誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ビルマ

ビルマ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ビルマ」のブログを一覧表示!「ビルマ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ビルマ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ビルマ」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

Burmese: 白褐釉大盤 灰白色の素地に、内側はなんの装飾も無く三つの目跡を施し珪酸分を多く含んで白濁した釉を流し掛けし、外側は鎬文を浅めに削って明るい褐釉を、それぞれ掛け分けた珍しい大盤です。高台はそれほど大きくは作らず、内は垂直に、外は斜めに成形し、露胎の高台内 ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

青白磁の双耳小壺 鉄分を含んだ灰白色の素地に青白磁の釉薬がねっとり溶けています。肩に乗った特徴的な耳は12月11日に紹介した灰釉双耳瓶と同種のものだが、かなり洗練されています。また、大きく丸く張った胴と細く絞った頸に力強さに欠ける口が開いている。このような形 ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

青磁小壺3点 なんの変哲もない器形の丸壺は、灰白色の素地によく溶けて青く発色したものから酸化気味に焼き上がったものまでの青磁釉3点です。露胎の高台糸切りの平底となっている。 青磁鎬文壷ビルマ15世紀〜16世紀胴径:8.3cm高:6cm胴径:5 ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

描きかけ蓮弁文の青磁小壺 灰白色の素地に、濃緑色の釉薬が高台際まで掛っています。口を立ち上げたシンプルな形姿をしており、高台際に彫りかけの2弁の蓮弁文が確認できます。高台は削りの平底となっている。青磁蓮弁文壷ビルマ15世紀〜16世紀胴径:8cm高:7cm ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

押し出し鎬の青磁小壷 灰白色の素地で、胴には内側から指で押し出して成形した12の鎬文を施して、腰に2重圏線を引いています。全体に高台際まで青磁を掛けていて、高台は削りでの平底となっている。青磁鎬文壷ビルマ15世紀〜16世紀胴径:9.1cm高:7.2c ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

削り出し鎬の青磁小壺 灰白色の素地で口を小さく作り、肩には2重圏線の間に点線を巡らし、胴は削り出しで鎬文を施しています。全体に高台際までたっぷりと青磁を掛けていて、全体に丁寧な作行となっている。高台内はあまり丁寧とは言えない削り出しです。青磁鎬文壷ビルマ ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

桧垣の壺 灰白色の素地に酸化気味の青磁釉が掛っています。肩に桧垣文を施し、高台は中心を外して削られた三日月高台となっている。青磁桧垣文壷ビルマ15世紀〜16世紀胴径:11.5cm高:10.8cm ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

縦線の青磁丸壺 茶色く見えるが実際は灰白色の素地によく溶けた青磁釉が掛っています。ビルマ陶独特の線刻文が肩には5弁の蓮弁文が、胴には鎬文が施されている。露胎の高台はかなり歪んだ削り成形となっています。ビルマ陶には丁寧な作行のものでも、高台の削りがなぜかいい ... » more

青磁小皿 灰白色の素地に高台際まで青磁釉を掛けています。見込外側と中央に2重の圏線を引き、鍔縁の小皿だが高台の削りも含め、丁寧に成形されていて感じの良い作品です。青磁皿ビルマ15世紀〜16世紀径:16cm高:4.2cm ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

歪みの青磁大盤 灰白色の素地で、シンプルな器形の盤だが、見込外側に一条の隆起線文を施しています。陰刻線と違って陽刻線は技術的には高度で、見込と側面をそれぞれヘラで成形して隆起線を作るものです。この時に、全体に均一に成形できていないため、焼成時に歪みが出たと ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

鎬の青磁大盤 灰白色の素地に、青磁釉を高台内までたっぷりと掛けています。鍔縁の盤で、見込側面に2重陰刻線の鎬文を施している。高台内には焼台の輪ツクの跡が認められます。青磁鎬文盤ビルマ15世紀〜16世紀径:28.5cm ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

総掛け灰釉小鉢 素地は灰白色で鍔縁のシンプルな器形の小鉢だが、全体が厚めに水引きされていて手持ちは重い。見込中央に丸文が一重陰刻され、高台内まで灰釉が総掛けされています。また灰釉は酸化焼成のため黄色くあがっています。高台は小さく厚めに成形されている。 ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

ビルマ情報ネットワークから、北九州市門司区の「世界平和パゴダ」の閉鎖に関わる情報(存続を求める声明)が寄せられましたので転載します。−−−−−−−−−−−−−門司・世界平和パゴダの存続を呼びかける声明2011年12月11 ... » more

黄色の双耳瓶 灰白色のざらついた素地に黄色の釉薬を施し、豊かに張った胴に頸と脚が細く引き締まり、均整のとれた形姿をしていて実物よりも大きく見えます。肩には昨日の作品と同じ特徴的な耳を付けている。脚元は露胎で、高台は糸切りの平底です。黄釉双耳瓶ビル ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

双耳の小瓶2点 盤口の瓶だが、肩に特徴的な双耳が乗っています。大きめの耳は四角く手捻りしたものを肩に乗せ、竹の筒で丸く穴を開けています。胴には太目の陰刻線を引き、鎬文を作っており、その上に酸化炎気味の灰釉が掛っている。高台は露胎で糸切りの平底を見せています ... » more

蓮弁と鎬の小壺 −A 昨日の作品と同類の小壺だが、比べると全体のフォルムに緊張感が少し欠けているように思われます。玉縁の口をした長く太目の頸と高台を持ち胴を思い切り膨らませています。胴の上半分に6弁の蓮弁文を、下半分に鎬文をそれぞれ2重の太い陰刻線で引いている。 ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

蓮弁と鎬の小壺 −@ 玉縁の口をした小壺だが、長く太目の頸と高台を持ち胴を思い切り膨らませています。胴の上半分に8弁の蓮弁文を、下半分に鎬文を太い陰刻線で引いている。灰白色の素地に灰釉を掛けていて、削りで成形された平底は露胎で、中央に丸文が陰刻されています。 ... » more

蓮弁の平壺 灰白色のざらざらした素地に灰釉を掛けている。広く張った肩に鋸歯文を太い陰刻線で引いているが、簡略化した蓮弁文と思われます。低く広めの高台は雑な成形となっている。灰釉蓮弁文平壺ビルマ15世紀〜16世紀胴径:18.8cm高:11.5 ... » more

三日月高台の碗 灰白色の素地に精製された灰釉が流し掛けされていて、還元炎で焼成され、きれいな緑色に焼き上がっています。窯の中で倒れ、傾いたまま焼成されたため外片側が焼成台に触れていたため肌が荒れており、内片側に釉薬が偏って溜まっている。高台内が中心から偏っ ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

白濁の灰釉大盤 灰白色の素地で、鍔縁の器形は装飾もシンプルで見込の外と中央に陰刻で条線を刻んでいます。内側は珪酸分を多く含んだ白濁の釉薬を、外側にはオリーブグリーンの灰釉を掛け分けているように見える。高台内に焼台のツク跡が確認でき、また糸切りの痕跡が認めら ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

鎬の灰釉大盤 灰白色の素地で、鍔縁のこの盤の器形は高台の作りも含めて、ビルマ陶の特徴は窺えにくい。ただ見込に太目の線での鎬文や中央に歪んだ3重線を陰刻しているのがビルマ陶らしくも感じます。全体に灰釉を流し掛けし、藁灰系の白濁釉が数か所散っていて、景色にな ... » more

三つ目の白釉小鉢 レンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)だが、白濁釉の灰釉を流し掛けして、外側は上部まで掛けてほとんどが露胎となっています。シンプルに引き上げた口作りの器形で、見込にはお約束の三つの目跡が施されている。大きめの高台は外側を垂直に、内側 ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

目跡の無い白釉小鉢 レンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)だが、白濁釉の灰釉を流し掛けして、外側は上部まで掛けていて大部分を露胎にしています。口縁は外反りの器形で、見込に一重の丸文が印刻され、この手の鉢にしては珍しく目跡が施されていない。高台は削りによ ... » more
テーマ 陶磁器 ビルマ

灰釉小鉢 −2点 レンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)で、灰釉を筆で塗っており、外側は上部を塗っているがほとんどが露胎となっています。シンプルに引き上げた口作りの器形で、見込には三つの目跡が施されている。大きめの高台は削りによって、わずかに凹ませた ... » more

灰釉の大盤ー2点 これらの盤は昨日までと同じレンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)だが、灰釉を流し掛けではなく筆で内側と外側上半分まで塗っています。鍔縁の盤で見込には3つの目跡が施されている。低く大きめの高台は内側が垂直で外側は斜めに削っています。厚 ... » more

手塗りの白濁釉壷 玉縁の丸壺で、レンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)に錫鉛釉の白濁釉を、流し掛けではなく筆で上半分まで塗っていて、部分的に素地の鉄分が浮き出てきています。露胎の腰部に窯印のような陰刻線が認められます。低めのしっかりした高台を施してい ... » more

肩の張った白濁釉 レンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)に錫鉛釉の白濁釉を、流し掛けではなく筆で外側上半分まで塗っていて、部分的に素地の鉄分が浮き出てきています。高台は糸切りのままで平底となっています。厚手の成形で、手持ちは重い。白釉小壺ビルマ1 ... » more

ビルマ市民フォーラムからの連絡によりますと。本日(11月28日)午後3時から、東京北品川のミャンマー大使館前での「カチングローバルアクション」は中止、ということです。以上 ... » more

小さな白濁釉 レンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)に白濁釉を掛けしている。これだけ小さな壺に錫鉛釉を施しているものは少ないように思われます。高台は糸切り後に箆で雑なナデを施している。白釉小壺ビルマ15世紀〜16世紀高:4.2cm胴径 ... » more

降り物の白釉大盤 レンガ色の素地(胡麻状の赤い粒が混じっている)に薄茶に発色した錫鉛釉の白濁釉を、流し掛けではなく筆で内側と外側上半分まで塗っていて、部分的に素地の鉄分が浮き出てきています。鍔縁の盤で見込には3つの目跡が施されているが、降り物のため五つ目に見 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/29 13:09

「ビルマ」のブログ関連商品

» 「ビルマ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る