誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    自作詩

自作詩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
テーマ「自作詩」のブログを一覧表示!「自作詩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「自作詩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「自作詩」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

腹熱心煎:非常に焦ることを形容。.五絶・腹熱心煎2017.05.14 -48969.腹熱忘餐蒼,心煎廢寢黄。裁詩患聲病,泥醉苦吟長。●●●○平,○○●●平。○○●○●,○●●○平。○:平声。●:仄声。平:中華新韻十唐 ... » more

首下尻高:頭を低くし,尻を高くする。跪拜磕頭する様子。.五絶・首下尻高2017.05.12 -48964.首下拝詩神,尻高放屁頻。愁腸患聲病,不忍瓦斯噴。●●●○平,○○●●平。○○●○●,●●●○平○ ... » more
テーマ 漢詩 自作詩

口誦心惟:口で朗誦し,心で思考する。.五絶・口誦心惟2017.05.12 -48963.口誦無聲病,心惟有香夢。孤舟浮硯池,玩月如明鏡。●●○○仄,○○●○仄。○○○●○,○●○○仄。○:平声。●:仄声。仄:中華新韻 ... » more
テーマ 漢詩 自作詩

獅子鮟鱇詩詞柳梢青・吟佯風漢
「五体五言絶句を愛す其六耳濡目染」について.柳梢青・吟佯風漢2017.05.11 -48955.區聞陬見,東差西誤,耳濡目染。師事大家,看輕主意,明珠投暗。有翁空老詩林,如鸚鵡、學舌能辯。春賞櫻雲,秋玩天鏡,吟佯風漢。 ... » more

耳濡目染:見聞きしているうちに、知らず知らず影響を受けること。.五絶・耳濡目染2017.05.11 -48954.耳濡山水美,目染韻書聲。刻苦學詩後,心得方術冥。●○○●●,●●●○平。●●○○●,○○○●平。○:平 ... » more

髮引千鈞:一本の頭髪が千鈞の重みのある物を吊っていること。極めて危急なる状況を比喩。.五絶・髮引千鈞2017.05.10 -48947.髮引千鈞句,筆禿一首詩。急於寫箋紙,夢醒僅題辭。●●○○●,●○○●平。○○●○●, ... » more

腸肥腦滿:労さずして食を得、飽きるほど食べて頭も大きく太る。.七絶・腸肥腦滿2017.05.08 -48934.腸肥腦滿飽佳餐,偶看音書仰碧天。却老學詩仙蛻後,秋吟朗朗作金蟬。○○●●●○平,●●○○●●平 ... » more

肘行膝歩:匍匐前進,恭敬にして誠心、あるいは悲痛にして感を傷めることを表示。.七絶・肘行膝歩2017.05.08 -48933.肘行膝歩進詩林,師事繆斯彈月琴。刻苦百年學雅韻,化爲鸚鵡競鶯吟。●○○●●○平,○●●○○● ... » more

胸有成竹:竹を描くには心に一幅の竹の形象があることが必要であることをいう。事をなすにあたって事前に主意をつかんでいることを比喩する。.七絶・胸有成竹2017.05.07 -48928.胸有成竹手詩筆,天無押韻地春花。凝神 ... » more

首尾兩端:心を定めることができず右顧左眄して躊躇すること。.七絶・首尾兩端2017.05.06 -48925.首尾兩端一字迷,苦吟難斷涙沾衣。菲才空叩竅門閉,月下推敲忘主題。●●●○○●平,●○○●●○平。●○○●●○● ... » more

面似靴皮:顔の皮膚が靴の皮と同様であること。満面の皺を形容。.七絶・面似靴皮2017.05.06 -48924.面似靴皮老藝林,未聽良夜繆斯琴。傾杯依舊玩明月,終始無言是苦吟。●●○○●●平,●○○●●○平。○○○●○○ ... » more

顔筋柳骨:顔は唐代の書家顔真卿、柳は唐代の書家柳公権力。顔柳両家の書法は力強いが風格は異なる。広く書法の絶佳なるをいう。.七絶・顔筋柳骨2017.05.06 -48923.顔筋柳骨筆含靈,書法千年傳大名。當代詩人玩電腦,風騷 ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『言う』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『言う』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

喉長氣短:声は嗄れ、気力が尽きること。煩わしいこと、労力を要することを比喩。.七絶・喉長氣短2017.05.06 -48922.喉長氣短竟低頭,詩叟藝林空買愁。門下三千牛馬耳,無人注意弊風流。○○●●●○平,○●●○○● ... » more

舌劍唇槍:舌は剣のごとく,唇は槍のごとし。争弁激烈,言词鋒利にして相譲らざるを形容。.七絶・舌劍唇槍2017.05.05 -48916.舌劍唇槍生銹餘,挂冠歸隱愛山居。詩敵連袂皆仙逝,留下孤翁空蓄鬚。○●○ ... » more

五体七言絶句を愛す 其十 須髯如戟 須髯如戟:鬚が長く硬く、戟のようであること。丈夫の気概を形容。.七絶・須髯如戟2017.05.05 -48915.須髯如戟丈夫雄,又愛詩文知美風。乘興揮毫若拔劍,誅殺賊首建頭功。○○○●●○平,●●○○○●平。○●○○● ... » more

ごろ-の寝言自作詩「待ち合わせ」
自作詩「待ち合わせ」 人形の会の方と待ち合わせ中年女性のお二人が来るはずぼくは、出来立てホヤホヤのDMを持って待っている持って、待っている持って、待っている持って回った言い方はよくないな遅い ... » more

耳紅面赤:耳と顔がすべて紅くなること。情緒激動し、羞愧せるときの顔色。.七絶・耳紅面赤2017.05.05 -48911.耳紅面赤叟低頭,眼底詩箋錯字愁。又有呻吟患聲病,煙霞沈痼篤金秋。●○●●●○平,●●○○●●平。● ... » more

目知眼見:親眼で見ること。詳細に知り、了解していることを形容。.七絶・目知眼見2017.05.04 -48907.目知眼見繆斯琴,長銹發黴藝苑霖。詩叟涙河流硯海,孤舟月下載呻吟。●○●●●○平,●●○○●●平。○●○○○ ... » more

ごろ-の寝言自作詩「一輪の花へ」
自作詩「一輪の花へ」 ね、ぼくの庭に咲いてくれた君すごくいい笑顔だよねどうして人間ってそういう笑顔でいられないのだろうね知ってる?いま、日本だって戦争に巻き込まれかねないらしいよどっちにしろ戦争が実にバカバカしい結 ... » more

自作詩       \*\ - 平和でいたい - /*/ あなたは 言っていましたねみんなが爆弾なんか作らないで きれいな花火ばかり作っていたらきっと戦争なんておこらなかったんだな 優しさにくるまれた それは何と重いメ ... » more

ひとりぼっちの日曜日の朝愚か者の老人は起き際に、足先にズボンをひっかけて起きてみた昔はこれでズボンがするりと脱げたでも、なぜだかできない何度かやってみたが、できない挙句がバランスを崩して、顔を ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『読む(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

獅子鮟鱇詩詞七絶・充耳不聞
充耳不聞:耳を塞ぎ聞こうとしないこと。.七絶・充耳不聞2017.03.26 -48650.鷄群仙鶴守孤高,充耳不聞輕世交。草舎裁詩冬又夏,集螢映雪忍風刀。○○○●●○平,○●●○○●平。●●○○○●●,○○●●●○平。 ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『読む』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログ http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

ごろ-の寝言自作詩「驟雨」
自作詩「驟雨」 雨が冷たくて払ったわけじゃないのですそのことばが嫌だったから雨をふり払ってそれまで抱いていた想いもいっしょにふり払ったんです ... » more

七律・醉迷筆路探竅門2017.03.21 -48609.筆路下坡如老年,緑陰深處到詩泉。凡夫肉眼驚光景,少婦雪肌疑女仙。不見乳峰衝碧宇,只知錯字耀紅箋。蠹蟲迷走月明夜,探索竅門通尾聯。.筆路坡(さか)を下ること老年の如く ... » more

獅子鮟鱇詩詞五律・龜鳴春晝世平寧
五律・龜鳴春晝世平寧2017.03.18 -48599.藝苑井蛙聲,硯池龜也鳴。寒齋塵網外,妄想水光中。醉扮俳人老,低吟單句清。鷯哥喜酬和,春晝世平寧。藝苑に井蛙の聲,硯池に龜も鳴く。寒齋塵網の外,妄想水光の ... » more

獅子鮟鱇詩詞五律・人無才分有酒瓶
五律・人無才分有酒瓶2017.03.15 -48581.贅叟無才分,春宵有酒瓶。上樓遊醉眼,玩景喜閑情。月照櫻雲涌,花如天漢横。幸哉得妙想,裁賦覓清聲。贅叟に才分無く,春宵酒瓶あり。樓に上りて醉眼を遊ばし,景 ... » more

 

最終更新日: 2017/12/11 03:31

「自作詩」のブログ関連商品

» 「自作詩」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る