誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    50才以上のブログ

50才以上のブログ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「50才以上のブログ」のブログを一覧表示!「50才以上のブログ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「50才以上のブログ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「50才以上のブログ」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

江戸川区は、小松川の地名が由来の「小松菜」で有名です。ここでもオープンな農園はなかなか見当たらず、ホームページをもっている小松菜沢吉、平野農園の小松菜ビニールハウスと小岩駅南口商店街を訪れました。京成江戸川駅はまさに千葉県との県境に ... » more

企業が経営する数少ない(唯一?)都民農園、アグリス成城東京ファームの第二弾として、新線ではありませんが数年前に地下駅になった成城学園前駅鉄道の地上部にできたクラブ的農園「アグリス成城」と駅ビル商店街成城コルティを探策。世田谷 ... » more

環七〜環八エリアは明治〜第二次世界大戦後、いわゆる戦後も昭和40年頃までは大いに近郊農業が盛んな地域でした。武蔵野台地は水が少なく、多くは畑であります。近郊農業の主力、野菜、花卉の生産が盛んな地域です。東京ファームと称し、主として2 ... » more

四谷の尾根道(新宿通り)・谷道(靖国通り)そして坂道都営大江戸線青山1丁目と都営新宿線曙橋の間にある都心の尾根道と谷道を結ぶ坂を歩きます。この辺の地形は雑誌東京人(2007.4号No238)によれば新宿通りが尾根道で靖国通りが谷道、 ... » more

都営地下鉄副都心線雑司ヶ谷と霊園、旧宣教師館そして護国寺鳴り物入りで開通した都営地下鉄副都心線は予想を上回る乗降客があるとのことで、2008年6月開業以来6カ月、毎日平均20万人利用客がいるとのこと。その分山手線・埼京線の混雑は解消 ... » more

舎人ライナーと日暮里繊維問屋街駅前商店街シリーズでは環八・環七エリアの駅前商店街と近くにある神社やお寺、公園も巡ってきましたが、最近開通した新線の駅前を春先までフォローしたいと思います。昨年3月に開通した都営舎人ライナー ... » more

2年で5000k!2年前の2006年12月13日から乗り始め、12月12日に5000kを突破しました。ツーリングをせず、通勤をしたわけでもなく、ひたすら街乗りで稼いだ割にはよく乗ったと思います。昨日、購入した「あさひサイクルショ ... » more

23区唯一の渓谷は紅葉の残像がなかなかでした緑道シリーズ番外編です。緑道ではありますが、暗渠にはならず、世田谷区田園都市線用賀駅付近の湧水に源を発し、等々力付近の武蔵野台地の国分寺崖線を流れ下り等々力渓谷を形成し、野毛付近で丸子 ... » more

緑道シリーズとしては最終回。緑道と名がつく道はまだありますが、川が暗渠になって緑道になった元川型はほぼ訪れたことになります。13の緑道で23区内12本と府中市1本です。以前歩いた北沢川(緑道第3回)と共に目黒川の上流である烏山川がテ ... » more

前谷津川は赤塚1丁目付近から始まり、徳丸五丁目を経て高島平駅前を横切り徳丸橋付近で新河岸(しんがし)川に注ぐ約5kmの小さな川でした。新河岸川の向こう500m先は荒川の土手になります。なぜ「前」という字がつくかは不明で、「後谷津川」があった ... » more

9月7日、今回は以前散策した呑川緑道(桜上水駅―都立大学前駅)の続きの呑川緑道2と緑ヶ丘駅付近で合流する九品仏川緑道を歩きます。世田谷区等々力から始まり世田谷・目黒の区境を流れ呑川合流点は目黒区になるので、緑道王国の両区を歩くことになります ... » more

市川は府中国立IC寄りの多摩川から引きこまれた農業用水なので本来の川ではなく千川上水同様今回の緑道シリーズでは例外に属します。市川用水は立川(府中)崖線の西府崖線に沿っており、また湧水を集めて途中から新田(しんでん)川などに分岐し府 ... » more

今回は緑道王国の一つ目黒区の立会川緑道です。目黒にはその他に呑川本流緑道、九品仏緑道、蛇崩川緑道があります。立会川の水源は碑文(ひもん)谷池と、ちょっとはなれた所にある清水池で、かつては小魚が泳ぎ、ホタルが飛び交ったということですが ... » more

今回は新緑のさわやかな陽ざしの中、ささやかな緑道部分がある練馬区上石神井駅から千川上水を遡ってゆきます。青梅街道を横切ると一般道(千川通り)の脇のオープン型のせせらぎ(暗渠の水のくみ上げではありません)になり、上水に添いながら歩 ... » more

にゃんこと♪モッコウバラ
モッコウバラ モッコウバラが花盛りほんのりいいかおり・・・あと今うちで咲いてる花を紹介{%音符A(キラキラ)hdeco%}おまけのチョコちゃんでーす ... » more

今回は練馬区光が丘団地を水源として練馬区から板橋区との区境にある両区にまたがる城北中央公園のところで石神井川に合流する田柄川を母体とする緑道です。田柄川は板橋区では名前を桜川と変えますが、すぐ石神井川に合流するので名前もつけていないようです ... » more

暖かな4月の日曜日、今回は緑道王国世田谷区の蛇崩(じゃくずれ)川緑道です。目黒区を流れる川はほとんど世田谷区が水源で従って両区をまたがる緑道が多くあり、蛇崩川緑道もその一つです。蛇崩川の水源地は旧弦巻村(現世田谷区駒沢中学校 ... » more

今回は神田川に流れ込む杉並区と中野区を流れていた桃園川の緑道です。桃園川の水源地はやはり杉並区天沼付近(荻窪駅北口近く)の武蔵野台地の湧水で、江戸時代に造られた灌漑用水だそうで、練馬区を流れる千川上水や善福寺川から新堀用水を開削して ... » more

今月は2回雪にたたられ、緑道シリーズは中止しました。そこで、当方が一人でクロスバイクで訪れた練馬区南田中(石神井公園の近く)のことを書きます。観蔵院は真言宗智山派のお寺で、正式には慈雲山曼荼羅寺観蔵院というそうです。HPを見 ... » more

2008年初めての路地歩きは暖かな日和に恵まれた日曜日、渋谷川緑道です。渋谷川の水源地は新宿御苑の正門近くにある「下の池」で、その昔玉川上水の余った水(余水)も引き込まれていたそうです。そういう訳で、昔はこの付近の流れを「余水川」と ... » more

小春日和の12月2日、緑道王国世田谷を流れる北沢川にできた緑道の散策です。北沢川の水源地は上北沢松沢病院付近の武蔵野台地の湧水で、小田急線経堂駅及び豪徳寺駅の北を通り赤堤を過ぎ、左に羽根木公園を見ながら梅ヶ丘で小田急線を渡り、環七を ... » more

緑道シリーズ第二回は都心山手通りに沿った谷端川(ヤバタカワ)緑道です。谷端川は豊島区を流れる唯一の川で、豊島区椎名町付近を水源とし、板橋から文京区に入り小石川川となり神田川に注いでいた延長10k程度のミニチュア川でした。しかし、普段 ... » more

秋晴れの日曜日、今回から緑道シリーズを始めました。第一回は呑川緑道で、田園都市線桜新町から東横線都立大学前での約5kを歩きました。緑道と名前がついた道が都内にはかなりあります。武蔵野台地は多摩川と荒川に挟まれていますがその間には石神 ... » more

台風9号が近づきつつあった9月4日、55年前の小学6年夏、林間学校で訪れた奥那須温泉を訪れました。名の通り、那須温泉の最も奥地にあり、谷川沿いに何軒かの温泉が点在しているところです。有料道路からの引き込み道路を下りると、谷川の脇に佇 ... » more

今回は商店街シリーズの最終回で、ようやく涼しくなった日曜日、JR総武線浅草橋に集合。駅前の銀杏岡八幡に参拝してから裏道を通り蔵前橋通りの鳥越神社に行きました。正月の「どんど焼」で有名です。次いで、鳥越神社のそばの左衛門橋通りと清洲橋 ... » more

今回は中央線荻窪商店街と西武新宿線上石神井商店街、その間にある大宮八幡と並ぶ杉並の伝統神社、荻窪八幡と井草八幡です。駅前商店街シリーズは高円寺・阿佐ヶ谷から始まったので終盤は中央線に戻り、井伏鱒二と行列のできるラーメン店発祥の地と言 ... » more

環八を埼玉寄りに大きく戻り、板橋区の西、東武東上線下赤塚に行きました(東京メトロ有楽町線の駅もあり)。駅北口前の赤塚中央通沿いは南口同様昔風の喫茶店が多くあるのが目立ちました。しかし、「板橋のアメ横」とも言われる北口駅前の「赤塚一番通り」商 ... » more

東急大井町線沿線の外部資本中心のブランド的商店街自由が丘に対し、地元中心の伝統商店街で経産省の全国元気印商店街に選ばれた中延と性格が違う2つの商店街を歩きました。また、自由が丘近くの九品仏浄真寺にも立ち寄りました。自由が丘商店街 ... » more

前回の江戸川沿い柴又・金町・亀有から180度戻り、今回は環八の終端、蒲田駅・羽田空港駅に飛びます..。5月13日曇り空の日曜日。京浜東北線蒲田西口駅前(東急線側)の商店街「サンライズサンロード」のアーケード街を見てから引き返し、東口 ... » more

2006年12月中旬から走り始め、3月末で3.5ヶ月、本格ツーリングなしで走行距離は800kを越えました。24段変速機、細身のタイヤの威力は想像以上で都心の登り坂、向かい風もスムーズな走りで、3段変速のママチャリ(パパチャリ)とはや ... » more

 

最終更新日: 2018/06/15 17:45

「50才以上のブログ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る