誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    尾瀬

尾瀬

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「尾瀬」のブログを一覧表示!「尾瀬」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「尾瀬」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「尾瀬」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

大学時代の4年間、夏休みの2か月を尾瀬のアルバイトで過ごしたことは、何度か書いたかもしれない。7月半ば、大学の講義が終わるタイミングで尾瀬に入った。主な仕事は、客が出ていった後の部屋掃除、客の部屋案内、その他雑事あれこれ ... » more
テーマ 天気 尾瀬

ワン爺の独り言(2017年7月21日)言うまでもありませんが、「まっすぐ進む」とは目的地を変えないと言うことです。しかし、多くの人は目的を変えるために、目的地に到達しないのです。http://www.geocities.jp/srk ... » more
テーマ 目的地 尾瀬 まっすぐに進む

環話§蓮始開〜七十二候〜小暑 小暑の次候“蓮始開(はすはじめてひらく)”である。そういえば、デン・ハーグの町を歩いていた時に、ふと遊歩道の横を流れる運河を見下ろしたら、こんなのが咲いていた。白いのはスイレンだろうが、黄色いほうは“コウホネ”と ... » more

尾瀬 尾瀬ヶ原 2017年7月4日(火)〜5日(水)、山小屋一泊で尾瀬に行ってきました。折しも台風3号が九州に上陸し、関東地方に接近する騒ぎ、しかも梅雨前線が南東北に停滞し、福島県、新潟県では避難勧告が出ている始末。当然ながら1日目は雨。2 ... » more

尾瀬ケ原 鳩待峠に着くと当日の至仏山山開きの準備中でした。(7/1)頂上付近に雪が残る至仏山山開き会場鳩待峠スタート直後は小雨模様でしたが、途中尾瀬ヶ原で折り返すころから雨が強くなりました。山の鼻 ... » more

尾瀬沼U 昼の休憩後、尾瀬沼ビジターセンターから大清水へ登りです。(6/30午後)長蔵小屋売店シラネアオイミツバノバイカオウレンサンカヨウタカネザクラタテヤマリンドウ尾瀬沼の先は燧ケ岳ウ ... » more

尾瀬沼T 山の駅御池からシャトルバスで約20分でまず沼山峠休憩所に到着しました。周囲にはまだ雪が残っていました。そこから大清水まで11.2Km6時間の予定でしたが、今回は尾瀬沼ビジターセンターまで前半のハイクの報告です。季節が ... » more

浮き草の道草夏の思い出
尾瀬に行ってきました。有名なミズバショウの時期はほとんど終わっていて、ぽつぽつと咲き残っている程度でしたが、その他のめずらしい湿性植物がいっぱい咲いていました。それらの花をじっくり見ながら、尾瀬らしい広々とした湿原風景を堪能してきました。 ... » more
テーマ 音楽 尾瀬 叙情曲

軟弱ウォーカー水芭蕉 尾瀬
水芭蕉 尾瀬 関西から尾瀬に行くには結構大変です北関東、群馬県、栃木県、いったいどのあたりなの!!関西人にとってはちょっと苦手なあたり関東の人が島根、鳥取??という感じかなぁいずれにしても、あこがれの尾瀬へ行ってきました東京からバ ... » more

遊話§一日一句〜おずおずと泳ぐ魚影〜 季語は・・・岩魚尾瀬ヶ原 六兵衛堀の 岩魚かな【去年の今日】天話§日没時刻は19時1分となり ... » more
テーマ 俳句 尾瀬 自然

大雪の次候“熊蟄穴(くまあなにこもる)”である。尾瀬に行ったのは一昨日秋のこと。最終日に尾瀬ヶ原から裏燧林道を経由して檜枝岐に向かって歩き始めたのは、早朝6時半過ぎのこと。晩秋の装いとなった尾瀬の平日朝は、同じ方向に向か ... » more

今年最後の尾瀬に こんにちは そしてさよなら おやすみショパン 〜心地よい眠りのための、ショパンメドレー〜 10月の終わりに水上に宿が予約してあった北海道の旅のように間際になって孫の「お迎えはいいです」といきなり言われて大慌てて宿を探して ... » more

詩話§一日一句〜晩秋の尾瀬で〜 季語は・・・リンドウリンドウや 空の青さに 手を伸ばし【去年の今日】週話§日曜草々〜鍋物の季節到来ですね〜 ... » more
テーマ 俳句 尾瀬

繰話§尾瀬に行けぬまま 尾瀬では間もなく山小屋が閉まり始めて、半年の冬ごもりを迎える。残念ながら今年は上山することができないままにシーズン終了となってしまった。4月から8月までは週2日の仕事があったので、合間を縫ってというわけにはいかなかったし ... » more
テーマ 老化 尾瀬 私事

尾瀬 〜長英新道で燧ヶ岳へ〜 2016年9月9日(金)〜10日(土)、山小屋一泊で尾瀬に行ってきました。1日目、御池駐車場〜(燧裏林道)〜(段吉新道)〜見晴〜沼尻〜尾瀬沼2日目、尾瀬沼〜(長英新道)〜燧ヶ岳(俎ー)〜御池駐車場というコースを歩きま ... » more
テーマ 尾瀬 登山 燧ヶ岳

尾瀬・・3 尾瀬ヶ原2 *尾瀬ヶ原には、様々な草花が咲いています。まずは、印象的な白樺の木があちこちに見受けられ、高原によく似合います。下の緑は、よく茂ったシダです。*ニッコウキスゲの花、群生地がある ... » more

尾瀬・・2 尾瀬ヶ原 *早朝、AM2.:30起床しSAからすぐの沼田ICで降り、120号線を日光方面へ鎌田交差点から401号線経由し約1時間強で駐車場の「戸倉」へ到着。始発のバスが4:40で、ちょっと早 ... » more

季語は・・・岩清水岩清水 喉潤して 峠越え【去年の今日】詩話§一日一句〜約束の栗の木〜2015.7.6 ... » more
テーマ 俳句 尾瀬

5/30富士見林道歩きでアヤメ平 2016(H28).5.30 快晴、好展望のアヤメ平から、万感の想いで下津川山・小沢岳を望む早朝の富士見下登山口(林道ゲート)から富士見峠へ、通い慣れた林道、軽装で足取り軽く進む ... » more

テレビや新聞が、空港で日本に帰国した旅行者のインタビューや、高速道路が渋滞している模様を空撮するという、お約束のニュースが流れるのを毎年のように自宅で眺めているうちにゴールデンウィークが終わる……これもお約束なのである。 ... » more
テーマ 報道 尾瀬 連休

空話§2015年12月の天気模様を振り返る 12月に東京の天気がどうであったのか、振り返っておくことにする。このリンクで日付をクリックすることで、各々の日のアメダスを確認でき、より詳細な気象状況をチェックしていただければと思う。最低気温が5度以下になったのは10日 ... » more
テーマ 天気 尾瀬

懐話§尾瀬草紅葉[索]全連載リンク紹介 [承前]2か月半かけた尾瀬行連載が終わった。個人的に思い入れの強い旅だったから、相当にセンチメンタルな部分があったのは否定できない。というわけで、索引的に連載全部のリンクを貼っておくことにする。全編を通じ写真多め ... » more
テーマ 尾瀬 尾瀬ヶ原

懐話§尾瀬草紅葉[補]カメラのお話 [承前]今回の尾瀬行で持って行ったデジカメは、2008年に購入したコンパクト・タイプである。フィルム・カメラの時代に一眼レフを持っていたことはあったけれど、携帯するのに大きすぎた結果、もっぱらコンデジを使っている。 ... » more

[承前]書き忘れたことがあったので、忘れないようにまとめておこう。尾瀬の山小屋のトイレ事情、その他諸々である。かつてアルバイトをしていた40年前でも、し尿処理はけっこうな苦労の種だったが、それは今でも変わっていない。 ... » more
テーマ 尾瀬 トイレ 風呂

懐話§尾瀬草紅葉[27]山小屋のこと [承前]尾瀬から遠ざかっていたことで、尾瀬の変貌ぶりに驚かされた。尾瀬の自然そのものは変わることがなかったけれど、山小屋とその周辺事情が驚くほど変わっていることに気づかされた。報道にあったとおり、10月にアヤメ平に近 ... » more
テーマ 昭和 尾瀬 登山

懐話§尾瀬草紅葉[26]反省と先々のこと [承前]最終宿泊先を出たのが8時半前、途中のサービスエリアなどで休憩なしのノンストップで走り続け、およそ3時間半ほどで我が家に到着。往復570kmのうち高速道路を走ったのが380kmほどあったおかげで燃費が伸びて、お ... » more

懐話§尾瀬草紅葉[25]帰京〜日光猿軍団〜 [承前]東京に戻る朝、6時前に目覚めて起き抜けの露天風呂に入った。尾瀬は紅葉真っ只中だったが、標高数百mのこの温泉あたりまでは下りてきていない。とはいえ肌寒な空気の中、洗顔がてらの入浴は気持ちのいいものである。7 ... » more
テーマ 尾瀬 自然

懐話§尾瀬草紅葉[24]温泉三昧-U-湯の花 [承前]木賊温泉の岩風呂から、宿泊先の湯の花温泉へは、2007年に完成した唐沢トンネルのおかげもあり、10分ちょっとで到着。旅館の駐車場に入ったのは14時前。宿の人が用事で外出していたようだったが、ほどなく戻ってきて ... » more
テーマ 温泉 尾瀬 蕎麦

懐話§尾瀬草紅葉[23]温泉三昧-T-木賊 [承前]檜枝岐で車をピックアップして向かった先は、南会津の湯の花温泉という静かな山里いで湯である。檜枝岐からは30分ほどで到着するが、チェックインの時間には少し余裕があったので、もう一つの木賊温泉に立ち寄ることにした。 ... » more

懐話§尾瀬草紅葉[22]御池〜旅終わる〜 [承前]上田代を後にしたのが10時半ちょっと前で、そこから御池までは緩い下りが20分ほど続く。最後のひと頑張りである。燧ヶ岳北面頂上付近が見えたので、また来るよと挨拶。まあ、ここまで来ればバスには間に合うだろうと ... » more

 

最終更新日: 2017/07/22 13:26

「尾瀬」のブログ関連商品

» 「尾瀬」のブログレビュー をもっと探す

「尾瀬」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る