誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国時代

戦国時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 日本史
テーマ「戦国時代」のブログを一覧表示!「戦国時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国時代」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

万屋満載戦国武将小早川隆景のこと
戦国武将小早川隆景のこと 前回は毛利元就の次男「吉川元春」のことをUPしたが、今回は三男「小早川隆景」について簡記したいと思う。隆景は、天文2年(1533)、毛利元就と妙玖夫人の三男として生まれている。幼名は徳寿丸である。毛利元就は「家」のことについて深 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

戦国武将吉川元春の初陣と結婚 戦国時代、世は乱れに乱れ自家を如何に存続させるかで家長は頭を痛めていた。他人を100%信用するわけにはいかないので、どうしても血縁関係を頼らざるを得ない。それでも骨肉の争いは起きるわけで致し方の無いことでもあったし、そういう時代でも ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(2) トラックバック(1)

万屋満載「ホトトギス」で表す3傑武将
戦国時代には大勢の武将達がいたのだが、その中でも「織田信長」「豊臣秀吉」徳川家康」は3大英雄と云われている。北条早雲、武田信玄、上杉謙信等々比類なき武将は大勢いるのだが、天下を統一した秀吉や家康、統一までの御膳立てをした信長については戦 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(2)

天正10年(1582)、信長の宿泊していた本能寺に攻め入り主君信長を誅した光秀。躍起となって信長の遺骸を探し出そうとしたのだがついに発見できなかった。山崎の戦いで光秀を打ち破った秀吉は、この時、天下を見ていたというのだが、その姿を天 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(1)

万屋満載天正大判の使い道
天正大判の使い道 豊臣秀吉が造らせたという「天正大判」。一体どのくらいの価値があったのであろうか?皆さんは不思議に思ったことはないだろうか?この大判の重さは一枚165グラムだというのだ。そして金の純度が70〜74%と高いのだ。この大判1枚 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

万屋満載城攻めに要する費用は?
城攻めに要する費用は? 戦国時代、城攻めをするにはどの位の費用がかかったのであろうか?単純に正攻法で正面から攻めるのであれば並の費用で済むのであろうが、これがトンネルを掘ったり水攻めということになると莫大な経費が掛かることは想像できるだろう。最近映画で「忍 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

日本史の「陰謀」13 毒殺未遂?政宗の真実 〜自分を殺そうとした相手を許す〜こんなことはよほど温厚な人でも、到底・生涯・金輪際できることではありません。それは、「殺し殺され」が普通に行われていた戦国の世でも変わりのないことでしょう。ところが、伊達政宗(1567-163 ... » more
テーマ 伊達政宗 戦国時代 御家騒動

万屋満載黒田官兵衛(如水)隠居の真実
黒田官兵衛(如水)隠居の真実 現在NHKの大河ドラマで「軍師官兵衛」が放映されている。ドラマそのものは陰気くさくて視聴する気も起らないのだが、そろそろ終焉に向かっているのかナァ・・・・如水は慶長9年(1604)、京都に滞在中に亡くなっている。その前の天正17 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

鎧袖初雁雑事記『信長研究の最前線』
信長本相次ぐ中、売れ行き好調の一冊です。壮観な顔ぶれですが、テーマごとに細分化され、どこから読み始めても楽しめるということです。私はそう言われても、最初から順序良く読んでいくのが好きなので、目次通りに拝読しました。読者がもっとも ... » more
テーマ 史料分析 織田政権 戦国時代

万屋満載秀吉の女癖は秀逸
今回は、秀吉の女癖の悪さについて記したいのだが、その前に個人的ななことを述べたいと思う。小生は日頃から秀吉ファンだと自認しているのだが、これまた何時も云っているように天下を取るまでのことである。もう少し厳密に云えば「羽柴秀吉」と ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

9月ツーリング〜信長の館〜 余呉湖からの帰り安土町にある信長の館に行くことにしたR8を長浜まで下る長浜からは県道で安土へ1時間くらいかかったかな?持って行った小説本も織田信長の本なのでまぁ立ち寄るのは当然かも余呉 ... » more

万屋満載豊臣秀吉は5度名前を変えた
豊臣秀吉は5度名前を変えた 豊臣秀吉の幼名が「日吉丸」だということは良く知られているが、百姓の身が〇○丸という幼名を付ける筈は無いのだからこれは後年付けられたものだろう。天下統一を果たしたころの秀吉は、飛ぶ鳥落とすの例え通り何でも可能と思っていた節がある。秀吉 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

今回は武士がイザ出陣となると、どんな物を用意し又は考えていたかについてUPしたいと思う。階級によって準備する物はあるわけだが、一般的なものについて述べたいと思う。武士は、出陣となるといろんなことを想定して準備していたことは異論のない ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

日本史の「もしも」03 戦国乱世に第二のピサロ 数千年の歴史を持つアンデス文明を継承したインカ帝国でしたが、キリスト教圏・スペインの侵略によりあっけなく滅んでいます。(1533年)フランシスコ・ピサロ(1470頃-1541年)率いる、当初わずか180人の兵隊と40頭足らずの馬 ... » more

more slowlyリボルミニ伊達政宗
リボルミニ伊達政宗 リボルミニの伊達政宗さまが家に来ました〜早速開けていろいろやってみたんですけど、初めてこういうのを買った初心者には難しいというかどこをどういじったらいいのか分からん…部 ... » more

万屋満載秀吉の中国大返しの凄さ
秀吉の中国大返しの凄さ 戦国歴史の中で有名な話は幾つもあるのだが、小生の頭の中では「川中島の戦い」「桶狭間の戦い」それと「中国大返し」、「賤ケ岳の合戦」である。歴史ファンの方々もそれぞれの思いがあると思うのですか・・・・川中島の戦いは武田信玄対上杉謙信が5 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

邪馬台国、信長、龍馬、写楽。これだけは時代が変わっても売れる。昔、ある編集者にそう言われたことがあります。この方は、歴史出版で活躍された方ですが、出版業界でその名前を知らない人はモグリだとまで言われた方です。このところ、信長本の刊行が相 ... » more
テーマ 織田政権 戦国時代 朝廷

万屋満載武田信玄の兄弟姉妹
武田信玄の兄弟姉妹 前回は織田信長の兄弟について述べたが、今回は武田信玄の兄弟ということで進めたい。戦国武将の中での武田信玄は、今風に云えば「超有名」だと云っても過言ではあるまい。川中島での上杉謙信との5度の戦いはいつの世になっても語られる戦でもある。 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(1)

『織田信長─その虚像と実像』 信長本が立て続けに出ました。この松下浩著『織田信長─その虚像と実像』(サンライズ出版)に続いて、金子拓氏『織田信長〈天下人〉の実像』、谷口克広氏『信長と将軍義昭』。本書は他2著に先んじて出た信長本ですが、金子本、谷口本に比べて地方出版ゆえか ... » more
テーマ 織田政権 戦国時代 地方出版

信長の兄弟・織田長益(有楽斎) 前回からの続きで、今回は信長の弟「織田長益」について述べたい。初めに言っておくが、戦国時代、この男ほど要領良く立ち回った男も珍しいのでは?と思う通称は源五郎といっていたのだが、信長が「本能寺」で死んだとき36歳であったのだ。そし ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

万屋満載織田信長の兄弟の軌跡
天正10年(1582)、京都・本能寺に宿泊中の信長が明智光秀に襲撃され自決した時の年齢は49歳であった。現在からすれば若死なのだが、戦国時代としては年相応といってもいいのだろう。確かに秀吉や家康と比較すれば若くして亡くなっているのは ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

more slowly戦国BASARA コンプリートBOX
戦国BASARA コンプリートBOX 本当は第1期、第2期、劇場版に加えてBOXも1,2両方とも持ってるし、しかも戦国BASARAフェス2010蒼の陣紅の陣まで持ってるんですけど…買っちまいましたしかもアマゾンで3100 ... » more

改訂新版『直江兼続と関ヶ原』 以前、福島文化振興財団から刊行された『直江兼続と関ヶ原─慶長五年の真相をさぐる─』を拙ブログで紹介いたしましたが、限定部数だったため、現在は品切れ状態となっていました。しかし、今夏、装いも新たに戎光祥出版から一般書籍として店頭にならぶこ ... » more
テーマ 史料分析 上杉氏 戦国時代  トラックバック(1)

参勤交代に費消した金数はどのくらい? 江戸時代の参勤交代の目的は、各藩の財政が潤って謀反を起こさないように浪費させることなのだが、藩にとってはこれほど無駄な浪費もないと考えたとしても仕方あるまい。しかし、幕府という巨大な命令者では逆らう事も出来ず、従う事しかできなかった。 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

火縄銃は、天文12年(1543)に種子島に漂着したポルトガル船によって伝わっている。その30年後には織田信長の鉄砲隊が戦場で活躍しているから、伝播の勢いは凄まじいものであったことが分かる。ということは日本の歴史上の出来事が塗り替わる ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

現在でも豊臣秀吉の人気は強い。徳川家は秀吉に関するモノは否定したかったらしいのだが、どっこい庶民の中では密かな人気を博していたらしい。徳川方にとっては、敵である豊臣家に人気の出るのが気に食わないため、この種の本は幾度も発禁にしている ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

上杉謙信の観察眼。暗くなれば寄せ手は必ず退くと見極めた理由は? ●●●●●★歴史★●問題:長尾晴景(はるかげ)は長尾景虎(かげとら)の実のお兄さんだそうです。長尾景虎は後の上杉謙信(けんしん)です(このクイズでは以後は上杉謙信と呼びます)。■兄弟とはいえ21歳も年上です。晴景は永正(えいしょう) ... » more

豊臣秀吉が天下統一を果たしたのは天正14年(1886)12月に、朝廷から「太政大臣」をを任ぜられ、「豊臣姓」を賜ったときということらしいのだが、小生は、翌年の天正15年(1587)島津義久が降伏した時だと思う?でも、これで世の中が安定し ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

鎧袖初雁雑事記『土の城指南』
『土の城指南』 前作の『城取りの軍事学』の姉妹編。というよりも、理論編に対して、本作は実際に城めぐりをし、縄張り図を書くという実践編という位置づけがなされています。「戦国時代のほとんどの城には城主がいなかった」という視点に、私などは、そう言えばそうだな ... » more
テーマ 戦国時代 城郭

万屋満載幻の「安土城」
幻の「安土城」 天正4年(1576)1月、織田信長が滋賀県の琵琶湖の畔に新城を築き始めた。云われるところの「安土城」だ。信長が自分の力を天下に誇示するために、精魂を傾けて建てた名城なのだが・・・勿論現代人はその姿を見たことはないわけで、模型等でその ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

 

最終更新日: 2014/12/18 07:13

「戦国時代」のブログ関連商品

» 「戦国時代」のブログレビュー をもっと探す

「戦国時代」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

信長研究の最前線 (歴史新書y 49) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 信長研究の最前線 (歴史新書y 49)
洋泉社 日本史史料研究会編

戦国BASARA COMPLETE BOX [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 戦国BASARA COMPLETE BOX [Blu-ray]
ポニーキャニオン

劇場版 戦国BASARA-TheLastParty-公式イラスト集 弐 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 劇場版 戦国BASARA-TheLastParty-公式イラスト集 弐
マッグガーデン

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「戦国時代」ブログのユーザランキング

万屋満載 1 位.
万屋満載

テーマのトップに戻る