誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    東洋医学

東洋医学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 医学
テーマ「東洋医学」のブログを一覧表示!「東洋医学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「東洋医学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「東洋医学」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

動画ができました。どうぞよろしくお願いいたします。http://youtu.be/XvlxsNa-Z84 ... » more
テーマ 鍼灸 中国伝統医学 東洋医学  コメント(1)

鍼灸徒然 陰を補うための一つの方法
疲れているであろうはずなのに脈が強い人がいます。これは簡単に言ってしまえば躁の状態、もしくはその予備軍で、本虚標実です。その活動量に見合っただけの体力の貯えがあるのであれば問題はない、というかそれは躁ではなく本虚標実でもあり ... » more

鍼灸徒然 一元論
病院に行ったけどよくならない、こんな人が大勢います。体の不具合を感じたら、今の日本において、多くの場合病院や町のクリニックに行きます。そこでよくならなかった人が、第2、第3の選択肢として鍼灸院なりを選びます。だか ... » more

今日は北辰会定例会での鍼の実習と東洋医学会開催支部例会を掛け持ちしてきました。東洋医学会での竹本喜典先生(山添村国民健康保険東山診療所)の発表にとても感動しました。「僻地で実践、東洋医学鍼での変化を弁証の一助に」北辰会方式で体表 ... » more
テーマ 鍼灸 前世物語 東洋医学

今日の外来は、昨日のお勉強でパワーアップ!した打鍼のお披露目診療で。打鍼本を読みながら脳裏に浮かんできた、あんな患者さん、こんな患者さん、みなさんちゃんと来院して下さいました。効果の程は、また明後日にお聞きしたいと思っています。楽し ... » more
テーマ 打鍼 前世物語 東洋医学

春の鍼灸実技セミナーアドバンスコース開催のお知らせ! お待たせしました!アスリートに対するスポーツ障害処置春の鍼灸実技セミナーアドバンスコースの申し込みが始まりました。http://jap023.wix.com/sportsigaku#!seminer-entry/ ... » more

ある医療関係者さんとの話・・・「先生は西洋医学と東洋医学のどっちが優れていると思ってはるの?」「どっちもええよねぇ。前田敦子と大島優子みたいなもんやろ。わしゃぁシノマリがええけどな」「西洋医学の先生は東洋医学はダメや、いかさまや ... » more
テーマ スピリチュアルケア 前世物語 東洋医学

みなさんは今何時頃ですか? おもしろい話をみつけたのでご紹介します。ある高校の先生が、人間の人生を24時間という時間で 表していました。 高校の卒業式で言われたその言葉は 年齢を24時間の時間で考えるには自分の年 ... » more
テーマ 東洋医学

ちうの読書メモ「山海経」
「山海経」http://amazon.jp/o/ASIN/4582760341/世界最古の地理書。三千年ほど前から各地の伝説などを交えて徐々に書き足されたと言われている。そのため地理書といっても,儒教以前,山岳信仰の色を濃く残す ... » more

鍼灸徒然 腎16 腎虚と筋トレ
腎のエネルギーがなくなってくると、恐がりになったり、驚きやすくなったり、腰が曲がってきたりします。逆に姿勢を正すことで、ある程度腎虚を防ぐことができる。正しい姿勢を作るのが筋力。筋力がないと、正しい姿勢を作る ... » more

鍼灸徒然 腎15 暗闇の中の光
腎の色は黒です。これは腎臓が黒い色をしているということではありません。やったことはないですが、絵の具を全部混ぜ合わせると黒になるそうです。黒は何もかもを塗りつぶす色でもありますが、すべての色が溶け込んでいるという ... » more
テーマ 人体 東洋医学

血は肝に、精は腎に蔵されます。血不足により目が疲れやすくなったり、爪がもろくなったりします。この状態が長引くと、精にまで影響が及び、耳が聞こえにくくなったり、トイレが近くなったり、足腰が衰えたりするのは、「精血同源」とい ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 腎10 スイッチ
腎が海なら、心は太陽です。心の熱によって温められた熱は腎陽になり、腎陽によって、海の水である腎陰は上昇気化し心陰となります。心陰は腎陰によって滋養され、腎陰によって滋養された心陰は、心陽を制御します。このように腎 ... » more

鍼灸徒然 腎9  経験療法、東洋医学
腎の陽分が少なくなった病態が腎陽虚です。具体的な症状としては、腰・膝・四肢の冷え、だるさ、気分が優れない、浮腫、不妊、陽萎、痛がり、など。直接的に体が冷えてしまうような生活習慣だけでなく、ストレス、寝不足、乱れた食生 ... » more

鍼灸徒然 腎8 継続というパワー
腎の陰分が不足した病態が腎陰虚です。腎陰が不足すると、腎陽を制御できなくなり陰虚火旺の状態になります。症状でいえば陰虚は、不眠、多夢、月経量の減少、身体が痩せる、髪のツヤがなくなる、腰や膝の軟弱化、火旺は、手足のほて ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 腎7 突然アレルギー
下へ下へと流れ行く水を主るのが腎で、腎は「水の下源」と称され、自然界でいえばその存在は海のようなものです。腎陽に温められ気化した水は、今度は上へ昇って行き雲となります。この雲が肺にあたり、肺の「宣発」の働きで雨が ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 腎6 眠るエネルギー
腎は津液を主る。体の水分(津液)代謝を担う中心的存在が腎です。蓄えられる形の津液が腎陰で、その津液を温めて全身に配るのが腎陽の働きです。お金に例えれば貯金が腎陰、使われるお金が腎陽といったところでしょうか。排 ... » more
テーマ 人体 東洋医学

腎は精を蔵し、精は髄を生じ、髄は骨を養う。腎は生命の大本(元)。脾も肺も心も肝も腎より生じ、すべての陰は腎陰を基とし、すべての陽は腎陽を基とし、腎陰、腎陽は腎精よりなります。精とは、陰と陽または気と血が分かれる前の ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 腎4
生殖機能・排卵・月経、骨、歯、髪と深く関わりを持っているのが腎ということならば、更年期障害(とくに男性の)は腎虚なのか?そういうこともあります。更年期障害というもの。更年期にあらわれる特有の症状を呈した場合、更年 ... » more

鍼灸徒然 腎3
体を冷やしてはいけない。この言葉はほとんどの場合においてその通りですが、冷やした方がいいケースもあります。例えば運動器疾患の急性炎症時などは冷やした方がいいですね。ポイントは氷などを用いて、短時間冷やすこと。通常 ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 腎2
人体のことでわかっていることは10%に満たない、といった話があります。仮にこの話が本当だとして、90%以上のことはわかっていない、ということになります。何をもって、わかっているもしくはわかっていないとするのか?だ ... » more

鍼灸徒然 
腎の働きは次の通り。腎は成長・発育・生殖を主る。腎は精を蔵し、精は髄を生じ、髄は骨を養う。腎は水を主る。腎は納気を主る。恐れは腎の志。唾は腎の腋。腎の華は神にある。腎はおよび前 ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 膀胱
膀胱の主な働きは貯尿と排尿です。水液の代謝は肺・脾・腎・三焦によって行われ、これらの臓腑によって全身に散布され利用された後、膀胱で尿となり、膀胱の気化作用で体外に排泄されます。膀胱の気化作用が失調すると小便不利(排尿困難 ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 肝13
お腹の調子の悪さが単なる脾、胃、大腸、小腸の問題とそうではない場合とで、対処の仕方、治療法、心がけたほうがいいことなどが変わってきます。土を木が克してしまうのが「木克土」。これは木が強すぎるものです。似たようなものに ... » more
テーマ 五行 東洋医学

鍼灸徒然 肝12
肝の色は青です。樹木の性質を持つ肝はのびのびすることをとても好み、それを妨げられることを嫌います。人や動物が「のび」をするとき、伸ばしているのは主に筋肉で、この筋肉の働きを主っているのは肝です。木々がのび ... » more

鍼灸徒然 肝11
お互いの関連性の中でその存在や働きを見るという姿勢は、臨床家でなくとも大切です。例えば、胃の調子がよくないといった場合、その胃の調子の悪さはどこから来るのか?を考えて対処したほうが断然いいということです。単なる食 ... » more
テーマ 五行 東洋医学

鍼灸徒然 肝10
肝は「風」の性質を持ちます。風邪にのってどこまでも飛んでゆく、そんなイメージをも持つ肝は自由を束縛されることをとくに嫌います。しかし、帰る場所がなければ鉄砲玉のように飛んでいったままになってしまう。帰る場所がある ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 肝9
肝鬱化火したその火の勢いがはなはだしいものを肝火上炎といい、これは実の状態。「怒る」のは生理的なことですから、怒るのは普通といえます。問題なのは怒りすぎて他に何か問題が生じたり、怒りが収まらなかったりすること。 ... » more
テーマ 東洋医学 うつ

鍼灸徒然 肝8
肝気が鬱滞すると熱を帯びてきます。これを肝鬱化火といいます。肝鬱化火のときの感情は「イライラ」。これはイライラするだけのパワーがあるとも考えられ、虚実でいえば実です。しかしこの状態が長引くとパワーは次第にうせ、虚 ... » more
テーマ 東洋医学 うつ

鍼灸徒然 肝7
肝気鬱滞とは、肝が鬱々として、気が滞ってしまうことです。辞書を引くと、「鬱」とは、心が晴れ晴れしないこと、とあります。中医学で「肝気鬱滞」という言葉はあっても、心気鬱滞はありません。しかし、肝の気が滞る状態が長引 ... » more
テーマ 東洋医学 うつ

 

最終更新日: 2016/12/03 14:23

「東洋医学」のブログ関連商品

» 「東洋医学」のブログレビュー をもっと探す

「東洋医学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る