誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    神話

神話

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「神話」のブログを一覧表示!「神話」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「神話」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「神話」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「殺される(女)神」ハイヌウェレの要素が、インド神話のソーマに認められることがロンメルによって指摘されている。ここでは、ソーマとは何かを概観し、ハイヌウェレ的要素がどのように表れているのか、見ていきたい。『リグ・ヴェーダ ... » more
テーマ 宗教 神話

インドのブラーフマナ文献『カータカ・サンヒター』において、インドラが鷲に変身して奪い去るものは、不死の飲料アムリタであった。北欧の神話においては、オージンが鷲に変身して盗んでくるのは、それを飲む者は誰でも詩人になれるとい ... » more
テーマ 宗教 神話

ソーマとマドゥインド最古の宗教文献『リグ・ヴェーダ』においてソーマは、マドゥ(madhu)(蜜)であるとも言われる。マドゥという語は非常に古く、印欧祖語に遡ることができる。ソーマは、鷲によってもたらされたと神話は語る ... » more
テーマ 宗教 神話

7月2日、異類婚をテーマにした国際日本学シンポジウムに行ってきました。篠田知和基先生が最初に講演をされました。メリュジーヌから世界中の異類婚を比較した、興味深いご講演でした。異類婚がなぜ行われるのかという疑問を提示され、そこ ... » more
テーマ 宗教 日記 神話

・リータ・スキーター新聞記者。神話的には、トリックスターの末裔。売れれば何でもいい、というポリシーのもと、人々の人生を記事によって滅茶苦茶にしてきた。ご自慢の「自動速記羽根ペンQQQ」によく表れているように、文字 ... » more
テーマ 宗教 神話

・フレイヤ(ゲルマン)豊穣・愛の女神。恋人のオーズを探して長い旅をし、流した涙が黄金となった。戦死者の半分はフレイヤのものと言われ、女神における生と死の両義性が見て取れる。浮気な愛の女神という点では、メソポタミア ... » more
テーマ 宗教 神話

神話紹介9 インド神話 マハーバーラタ インドの神話はリグヴェーダなど、何とかベーダというものが様々ありますが、はっきりと読み解く上で役に立つ神話は「マハーバーラタ」」の中に紛れています。私が解読したのもこの中から。「マハー」というのは「偉大」とか「大きい ... » more

閲覧注意 衝撃的な画像が含まれています ファチマ大予言。(著者鬼塚五十一(ISOICHI ONIZUKA))1981年に出版。ファチマの予言をご存知の方もおられると思いますが、知らない方は下記URLから。https://ja.wikipedia.org/w ... » more
テーマ 神話

神話紹介8 メソポタミア神話 メソポタミア文明というのは中東にあったかつての複数文明の総称です。アッカド、シュメール、ヒッタイト、ウガリットなどなど。ギルガメシュ叙事詩もここに含まれます。ただし、シュメール版とアッカド版があり、アッカド版の方は新しく ... » more
テーマ 精神世界 神話

ホームページ更新 神々の正体 「神々の正体(神社に住む神々とは何か世界中の信仰の対象である神々とは何か)」日本には宗教はないのか?無宗教と言われていますが、正月になると総国民が神社に押し寄せています。これを信仰と言わずして何というのでしょう。 ... » more

神話紹介7 アフリカ神話 「アフリカ神話」という言葉には聞きなれないものがあることでしょう。ギリシャ神話とか、メソポタミア神話という言葉を聞いたことがあるとしてアフリカ神話というのはあまり聞かないものです。なぜかというとアフリカの文明は極度に衰退 ... » more
テーマ 精神世界 神話

・バステト(エジプト)母神。王母、乳母の女神である一方で、危害を加える女神でもあるという二面性を持つ。初期には雌ライオンの姿をしていたが、のちに猫の姿、あるいは猫の頭部を持つ人間の姿で表されるようになる。 ... » more
テーマ 宗教 神話

・ロウヒ(フィンランド・カレワラ)ポホヨラの女主人。ポホヨラとは、荒涼たる異境、あるいは冥府。疫病をつかわしてカレワの民を滅ぼそうとする。太陽と月を盗み、ポホヤの山中に隠し、世界を闇にする。私見によればこの話は、スサノヲ ... » more
テーマ 宗教 神話

・シワコワトル(メソアメリカ)蛇女神。大地女神。戦闘女神。大きく開いた口からは歯がむき出しになっており、一方の手には織り物の道具、他方の手には鷲の羽の盾を持った勇猛な女戦士の姿をしている。若く美しい姿であることも、 ... » more
テーマ 宗教 神話

・パパ(ポリネシア)大地母神。天空神ランギと対をなす。天父地母型。パパとランギははじめ抱き合っていたが、子供の神であるタネが両者を引き離した。このような天地分離の話はエジプトにもある。天空の女神ヌトと大地の男神ゲブははじ ... » more
テーマ 宗教 神話

・ガイア(ギリシア)大地の女神。原初の女神。神々と怪物の母。万物の母。子や孫の神々をかわるがわる溺愛し、次々と諍いを引き起こす一方で、新たな生命を生み出すところからは、母性に対する原初的な畏怖が見て取れる。それを ... » more
テーマ 宗教 神話

・ゼムリャー・マーチ(スラヴ)大地の母神。父なる天と一対のものと考えられていた。天父地母型という。似たものとして、ギリシャのウラノス(天空)とガイア(大地)、インドのディヤウス(天空)とプリトヴィー(大地)などがある。 ... » more
テーマ 宗教 神話

・イズー(ケルト・アーサー王物語)トリスタンとの悲恋・不倫の物語が、12〜13世紀のフランス語などによって伝わっている。マーク王の妻となるが、その甥・トリスタンと「愛の媚薬」を飲み、恋に落ちる。イズーは世襲の「魔法使い」であ ... » more

神話紹介 ギリシャ神話 ギリシャ神話とは、ギリシャの古代の神話を総称しているもので、「ギリシャ神話」という書物があるわけではありません。日本ではアポロドーロスの本が「ギリシャ神話」として出版されていますが、この本の原題は「ビブリオテーケー」。そ ... » more
テーマ 精神世界 神話

デュメジルは、ブリハスパティをはじめとする一般的なバラモンが「ミトラに属するバラモン」であるならば、ウシャナスは「ヴァルナ的なバラモン(brahmane varunien)」であるとして両者を対比させ、ウシャナスの力を、ヴァ ... » more
テーマ 宗教 神話

以上の分類について、まずどのような者が呪術を行うかを見てみると、全四二例のうち、聖仙・バラモンが二八例、王族(王・王妃)が三例、神・女神が九例、アスラが一例、蛙が一例、となっている。聖仙・バラモンが圧倒的に多く呪 ... » more
テーマ 宗教 神話

D蘇生1 聖者ルルは死んだ妻を生き返らせたいと願うが叶えられない。自分の寿命の半分(aayuso ardha)を妻に与えて蘇らせる。 (1, 9, 15)2 アスラのイルヴァラが死んだ者に呼びかけると、その者 ... » more
テーマ 宗教 神話

B行動の制限・強要・変化1 ブリグ仙が、羅刹に彼の妻の素性を明かした火神に激怒して(paramamanyumat, abhikruddha)、「なんでも食うものになれ(sarvabhakso bhavisyasi)」と言 ... » more
テーマ 宗教 神話

A死・怪我・病などの宣告1 バラモンのウッタンカがパウシャ王を、「私に不浄な食物を出したから、あなたは盲目となるだろう(yasmaan me asucyannam dadaasi tasmaad andho bhavisya ... » more
テーマ 宗教 神話

以上にみてきたように、『マハーバーラタ』においてウシャナスは三つの呪術を用いている。第一に、「ここに戻って来い」と言うことで死者を生き返らせる、蘇生の術。第二に、異なる身分(種姓(ヴァルナ))の者同士の結婚に対し、その罪 ... » more
テーマ 宗教 神話

『マハーバーラタ』におけるウシャナスの第二の話は、彼の娘デーヴァヤーニーがアスラ王の娘と諍いを起こしたことを契機として、アスラ王がウシャナスに全財産を譲り渡す話である。ある時、アスラの王ヴリシャパルヴァンの娘シャルミ ... » more
テーマ 宗教 神話

このようにしてカチャは蘇生の術を手に入れた。ところが、神々の住処に帰ろうとするカチャをデーヴァヤーニーが引きとめ、自分と結婚してくれるように頼んだ。カチャは、「あなたは師の娘で、私にとって目上の方ですから結婚することはで ... » more
テーマ 宗教 神話

『マハーバーラタ』には、ウシャナスを中心とする神話が三つある。第一の、そして最も重要な話は、死者を蘇らせる「蘇生の術」をブリハスパティの息子カチャに伝授するいきさつを語るものである(3)。神々とアスラたちとの間に、三界の ... » more
テーマ 宗教 神話

この記事は、2009年の沖田の論文(『人文研紀要』第66号、中央大学人文科学研究所、259−280頁)を、再編集したものです。ヴェーダ神話の至高神ヴァルナの孫にして、聖仙ブリグの息子であるカーヴィヤ・ウシャナスは、『 ... » more
テーマ 宗教 神話

J. B. ラッセルによると(14)、世界の宗教において悪魔と豊穣や多産性との結びつきは不自然であるどころかむしろ普通に認められる現象である。悪魔たちは多くの場合地下の世界を住処としているが、地下は豊穣の象徴であり、そこから ... » more
テーマ 神話

 

最終更新日: 2017/11/22 09:17

「神話」のブログ関連商品

» 「神話」のブログレビュー をもっと探す

「神話」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る