誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    門井慶喜

門井慶喜

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「門井慶喜」のブログを一覧表示!「門井慶喜」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「門井慶喜」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「門井慶喜」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

 【第155回直木賞候補作】  ▽門井慶喜「家康、江戸を建てる」(祥伝社) 【第155回直木賞候補作】 ▽門井慶喜「家康、江戸を建てる」(祥伝社)「家康、江戸を建てる」 門井慶喜著(祥伝社1,944円税込)家康、江戸を建てる祥伝社 門井慶喜 Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 第155回直木賞候補作 家康、江戸を建てる 門井慶喜

【書評】   家康、江戸を建てる 門井慶喜 著 (祥伝社 ・ 1944円) 【書評】家康、江戸を建てる門井慶喜著(祥伝社・1944円) 東京新聞2016年3月27日http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2016032702000184. ... » more
テーマ 書評 家康、江戸を建てる 門井慶喜

【週末に読みたいこの1冊】  「家康、江戸を建てる」門井慶喜著(祥伝社 1800円+税) 週末に読みたいこの1冊「家康、江戸を建てる」門井慶喜著(祥伝社 1800円+税)日刊ゲンダイ2016年3月26日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/178049 ... » more
テーマ 週末に読みたいこの1冊 家康、江戸を建てる 門井慶喜

「家康、江戸を建てる」門井慶喜著(祥伝社  定価1,800円+税) 「家康、江戸を建てる」門井慶喜著(祥伝社 定価1,800円+税)家康、江戸を建てる祥伝社 門井慶喜 Amazonアソシエイト by 登録情報単行本: 400ページ出版社: 祥伝社 (2016/2/9) ... » more
テーマ 家康、江戸を建てる 門井慶喜 小説

【第153回直木賞候補作】 「東京帝大叡古教授」 門井慶喜著(小学館 1,728円税込) 「東京帝大叡古教授」 門井慶喜著(小学館1,728円税込)【内容情報】(出版社より)日本初! 文系の天才博士が事件を解決! それでも地球は動いている。--こう語ったイタリアの科学者の名前を冠した大ヒットシ ... » more
テーマ 第153回直木賞候補作 門井慶喜 東京帝大叡古教授

『おさがしの本は』 by 門井慶喜 図書館戦争以来だろうか。小説に漫画にと図書館や古本家を舞台としたミステリが随分多くなった気がする。(最近で言えば「ビブリア古書堂の事件手帖』が記憶に新しい。)おくればせながら私が読んだのは最近だが、本書がちょうど今出版されていたらこの流 ... » more
テーマ 日記 門井慶喜

此処にそして彼方に小説の効能
小説あります光文社 門井慶喜 Amazonアソシエイト by これと言って趣味も無く、TVも無い生活、PCとラジオ、本が生活上で欠かせない。小説の効能って、何でしょうかね?私にとっては生活の一部って言 ... » more
テーマ 読書 門井慶喜

閉館が決まった市立文学館の嘱託職員が偶然見つけた、文学館ゆかりの作家の遺稿集。そこにあったのは、あるはずのない作家本人のサイン。問題の本を巡る謎に、遺族との関係や家族とビジネスの問題などが絡まりあって進行します。「人 ... » more

印刷会社の社長がパトロンになっていた書家が失踪し、息子の三郎(いかにも三男)が捜索に乗り出す。印刷工場では、立て続けに白血病で亡くなる社員が出て…。決してつまらないわけではないもののどうにも好きになれない登場人物たち。 ... » more

初等部から大学まで、弁論術教育を売りにした雄弁学園の教師たちの身の回りに起こる騒動記とでも言うのか。正直なところ、小難しすぎて、まったく楽しめず。内容的には確かに論理の展開があるのかもしれないけれど、そういうのって私 ... » more

Bathing Bear『血統』(門井慶喜)
「血統」と書いて「ぺディグリー」。そうか、あのドッグフードはそんな意味だったのか!(発見)それはさておき…連作短編でもないし、長編にしては細切れ感があって微妙に読みづらい感じがありました。さらに、登場人物のだれにも感 ... » more

またまた蘊蓄がてんこ盛りでした。市立図書館のレファレンス・カウンターに座る生真面目な主人公のもとに持ち込まれる「謎」は本探し。なるほど、図書館のレファレンス係って「本の探偵」なのだな、と実感しました。本にまつわる謎で ... » more

Bathing Bear『人形の部屋』(門井慶喜)
中学生の娘を持つ八駒敬典は元旅行会社勤務。かなりできる社員だったはずなのに、なぜ今は主夫…?その理由は最後に分かるわけですが、歴史や雑学的な知識は豊富で、身近な謎は解いてしまうのに、娘に対しては鈍感なお父さん。という ... » more

天才たちの値段 門井慶喜 文藝春秋社 この作家の作品をはじめて読んだんですが・・。って、なんとこれがはじめての単行本、デビュー作らしいですよ。これが、ほんとに面白かった!!しまった、昨日やった今年の、ミステリー自分ランキングに入れたらよかったあ、と思いました ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 09:45

「門井慶喜」のブログ関連商品

» 「門井慶喜」のブログレビュー をもっと探す

「門井慶喜」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る