誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    本・書籍

本・書籍

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「本・書籍」のブログを一覧表示!「本・書籍」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「本・書籍」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「本・書籍」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

味方を増やす「口説き」の技術あなたはこんなことを思ったことはありませんか?・取引先や上司を説得して、自分のアイデアの指示を取り付けたい。・顧客にYESと言ってもらえうようにプレゼンテーションを成功させたい。・ ... » more
テーマ 本・書籍

日本に恐ろしい大きな戦争(ラージ・ウォー)が迫り来る/副島隆彦/著 日本に恐ろしい大きな戦争(ラージ・ウォー)が迫り来る/副島隆彦/著つづく ... » more
テーマ 本・書籍

君なら勝者になれる君なら勝者になれる 成功者の「態度」と「行動」の法則キミ ナラ シヨウシヤ ニ ナレル セイコウシヤ ノ タイド ト コウドウ ノ ホウソク原タイトル:YOU CAN WINシブ・ケーラ/著 ... » more
テーマ 本・書籍

貝塚市 赤帽 笑顔のMobilePage 笑顔まつもと運送店は大阪府貝塚市で活動しています【電話】 こちらから 【受付】 8:00--21:00 休日OKここは携帯電話で当店のサービスを簡潔にお読みいただくページです赤帽の標準的なサービス ... » more

縁は異なもの(Why it’s nowfor me?)母方の兄弟姉妹に生まれついた従兄弟達の会に田舎へ帰り、三河湾を一望に臨む温泉宿で1泊2日。母は10人兄弟姉妹の末っ子で、従兄弟は全部で44名いるのだが、何せもう上の方は80台に届 ... » more
テーマ 本・書籍

60年生きた中で二度ほど、自然から死を賜りそうになったことがあります。一度は18歳にて、東京に出てまだ落ち着きもしない5月末、山開きもしていない富士山へ登った時。五合目から登り頂上に着いたのは午後4時ごろだったか、駿河湾がくっきりと ... » more
テーマ 本・書籍

誠実営業神なるオオカミ (Devine Wolves)
中国で数百万部のベストセラーになった「神なるオオカミ」(講談社)を読みました。生を受けた人間とはいったい何なのか、頭で理解する必要もなく、読んでいる行間から染み出てくるようです。凄い小説だと体感しています。著者は姜戎(ジャン・ロン) ... » more
テーマ 本・書籍

米国の統計データを毎日あれこれと見ますが、9月の半ばに以下のような米国統計局発表数値を見つけました。「アメリカ人男性の所得は一世代をまたいで停滞状況が続いている。2011年、フルタイム雇用男性の中間所得額(全部の人数のうち、ちょうど ... » more
テーマ 本・書籍

誠実営業アイヌ神謡集 ((kamuy-yukar)
アイヌ神謡集 ((kamuy-yukar) 金田一京助という大正時代の言語学者に見出され、北海道から上京して「アイヌ神謡集」という本を完成させた直後に19歳で亡くなったアイヌ人少女、知里幸恵さんという方がいます。この女性の生涯を演じた芝居を、笹塚の小劇場で先週見ました。舞香さんという ... » more
テーマ 本・書籍

誠実営業渡辺 京二 (Kyoji Watanabe)
ここ12年ほど、図書館で本を借りてきちゃあ読み、大事だと思うところをメモしては返却してきたが、気づいてみたらそのメモがワードのA4で800ページになっていた。そうやって記録したメモを何度か繰り返して読んで自分を励ましたりもしてきたので、こ ... » more
テーマ 本・書籍

アメリカの批評家でバーバラ・エーレンライクという女性がいます。初期の本、「ニッケル・アンド・ダイムド」では、低賃金労働の現場に潜り込んで働きながらの体験を書にするという、なかなか勇敢で、辛口の批評をする女性です。最近の書、「ポジティブ病の国 ... » more
テーマ 本・書籍

「国家は破綻する、金融危機の800年」という、アメリカ人経済学者2人が書いた本を読みました。もっとも原書の題は、”This time is different”、「今回は違う」というもの。西暦1300年頃から直近の金融危機(リーマンショック ... » more
テーマ 本・書籍

誠実営業頂点捕食者 (Top predator)
ウィリアム・ソウルゼンバーグの「捕食者なき世界」という本を読むと、アメリカのイエローストーン公園で、絶滅したオオカミを他から持ってきてもう一度解き放つことで自然の生態系が回復したということが書いてあります。オオカミが絶滅した後、増えすぎたシ ... » more
テーマ 本・書籍

なぜあの人はあやまちを認めないのか(Mistakewas made.)という本(河出書房新社)に、人は往々にしてI made a mistake.(私は間違った)とは言わないということが書かれています。代わりにMistake was mad ... » more
テーマ 本・書籍

誠実営業匿名 (Anonymous)
最近読んだ「となりの車線はなぜスイスイ進むのか」(トム・ヴァンダービルト・早川書房)に、面白い指摘があったので二つほど書き出します。 「センターライン(白線)を引いた道路と引いてない道路では、人はどう違った運転をするかの実験が行われ ... » more
テーマ 本・書籍

誠実営業可能性 (Possibility)
ジェームズ・コリンズという人が書いた「ビジョナリー・カンパニー2」 (日経BP社出版)という本、アメリカ企業で長期間に渡り極めて優秀な数値を残している企業(偉大な企業と著者は呼ぶ)ばかりをいろいろな業種から集めてきて、共通している要素は何か ... » more
テーマ 本・書籍

誠実営業りんご (Apple)
青森県は岩木山の麓で、8年間の苦闘の末に、無農薬にて美味しいリンゴが育つのを実現した木村秋則さんの言葉を集めた「奇跡のリンゴ」(幻冬舎)という本があります。農薬を使わない限り決して育てることが無理と言われたリンゴが、全く農薬を使わずにすくす ... » more
テーマ 本・書籍

ソーシャル・キャピタル (Social capital) 「人と人のつながりに投資する企業」(ドン・コーエン、ローレンス・プルサック著、ダイヤモンド社刊、原題 In Good Company=良い会社で起きていること)という本があります。「人と人のつながり」、例えばUPSというアメリカの優良宅配会 ... » more
テーマ 本・書籍

「顧客第2主義」という本があります。ローゼンブルス・インターナショナル社という、法人向けの旅行サービスで年商3,500億円を売り上げた会社の社長が書いた本です。この会社は、トム・ピーターズが、サウスウエスト航空社などと並んで、マーケ ... » more
テーマ 本・書籍

社会規範と市場規範 ダン・アリエリーが書いた「予想どおりに不合理」という本に、人間はふたつの規範を持ちながら生きていると書かれてあります。社会規範と市場規範というふたつ。この人の専門は行動経済学といって、人間が経済的にどんなふうに考 ... » more
テーマ 本・書籍

『中国 この腹立たしい隣人』  辛坊 治郎 (著者)  レーベル : 実業之日本社 中国 この腹立たしい隣人実業之日本社辛坊 治郎ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 中国 この腹立たしい隣人実業之日本社辛坊 治郎ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 猿の本われらが隣人サルをめぐる物語【中古】a ... » more
テーマ 辛坊 治郎 (著者) 本・書籍 実業之日本社

絵画、油彩画についてのユニークな著作について紹介したい。 近頃webで見かける「沖縄病末期病棟の朝ー不安神経症者の散歩」(東洋出版)を読んでの感想を一言。これは、沖縄病という架空の病気を糸口に、また、パニック障害をもった不安神経症者という本来なら引きこもることを特徴とする登場人物の散歩を描いている ... » more

沖縄病にようこそ!。 近頃webで見かける「沖縄病末期病棟の朝ー不安神経症者の散歩」(東洋出版)を読んでの感想を一言。これは、沖縄病という架空の病気を糸口に、また、パニック障害をもった不安神経症者という本来なら引きこもることを特徴とする登場人物の散歩を描いている ... » more
テーマ 沖縄病 沖縄 本・書籍

沖縄県民、沖縄病、フリークの方必読の本について紹介したい!!!。 近頃webで見かける「沖縄病末期病棟の朝ー不安神経症者の散歩」(東洋出版)を読んでの感想を一言。これは、沖縄病という架空の病気を糸口に、また、パニック障害をもった不安神経症者という本来なら引きこもることを特徴とする登場人物の散歩を描いて ... » more
テーマ 沖縄病 沖縄 本・書籍

沖縄病末期病棟の朝について 近頃webで見かける「沖縄病末期病棟の朝ー不安神経症者の散歩」(東洋出版)を読んでの感想を一言。これは、沖縄病という架空の病気を糸口に、また、パニック障害をもった不安神経症者という本来なら引きこもることを特徴とする登場人物の散歩を描いて ... » more
テーマ 沖縄病 沖縄 本・書籍

うつは治る。病気ではなく単なる症状だから。 森羅万象山茶花悉皆演義?あらゆるものをサザンカがすべてものがたるラテール出版局三上 晃ユーザレビュー:植物の隠された能力こ ...Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 沖縄病 本・書籍 うつ病

うつは自然に治る。人間はうつ病として生まれてこない。ただ生まれてくるだけだから。 近頃webで見かける「沖縄病末期病棟の朝ー不安神経症者の散歩」(東洋出版)を読んでの感想を一言。これは、沖縄病という架空の病気を糸口に、また、パニック障害をもった不安神経症者という本来なら引きこもることを特徴とする登場人物の散歩を描いて ... » more
テーマ 沖縄病 本・書籍 うつ病

この頃、本を読み時間が極端に減っている。ここらで、何か長編小説を読みたい。やっぱり、歴史物がいいなぁ〜もう一度、『炎立つ』を読もうかな。。。奥州藤原氏の歴史を描いている。DVDも借りたいな。炎立つ〈壱 ... » more
テーマ 本・書籍

この頃、めっきり涼しくなり、そろそろ秋かな。相変わらず、仕事は憂鬱な日々を過ごしている。読書の秋に因んで、読書を再開したい。まずは、海堂尊のバチスタシリーズだな。『イノセント・ゲリラの祝祭』は文庫本になったかな。。。 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 09:12

「本・書籍」のブログ関連商品

» 「本・書籍」のブログレビュー をもっと探す

「本・書籍」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る