誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自作詩

自作詩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
テーマ「自作詩」のブログを一覧表示!「自作詩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自作詩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自作詩」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

何を信じて生きるのか。自分を信じて生きるというのが日本人のおおかたの生き方ではないだろうか。しかしどのようにすれば自分を信じることができるのか。.勉強のできる学生になる。勉強ができると人から褒めそやされる。仕 ... » more

《自作詩》○o*:. Hitomi  ni  Sasagu  Ai  no Uta .:*o○ 眠る眼(まなこ)は君のお母さんそっくりその長いまつ毛を濡らすのはうれしさか感動か思いきり泣いたぶんだけ 自分自身が成長できる悔し涙であってほしいすやすやと眠る君を見つめながらき ... » more
テーマ 日常のスケッチ 自作詩 50代以上のblog

獅子鮟鱇詩詞七絶・雨過天晴
雨過天晴:雨のち晴。政治が暗黒から光明へ転じることを比喩。.七絶・雨過天晴2016.06.11 -46586.權官吞沒害民情,罷免要求擾鳳城。雨過天晴白日照,萬千大衆掌聲轟。○○●●●○平,●●●○○●平。 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・雲過天空
雲過天空:ことがすでに過去となり、すべて恢復して平静なるをいう。 .七絶・雲過天空2016.06.10 -46579.筆底長霖打硯池,愁人流涙冩悲詩。好成合句看窗外,雲過天空明月時。●●○○●●平,○○○●●○平。●○○ ... » more

起承転結筆の運びにどう勢いを付けどう制動するのかそれを考えてみる。.起承転結本来は絶句四句の展開法をいい起句で詩を詠む舞台を示し承句はそれを補足説明して詩想を膨らませる。たとえれば車に乗りドライブに出かけ ... » more

「過橋抽板→如夢令・詩人談吐離弦走板」について..如夢令を詠みながら過河抽板橋という句を思いついたのでもう一首。「抽板橋」日本人の間では「板を抽(ぬ)く橋」と読むのか「板橋を抽(ぬ)く」と読むのか、問題となるところ。中国人に ... » more

自作詩「おふとんを干すように」 趣味三昧の生活でも、いやになることがある心がじっとり湿る気持ちが晴れないおふとんを干すようにぼくの心を干してほしい幸い今日は天気になった「な、どっか、行こうか?」家内の用に付き合った ... » more

私は人を怨んだことは一度もないといえば嘘になる。怨みもし恨みもし憾んだだけでなく羨やみもし嫉みもし憎みもし暗い思いをしたことはある。.しかし年寄るにつれて自分自身のありようを諦めることができるようになり人は人 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・知事過街如老鼠
過街老鼠:人々から痛く恨まれる悪人。.七絶・知事過街如老鼠2016.06.06 -46543.過街老鼠遇非災,知事登廰被取材。聘請律師分辯巧,無言睥睨閉心齋。●○●●●○平,○●○○●●平。●●●○○●●,○○●●●○平 ... » more

古来人類は想像力豊かにそれぞれの民族の天国像を育んで来ておりその多彩な天国像には民族の文化・習俗を律するところがあった。.たとえばヴァイキングの天国。ヴァイキングは戦死を最高の善と考えていたようで戦死者はその天国であ ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・過路財神無紙錢
過路財神:一時的には大金を手にするが結局は自分のものにできない人.七絶・過路財神無紙錢2016.06.06 -46541.清晨港口欲乘船,過路財神無紙錢。數日乞憐多賣老,揚帆翻錦渡黄泉。○○●●●○平,●●○○○●平。● ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・苦雨凄風
七絶・苦雨凄風 苦雨凄風:天気悪劣。情景の凄苦悲凉なるを比喩する。 .七絶・苦雨凄風2016.06.04 -46530.寒齋鸚鵡憫詩翁,筆路迷茫西又東。老涙懸河如苦雨,寒吟破曉吐凄風。○○○●●○平,●●○○○●平。●●○○○●●,○○ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『教える・教え(その2)』の歌謡詞(肺癌経過、巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tok ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・甘拜下風
甘拜下風:とても敵わないと自認し、真心佩服する。.七絶・甘拜下風2016.06.03 -46527.幸哉知己好詩多,不亦樂乎浮涙河。甘拜下風讀再四,哀傷背誦若鸚哥。●○○●●○平,●●●○○●平。○●●○○○●,○○●● ... » more

人から頼まれたわけではなく人に読んでもらえることを期待しているわけでもないがブログを書く。そして何を書くかといえば折々に心に浮かぶことを書く。.それも心に浮かんだことを記事にするというよりは記事にしながらあれ ... » more

獅子鮟鱇詩詞七律・東亞文明堪継承
七律・東亞文明堪継承2016.05.30 -46502.電網飛機近友朋,一衣帶水共隆興。求同存異原無礙,温故知新更擧灯。西歐技術値移轉,東亞風流堪継承。春晝尋梅賞櫻雪,秋宵醉仰月澄澄。電網飛機友朋を近づけ,一衣帶水隆 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・見風是雨
七絶・見風是雨 見風是雨:風が起つのを見て、雨になると信じること。ちょっとことで信じてしまうこと。.七絶・見風是雨2016.05.28 -46496.朝送女巫乘彩雲,夕知涼意入胸襟。見風是雨人期待,再会良宵交夢魂。○●●○○●平,○○○ ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・箕風畢雨
箕風畢雨:古伝によれば月が箕星(箕宿)を経過するときは風が多く、畢星(畢宿)を経過する時は雨が多い。官吏の施政、民情に順応すべきを比喩する。.七絶・箕風畢雨2016.05.28 -46495.廉吏高潔少祿貧,篤學好古重天 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・飄風暴雨
七絶・飄風暴雨 飄風暴雨:勢い急にして猛烈なる風雨。.七絶・飄風暴雨2016.05.28 -46492.飄風暴雨伴驚雷,將洗詩翁掃墓碑。前輩登仙留作品,再讀天也涙堪垂。○○●●●○平,●●○○●●平。●●○○○●●,○○○●●○平。 ... » more

美酒は奇想を催(うなが)し,墨花は硯池に開く。五絶(五言絶句)の詩体は小さく,才分金の卮(さかずき)より漏る。.(原文)五絶・墨花開硯池2016.05.27 -46485.美酒催奇想,墨花開硯池。五絶詩体小,才分 ... » more

ごろ-の寝言自作詩「老いて死ぬ」
人間は、老いて死ぬこの絶対法則から逃れる人はいないどんな絶世の美人であろうがどんな善行を重ねた人であろうがどんな悪人だろうが人はみな老いて死ぬ一日が朝から始まり、昼になり、夕方になり、夜が来て ... » more

昔の王侯貴族は公金(民から絞り取った税)を使って豪遊をした。聖君と呼ばれる人たちの質素倹約の生活にしても庶民からみれば天国の衣食住であっただろう。しかし聖君たちはいつも民に心を砕き治世が十分ではないと知るとそれを恥じ自身 ... » more

あなたはいま電車に乗り込もうとしているところかも知れない。あなたはいま優先席を譲ろうと立ちあがったところかも知れない。あなたはいまスマートホンで届いたメールを読もうとしているのかも知れない。あなたはいま公園のベンチで出したメール ... » more

ごろ-の寝言自作詩「つぶやきの時代」
今の時代、みなつぶやいているでもねぇ、ちょっと前までは、つぶやくのは誰にも聞かれないようにしたものさでも、いまは、FBで、ツイッターで、ラインで、ブログで公開つぶやきみんなのつぶやきが姦しいわたし、こ ... » more

わからない。舛添都知事の辞任、もはや避けられそうもないのだがもしそうなると東京都の知事は三代続けて任期を全うできないことになる。それぞれに辞任に到る理由や原因は異なるのだからそれを十把一絡げにするのもどうかとは思うが ... » more

暴風疾雨:来勢急遽にして猛烈なる風雨。.[双調]寿陽曲・涙河伴暴風疾雨2016.05.21 -46455.詩才菲,筆路迂,冷齋無、月章星句。十年盡心學律呂,涙河伴、暴風疾雨。詩才菲(うす)く,筆路は迂(まが)り, ... » more

急風暴雨→ 如夢令・難解千絲萬縷情 急風暴雨:急劇なる風雨。声勢浩大にして迅猛なるを形容する。.如夢令・難解千絲萬縷情2016.05.21 -46453.却老彫章鏤句,裁賦困心横慮。才短苦吟長,流涙急風暴雨。情緒,情緒,難解千絲萬縷。.老いを却(しりぞ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『教える・教え』の歌謡詞(肺癌経過、旧岩崎邸庭園、東大美女図鑑、巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ http://blog.goo ... » more

信じていることが間違いではないと信じたい。詩人として高い世評を受けられればうれしいが私がそれを期待するのは浮世離れした妄想。蓋棺論定:棺桶の蓋が閉じられて初めてその人の評価が定まるというが私の棺桶の蓋が閉じられるのを待た ... » more

漢詩には形式がある。押韻は序の口で平仄を調えるのがやっかい。使いたい言葉が平仄に合わないという理由で使えないということがよくある。.詩は自由を尊ぶ。だから思いのままに自由に書きなさいというのが詩をめぐる現代の ... » more

 

最終更新日: 2017/02/23 15:59

「自作詩」のブログ関連商品

» 「自作詩」のブログレビュー をもっと探す

「自作詩」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る
ナナロク社 谷川 俊太郎

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る