誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    東洋医学

東洋医学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 医学
テーマ「東洋医学」のブログを一覧表示!「東洋医学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「東洋医学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「東洋医学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

腰痛の痛みは西洋医学や東洋医学では改善できない!? あなたの腰痛は何故痛いままだと思いますか?一時的に痛みが和らぐだけで、時間が経てば直ぐに痛くなる・・・。効果あると評判の治療法を行っても、完治には程遠い・・・。腰痛を改善させようとしても、思うように痛みが消えない。そういう悩みの声を ... » more
テーマ 西洋医学 腰痛 東洋医学

三伏灸(さんぷくきゅう)とは、夏の暑い盛りのときにお灸をして、『冬にあらわれやすい風邪や喘息、鼻炎などの対策をしておきましょう』というお灸です。東洋医学では「冬病夏治(とうびょうかじ)」という考え方があります ... » more

6月22日に所属するSLクラブで、「健康を考える会」を月一ですが始めました。目的は、余りにも周辺に生活習慣病患者が多いので、特に糖尿病の人が多く、2200万人いるということで、根本的に勉強し直そうということです。<断薬その1 ... » more

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻の小林麻央さんが、乳癌で亡くなられました、34歳でした。凡そ、1年前には妻が定期健診で乳がんと診断されショックだったのですが、その当時、麻央さんも話題に載っていて、よく自分達は比較したものでした。 ... » more
テーマ 西洋医学 玄米菜食 東洋医学

ちょっと先の話になるのですが、小学生くらいまでのお子さまとパパ・ママを対象とした棒灸体験会を行います。ご家庭で手軽に、安心・安全な棒灸の心地よさを一度体験してみませんか?今回のテーマも「疳の虫(かんのむし)」です。是 ... » more

蒸し暑かったり、涼しかったりで、体もついていきませんが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?さて、当院にて、『みんなで楽しむお灸の会』を「9」の付く日に定期的に行っております。安全・安心で効果の高い、 ... » more

すっかりご無沙汰してすみません。みなさま、いかがお過ごしでしたか?さて、当院にて、『みんなで楽しむお灸の会』を「9」の付く日に定期的に行っております。安全・安心で効果の高い、快適なセルフケアであるお灸。 ... » more

小学生くらいまでのお子さまとパパ・ママを対象とした棒灸体験会を行います。ご家庭で手軽に、安心・安全な棒灸の心地よさを一度体験してみませんか?今回のテーマも「お肌のトラブル」です。是非ご参加を!日時7月16日(土) ... » more

『みんなで楽しむお灸の会』のご案内 当院にて、『みんなで楽しむお灸の会』を定期的に行っております。安全・安心で効果の高い、快適なセルフケアであるお灸。ご自身の体調管理はもちろん、ご家族の軽い不調をおうちでお手当てできたら良いですよね。東洋医学的 ... » more

鍼灸徒然 頭痛5
労倦、飲食の不摂生で脾胃に過剰な負担が掛かる、もしくは病後や産後で気血の生成が悪くなる、そのような理由で頭部を栄養できなくなると頭痛がおこる。気は目に見えず、血は目に見える、身体にとって、どちらもとても大切。これなく ... » more

鍼灸徒然 頭痛4
情志が失調し肝鬱となり、そのため肝火が生じ上炎すると頭痛が起る。また肝火により肝陰を損傷し腎陰不足を誘発、肝腎陰虚となり、肝陽が上亢すると頭痛が起る。肝鬱とは、この場合、現代西洋医学の鬱と捉えられます。また鬱には、巡 ... » more
テーマ 東洋医学 養生

鍼灸徒然 頭痛3
腎精が不足し、脳髄が空虚になると頭痛となる。何故、腎精が不足するのか?先天の精である腎は、老化という避けることのできない現象によって、徐々に枯渇していくものではあります。しかし、歳を取ることで誰もが頭痛になるわけでは ... » more

鍼灸徒然 頭痛2
食べ過ぎによる頭痛なんてものがあるのか?あります。思い当たる人は結構多いんじゃないでしょうか?食べ過ぎは五臓の脾に影響し、脾の運化の機能を停滞させます。脾の運化の機能が停滞すると、体内で痰と湿が発生し、清陽が ... » more

老化と病気は違います。歳を取れば誰でも、若い頃と同じように速く走ることはできなくなります。でも速く走れなくても元気な人もいれば、速く走れるけど病気の人もいます。腰が曲がっているけど元気、車イスだけど元気、もっと言 ... » more

鍼灸徒然 銀杏
食べ過ぎてはいけないが、ないとさみしいのが銀杏。旬のものを食べようと、それが体にいいよと昔からいわれます。みずみずしいものが潤いを、活き活きしたものが生命力を与えます。茶碗蒸しに銀杏が入っていなかったらとてもさみ ... » more
テーマ 東洋医学

『みんなで楽しむお灸の会』のご案内 当院にて、『みんなで楽しむお灸の会』を定期的に行っております。安全・安心で効果の高い、快適なセルフケアであるお灸。ご自身の体調管理はもちろん、ご家族の軽い不調をお家でお手当てできたら良いですよね。東洋医学的鍼 ... » more

鍼灸徒然 力を抜いて
視るときは目に、聞くときは耳に、嗅ぐときは鼻に、気は集まります。それ以外のときは、景色は何となく目に写るだけ、音は何となく聞こえるだけ、そしてニオイは、特別なものでなければ、普段はその存在すら感じていません。東北 ... » more

世界鍼灸事情(前篇) 今回は私の米国研修時の解剖実習アシスタントであり、母校の後輩であり、そして弟子でもある、Mitsさんからの投稿です。今回は2回にわたって彼に世界の鍼灸事情を教えて頂きます。今後グローバルな社会になって行くと共に鍼灸師も世 ... » more

お腹がすっきりしないとき 「大巨(だいこ)」というツボにお灸してみてはいかがでしょうか?このツボはいろいろなときにお役に立つツボです。例えば便秘や下痢などの大腸のトラブル。例えば不妊症や子宮内膜炎、月経不順、月経困難、帯下などの婦人科疾患。 ... » more

鍼灸徒然 つまらなければ面白い
面白いの反対は何か?答えは「つまらない」。では「つまる」の反対は?答えはやはり「つまらない」。つまらず、滞らず、が健康の基本。ふんづまって、巡るはずのもの、出るはずのものが出ないのはよくない。出ればスッキリ、 ... » more

鍼灸徒然 活かす技、殺す術
天地ができる以前の宇宙は無色、無形、無味にして、もやもやとした状態であった。やがてそれは一つに集まって気となり、動けば「陽」となり、動が極まって静となれば「陰」となった。陽の精は火であり、太陽は日となり、陰の精は水で ... » more

鍼灸徒然 今、陰陽論3
現代は陽過多。これは一面的な見方です。確かに一億総睡眠不足ということを考えるとそれは陰虚であり、つまり相対的に陽が多いということ。がしかし、一方で運動不足、肥満の人が増えている、これは陰過多と見ることもできます。まぁ ... » more

鍼灸徒然 今、陰陽論2
誰が最初に唱えたか?陰陽論。これはわかりませんが、陰陽論が、言い方を換えればバランス論であることを考えると、陰陽論というものに間違いはない。誰が唱えたかわかりませんが、昔々から伝わる陰陽論はいつの時代にも万物の根 ... » more

鍼灸徒然 今、陰陽論
消費したら補充が必要だというのは、これは言ってみれば陰陽論です。活動が陽で、補充が陰。陰を補充することを補陰といい、つまり飲食することは補陰だし、睡眠を取ることも補陰です。職業柄、陰陽の話をしたり、書いたりす ... » more

鍼灸徒然 食べることは補陰
「神(かみ)」の「か」は火、「み」は水、だそうです。音訓ごちゃまぜの読み方ですが、その辺は多めに、いや、それにも意味があることなのかも知れません。火も水も我々の生活に欠かせない大切なものです。陰陽で見れば、火は陽、水は陰 ... » more
テーマ 陰陽 東洋医学

11月鍼灸セミナーのお知らせ 1日限りのセミナーを大阪で終えていつも通り新幹線でブログ書いてます。今回は母の治療の為数日の来日でした。日本も気候が良くなり気持ちのいい旅となりました。食べ物も美味しいし、やっぱり日本は最高です。さて ... » more

鼻水が氣になるときに その2 前回の続きです。以下、少し長くなりますが、入江正先生の『漢方治療原論』からの引用です。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━花粉症の患者自身に左右の太淵と曲池を取穴させる。イラストと簡単なア ... » more

鍼灸徒然 逃げる2
「急なれば標を治し、緩なれば根を治せ」とは、取り合えずのものから手を施し、後に、時間的余裕を持って根本治療に取り組めと、そういうことです。根に働きかけることは大事。これを一番に掲げるべき、ではありますが、本来時間 ... » more

鍼灸徒然 のど元を通過させる
過ぎた日々は帰らない。あんなにたっぷりとあったはずの夏休みも気がつけば残りわずか。宿題の提出日ももうすぐ。何とかしないとね。予防が大事ということを表すのに、「病気になってから手を打つのでは、のどが乾いてから井戸を ... » more

鍼灸徒然 夏の終わりの養生3
最も多くお年寄りが亡くなる季節が秋だそうです。過酷な夏を乗り越えて、ホッとしたと思ったらポックリ、ということでしょうか?まぁ、死なないまでも体調が優れない人は多い。「未病」とは、早めの手当てが大切、との考えから生まれ ... » more

 

最終更新日: 2017/09/22 11:16

「東洋医学」のブログ関連商品

» 「東洋医学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る