誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ポエム

ポエム

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
類似テーマ: ポエム poem 
子テーマ: 詩歌 漢詩 詩吟 現代詩 自作詩
テーマ「ポエム」のブログを一覧表示!「ポエム」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ポエム」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ポエム」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

獅子鮟鱇詩詞五絶・清灰冷竈
「清灰冷火清灰冷竈五七令と短歌と俳句と如夢令」に追加.清灰冷竈:飲まず食わずで竈の灰が冷たいこと。貧困にして冷清なる景象を形容する。.五絶・清灰冷竈2016.11.23 -47782.廢紙作清灰,詩毫燃冷竈。炊煙蒸月 ... » more

見えない未来 寂しさが夜を彷徨い切なさを朝陽が照らす――夢に見たあなたを求め現実が心を壊す――叶わない恋と知ってた許されぬ愛と知ってた――運命が ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・死灰絶不復燃
死灰復燃:失った勢いを再び取り戻すこと、停止していた活動が息を吹き返すことを比喩。.七絶・死灰絶不復燃2016.11.23 -47781.詩人吟志瘦年年,恰似燭花盡晩寒。鼓勵殘魂呵凍筆,死灰絶不復明燃。○○ ... » more

田舎のアトリエ自分自身が愛おしい
自分自身が愛おしい ※切ない想い互いに激しく引かれあった思い出は、いつまでも心の中に留まり続ける※リンゴの気持ちが良く判る・・・・一度だけ逢ってみたい※お元 ... » more
テーマ 短歌 ポエム

獅子鮟鱇詩詞五絶・寒灰更然夜臺
寒灰更然:然は燃。再び生気を取り戻すことを比喩。.五絶・寒灰更然夜臺2016.11.23 -47780.妙想碧天開,詩魂醒夜臺。寒灰更然處,攜酒繆斯來。●●●○平,○○●●平。○○●○●,○●●○平。○:平声。●:仄 ... » more
テーマ 漢詩  コメント(2)

飲灰洗胃:過ちを悔い自らを新しくすること。古くは草木の灰を洗滌剤としていたことから。.霜天曉角・飲灰洗胃2016.11.22 -47777.飲灰洗胃,寒齋獨改悔。却老好學風韻,苦吟久、過十歳。才菲,頻爛醉,詩拙酒空美。仰 ... » more

橋本和彦の部屋さざ波
さざ波 さざ波さざ波が戯れ合っている遠くよりより近くに水際の陽だまりに泡立つ光に混ぜ合わせられて海の果て雲の湧き出る境黒白の風雲がそそり立つ雨混じりの空気の層が動き出す土砂降りの果てはあるのか明るく晴れ渡 ... » more
テーマ

花織ちゃぶ吊革とリュック
電車の中で立って寝てる人あり私も眠い遠い高いところにある阪急の吊革つかまるなんて望むべくもない電車の急ブレーキで慣性の法則を体感する加速度で振り回される押しも押されもする数なら ... » more
テーマ 仕事 電車

25日〆切のNHK俳句題は「寒昴」と「風花」。「寒昴」は6句詠み1句を投稿することにし次の5句は投稿を見送る。七言俳句・寒昴2016.11.22 -47773寒昴詩豪仰天宝かんすばるしごうあおげばてんのたから ... » more

心灰意懶:灰心失望,意志消沈。信心を喪失し,進取を図らずを形容する。心灰意敗:同上。.霜天曉角・心灰意懶2016.11.22 -47771.心灰意懶,無言傾玉盞。回憶生涯多悔,無功譽、有樗散。傷感,出酒館,寒中仰天漢 ... » more
テーマ  コメント(2)

獅子鮟鱇詩詞七絶・灰飛煙滅
灰飛煙滅:事物が消え尽すことを形容。.七絶・灰飛煙滅2016.11.22 -47770.才短壽長疲苦吟,哀焚廢紙去詩林。灰飛煙滅留天碧,又見猿啼彈破琴。○●●○○●平,○○●●●○平。○○○●○○●,●●○○○●平。 ... » more

灰頭土面 霜天曉角と四七令と短歌と俳句 灰頭土面:頭も顔も泥だらけであること。また、懊喪あるいは消沈せるを形容する。,霜天曉角・灰頭土面2016.11.21 -47768,灰頭土面,仰暮天鳴雁。探景風餐露宿,求俳句、爲風漢。秋晩,欲取暖,夢中登酒館。羽客三千皆 ... » more

獅子鮟鱇詩詞五絶・灰心槁形
灰心槁形:意志消沈し、身体枯槁(枯れる)こと。.五絶・灰心槁形2016.11.21 -47767.白髪鬆鬆叟,紅顔帶醉醺。灰心槁形體,落葉未歸根。○●○○●,○○●●平。○○●○●,●●●○平○:平声。●:仄声。平: ... » more
テーマ 漢詩  コメント(2)

あの頃なら僕も愛を持っていたよ人を信じられる心があった――いつ頃から僕は夢を失ったの何かに期待する事が出来ない――明日の僕ならば今日より良くなるさと昨日 ... » more
テーマ 恋愛 ポエム

獅子鮟鱇詩詞如夢令・灰容土貌
灰容土貌:面容の汚れて醜陋なるを形容。花容月貌:女性の美麗なるを形容。声音笑貌:人の言談、表情等をさす。郎才女貌:男に才気あり,女に美貌あり。男女双方の釣り合いが取れていることを形容。.如夢令・灰容土貌2016.11.2 ... » more
テーマ  コメント(2)

灰心喪気:失敗あるいは物事順調ならずして信心を失うこと,意志消沈。灰心短気、灰心喪意ともいう。急功近利:目前の功利を性急に求めること。雕虫小藝:とるに足らない技芸。追根究底:根本を追究すること。.如夢令・詩翁知己灰心喪氣 ... » more
テーマ 漢詩  コメント(6)

不正腐敗、不正蓄財の当然の帰結、放射能国土汚染、内部被爆(ひばく)、誘導引火、誤爆自爆、炉心(ろしん)爆裂、核心溶融(ようゆう)を防(ふせ)げるの悪党、狂気が人民意思の爆発動乱に耐(た)えることなどできるの人間性を圧縮、圧殺 ... » more
テーマ

目の前に与えられた現実の世界を手に取って見たか広々とした世界、開かれた未来に自らの足で歩(あゆ)み出したか生きる姿を変えてみるの自然、本来の人間の姿に戻るの人間の真似事(まねごと)をそっとしてみるの ... » more
テーマ

不正腐敗、邪悪の狂気に太陽の光を浴びせたか虚偽不正、不正腐敗、不正蓄財、人民殺害の人間の罪を問(と)うたか不法、無法、・悪、不正腐敗の暴力、乱心狂気の腐りきった獣畜(じゅうちく)の魂を葬(ほうむ)ったか中国朝鮮、富裕 ... » more
テーマ

灰身滅智 如夢令と五七令と短歌と俳句 灰身滅智:佛教语。一切の身心の煩悩を除き,阿羅漢の境地に入ること。矜愚飾智:智慧があるふりをし,愚人の面前で自分を誇ること。百龍之智:龍は戦国時代の人、公孫龍。百人の智慧すなわち非常に聡明であることを形容する。. ... » more
テーマ 俳句 短歌

地上を汚染し、地球を損壊(そんかい)し、海洋を破壊、土壌放射能、重金属汚染、海洋河川水資源汚濁(おだく)した痴情(ちじょう)、欲まみれの馬鹿者ども、国家詐欺、国家犯罪を働く・・・・、・・・・、鬼畜・・を片付(かたづ)けたか人間を否定 ... » more
テーマ

人間を試(ため)したの中国朝鮮、富裕(ふゆう)独占、悪・の虚偽不正、不正暴力を存続させ、今まで生かして置いた意味が何かあったの富裕独占の狂気、富裕独裁の野望、人間の闇部(あんぶ)に潜(ひそ)む恥情(ちじょう)、・・を深く沈鎮 ... » more
テーマ

灰身粉骨:粉骨砕身。移花接木:花を別の木に接ぐこと。人に知られぬ手段で人あるいは事物を入れ替え人をだますことを比喩。不学無術:学なく技術・方法を知らないこと。無功受禄:功労なくして報酬を得ること。濫竽充數:発揮 ... » more
テーマ

「憂囚録」を閉じる 船戸与一 著「満州国演義」(九)最終巻読了吉田松陰の「憂囚録」が明治ー大正ー昭和ー敗戦までの百年を貫いていると看破する。黒船の来航で一挙に顕在化した日本の民族主義は、松陰の打開策を尊皇攘夷と名付けた。明治新政府は欧米列強による植民地 ... » more
テーマ アロハを着たハンター 独白

「NHK俳句へ投句し落選した其三十二「帰り花」七言俳句と短歌と霜天曉角 」に続き.10月10日〆切の『NHK俳句』へ次の二句を投稿したが、落選だった。題は「海豚」 または「鮫」。.昼寝如海豚高枕(寝、豚、枕の中華新韵九文 ... » more

戯れにー謙市啄木ノート185
「買いおき志薬つきしころ朝に来志友のなさけの為替のかなしさ。」為替握りしめ吹き出る汗になにが、かなしきかな ... » more
テーマ

獅子鮟鱇詩詞七律・送友朋歸紫虚
働いていた頃の同僚が亡くなり、今日は葬儀に参列した。ともに古希。彼ゆきて我留まれりの思いあり、帰りのバスのなかで次の律詩を構想帰宅後に多少手を入れた。。七律・恭送同僚歸紫虚2016.11.20 -47760紅塵難 ... » more

氷清水冷:指冷冷清清。七言俳句・氷清水冷2016.11.20 -47757氷清水冷酒澄明○平●仄●○平。○:平声。●:仄声。平/仄:中華新韻十一庚平仄両用の押韻。俳句氷清く水は冷たく酒は澄明七言俳 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・不擇生冷
七絶・不擇生冷 不択生冷:手段を択ばないこと。紙醉金迷:金銭にものを言わせ贅沢三昧にふけること。.七絶・不擇生冷2016.11.19 -47756.紙醉金迷人改心,不擇生冷購瑤琴。無人伴奏難乘興,收買繆斯喜醉吟。●●○○○●平,●○ ... » more
テーマ 漢詩  コメント(2)

戯れにー謙市戯れ詩20161119
戯れ詩20161119 希望月はなくうすれ逝く星を数えて朝になる貨物列車が少しだけ軋む呆けた午後の太陽の歌が隣人を悩ます思っているほど歌えない消え去る時間に不明の文字を刻み続ける終演だ次のプログラムが覗き ... » more
テーマ

 

最終更新日: 2016/12/04 09:35

「ポエム」のブログ関連商品

» 「ポエム」のブログレビュー をもっと探す

「ポエム」ブログの人気商品

テーマのトップに戻る