誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    プラハ

プラハ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「プラハ」のブログを一覧表示!「プラハ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「プラハ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「プラハ」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

春夏秋冬Ano/Neプラハ74
Ano/Neプラハ74 プラハ,ヴルタヴァ川の西の丘陵地帯がベトシーン公園。ベトシーン公園の頂上に展望台があります。旧市街からもこの展望台が見えていましたね。塔自体は高さ60メートルですが,高い場所にあるので,プラハ市街がさらによく見えるはずです。 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ73
Ano/Neプラハ73 プラハ,ストラホフ修道院を出て,ぺトシーン公園へ向かいます。正門を出て左手(西)へ。反時計回りに進みましょう。自動車が走れる整備された道ですが,ほとんど木陰を進めます。道の左右に高い壁が続いているのですが,左手に続いているのが「 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ72
Ano/Neプラハ72 プラハ城の西の方角,ストラホフ修道院。正門はトラムの走る通りに面しています。(ドゥラバショフ通りって読むのかな?)入ってみましょう。入ったらすぐ正面に修道院の建物。現在は民族文学博物館として使われているということです ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ71
Ano/Neプラハ71 プラハ城に背を向け,フラッチャニ広場を抜けて,ロレッタンスカ通りを西へ進みます。これから,ストラホフ修道院へ行ってみましょう。通りに沿ってアーケードが続いています。天井にシンプルできれいなアーチ。ボールト構造の大きいのはプラハ城 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ70
Ano/Neプラハ70 プラハ城を背にして,フラッチャニ広場を西へ向かいます。シュヴァルツェンベルク宮殿は広場に面した建物のひとつ。これは元は夏の王宮だったのですが,現在はボヘミアのバロック美術の常設展示の美術館になっています。壁は印象的な白黒の模 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ69
Ano/Neプラハ69 プラハ城の周りもさっきよりずいぶん多くの人でにぎわっています。坂の下から次々に登ってくる人がいます。プラハの街もきれいに見えています。近代的なビルも見えますね。プラハ城には大統領府として使われている建物もあります。建 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ68
Ano/Neプラハ68 プラハ城を一回りして聖ヴィート大聖堂に戻ってきました。大聖堂の南を通って東へ向かったので,帰りは大聖堂の北を通って・・・って思ったら,びっくり。この行列。大聖堂の入口から壁に沿って,入場待ちの人の行列が東の方へ延びています。ぼく ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ67
Ano/Neプラハ67 プラハ城は東西に細長く伸びています。正門から入って,東の端のダリポルカまで行き,折り返してきました。下は聖イジー教会の南側の扉の上の彫刻。聖イジーが馬に乗って竜退治をしています。竜はそんなに大きくないですね。後ろの方にお ... » more

2008年10月15日(水)プラハその29 いよいよ今日は帰国日です。ホテルの出発は9:30と遅めなので余裕があります。朝食時にいっしょになったツアーの皆さんとフリータイムはどこへ行った、何をしたという話になりました。観光名所の話のほか、スーパーマーケットへ行ったときに、「可 ... » more
テーマ プラハ 建物ウォッチング

春夏秋冬Ano/Neプラハ66
Ano/Neプラハ66 プラハ城の東の端,ダリポルカまで行ったら,折り返し。今度は西に向かって歩きましょう。折り返してすぐの小さい広場に金属加工をしている職人さん。鍛冶屋さんって呼んだらいいのかな。足踏み式のふいごでコークスを勢いよく燃やしています。 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ65
Ano/Neプラハ65 プラハ城,「黄金小路」を抜け,突き当たりの建物の中の階段を降りて,・・・・・・ダリポルカっていう円筒形の塔へ。写真は,今降りてきた階段。「ダリポルカ」は当初は戦いのための建物でしたが,その後牢獄として使われるようになったというも ... » more

2008年10月14日(火)プラハその28 コンサート終了後、夜のプラハをしばし散策。ライトアップされたカレル橋。遠くに見える尖塔はプラハ城。ライトアップされたプラハ城聖フランチェスク教会の向かいにある建物。劇場だったと思います。左側がアーケードになってて通り抜けがで ... » more
テーマ プラハ 建物ウォッチング

春夏秋冬Ano/Neプラハ64
Ano/Neプラハ64 プラハ城の中の「黄金小路」。昔お城で働いていた召使たちの小さな家が連なっています。今はお土産なんかを売るお店になっています。レストランもあります。羽根のついた豚はレストランのサイン。階段を上がると武具や甲冑の展示。 ... » more

2008年10月14日(火)プラハその27 夜、コンサートのために聖フランチェスク教会に向かいます。バロック様式。昼間の聖フランチェスク教会(←クリック)、夜はこんな感じ。プログラム。座席券(のようなもの)。教会の平面図です。教会が十字架型になっているのがよくわか ... » more
テーマ 音楽 プラハ

先ほどのタイル屋さんのほぼ向かいにショッピングモールがあります。物販店とスーパーTESCO、最上階の3階はフードコートになっています。夕ご飯はここの中華コーナーで、焼き飯を食べました。番号で注文できるのであ ... » more
テーマ 食べ物 プラハ

春夏秋冬Ano/Neプラハ63
Ano/Neプラハ63 プラハ城の中の黄金小路。昔,お城で働いていた召使が住んでいた家なんだそうです。小さな家が数軒並んでいます。壁はきれいに塗ってあって,今はお土産物なんかを売るお店になっています。壁にNo.22と書かれた建物は,カフカっていう作 ... » more

2008年10月14日(火)プラハその25 ホテルのすぐ裏側にベルトラムカがあります。ここはモーツァルトのプラハ滞在中の住まいだったところ。ここで「ドン・ジョヴァンニ」を書き上げ、初演もプラハだったそうです。子どもの頃、やさしく編曲した「ドン・ジョヴァンニのメヌエット」を弾いたこ ... » more
テーマ 音楽 プラハ

春夏秋冬Ano/Neプラハ62
Ano/Neプラハ62 プラハ城のイジー教会を出て,さらに先へ進みましょう。建物の壁に沿って少し丘を下るように進むと,左に折れる道。あれっ,行き止まりかな?いやいや,ここだ,ここだ。黄金小路。この柵より向こうに入るのにはチケットが必要です。プラハカード ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ61
Ano/Neプラハ61 プラハ城,旧王宮を出たら,さらに奥へ進みましょうか。旧王宮と聖ヴィート教会の間の狭い通路を進むと,イジー広場。広場の奥の赤い,壁の色が特徴的な建物と向き合います。イジー教会です。(プラハカードを使いましょう。)聖ヴィート ... » more

2008年10月14日(火)プラハその24 今夜はコンサートがあるので、少し早い目にホテルに戻らないといけません。ホテルの最寄駅はアンデルという駅です。地下鉄に乗ります。相変わらずエスカレータが早いですが、だいぶ慣れてきました。プラハの地下鉄の乗車券。プラハ城が描かれててとっ ... » more
テーマ プラハ 地下鉄

2008年10月14日(火)プラハその23 国民劇場に背を向ける形でモルダウ川の東岸を北に向けて少し歩くと、スメタナ博物館があります。入場しなかったので外観だけ。右側の建物です。左側はカレル橋。↑の拡大が下の写真。このみごとな彫刻はスグラフィット技法によるものだと思います ... » more
テーマ プラハ

春夏秋冬Ano/Neプラハ60
Ano/Neプラハ60 プラハ城はフラッチャニの丘の上です。旧王宮のベランダ?から街を見下ろしています。ぼくはこんな景色が見たかったんですよね。さっき渡って来たカレル橋にもたくさんの人が通っているのが見えます。さっきよりずいぶんにぎわいだしたようで ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ59
Ano/Neプラハ59 プラハ,フラッチャニの丘の上。プラハ城の中の旧王宮に入りました。窓があります。外が見られます。窓の外に通路があります。出よう,出よう。旧王宮から見える景色は・・・この景色が見たかったんだなぁ・・・。赤 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ58
Ano/Neプラハ58 プラハ城内,聖ヴィート大聖堂の南の面です。ブルーのネットで覆われた工事現場の左(西)側が「黄金の扉」。天に向けて縁がギザギザの鉛筆ように見える柱のようなものがたくさん見えますね。飛梁というのですかね。右の方に少し見えている薄いピ ... » more

2008年10月14日(火)プラハその22 バーチャの靴店と広場をはさんで向かいにあるビル。校舎のような雰囲気です。左側が丸い塔のようになっています。塔を守るのは3人の女性たち。この塔の上部は何なんでしょう? 輪切りのパイナップルを真横から見たとこ?対 ... » more
テーマ プラハ 建物ウォッチング 美術館・博物館

2008年10月14日(火)プラハその21 ペテルカ館(1899)。設計はヤン・コチェラ。(←クリック)海外で学んで帰国したコチェラが、ばりばりのアール・ヌーヴォーで建てました。窓の上隅に配されたメダイヨンとそれをかこむ植物文様、二人の人物像をつなぐ花の列がきれいです。 ... » more
テーマ プラハ 建物ウォッチング  トラックバック(3)

春夏秋冬Ano/Neプラハ57
Ano/Neプラハ57 プラハ,フラッチャニーの丘の上。聖ヴィート大聖堂。金色の細工を施した窓の南塔。右の方が「黄金の扉」。金色のモザイク画が描かれています。南に向いていますから,一日中光を浴びて輝いているってわけですね。題材は最後の審判。 ... » more

春夏秋冬Ano/Neプラハ56
Ano/Neプラハ56 プラハ,聖ヴィート大聖堂の中です。堂内を時計回りに,ゆっくりゆっくり歩いています。美しいステンドグラスの前ではついつい立ち止まってしまいます。主祭壇の右手に聖ヤン・ネポムツキーの墓碑。銀製なんだそうですが・・・。銀製 ... » more

2008年10月14日(火)プラハその20 この建物もナ・プシーコピェ通りだったかと思います。前面に少し膨らんだ形と垂直方向のラインがすっきりしててかっこいいです。たぶん1920年代ごろの建築ではないでしょうか。ナ・プシーコピェ通りを地下鉄Mustek駅までやってきました ... » more
テーマ プラハ 建物ウォッチング

春夏秋冬Ano/Neプラハ55
Ano/Neプラハ55 プラハ,聖ヴィート大聖堂の中にいます。ここが一番奥の祭壇。手の込んだ細工。後ろのステンドグラスも大きいです。これは木彫りのレリーフ。昔のプラハの様子。ていねいに彫ってあります。 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 14:43

「プラハ」のブログ関連商品

» 「プラハ」のブログレビュー をもっと探す

「プラハ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る