誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    相場

相場

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「相場」のブログを一覧表示!「相場」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「相場」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「相場」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

今週は、半ばまで株価はもみ合いだったが、週末のEU委員会でのサポート発言で金曜日は総じて上昇。マクロ指標の発表もそれなりにあったが、影響が大きかったのは欧州情勢。イタリアやスペインの債券利回りの上昇は予断を許さないが、金曜のスペイン ... » more
テーマ 相場

今週は上下動が激しかったが、全般としてはリスクオンの動き。株は日本株が3%の上昇とはなったが、欧州は+0.5%、米国は−0.5%とまちまち。債券利回りは全般に上昇で、5bp〜10bpの利回り上昇。為替は円安で、対ドル2%、対 ... » more
テーマ 相場

今週は先週ほどではないけれども株の上昇継続。一方で債券利回りは上昇が止まり、為替相場ではドル軟調が続いたものの円安は一服。材料は欧州関連が中心で、スペイン国債格下げが最も大きかったかもしれない。スペインの銀行支援が結局はスペイン政府 ... » more
テーマ 相場

今週は、先週の株安・金利低下が反転し、株高・金利上昇。材料としては、中国での25bp利下げ、ECB、FRBによる追加緩和を示唆するコメントなど、金融当局のサポート姿勢が出てきたことが大きい。景気指標については、中国のPMI低下、日本 ... » more
テーマ 相場

先週の、4月初からの調整一服、から一転して今週は再度株価調整。欧米株は3-4%の下落。米国株については4月ピークから1割程度の調整となっている。日本株は1%強の下落にとどまっており、円高の割りには健闘。債券の動きがより強烈で ... » more
テーマ 相場

先週は、5月に入ってからの株価調整が一服。日本やアジアは1%弱の下落だったが、欧米は1%強の上昇。商品市況の下落ペースは鈍化したほか、下落が続いていたブラジルレアルも反発している。一方で、債券利回りの低下傾向は特に欧州で続いており、 ... » more
テーマ 相場

今週も先週同様に「リスクオフ」の展開。材料としては欧州情勢が大きく、ギリシャの再選挙が確実になっていくにつれ、ユーロ離脱の可能性を懸念した動き(預金流出など)が起こり始め、投資家が様子見姿勢をとらざるを得なくなっていった、というとこ ... » more
テーマ 相場

今週も停滞モードが続く。材料では、再び欧州関係が多く、フランス大統領選挙での現職敗退、ギリシャ議会選挙での与党連合敗退がネガティブに働いた。特にギリシャ情勢は、連立政権樹立困難な状況から再選挙の可能性が高まり、ギリシャのユーロ離脱が ... » more
テーマ 相場

今週は、日本はゴールデンウィークで2営業日しかなかったものの、欧米は週末の雇用統計など材料もあり、それなりに動きがあった。経済指標では、金曜の米雇用統計、木曜の”非”製造業センチメントなど弱めのものが目立つ一方で、火曜の製造業センチ ... » more
テーマ 相場

今週は、米・独株が上昇、アジアや新興国株は軟調、債券利回りは総じて低下、為替は円高・ドル安。商品市況も若干回復。経済指標で言うと、米国Q1GDPが+2.2%と予想よりも弱い数値になったほか、4月の耐久財受注や住宅指標など弱めのものが ... » more
テーマ 相場

今週は、米株に関しては「行って来い」、日本は戻りが鈍い展開。債券利回りはほぼ横這い、商品市況もまちまちであり、強弱が拮抗。材料で言うと、欧州財政懸念については、スペインの国債入札が(募集金額自体を引き下げたものの)何とか終了し、懸念 ... » more
テーマ 相場

今週は、米株が下げ⇒上げ⇒下げと値動きの激しい展開。債券利回りもそれに応じて上下。影響した材料は以下の通り。@マクロ指標⇒弱いa)先週金曜の米雇用統計の弱さ(金曜が休日だったため、月曜の下げにつながる) b)金曜の米消費 ... » more
テーマ 相場

先週分のコメントを簡単に。相場自体は、火曜日のFOMC議事録発表(追加緩和期待後退)をきっかけに、”リスクオフ”の展開。株は1%から3%下落し、債券利回りも米国で15bpの低下。為替は円高となり、商品市況も軟調。経済指標では ... » more
テーマ 相場

タイトルに「年度末」とは謳ったものの、先週の相場はあまり年度末色はなかった。株は、日米のみ1%弱の上昇で、その他は1%から3%(中国)の下落。債券利回りも前週に続いて低下傾向。為替は前週の反動もあってか円安。商品相場も、 ... » more
テーマ 相場

今週は先週の大幅上昇の反動もあり、上昇一服モード。株は各国とも1%〜3%と下落で、上昇が続いていた長期金利も米国で6bp、英国やドイツで18bpの低下。為替は先週の円安から一転しての円高で、概ね1%強の円高。商品市況は先週ま ... » more
テーマ 相場

今週は、株高・金利上昇の展開。株で言えば、火曜日から水曜日の動きが大きく、米株が2%近く上昇し、アジア株もそれに追随。週間では、欧米日とも2%強の上昇。債券利回りはそれに遅れてじわじわと上昇し、米国、英国、ドイツとも25bp以上 ... » more
テーマ 相場

今週は、株だけでみると下落後の持ち直しでほぼ横這い。債券もほぼ横這いで、動きがあったのは為替でのドル高と日本株の強さ。材料として大きかったのは、ギリシャの債務再編に関する懸念と安心。懸念が広がった火曜には米株が大きく下落したが、その ... » more
テーマ 相場

先週の東京マラソン直後は脚がボロボロで、今週は走るのを止めようかと思っていたのだが、筋肉痛も水曜くらいには治まり、とりあえず10キロを軽めに走ってきた。来年の東京マラソンをどうするかはまだ先の話だが、とりあえず週1ペースではジョギングを続け ... » more
テーマ 日常 相場

今週は、大きな動きが見られなかった週。株は、先進国では0.5%以下の小幅高、新興国はブラジルの3%上昇があるかと思えばインドは2%の下落とまちまちで、金利も横這い。比較的動いたのは為替で、先週のユーロ高の反動かユーロドルは2%のドル ... » more
テーマ 相場

【今日の為替相場投資】 昨日のドル円は80円後半から81円前半の狭い範囲での値動きで今朝の時点では前日終値とほぼ同値の81円前後で推移しています。先週までの急騰から今週は一休みしている状態です ... » more
テーマ 投資 経済 相場

【今日の為替相場投資】 昨日のドル円は軟調な展開でしたがNY市場に入ると上昇に転じて81円台を回復、先週の高値である81円後半へ迫ってきました。昨日は上昇しましたが見通しは変わらず長期的には ... » more
テーマ 投資 経済 相場

【今日の為替相場投資】 昨日のドル円は80円前半から半ばの範囲で推移し終値では前日とほぼ同値の80円半ばで終えています。見通しは変わらず長期的には更なる上昇を想定しつつも目先は急騰 ... » more
テーマ 投資 経済 相場

【今日の為替相場投資】 昨日のドル円は反落し80円前半まで下落した後やや値を戻し今朝の時点では80円半ばで推移しています。見通しは変わらず長期的には更なる上昇を想定しつつも目先は急騰後 ... » more
テーマ 投資 経済 相場

今週は、日本とその他で景色が違う展開。欧米など海外では、株は一進一退でほぼ横這い、債券利回りは若干低下。それに対し、日本ではTOPIXが+3%と堅調。先週の日銀の金融緩和をきっかけとした円安がその材料で、先週、今週とも2%程 ... » more
テーマ 相場

マツダが経営改革の成果を問うディーゼルSUVを発表しましたね、このディーゼルエンジンは「スカイアクティブ-D」という名称で燃費18.6km/Lでありながら、最大トルクが4リッターV8ガソリンエンジンなみで、ディーゼルのイメー ... » more
テーマ マツダ 買取 相場

今週は、週後半から株堅調・金利上昇・円安。欧州情勢は、ギリシャの財政再建支援の決定が遅れているが、来週初には何とかなりそうという楽観論が多くなってきている。ECBが保有債券の新発債への交換を了解したとの報道も楽観論への補強材料になっ ... » more
テーマ 相場

今週は、いわゆる「行って来い」の展開。動かしたニュースはギリシャ情勢。EU・ECB・IMFによるギリシャ支援策の前提となるギリシャの財政緊縮策の策定に対する楽観論が広まった火曜日に株高・金利上昇・ユーロ反発となったが、実際に合意とな ... » more
テーマ 相場

今週は全般には”リスクオン”の動き。日本株のみ電機各社の業績などの影響で横這いにとどまっているが、それ以外の各地の株は2-3%上昇し、債券利回りも上昇。為替は主要通貨はほぼ横這いだったが、豪ドル、レアルなどは対ドルでも堅調。 ... » more
テーマ 相場

ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は急落し、104・00ドル(5・6%)安の1オンス=1757・30ドルで取引を終えた。下げ幅は1980年1月以来、31年ぶりの落ち込み。下落率も2008年3月中旬以来、3年5 ... » more
テーマ 相場 市場 金・市況

世界最大の金消費国であるインドでは、金需要が前年より25%急増する可能性がある。金相場が資金の逃避先としての需要から歴史的な上昇を見せるなか、買い手が一段高を期待しているため。金製品の販売量は前年同期を大幅に上回る250 ... » more
テーマ 金・貴金属 相場 市場

 

最終更新日: 2017/05/22 11:32

「相場」のブログ関連商品

» 「相場」のブログレビュー をもっと探す

「相場」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る