百人の息子を得るために大切な一人息子を犠牲にしたというこの話は、ドイツの民族学者イエンゼンによって分析された、「ハイヌヴェレ型」と呼ばれる神話と比較することによって、そ ... » more
テーマ 神話

この記事は、『神話・象徴・文化』U(楽浪書院、2006年)に掲載された同じタイトルの論文を、再編集したものです。1ソーマカ王説話『マハーバーラタ』の第三巻には、ソーマカという王が、多くの息子を得るために自分の一人息子 ... » more
テーマ 神話

以上に、日本、台湾、中国、ルーマニア、インド、チベット、エジプトの連続変身説話を取り上げてきた。それぞれの連続変身の順序をまとめてみると、次のようになる。 〈日本花咲爺〉犬→(殺害)→松の木→臼→灰→(枯れ木に花が咲く) ... » more
テーマ 神話

連続変身の話は、インドよりさらに西にも認められる。エジプトの、アヌプとバタの兄弟の話である。 バタ説話(エジプト)昔、エジプトにアヌプとバタという名の兄弟がいた。兄のアヌプは家を持っていて、妻もいた。弟のバタは兄の家 ... » more
テーマ 神話

この記事は、2013年の中央大学人文研紀要に掲載された論文を再編集したものです。 誰もが知っている昔話の「花咲爺」。この話は、実は日本独自の話ではなく、様々な地域から複層的な影響を受けて成立した話であることが、古川の ... » more
テーマ 神話

お世話になっている渡邉浩司先生が編集された、アーサー王物語の研究書です。中央大学出版部より最近刊行されました。同書に収められている、渡邉先生の「ゴーヴァンの異界への旅」を読んで、眠れなくなるほど高揚しました。12世紀のク ... » more
テーマ 読書 神話

神話紹介5 ヴィリーナ 「ヴィリーナ」を知っている人はほとんどいないでしょう。これはロシアの民話です。通常、どちらかというと神話というより民話(フォークロア)扱いされているものです。元々は歌として流布していたものを、レコードにしたり、本にしたりして ... » more
テーマ 精神世界 神話

前の記事で、タイの上座仏教の長老が著した『「忙しい」を捨てる』を取り上げました。この本の中で、サンスクリット語における、「時間」を表す言葉についての記述がありました。「時間」を表す言葉に二種類あり、ひとつは「カーラ」。こ ... » more
テーマ 宗教 読書 神話

 

最終更新日: 2017/02/18 09:18

「神話」のブログ関連商品

» 「神話」のブログレビュー をもっと探す

「神話」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る