誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    純愛

純愛

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 
テーマ「純愛」のブログを一覧表示!「純愛」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「純愛」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「純愛」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

鈴木剛介『デブになってしまった男の話』(求龍堂)の説明を一言でしようとするならば、純愛物語が愛しかない物語に化けていく物語だ、ということができるでしょう。これ以上の説明が思いつかないので、印象的な一節を書き抜いて、この記事はおしまいにします ... » more
テーマ 変化 文学 純愛

ボクの背中には羽根がある。〜エピソードTHREE〜MIYUKI LOVEその4 光一は嬉しそうなミユキを残して外に出た。胸ポケットからタバコの箱を取り出すと1本出して火をつけ深く吸い込んだ後、ゆっくりと煙を吐き出した。白い煙は夜の空に消えていった。「おめでたですね・・・10週目に入ったと ... » more

「ミユちゃん!」聖和大付属病院へ到着するとほどなくミクの母親ミサコも連絡を受けて飛んできた。ミユキはミサコの顔を見て泣きそうになったが必死に奥歯をかみ締めてこらえた。「おばあ様・・・・。」「大丈夫?恐かったでしょう?あり ... » more

「・・・おはよ・・・・ん〜もう昼かぁ・・・・あれミユは?」「ちょっと出かけてるの。」午後になってやっと光一が寝室から出てきた。冷蔵庫からミネラルウォーターのボトルを出して半分ほど一気に流し込むとひと心地ついたようで昼食の支度をし ... » more

「ツウ、今日ね、買い物行ってくるね。」産み月も近くなったある日、ミクは慣れた手つきで朝食を作りながらあくびをしながら起きてきた剛に笑顔を見せた。「買い物?食材もう使ってもうた?こないだまとめ買いしたやん。」「食べ物じゃないの ... » more

ボクの背中には羽根がある。〜エピソードTWO〜YUKINA LOVEその3 ・・・・・・・・ここはどこ・・・・・?暗くて・・・・・寒い・・・・・・・・・・・私・・・・・死ぬの?・・・・・・・・・・・・・・・・・・光一さん・・・・・・・・・・・・・・・・・こうい・・・・さ・・・・・・ ... » more

笑劇!?「赤い衝撃」から「赤い奇跡」へ ホリプロ50周年記念作品リメイク「赤いシリーズ」3作の最後を飾る作品「赤い衝撃」が、昨年末に放映が予定されていながら、その後音沙汰なし。深田恭子が陸上短距離のスプリンターという設定は、どう考えても無理と思っていたら、爆笑モノの企画変更、浅田 ... » more

TBSドラマ『白夜行』 東野圭吾の代表作「白夜行」がドラマ化された。先週の1月12日はその第1回。よくできたドラマだった。おもしろい、掛け値なし。主役は、山田孝之・綾瀬はるかというセカチュー依頼のコンビ。第1回は、二人の子供時代が描かれたが、子役がまた実にうまい。 ... » more
テーマ 純愛 ドラマ

一度でいいから君の一番になってみたかったよ。君の一番は子供だ。それは揺るぐ事はない。だから、遊ぶ約束してても子供が具合悪くなったりしたら中止になる。僕たち2人のせいで子供に寂しい思いや辛い思いをさせないようにする。そ ... » more
テーマ 不倫 恋愛 純愛

君だから僕は恋に落ちた彼女の誕生日
君はプレゼントとか別にいらないと言う。だけど僕はあげたいんだ。想いを形に出来る数少ない日なのだから。僕の誕生日から約一ヶ月で君の誕生日だ。すっかり春の日差しも暖かくなってきて、桜も咲き始める頃だ。僕の一番好きなこの季 ... » more
テーマ 不倫 恋愛 純愛

「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」と「太宰治物語」 同時刻にぶつかった二つのスペシャルドラマ、迷った末「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」を選択。CM中にちょこちょこと「太宰治物語」へ行ったが、「太宰治物語」の方がよかったと後悔。そういってもしょうがないので「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」から ... » more

「赤い運命」最終話 最終回も速いテンポで進みますが、それが息をもつかせない展開となりました。結局このドラマ、直子と俊介の純愛はサブストーリーのようになり、反戦・社会派ドラマの様相を呈していました。でも、俊介への愛を断ち切り、運命に立ち向かう直子の姿には、改め ... » more

「赤い運命」第2話 昨日に引き続きの第2回。いくつかの真実が次々に関係者の知るところとなる早いストーリー展開は、むしろテンポ感があり、あまり気になりません。石坂浩二さんのナレーションがタイミングよく決まっており、話がわかりやすくなっています。今回は、ほぼ ... » more

「赤い運命」第1話 リメイク版赤いシリーズの第2弾は今日から3夜連続で、主演は綾瀬はるかさんです。運命に翻弄されながらけなげに生きる少女を力一杯演じていました。ただ気になったのは、セリフ回しが口だけでいる感じ。もっとお腹から声を出した方がいいのではないでしょ ... » more

雲っていた空が時間がたつに連れてその黒い色が濃くなってきてやがて遠くで雷の音も聞えるようになってきた。「・・・降ってきそうやな・・・・。」拓がつぶやいたとたん雨粒がポト・・・ポトと落ちてきたかと思うとあっという間に大粒の雨が降り出し ... » more

いつの間にかこの時間をアキラが「唯と拓のLOVE2タイム」と勝手に命名してひとり盛り上がっていた。拓は表面では無関心を装っていたが内心は唯と会うのが嬉しくて扉が開いて唯が入ってくるのを心待ちにしていた。たこ焼きが焼けるのを待つ間ふた ... » more

いつも「愛のかたまり」へお越し頂いている皆様方ありがとうございます。夏休みももう終りですね。というわけではないのですが桜から皆様へ感謝を込めて夏の贈り物として短編を書いてみました。「ボク羽根」は少しお休みして「夏の恋詩」お楽しみください ... » more

「事故・・・・。」「うん、トラックがサトミへ向かって突っ込んで来たんや・・・あっけなかった。そのときもオレなんも知らんとバイトしてた・・・あいつ・・・二度と目覚まさへんかった。」剛の肩が小さく震えていた。今度はミクが剛をぎゅっと抱き ... » more

剛はミクを追いかけた。ミクは激しく泣きながら走っていたので息が苦しくてあっという間に剛につかまってしまった。剛はミクを強く抱きしめていた。しばらくはふたりの激しい息遣いだけが夜の静寂の中聞えていた。「・・・は・・・離して!」「嫌 ... » more

ミクは光一の言い分には納得していなかった。光一と剛の間で何かがあった事は気付いていたがそれが何かはミクには知らされていなかった。「お疲れさま!明日も頑張ろうね。車待たせてあるからね。」その日の収録を終え、ミクが帰り支度をしている ... » more

雪那は退院し光一と共にマンションへ戻って来ていた。だがまだ完全に回復したわけではなく自宅療養していた。沙良も雪那が学校へ行けるようになるまでは雪那の側にいると言ってくれた。店のほうも何とか片付き光一も今日から仕事へ出るつもりでい ... » more

決定!「赤い運命」に船越英一郎出演 「赤い運命」(リメイク版)に殺人犯島崎の役で船越英一郎が出ます。オリジナル版で三國連太郎がやっていたもので、個性的な演技が話題となりました。船越さんはいい人の役が多いので、多少の違和感があるかも知れませんが、最近では「アタックNo.1 ... » more

光一は講義が終わると急いでサトミのマンションへ行った。インターホンを鳴らすとほどなくサトミがドアを開けて玄関へ正座して深々と頭を下げた。「おかえりなさいませ。」「・・そんなことええって。それより今日剛に携帯かけてきた?すぐに切れ ... » more

「・・・あの子かわいかったなぁ・・・。」夜のバイトが終わると日付はすでに変わっていた。剛は眠たい目をこすりながら机に向かっていた。あの制服どっかで見たよなぁ・・・どこやったっけ。いつの間にか机に伏せたまま剛は眠ってしまっ ... » more
テーマ ボクの背中には羽根がある。 純愛 自作小説  コメント(8)

・・・・オレなんでここにいるんやろ・・・・「・・剛・・・起きて。」「・・・う・・・ん。ん?」朝の日差しがカーテンのすき間から剛の顔へと差し込んできていた。季節はすっかり春の少し肌寒い朝の空気が剛のほほをなでていた。「 ... » more
テーマ ボクの背中には羽根がある。 純愛 自作小説  コメント(7)

目黒のおじいちゃん純愛
10代の想い出は、胸がキューッとなる片思いの恋人。誰しも熱いものを感じ心臓の鼓動が高鳴った記憶があるかと思うよ。純愛が最近見直されているようですが60歳、70歳になっても胸キュンになることもある。もうセックスができない年齢になっても、自分が ... » more
テーマ 日記 中高年 純愛

 

最終更新日: 2016/12/10 08:26

「純愛」のブログ関連商品

» 「純愛」のブログレビュー をもっと探す

「純愛」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る