誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    塩野七生

塩野七生

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「塩野七生」のブログを一覧表示!「塩野七生」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「塩野七生」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「塩野七生」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

年末の新聞広告に載った、塩野七生の新刊・『想いの軌跡』。真っ先に目に入ったのは、「日本の男たちのロリコン趣味は病理的というしかない」の部分。これについての感想は、このツイートと同じ。同様の記述が、塩野七生のエッセイ『男たちへ』か ... » more
テーマ 塩野七生

さあ、遂にリチャード獅子心王が歴史の大舞台に登場!英国では今でも人気No.1という英雄の登場にキリスト教世界が盛り上がった12世紀後半。イスラム世界の英雄サラディンはいかに迎え撃つか!しかし、戦いの興奮の裏に ... » more
テーマ 塩野七生

塩野七生著「十字軍物語」3を読んで 塩野七生さんの「十字軍物語」シリーズを読了しました。第三巻は第三次から第八次十字軍遠征までを駆け足で記述していたように思います。ちょっと慌ただしく読み進めた感も否めませんが、ここでもう一度、第一巻冒頭を読んでみました。それは、そもそも十 ... » more
テーマ 塩野七生

LUCKY RIVER NEWS十字軍物語2
十字軍物語2 1099年、第一次十字軍がイェルサレムを解放しました。 そして約70年後、イスラムの英雄サラディンが台頭し、キリスト教側がイェルサレムを失う(1187年)までの話です。 その前に、第2次十字軍が編成され(1148年)、イスラムに対し守勢一方 ... » more

今週はこんな本を読んだbP81(23.10.23) 「ローマ人の物語・スペシャルガイドブック」塩野七生新潮文庫780円23年9月初版 この本を見てから初めて「ローマ人の物語」を読んでみよう、と思う人は少ないかもしれない。でも ... » more

ついに文庫化された本書。待ってました〜。建築、彫刻、絵画とともに、『ローマ人の物語』をダイジェストで辿る一冊です。本編未読でも、十分楽しめると思いますが、一度読んだ後だともっと楽しめます。ああ、アイツはこんな顔してた ... » more
テーマ 塩野七生

『ローマ人の物語43』を読み終え、次は――ということで読んでみたのが、本棚に眠っていた『コンスタンティノープルの陥落』。買ったのは10年以上前なのですが、数ページしか読んでいなかったはず。。ページを開き、まず、冒頭にあった勢力分 ... » more

#226【滅亡後】ローマ人の物語43 ローマ帝国の終焉(下) 新潮文庫 2006年 ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉 (新潮文庫)新潮社 2011-08-28 塩野 七生 Amazonアソシエイト by ついに本巻で文庫版全43巻が終了。読み切った感はある。でも、「世界の首都」と呼ば ... » more

今週はこんな本を読んだbP77(23.9.18)「ローマ人の物語ローマ世界の終焉41〜43」塩野七生 新潮文庫 23年9月初版 460円1992年以降、年に一冊新潮社から刊行され、2006年12月の刊行で全15巻が完結した。 ... » more

『ローマ人の物語』の文庫本の刊行が始まったのは、今から9年前のこと。先週、最後の43巻をついに読み終わりました。さすがに、感慨深いですね。単行本を読んでいなかったので、どのくらいの長編か知らなかったのですが、まさか43冊になると ... » more

#225【滅亡】ローマ人の物語42 塩野七生  新潮文庫 2006年 ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉 (新潮文庫)新潮社 2011-08-28 塩野 七生 Amazonアソシエイト by ついにローマ帝国が滅亡してしまった。最後の20年を、西ローマ帝国と東ローマ帝国を比較する ... » more

#224【蛮族】ローマ人の物語41 ローマ世界の終焉(上)塩野七生  新潮文庫 2006年 ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉 (新潮文庫)新潮社 2011-08-28 塩野 七生 Amazonアソシエイト by ついに最終シリーズが発売。題名の通り、終焉に向かうローマについての物語。「最後の ... » more

文庫本も残すところ、あと2冊。41巻・『ローマ世界の終焉〔上〕』を読んだ勢いで、この42巻・『ローマ世界の終焉〔中〕』もわりと短期間で読み終えました。勢いで読んだわりに(!?)、矛盾と思われる箇所も発見出来たりして・・・。まあ、数ペ ... » more

『ローマ人の物語』の文庫本、いよいよ今回が最後の配本です。近くの書店に平積みされていたので、さっそく3冊まとめて購入。去年は半年かけて最初から読んでいたので、新刊へスムーズにつながりましたが、あれからまったく読んでいません。一年 ... » more

第2巻では、イスラム世界の反攻が語られます。第一次十字軍の後、イスラム世界には有能な指導者が現れ、キリスト教世界には現れなかった。傑物が現れるかどうか。いつの世も、この差は大きいですよね。ヌラディン、そして、 ... » more

「神がそれをのぞんでおられる-------」ローマ法王ウルバン2世の呼びかけに、立ち上がった諸侯、領主、騎士、そして民衆。ドイツ、フランス、イタリア等西欧から始まった旅は、ビザンチン帝国のコンスタンティノープルを経て、小アジ ... » more

早起き出来たので(・・・してしまったので?・・・)、アップしておきます。七夕の夜、NHKを何となく見ていたら「笑神降臨」という番組が流れていました。出演していたのはキャイ〜ン。相変わらずでした。。・・・とここまで、『ロー ... » more

レパントの海戦  (本の紹介) 塩野七生著作の歴史小説です。基本的には歴史書に近いです。登場人物は古典書から引き合いに出して、物語を構成しています。「ローマ人の物語」と似た作風です。(本人だから当たり前ですね。)都市国家ヴェネツィアを描いた作品 ... » more
テーマ 歴史 塩野七生

塩野氏が『十字軍物語』を書くキッカケの一つとなったギュスターブ・ドレの絵。本作では、十字軍の歴史の大まかな流れがドレの絵とともに語られていきます。見開きで、左のページがドレの絵。右ページ上段の地中海世界の地図でそのシーン ... » more

LUCKY RIVER NEWS十字軍物語 1
十字軍物語 1 塩野七生の最新作、やっと読み終えました。十字軍といっても予備知識もなく、最初は読み難かったのですが、次はどうなるのかなと徐々に期待が膨らんでゆきます。第8回までとされる十字軍の最初の戦い(第一次十字軍)を描いていますが、 ... » more

LUCKY RIVER NEWSルネサンスの女たち
ルネサンスの女たち 久し振りに塩野七生の本「ルネサンスの女たち」(塩野七生ルネサンス著作集第2巻(新潮社))を読み終えました。最新刊の「十字軍物語1」(新潮社)・「絵で見る十字軍」(新潮社)を買ったのですが、以前からの読みさしがあったなと思い出し、通勤途上 ... » more

ついに、キリスト教が勝利――。ユリアヌスの死後、反キリスト教の政策は見直され、テオドシウスによってキリスト教が国教と定められました。その経過が描かれている下巻は、目次からも『キリスト教の勝利』が明白。これまでは皇帝の名前がありましたが、 ... » more

今週はこんな本を読んだbP26(22.9.26)「ローマ人の物語38・39・40」塩野七生新潮文庫平成22年8月初版380円ほぼ一年ぶりの「ローマ人の物語」だ。久しぶり、という感じがしないのはその間に「日本人へ」、「わが友マ ... » more

『ローマ人の物語』の単行本]W(文庫本38〜40)のサブタイトルは『キリストの勝利』ですが、ローマ帝国はコンスタンティヌス大帝(とリキニウス)のミラノ勅令から一直線にキリスト教化されたわけではありません。この39巻では、その流れに逆らった、 ... » more

年が明けてから約7ヵ月かけて、『ローマ人の物語』の文庫本37冊を読み終え、これが今年38冊目の塩野七生・・・と思ったら、『わが友マキアヴェッリフィレンツェ存亡』の3冊があるので、41冊目でした。塩野七生以外の本を読んでいないような気がす ... » more

フィレンツェの市街をあとに、マキアヴェッリが『君主論』を執筆した山荘のあるサンタンドレア・イン・ペルクッシーナへ向かうには、道が三つある。三つの道すじとも、フィレンツェの南面に開いたローマ門(ポルタ・ロマーナ)を出てガルッツォの村にいく ... » more

塩野七生『日本人へ国家と歴史篇』文春新書塩野七生と言えば、『ローマ人の物語』と答える人がほとんどだと思う。もちろん私もそう。だから、本書は「ローマと今の日本を比べる話」と勝手に思い込んでいた。読んでみたら、あれれ全然 ... » more
テーマ 塩野七生

『ローマ人の物語』の文庫・37巻を読み終えました。一月から再読を始めて7ヵ月。現在、発行されているすべてを読み終えたことになります。長かったですが、通しで読んでみて理解が進んだ部分もありました。新潮社のHPを見ると、9月1日は3 ... » more

再読中の『ローマ人の物語』、29巻の記事を書いてから半月が過ぎました。この間、新しい記事を書いていませんでしたが、粛々と読み続けていて、34巻に入りました。32〜34巻は『迷走する帝国』。32巻は2年前に書いていたので、33巻を―― ... » more

高橋敏男のブログビールは美味しい?
ビールは美味しい? 昨夕、神風会・清友会合同の暑気払いがあった。恒例行事になっているので今年も参加した。幸い昨日は心地よい風も吹き、北朝霞駅から会場へ向かう東西に走る高 ... » more
テーマ 暑気払い 塩野七生 ルンペン

 

最終更新日: 2016/12/03 04:13

「塩野七生」のブログ関連商品

» 「塩野七生」のブログレビュー をもっと探す

「塩野七生」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る