誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    運河

運河

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「運河」のブログを一覧表示!「運河」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「運河」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「運河」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

日本で最初に閘門(コウモン)を使って船の便を通したのはどの地域なの? ●●●●●★歴史★●問題:最初にお断りしておきますが、船の便が閘門を通るというお話です。便が肛門を通るというお話ではありませんので、お間違いなきよう。■ご存知のようにパナマ運河は太平洋と大西洋を結ぶ水路です。太平洋側は大西洋側に比べ ... » more
テーマ クイズ 歴史 運河

(^_-)-☆プロジェクト 3034チカランドライポートは7年ぐらい前に、私の棲み処だった場所のすぐ近くに出来て、役割を果たしているようだが、どうも、分からないのは、なぜ、ジャバベカなのかだ。鉄道線路の近くなら、どこにでもあるし、カラワンでも同じだと思うし、コタチカ ... » more
テーマ 疑問 運河 ルート

お出かけお花見第3弾は千葉県流山の運河周辺であったがかなりの雨のため中止。地図歩きの会で計画していたもので、運河駅付近の東京理科大理窓公園散策行は取りやめて昼食会のみとした。会の仲間の一人が友人たちと開いている「おとこまえ」にて ... » more
テーマ 街歩き 運河 おとこまえ

いまだ現役 毛馬閘門 パナマ運河は閘門式で水位調節をし、船は26mの水位差を上がり下がりする。これと同じ水位調節の閘門が大阪市内にある。何十年も大阪市内へ通学・通勤をしていて、それを知ったのはつい最近。閘門のある場所は大阪でも北のほうの毛馬(ケマ ... » more
テーマ 運河 郷土

舟運 体験乗船 社会実験ルート 11月26日・27日に行う舟運の社会実験のルートと便数、定員、料金を発表いたします。大勢の方の参加をお待ちしています。当日は神田岩本町でファミリーバザールも行われています。 ... » more
テーマ 舟運 運河 水辺

舟運 水上タクシー社会実験とシンポジウムのチラシ 今月末の水上タクシーの社会実験と来月のシンポジウムのチラシの第一次案ができました。 ... » more
テーマ 舟運 運河 水辺

屋久島新庁舎20億円とパナマ運河拡張建設5200億円80kmパナマ運河拡張の納期遅れと追加費用1600億円問題。パナマ政府は追加を認めない。https://www.youtube.com/watch?v=GFmd_3c0 ... » more
テーマ 屋久島 運河 新庁舎建設

さみしがりやのひとりごと北海道旅行M
北海道旅行M 小樽運河だよ。ブル−です。寒いのと、道路が凍っていて、歩きにくいよ。 ... » more
テーマ 北海道 運河 小樽

すーさんコーナー 本日のお題は「運河」です。楽しいですよ。 すーさんコーナー本日のお題は「運河」です。数年前、本屋で水彩画の本を物色していると、その中の一冊に「運河」を描いた本がりました。おもしろそうな絵だったので早速購入して、帰宅後、勉強 ... » more
テーマ 川柳 運河 水彩画

パナマ運河、開通から100年…拡張工事進む http://www.yomiuri.co.jp/world/20140816-OYT1T50060.html?from=ytop_main3 ... » more

晴海大橋から 都道304号線で晴海運河に架かり、中央区晴海2丁目と江東区豊洲6丁目を渡す晴海大橋の南西側最頂地点から(10月27日午前11時55分頃撮影)。最頂地点を示す標識。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河

有明北橋から 都道484号線で東雲運河に架かり、江東区豊洲6丁目と同区有明1丁目を渡す有明北橋から(10月27日午前11時45分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

有明北橋南詰寄りから 都道484号線で東雲運河に架かり、江東区豊洲6丁目と同区有明1丁目を渡す有明北橋の南詰寄りから(10月27日午前11時45分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

新辰巳橋から 国道357号線(湾岸道路)で辰巳運河に架かり、江東区東雲2丁目と同区辰巳3丁目を渡す新辰巳橋から(10月27日午前11時頃撮影)。引くとこんな感じ。右に見えるのは辰巳水門です。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

朝潮橋から 朝潮運河に架かり、中央区月島2丁目と同区晴海1丁目を渡す朝潮橋の南詰近くから(7月21日午前11時45分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 中央区

朝潮大橋佃水門前から 都道473号線で朝潮運河に架かり、中央区佃3丁目と同区晴海1丁目を渡す朝潮大橋の、佃水門に近い歩道から(7月21日午前11時35分頃撮影)。こちらが佃水門。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 中央区

使われていない。三栖閘門。 閘門がつかわれていません。使えるようになるといいです。もったいないですよ。これが使えれば、京都と大阪が結ばれます。閘室の床板を下げるか、前扉前にマイターの多段式副閘門をつけるか。お金ないだろうね。募金 ... » more
テーマ 舟運 運河 都市

新曙橋から 曙運河に架かり、江東区辰巳3丁目と同区新木場1丁目を渡す新曙橋(しんあけぼのばし)から(2月20日午後3時25分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

石川島公園から 晴海運河の西岸、中央区佃2丁目にある石川島公園から(2月4日午後12時20分頃撮影)。「日本初の民営洋式造船所発祥の地」の碑。つまりここは、現在のIHIの創業地ということになります。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 中央区

どじょうの詩水に呑まれそうな部屋
水に呑まれそうな部屋 まるで船に乗っているような錯覚に陥る。私が今向かっている机のすぐ左側は部屋の窓であり、そのすぐ下には運河がうねりを巻く。目線の高さと水面がそれほど変わらない上、水がボクッ、ボクッと窓の下1mあるかなしかのホテル建物の外壁に打ちつけ、不気味な ... » more
テーマ 運河 ホテル

相生橋から 都道463号線(清澄通り)で晴海運河に架かり、中央区佃と江東区越中島を渡す相生橋(あいおいばし)の南詰側から(2月4日午前11時50分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 中央区

辰巳橋から 辰巳運河に架かり、江東区東雲1丁目と同区辰巳1丁目を渡す辰巳橋(たつみばし)の西詰近くから(2月4日午前11時25分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

しおかぜ橋からB 汐見運河に架かるしおかぜ橋の、運河南岸側から(2月4日午前11時10分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

しおかぜ橋からA 汐見運河に架かるしおかぜ橋を上りきった、一番高いところから(2月4日午前11時10分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

しおかぜ橋から@ 汐見運河に架かり、江東区塩浜2丁目と同区枝川3丁目を渡すしおかぜ橋の、塩浜側自転車用らせん通路から(2月4日午前11時5分頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

新砂橋から 曙北運河に架かり、江東区潮見2丁目と同区新砂1丁目を渡す新砂橋(しんすなばし)から(2月4日午前11時頃撮影)。撮影場所はこちら。 ... » more
テーマ 運河 江東区

アラ古希日記「一画一言 小樽運河 」
「一画一言 小樽運河 」 「一画一言小樽運河」 2007年8月末、北海道に2泊3日のパックツアーに行きました。画面は、1日目に寄った小樽運河です。小樽運河は今は使われていませんが、かつては、物資の輸送の主力は船便でしたから、小樽運河は栄えていた筈です。 都は ... » more
テーマ 北海道 運河

古い閘門 フランス・ブリアール旧運河にある閘門跡です。遺跡として残されています。もう一回使ってみるのも良いですね。恋する水門 FLOODGATESビーエヌエヌ新社佐藤 淳一ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 舟運 環境 運河  コメント(3)

オタワの閘門 カナダ・オタワの閘門です。階段式でいつくもの閘門が連なっています。湖に向かって一直線。右にちょっと見えるのはホテルです。ホテルに泊まる人は閘門を通る船を眺めて楽しめます。 ... » more
テーマ 舟運 環境 運河

書籍「運河と閘門」 運河と閘門。水の道を支えたテクノロジー。書籍の紹介です。友人が進めてくれました。日本の閘門を調べた本です。無くなったのも含めると163箇所。もっとあるかもしれない。本の編著者を ... » more
テーマ 舟運 運河

 

最終更新日: 2017/10/13 08:29

「運河」のブログ関連商品

» 「運河」のブログレビュー をもっと探す

「運河」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る