誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自作詩

自作詩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
テーマ「自作詩」のブログを一覧表示!「自作詩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自作詩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自作詩」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

中和と中庸。その字面の違いに着目してあれこれ論じることもできそうだが儒教では中庸の道への精神修養として中正にして平和すなわち中和に努めよとしているようだ。酸とアルカリを中和するすると酸でもアルカリでもなくなって ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・利惹名牽
利惹名牽:名利を追い心が拘束されること。.七絶・利惹名牽2016.06.30 -46755.富商老去過餘生,俳句堪學求美聲。利惹名牽白首歩,花間探索季題清。●○●●●○平,○●○○○●平。●●○○○●●,○○●●●○平。 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・利令智昏
利令智昏:私利を貪って理智を失うこと。.七絶・利令智昏2016.06.30 -46753.精勤營業不知疲,利令智昏失好機。老去初來花爛漫,試吟俳句競鶯啼。○○○●●○平,●●●○○●平。●●○○○●●,●○○●●○平。 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・利用厚生
利用厚生:うまく物を用い民衆を豊かにすること。.七絶・利用厚生2016.06.29 -46752.詩翁筆底有明君,利用厚生安四民。耳目昭彰被稱讃,昌平百歳若濃春。○○●●●○平,●●●○○●平。●●○○●○●,○○●●● ... » more

獅子鮟鱇詩詞五絶・名声過実
名声過実:実際以上の名声。.五絶・名声過實2016.06.27 -46735.名聲過實際,遺筆價千金。新墓多冥紙,餘煙流藝林。○○●○●,○●●○平。○●○○●,○○○●平。○:平声。●:仄声。平:中華新韻九文平声の ... » more

必死に言い逃れようとして策を弄しそれが見え透いていて都民の怒りを買い辞職。前都知事の公私混同説明責任を果たせと言われてもどれもとてもセコイのでその妥当性はどう考えても説明できるものではない。.そこで恥かし ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・秋風過耳
秋風過耳:秋風が耳のあたりを吹き過ぎるごときこと。自分には無関係であること。.七絶・秋風過耳2016.06.26 -46726.湖畔逍遙得句新,飛聲朗朗扮詩人。秋風過耳拂紅葉,飄落清漣映碧雲。○●○○○●平,○○●●●○ ... » more

漢詩を詠んでいるとわかっているつもりの熟語がよくわからなくなることがある。切実もそのひとつ。切実に願うとか切実に思うとか切に願う切に思うといえばよいものを切実に○○。「実」には、どれほどの意味が含まれているのだろ ... » more

獅子鮟鱇詩詞五絶・朝過夕改
朝過夕改:朝に過つも夕べには改める。間違いを改めるにすみやかであること。.朝過夕改○●○●は平仄があわない。しかし平声である今一字を加え朝過今夕改○●○○●にすると平仄をあわせることができる。.五絶・朝過夕改20 ... » more

白と黒の境界。それは灰色であるのか。.もしそうであれば白と灰色の境界は白灰色黒と灰色の境界は黒灰色白と白灰色の境界は白白灰色黒と黒灰色の境界は黒黒灰色白と白白灰色の境界は白白白灰色黒と黒黒灰色の境界は黒黒 ... » more

獅子鮟鱇詩詞五絶・水過鴨背
水過鴨背:こと過ぎて後に一点の痕跡も残らないことを比喩する。.水過鴨背●●○●は平仄があわない。しかし平声である青一字を加え水過鴨背●●○○●にすると平仄をあわせることができる。.五絶・水過鴨背2016.06.2 ... » more

獅子鮟鱇詩詞五絶・聞過則喜
聞過則喜:人から自分の欠点や錯誤を聴くも悦ぶこと。人の意見を虚心に受けとめること。.五絶・聞過則喜2016.06.19-46641.聞過則欣喜,羞杯恕贅言。心中噴怒火,含笑賣温顔。○●○○●,○○●●平。○○○●●,○● ... » more

獅子鮟鱇詩詞五絶・棄過圖新
棄過図新:過失、錯誤を棄て,新たに出直さんと図る。.五絶・棄過圖新2016.06.19-46639.辭官歸故土,山麓適結廬。棄過爲詩客,圖新枕韻書。○○○●●,○●●○平。●●○○●,○○●●平。○:平声。●:仄声。 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・改過自新
改過自新:過ちを改め自らを新しくする。新しい自分となる。.七絶・改過自新2016.06.19-46638.老猶猛省去詩林,持正不阿求好吟。改過自新磨古墨,恭揮禿筆冩決心。●○●●●○平,●●○○●●平。●●○○○●●,○ ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・救過補闕
七絶・救過補闕 救過補闕:過失を救い,缺けたるを補う。.七絶・救過補闕2016.06.17 -46627.辯明救過補闕餘,感謝天公仰碧虚。喜看飛雲似鵬影,心情舒暢好風徐。●○●●●○平,●●○○●●平。●●○○●○●,○○○●●○平。 ... » more

素直でない、ということも罪なのだろう。人に迷惑をかけた悪いことをしたと思ってもなかなか素直に謝れない。おれは確かに悪いことをしたが相手だって悪いのだ。.一度頭を下げてしまったらそこに付け込まれひどい目に会 ... » more

東京オリンピックに関連する東京都知事歴代三人が任期を全うせず、また、全うできない。東京オリンピックの開催には日本を再び元気にする政策という意味もあるのだが日本は大丈夫なのだろうか?.日本を再び元気にしようという政 ... » more

何を信じて生きるのか。自分を信じて生きるというのが日本人のおおかたの生き方ではないだろうか。しかしどのようにすれば自分を信じることができるのか。.勉強のできる学生になる。勉強ができると人から褒めそやされる。仕 ... » more

《自作詩》○o*:. Hitomi  ni  Sasagu  Ai  no Uta .:*o○ 眠る眼(まなこ)は君のお母さんそっくりその長いまつ毛を濡らすのはうれしさか感動か思いきり泣いたぶんだけ 自分自身が成長できる悔し涙であってほしいすやすやと眠る君を見つめながらき ... » more
テーマ 日常のスケッチ 自作詩 50代以上のblog

獅子鮟鱇詩詞七絶・雨過天晴
雨過天晴:雨のち晴。政治が暗黒から光明へ転じることを比喩。.七絶・雨過天晴2016.06.11 -46586.權官吞沒害民情,罷免要求擾鳳城。雨過天晴白日照,萬千大衆掌聲轟。○○●●●○平,●●●○○●平。 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・雲過天空
雲過天空:ことがすでに過去となり、すべて恢復して平静なるをいう。 .七絶・雲過天空2016.06.10 -46579.筆底長霖打硯池,愁人流涙冩悲詩。好成合句看窗外,雲過天空明月時。●●○○●●平,○○○●●○平。●○○ ... » more

起承転結筆の運びにどう勢いを付けどう制動するのかそれを考えてみる。.起承転結本来は絶句四句の展開法をいい起句で詩を詠む舞台を示し承句はそれを補足説明して詩想を膨らませる。たとえれば車に乗りドライブに出かけ ... » more

「過橋抽板→如夢令・詩人談吐離弦走板」について..如夢令を詠みながら過河抽板橋という句を思いついたのでもう一首。「抽板橋」日本人の間では「板を抽(ぬ)く橋」と読むのか「板橋を抽(ぬ)く」と読むのか、問題となるところ。中国人に ... » more

自作詩「おふとんを干すように」 趣味三昧の生活でも、いやになることがある心がじっとり湿る気持ちが晴れないおふとんを干すようにぼくの心を干してほしい幸い今日は天気になった「な、どっか、行こうか?」家内の用に付き合った ... » more

私は人を怨んだことは一度もないといえば嘘になる。怨みもし恨みもし憾んだだけでなく羨やみもし嫉みもし憎みもし暗い思いをしたことはある。.しかし年寄るにつれて自分自身のありようを諦めることができるようになり人は人 ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・知事過街如老鼠
過街老鼠:人々から痛く恨まれる悪人。.七絶・知事過街如老鼠2016.06.06 -46543.過街老鼠遇非災,知事登廰被取材。聘請律師分辯巧,無言睥睨閉心齋。●○●●●○平,○●○○●●平。●●●○○●●,○○●●●○平 ... » more

古来人類は想像力豊かにそれぞれの民族の天国像を育んで来ておりその多彩な天国像には民族の文化・習俗を律するところがあった。.たとえばヴァイキングの天国。ヴァイキングは戦死を最高の善と考えていたようで戦死者はその天国であ ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・過路財神無紙錢
過路財神:一時的には大金を手にするが結局は自分のものにできない人.七絶・過路財神無紙錢2016.06.06 -46541.清晨港口欲乘船,過路財神無紙錢。數日乞憐多賣老,揚帆翻錦渡黄泉。○○●●●○平,●●○○○●平。● ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・苦雨凄風
七絶・苦雨凄風 苦雨凄風:天気悪劣。情景の凄苦悲凉なるを比喩する。 .七絶・苦雨凄風2016.06.04 -46530.寒齋鸚鵡憫詩翁,筆路迷茫西又東。老涙懸河如苦雨,寒吟破曉吐凄風。○○○●●○平,●●○○○●平。●●○○○●●,○○ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『教える・教え(その2)』の歌謡詞(肺癌経過、巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tok ... » more

 

最終更新日: 2016/12/04 16:45

「自作詩」のブログ関連商品

» 「自作詩」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る