誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    東洋医学

東洋医学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 医学
テーマ「東洋医学」のブログを一覧表示!「東洋医学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「東洋医学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「東洋医学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

鍼灸徒然 
熱中症は蓄積によって起こる。疲れているときに熱中症の症状があらわれやすいですね。だからその日はそれほどでなくても、外気の熱さ、内気の疲れが合わさると、意外と簡単に熱中症になったります。ちょっとづつの力はすごいな、とあ ... » more
テーマ 健康 東洋医学

9月鍼灸実技セミナーアドバンスコースのお知らせ お待たせしました!大阪での1日限りの鍼灸実技セミナーアドバンスコースの申し込みを開始致します。お申し込みはここで:http://jap023.wix.com/sportsigaku#!/cdhh関西セミナー: ... » more

鍼灸徒然 繋ぐ
夏休みの計画はもう立てましたか?計画を立てた日に思いを馳せれば、今日とその日が線で結ばれます。ツボと患部が経絡で結ばれるようなものです。経絡がつながれば、その日に向かって気持ちが変わり、行動が変わり、景色が変わり ... » more

意識改革 毎回恒例のセミナー終了後の新幹線の中です。今回の来日講演はセミナーも含め意識改革をテーマにやりました。昨日大阪の履正社さんでトレーナーのお話した際も自分の留学や夢、そして目標到達に必要な意識改革を自分の中で考えながらの講 ... » more

鍼灸徒然 体内の陰を蓄える
陰虚証だと脱水症や熱中症になりやすく、脱水症・熱中症になった人には陰虚証の人が多い。陰虚とは、慢性的に体内の陰が少ない状態のこと。陰の代表格でもある水が少なければ脱水症や熱中症を起こしやすいのは、当たり前といえば当た ... » more

鍼灸徒然 体内の水分をシャッフル
体内の水分が足りない慢性状態を陰虚証といいます。脱水症ほど急性の症状を呈すものではないですが脱水症になりやすい大きな理由一つが陰虚証だったりします。ですから脱水症予防のために水分を補給することは、もちろん大切ですが、 ... » more

今から日本に行きます 先程LAX(ロサンゼルス国際空港)でチェックインしてる時、いきなりカウンターで男性の係員から早口の英語であなたの席はオーバーブッキングでありませんと自信持って言われてしまった。俺もかなり自信持って言われたので、あぁそうですかと笑 ... » more

鍼灸徒然 腎精2
つまり精力旺盛な人とは、腎のしっかりした人のこと、と考えてほぼ間違いなさそうです。精力を辞書で引くと、「物事に力を尽くすこと・尽力・骨折り」、とあります。骨を主(つかさど)るのは、やはり腎で、腎は尽につながり、腎の気 ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 腎精
肝気、心気、脾気、肺気、腎気、五臓にはそれぞれの気が宿ります。しかし「精」を付けるのは腎だけ、なぜ、腎精というのでしょう?体内のエネルギーは三種、気・血・津液の三種。精とは、これらの源です。これから気に、血に、津 ... » more
テーマ 東洋医学 養生

鍼灸徒然 持久力3
根気がない、粘りがないのは腎気の不足。では、腎の気を強くするには何をしたらいいのでしょうか?やることをちゃんとやる。おそらくこれにつきます。やりすぎてはいけません。適切な運動、栄養、休養といったことが基本。併せて、根 ... » more
テーマ 人体 東洋医学

鍼灸徒然 持久力2
全身持久力が心肺・循環機能を、筋持久力が筋肉を、それぞれ運動のために使い続ける能力のことならば、五行的に考えれば、筋持久力は肝の力、全身持久力は心の力のことなのでしょうか?筋でも、全身でも、持久力のことを、スタミナや ... » more
テーマ 五行説 東洋医学

鍼灸徒然 私の感情
一つ色の感情に染まってしまう、なんてことはあまりありませんが、一応、東洋医学では、感情には7つあるとしています。怒、喜、思、憂、悲、恐、驚の7つ。怒りと悲しみが、驚きと喜びがいっしょになっていたりと、これらが複雑に絡み合 ... » more

6月セミナー申し込み開始! 6月のセミナー申し込み開始致します。http://jap023.wix.com/sportsigaku#!/cdhh米国に於ける鍼灸の実際スポーツ障害に対する処置法(復習編)関東セミナー日時:6月 ... » more

鍼灸徒然 肝の気をコントロールする
春は肝の調子が狂いやすい。肝と肝臓は同じではありません。東洋医学でいうところの肝は精神的なものを担う働きがあります。とくに気が上がってしまうような状態は肝との関わりが深い。例えば、ウキウキするようなとき、ハイ ... » more
テーマ 東洋医学 うつ

毎年春になるとこの話をしています。春は風が強い。風が上へ上へと舞うように、人の体内でも気が上がりやすい。もともと気は、血や水に比べて上がりやすい性質のものですから、それ自体は特別問題はありません。問題なのは、 ... » more
テーマ 東洋医学 うつ

それは小さな夢から始まった 鍼灸の専門学校に入ったのはいつか人に感動を与えるスポーツ選手を支える仕事をしたかったから。その手段が鍼灸という医療技術であり、アスリートを支えるアスレティックトレーナーという仕事だった。高校を卒業してまだ少ししか経っていなかった俺は ... » more

鍼灸徒然 精霊
柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の3人共、忌日が3月18日。偶然か?それはわかりませんが、ということで3月18日は「精霊の日」だそうです。Wikipediaに次ぎのようにあります。精霊とは、万物の根源をなしている、 ... » more
テーマ 人物 東洋医学

鍼灸徒然 あしたのために
被災後、下降線を辿っていた心身の不調を訴える人の数、ここにきてまた上昇してきているとのこと。「自分はまだまし、もっともっとツライ思いをしている人が沢山いる。この程度の自分が弱音を吐いてはいけない」、とこれまでがん ... » more

鍼灸徒然 最初にウニを食べたのは
「ウニを最初に食べた人はえらい」と言うけれど、ウニを最初に食べたのは人間ではなくて、人間の祖先だと思う。鍼やマッサージが体にいいということや、ツボの存在を発見したのも正確に言えば人間の祖先。人間がまだ人間ではなか ... » more

春の鍼灸実技セミナーアドバンスコース開催のお知らせ お待たせしました!春の鍼灸実技セミナーアドバンスコースの申し込みが始まりました。http://jap023.wix.com/sportsigaku#!/cdhh関東方面日時:4月11日(土)/12日(日) ... » more

鍼灸徒然 声の出どころ2
午後になると声が出なくなるという患者さん。医者からカラオケ禁止令が出たそうです。確かに、使い過ぎたものに休みは必要です。だから、そんなときに声を酷使するようなことは禁物です。しかし、弱いものを強くするためにはある ... » more

鍼灸徒然 声の出どころ
「午後になると声が出なくなるんです」と笑顔で話す患者さん。あまり深刻ではなさそうです。確かにこの方の主訴は声が出なくなることではないのですが。声が出なくなる症状を「嗄声」といいます。この病に対して考えられる代表的 ... » more

鍼灸徒然 腹か背か
ある歌手の人とお会いしました。「では一曲」と披露された曲は「アヴェマリア」。「腹から歌うことを心掛けています」というその歌手に義妹が問きました。「秋川雅史さんは、『歌うときに大事なのは、実は腹よりも背だ』と言ってまし ... » more

鍼灸徒然 潤う
「潤」という字。右側は、門の中で王様がゆっくりと休んでいるようすを表しいるんだそうです。「潤」は、それに「水」をつけて、水があまってしみ出てくる様子を表しているとのこと。中医学では、余分な水分のことを「湿」といい ... » more

鍼灸徒然 冬、体と対話する
寒ければその寒さから身を守るために身体のモードが切り替わるはず。だから感じるままに過ごしてさえいれば大丈夫、なんてことはある場合もあるけれど、無い場合も多い。摂取された脂肪はそのまま体脂肪として蓄えられます。脂肪以外 ... » more

鍼灸徒然 伝える
質問者との認識の差が大きい場合、答えるのに時間が掛かる。と雑誌の編集の人が言っています。ときには本一冊分の説明が必要になると。同感。このように思うことは少なくないですね。一つの質問に「ちゃんと」答えようとしたら、 ... » more

鍼灸徒然 黒と目と
黒と目と 目には黒い食べ物がいいと昔の人は言っています。例えば黒ゴマ。しかし、五臓の色帯表をみると目は肝の欄に、黒は腎の欄に並んでいます。「肝腎要」の言葉の通り、肝と腎は切っても切れない関係にあります。また、腎は精を蔵し、 ... » more
テーマ 五行説 東洋医学  コメント(2)

鍼灸徒然 こころはどこにあるか
こころはどこにあるか?これに対しての答えとして一つあるのが、こころとは「脳」のことだ、といったもの。でも、もしこころと脳がまったく同じなんだとしたら、こころという言葉は要らなくて、脳だけでいいような気もします。 ... » more

鍼灸徒然 許容量
許容量 どこかの化粧品のお店でもらった小さな観葉植物は、3日ほど水をやらないと、見事に?ショボンとします。許容量が少なく、一度に多くの水分を蓄えることが出来ない。だから3日空けずに、まめにまめに水をあげなければなりません ... » more

鍼灸徒然 行き交う季節、交わるツボ
秋という季節に張り切る邪鬼は燥の邪。燥邪に弱いのが肺。夏の間に猛威をふるった湿邪の力がだんだんと治まり、これから空気が乾燥してきます。暑さも落ち着き過ごしやすくなる反面、お肌がカサカサしてきたり、ウィルスが飛びや ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 14:23

「東洋医学」のブログ関連商品

» 「東洋医学」のブログレビュー をもっと探す

「東洋医学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る