誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「坂」のブログを一覧表示!「坂」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「坂」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「坂」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

心が風邪をひいた丑三つ時の君へ幸坂
幸坂 昨日、ある方とお話をしました。函館にある旧ロシア領事館です。ここにゆかりのある方でした。ここまでの説明で、某校長先生(あなたです!)は、私がどなたとお話をしたかピンと来たと思います。 ... » more

(仮)徒然旅行記渋谷のまさか
渋谷のまさか 渋谷パルコでレゴ展を見た帰り、有名な「スペイン坂」より一本渋谷寄りの通り、渋谷ロフトの脇を通り道に奇妙な標識を発見。「問坂?」と書かれているのかわからず標識の上を見ると、象形文字?が反対に彫られていたので、「ハンコ」 ... » more
テーマ 散歩

音羽谷(六)〜鳩山会館 鳩山会館は、内閣総理大臣を務めた鳩山一郎の邸宅を記念館として一般に公開したもので、音羽にあることから「音羽御殿」の通称で知られ、戦後政治史の舞台となった場所です。オフィス街である音羽通りに面したビルの一角に、巨大な邸宅を思わ ... » more
テーマ 洋館 散歩

(仮)徒然旅行記音羽谷(五)〜鷺坂
音羽谷(五)〜鷺坂 小日向台地の崖上の住宅地へ上っていく隠れた急坂です。「鷺坂(さぎざか)」です。小日向台地の南西の隅にあるV字型の急坂です。この辺りに来ると元々閑静だった住宅地だったのが左右から覆いかぶさってくる樹木や高い石垣 ... » more
テーマ

音羽谷(四)〜八幡坂・鼠坂 反対の小日向台地から音羽谷へ下る坂です。「八幡坂」です。今宮神社脇の水窪川跡の道から始まり、途中で直角に折れ曲って、小日向台地の西側を音羽通りと平行に北へと上がっていくスロープと階段を併せ持った急坂で ... » more
テーマ 社寺

音羽谷(参)〜鉄砲坂・鳥尾坂 三丁目坂と七丁目坂との間に古くからある坂と新しく開かれた坂があります。三丁目坂の南側を通る「鉄砲坂(てっぽうさか)」です。名前の由来は江戸時代には坂下の東京音楽学校学生寮のあたりに、崖を利用して鉄砲の射撃練習 ... » more
テーマ 散歩

音羽谷(弐)〜七丁目坂・三丁目坂 音羽谷の南北に名前の似ている二つの坂があります。「七丁目坂」です。目白新坂の北側にある閑静な住宅地の裏道になっており、坂の途中から曲がりくねった急な階段坂になってます。小高い山の登山道のような印象でした。坂下は江 ... » more
テーマ 散歩

音羽谷(壱)〜目白坂・目白新坂 音羽谷は文京区の西、音羽通りを中心に南北に細長く、北に護国寺、最南端で神田川に接します。この地は元禄の頃に護国寺領となり町屋にしましたが入居者がおらず、桂昌院の信任が厚かった奥女中の音羽にこの門前町が与えられました。そのため「音羽町 ... » more
テーマ 社寺

関口台地(八)〜清戸坂と環四通り計画 「清戸坂(きよとざか)」です。不忍通りが目白通りに交わる目白台二丁目交差点から、護国寺方向に向かって緩やかに下る長い坂道です。距離が長いせいかあまり坂という感じではありませんでした。尾張徳川家の御鷹場が、中清戸( ... » more
テーマ 環四通り計画 散歩

関口台地(七)〜胸突坂とその周辺 東京には正式名別名を含めて数多くの「胸突坂」がありますが、ここは最も代表的な胸突坂だと思います。「胸突坂」です。関口台地(目白台)に上がる、樹木と石垣が見事な急で細い階段坂で、坂上にある「和敬塾」の学生たちの ... » more
テーマ 公園 社寺

関口台地(五)〜小布施坂・豊坂 関口台地の頂上を通る目白通りから神田川の低地へ下っていく、印象の違う二つの坂です。「小布施坂(こぶせざか)」です。現在は地元の方々の生活道路ですが、江戸時代、二つの下屋敷の境の野良道を、新道として開いた道がこの坂だそ ... » more
テーマ 散歩 社寺

関口台地(六)〜薬灌坂と二つの幽霊坂 関口台地北部付近は江戸市中のもっとも外れに位置し、さらにお寺や、大きな大名屋敷が点在し人の行き来も少ないために、名前が付けられた坂があります。「薬灌坂(やかんざか・夜寒坂)」です。関口台地から不忍通りへ下りていく細く緩や ... » more
テーマ

関口台地(四)〜日無坂と富士見坂 「タモリのTOKYO坂道美学入門」でも紹介されている、「日無坂」(左)と「富士見坂」(右)の対照的な二つの坂の分岐点です。場所的には稲荷坂と小布施坂の間にあり、目白台から真っ直ぐに神田川の谷へ下っていく急坂です。ここからも新宿の ... » more
テーマ 散歩  コメント(2)

関口台地(三)〜稲荷坂と根生院 さらに東へと進みます。撮影日2009年11月3日撮影日2012年9月15日「稲荷坂(いなりざか)」です。富士見坂の西側にある長い細坂でした。坂から遠くの新宿のビル群を見晴らすことができます。 ... » more
テーマ 社寺

関口台地(二)〜「目白不動尊」金乗院と宿坂 「目白不動尊」神霊山金乗院です。不動明王像の眼が「白」かったから目白と名付けられたそうです。「目白不動尊」を祀るお堂です。残念ながら秘仏となっており、お姿を拝むことはできません。元は新長谷寺(しんちょうこくじ ... » more
テーマ 社寺

関口台地(一)〜千登世橋・のぞき坂 今回は、9月から10月にかけて「関口台地」と呼ばれている所を散策しました。3年前にも「光圀さん」のポイント狙いで訪れていますが、今回は見落としていた部分を含めて休みを使って何回かに分けて、ゆっくり回ってみました。「関口台地」 ... » more
テーマ

茗荷谷探訪C〜荒木坂と謎の浅利坂 茗荷谷の小日向台地側の最南部にある昔からある坂です。「荒木坂」です。坂下の巻石通りから称名寺の東横を、小日向台地に南北に上がり墓地の北側へ折れていく急坂で、場所的に茗荷谷の南端に当たります。坂上に荒木志摩 ... » more
テーマ 散歩

茗荷谷探訪A〜藤坂・釈迦坂・蛙坂 深光寺の坂下から丸ノ内線のガードに向かう道は茗荷谷の谷底に当たります。このガードをくぐり、まっすぐ行くと藤坂へ、左に行く道へ行くと釈迦坂へ、ガードを潜らず右へ行くと蛙坂へ向かいます。「藤坂」です。茗荷 ... » more
テーマ 散歩 社寺

茗荷谷探訪B〜小石川検査場と切支丹坂・庚申坂 小日向台地側から、茗荷谷を埋め立てて造られた地下鉄の小石川検査場が一望できる場所があります。丸ノ内線においては、戦前に中野富士見町付近に車庫用地を確保していました。しかし、丸ノ内線の着工時に肝心な同区間への路線免許は下りなかった ... » more

茗荷谷探訪@〜茗荷坂と縛られ地蔵 東京都内には「谷」がつく地名が多いような気がします。渋谷、四谷、市ヶ谷、日比谷、入谷、下谷、祖師谷、雑司ヶ谷、碑文谷、阿佐ヶ谷、 雪ヶ谷、世田谷、松が谷、神谷、糀谷、粕谷、富ヶ谷、鶯谷、谷中、谷原、大谷口、 大谷田、古千谷、谷在家、 ... » more
テーマ 社寺

続高輪台散策(参)〜桂坂と二本榎出張所 「桂坂(かつらざか)」です。坂下はオフィス街ですが、坂上にかけて昔ながらのお屋敷や石垣、民家が残っていました。この辺りは空襲の被害を免れたようです。こちらも柘榴坂同様、クランク状の坂を直線にした交通量の多い長い急坂で ... » more
テーマ 洋館

続高輪台散策(弐)〜東禅寺と洞坂 東禅寺です。桂坂とグランドプリンスホテル高輪の高台の間の窪地に位置し、周りの喧騒が境内の鬱蒼とした木々によって打ち消されていました。幕末の安政年間以降、当寺は西洋人用の宿舎に割り当てられ、安政6年には日本初のイギリス ... » more
テーマ 社寺

続高輪台散策(壱)〜品川付近 前回の散策から調べていくと品川駅付近にも坂があるそうで、今回時間もあったのでこちらも歩いてみました。「柘榴坂(ざくろざか)」です。第一京浜を挟んで品川駅高輪口(西口)の向かい側にある、真っ直ぐ西側に上る交通量の多い坂 ... » more
テーマ 洋館 散歩

函館の「八幡坂(はちまんざか)」 「八幡坂(はちまんざか)」は函館の坂の中でも特に有名な坂。昔、函館八幡宮が坂の上にあったことから、この名が付きました。並木道と石畳の続く坂の先には、函館湾や青函連絡船の摩周丸を望む素晴らしいロケーションが広がり、人気の撮影スポットになっ ... » more

高輪台散策F〜台地北部の坂 高輪台の北部、丁度三田三丁目・四丁目付近には名前の付く坂がたくさんありました。都内に7か所ほどある幽霊坂の一つ「三田の幽霊坂」です。直線の細い坂道ですが途中がかなり急坂になっています。江戸城近くから移転した寺院群が建 ... » more
テーマ 散歩

高輪台散策D〜伊皿子坂・魚籃坂 再び旧高松宮邸正面へ出てきました。次の信号の右が伊皿子坂、左が魚籃坂方面です。(厳密にいうと交差点の左側先に坂の頂上があります。)「伊皿子坂(いさらござか)」です。坂の途中で大きく右にカーブしている坂で、その先に泉岳 ... » more
テーマ 社寺

高輪台散策C〜病院坂と旧細川邸のシイ 桜田通りを歩いて、魚籃坂下から大丸ピーコック高輪魚籃坂店の脇の坂を登ります。この坂道には特別な名称はありませんが、横溝正史の執筆した長編推理小説『病院坂の首縊りの家』のモデルになった坂だそうです。(情報はWikiから ... » more
テーマ 古木

高輪台散策B〜坂と清正公 高松中学校の脇を国道1号線(桜田通り)に向かって下って行きます。曲がりくねった車の通行が難しい細い坂です。標識はありませんが、持っていた地図には「葭見坂(よしみざか)」と載っていました。「天神坂」です ... » more
テーマ 社寺

シュタイントギルの旅人団平坂を歩く
団平坂を歩く 東京の茗荷谷、小石川植物園の近くに団平坂という坂道がある。団平と称する米搗屋が住んでいたのだという。その近くには、石川啄木の終焉の地がある。文京区内を移り住んで、明治45年4月13日の朝、啄木は26歳であったという。この辺りは、 ... » more
テーマ 文学 街歩き

港区麻布台「雁木坂」の桜が満開な件 コンバンワたま男です今晩もカメラをもっておでかけしてみましょう今回は港区麻布台の「雁木坂」の桜が満開な件雁木坂の桜の開花の様子はどうかなぁ〜なんて思ってる御仁はいますぐダッシュ!もう満開の件!!w ... » more
テーマ 階段 写真

 

最終更新日: 2016/12/10 13:14

「坂」のブログ関連商品

» 「坂」のブログレビュー をもっと探す

「坂」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る