誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    源義経

源義経

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「源義経」のブログを一覧表示!「源義経」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「源義経」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「源義経」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

源義経 奥州へ旅の立ち地 首途(かどで)八幡宮へ 越後家多齢堂を出て、今出川通りを西に進み、智恵光院通り少しだけ北に上がると、鳥居が見えて来ました。牛若丸(後の源義経)が奥州平泉の 藤原秀衡 ( ふじわらひでひら ) のもとへ出発するにあたり、道中安全を祈願したという伝説で知られる、首途八 ... » more
テーマ 西陣 源義経 首途八幡宮

【敗者烈伝】作家・伊東潤 源義経(下)武士たちの望みを見誤る 産経新聞で作家の伊東潤さんが日本史の敗者に光を当てる素晴らしい歴史エッセーを連載しています。源範頼の進軍停滞に業を煮やした頼朝は、元暦2(1185)年2月、義経を許して西国へと向かわせた。ここからの義経の手際は見事である。屋島の戦い ... » more
テーマ 歴史 源義経

産経新聞で作家の伊東潤さんが日本史の敗者に光を当てる素晴らしい歴史エッセーを連載しています。源義経は平治元(1159)年、義朝の九男として生まれた。幼名を牛若丸、仮名(けみょう)を九郎という。12歳上の異母兄に頼朝がいる。平治の ... » more

日本史の「発明発見」09 不憫な奴は死なせない なに、「死んでも生きている」って?・・・別にフランケンシュタインやゾンビのお話ではありません。実は、「その時死んだ」ことが歴史の定説になっているにもかかわらず、「いや、奴サンは実は死んではいなかったのだ」と伝承される人物が、 ... » more
テーマ 怨霊信仰 明智光秀 源義経

日本史の「忘れ物」17 義経の常識のかけら その多くはドラマなどで創られたものでしょうが、現代人が抱く平均的な源義経(1159-1186年)のイメージといえば・・・頭も良くイケメン、かつ天才的な武将、さらには運動神経も抜群で、その上に悲劇性も漂わせた超スーパーヒーロー・・ ... » more

源義経が自害した日。立ち往生した弁慶はどのぐらいの敵と戦ったの? ●●●●●★歴史★●問題:西暦1189年の今日、6月15日。和暦では文治5年閏4月30日。源義経が衣川で自害しました。満30歳ぐらいでの死です。■義経を自害に追いやったのは奥州藤原氏の泰衡(やすひら)です。義経を保護してきた秀衡(ひ ... » more

日本史の「言葉」09 奢る義経も久しからず 世の古今東西を問わず、「驕り」が原因となって我が身を滅ぼすことは珍しいことでもなく、〜奢る平家は久しからず〜という言葉は現代にも伝わっています。確かに一時期の平家は栄耀栄華を極めました。ところが、敵方に源義経(1159− ... » more
テーマ 奥州藤原氏 源義経 平家滅亡  トラックバック(2)

牛若(源義経)誕生の地を訪ねて 京都市北区の大徳寺の周辺には、牛若(後の源義経)やその母である常磐御前の史跡が点在しており、散策に訪れました。大徳寺前バスを下車して、最初の訪れたは、常槃井です。「常盤化粧井」とも呼ばれ、常盤御前が化粧に用いた井戸といわれて ... » more
テーマ 常磐御前 源義経 平清盛

奥州藤原氏四代(清衡・基衡・秀衡・泰衡)のミイラについて、あまり詳しいことは分かっていないようだ。まず、自然にミイラになったものか、それとも意図があって人工的にミイラにしたものか、この基本的なことについても意見が分かれている ... » more
テーマ 奥州藤原氏 源義経 キリスト教  トラックバック(1)

ヤジ馬の日本史「美貌の履歴書」と義経
「美貌の履歴書」と義経 昔も「ミスコンテスト」もどきの催しはあったようだ。それは選りすぐりの召使いを集めるためのもので、その応募者の中に「抜群の器量良し」で大きな評判になった女性がいる。どんな経緯があったものか、ともかくその「美貌」が源義朝の目に留 ... » more
テーマ 源義朝 源義経 常盤御前  トラックバック(1)

丹沢山麓日記 ヤエムグラ/ナツトウダイ(夏燈台)/一人静 丹沢山麓日記ヤエムグラ/ナツトウダイ(夏燈台)/一人静『やえむぐらしげれる宿のさびしきに人こそ見えね秋は来にけり』昔、百人一首をやったことのある方は、ご存知のように、恵慶(エギョウ)法師の歌です。ぼくも昔、少し百人一首をやっていましたが、「 ... » more
テーマ 秦野市 源義経

何度も繰り返し書いていますが、日本人の道徳心の源泉は「武士道」にあります。これは主に江戸時代に磨き上げられ、完成されたものですが、当の江戸時代の武士達は武士の理想像、好ましい主従のあり方を鎌倉時代に求めていたそうです。いわゆる「いざ鎌倉」が ... » more
テーマ 北条時宗 北条時頼 源義経

海音寺潮五郎さんの『武将列伝』復活が間近に迫ってきました。これは海音寺潮五郎さんが史伝を本格的に執筆することになった記念すべき作品、代表作中の代表作です。既にお気づきの方も多いと思いますが、今回は第1巻が『武将列伝 源平篇』と命名されること ... » more
テーマ 源頼朝 源義経 悪源太義平  コメント(2)

ネットの世界に"Google八分"という言葉があります。みなさんご存知と思いますが、これは検索エンジンの代表格であるGoogleを例に出して、検索結果から特定のサイトが締め出されて表示されなくなってしまうことを「村八分」に掛けて表現したもの ... » more

何度か説明していますが、私は海音寺潮五郎さんのネット上での知名度を向上させるために、ここで地道な活動を続けています。最近はブログ人口の増加に対応するため、検索エンジンでもブログのみを対象とした検索機能を提供しているところがあり、例えばYah ... » more

個人的なことですが、日本語の入力環境をMS-IMEからATOKに変更しました。これまで、このBlogの記述はお馬鹿なMS-IMEのせいで散々苦労してきましたが、今後はもう少し楽になるのではないかと期待しています。ここのBlogのレポ ... » more
テーマ チンギスハン 源義経 弁慶

絶版になってしまった本を紹介しても仕方ないのかもしれませんが、またどこかで復刻される可能性もあるので、頑張っていってみましょう。みなさんは、悪源太義平をご存知ですか?海音寺潮五郎さんの「武将列伝 (1)」の栄えある1番目に紹介さ ... » more
テーマ 源頼朝 源義経 悪源太義平

何時半次郎のKenBunLog中尊寺 金色堂
中尊寺 金色堂 平泉の中尊寺「金色堂」を訪れた。ここに奥州藤原氏の清衡・基衡・秀衡公のご遺体と泰衡公の御首が安置されている。昨年は、「源義経夢の跡探求地図」の発行で何度も訪れた平泉であったが、一度も金色堂を目にすることは無く1年が過ぎた。 ... » more
テーマ 源義経 旅行

長者ヶ原廃寺跡 伝金売吉次屋敷跡 −衣川村− 義経の最期と平泉の終焉につき、10月のツアーに参加したわけですが、10月が多忙で埋め尽くされたことによりアップできずに・・・んでもって今さらながら画像を見るとなかなかいい部分が雨画像で・・・陣ヶ丘は、「月の輪形池」もありますし、藤 ... » more

日本中央の碑 -青森県・東北町- 青森県東北町に「日本中央の碑歴史公園」があり、ここに「日本中央の碑つぼのいしぶみ保存館」というのがある。国道4号線沿いで、野辺地の海岸は何キロも離れていない。義経北行伝説ツアーで、この公園前の道を通ったのであったが、保存館の建物の ... » more

龍飛埼 −青森県・津軽半島− いよいよ「龍飛埼」にやってまいりました。風の強いということで有名な・・・と思いきやほぼ無風。名物発電風車も1基しか回っておりませんでした。しかし、津軽海峡の海流は激しい。さすがに大間ではマグロが捕れるわけです・・・とそのイメー ... » more
テーマ 源義経 旅行

龍馬山 義経寺 −青森県・三厩村− 厩石の道を挟んだ隣の山の上に「龍馬山義経寺」がある。厩石の三頭の龍馬に乗って義経と弁慶、そして亀井六郎が海峡を渡ったとされている。さて、義経寺はもと「龍馬山観音堂(真言宗)」という小さな寺でしたが、寛文7年(1667)円空上人が観 ... » more

今朝の萌えみくじ・・・・・吉、家族に何か良い知らせがあるようだ。う〜ん、可もなく不可もなく? 脳年齢はDS交換のため無理です。萌えみくじフサイト「少女義経伝」で人気投票の結果が発表されていました。主人公(というかメインヒロイン)は番 ... » more

bloomoon〜長い間〜だらだら火曜日
今朝の萌えみくじ・・・・・中吉、みんなに必要とされていることを実感できる日になりそうです。だといいけどねぇ〜・・・・・まぁ、中吉だから悪くないっしょ。強いだけの者はいる。美しいだけの者もいる。しかし、強くて美しいのはこの私だけ・・・ ... » more
テーマ 源義経 大学

bloomoon〜長い間〜ブログ強化〜
今朝の萌えみくじ・・・・・家族に何か良い知らせがあるようだ。自分じゃないんですか、そうですか・・・・・二日連続那須与一、扇の的はあまりに有名。少女義経伝では・・・・・メガネがないと狙いがつかないとかでピンチだったような・・・・・昨日 ... » more
テーマ 仕事 源義経 大学

仙台の小学校の遠足は、なぜか平泉だった。おかげさまで40回は奥州平泉に行っている。平泉といえば藤原3代と金色堂が有名だがもう一人、今大河ドラマの主人公義経だろう。この間行ってきた鳴子温泉には奥州に逃げる、義経が鳴子に滞在した際、弁慶がこけし ... » more
テーマ チンギスハン 源義経

 

最終更新日: 2016/12/03 17:36

「源義経」のブログ関連商品

» 「源義経」のブログレビュー をもっと探す

「源義経」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る