誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦国時代

戦国時代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 日本史
テーマ「戦国時代」のブログを一覧表示!「戦国時代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦国時代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦国時代」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

新国立競技場建設と安保関連法案で得する人々 「戦国時代は裏から読むとおもしろい!−「敗者」から見たもうひとつの戦国合戦史−」 小和田哲男/著 青春出版社 2007.5.20歴史の読み方がガラリと変わる大人のための「戦国史」教室と題し、正史とされている勝者の歴史ではなく、人物、事件 ... » more
テーマ 新国立競技場 戦国時代 平和安全法制

信長は神仏を信じなかったようなのだが、豪胆な面もあり繊細な面も持ち合わせている両極端な武将だろうと思う。これは、あくまでも小生の推測なので気にしないで頂きたい。それは、加賀越前等北陸地方を平定し、家臣の柴田勝家に任せ、その管理につい ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

鎧袖初雁雑事記『耳鼻削ぎの日本史』
冒頭、民俗学の二人の巨人、柳田國男と南方熊楠の対立が紹介されます。全国に点在する耳塚・鼻塚にまつわる伝承は、合戦で殺した相手の耳や鼻を集めて埋めた・・・そんな、血なまぐさいイメージがありますが、実は信仰の対象であることが多く、残虐な伝承 ... » more
テーマ 史料分析 女性 戦国時代

織田信長の名言・Part2(家康と同盟の時の言葉) 前回は幸若「敦盛」を愛したことを述べたが、信長は次のようなことを云っている。〇人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。戦国時代に生きる武将ならではの言葉であろう。信長は常に死を覚悟していたと感じさせる言葉なのだ。 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

今回から織田信長の名言を取り上げたいと思う。あまりにも有名な武将なので良く知っておられる方はスルーしていただいて結構です。ただし、今回は信長の名言ではありません。信長と切っても切れない幸若の舞曲『敦盛』のことです。『人間五十 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

『石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世』 近年の戦国史エポックでしょうね。林原美術館所蔵の「石谷家文書」が史料集として刊行されました。しかもこのテの史料集としては安価です。岡山へは私も2度見に行きましたが、図録などは作成されず、網膜に焼き付けてきました。ちなみに、編者の浅利さん ... » more
テーマ 史料分析 戦国時代 古文書

万屋満載上杉謙信名言集・Part4
上杉謙信名言集・Part4 前回の続編ですが〇我は兵を以て戦ひを決せん。塩を以て敵を屈せしむることをせじ〇卑劣は末代まで武門の笑の種Part3でものべたように、謙信は「誠実」「律儀」「儀礼」を重んじた武将であると伝わっている。つまり義侠心の熱い武将なの ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

万屋満載上杉謙信の名言〜Part3
part2で述べたのだが、もう少し付け足すと「上杉謙信公の名言(上杉家家訓十六ケ条)」には次のようなものがあるのだ。(一部重複)一、心に物なき時は心広く体泰なり一、心に我儘なき時は愛敬失わず一、心に欲なき時は義理を行う一、心 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(1)

○あゝ、名大将を殺したり前回も述べたのだが、謙信は信玄とは好敵手の間柄である。そして謙信は義理人情にも厚い武将だったことも良く知られている。そのようなことで謙信は一度請け負った事柄については、トコトン義理を全うすることを心掛 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

万屋満載上杉謙信の名言・格言
前回まで武田信玄の名言についてUPしてきたが、今回からその信玄の好敵手「上杉謙信」の名言をUPしていきたい。信玄と比較される謙信。信玄は、軍略、戦術を決める時、諸将の意見を聞くことが多かったという。対して謙信は、潔癖症で無欲であ ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(1)

万屋満載武田信玄の少年時代の逸話
今まで、武田信玄の名言としてPart6までUPしてきたのだが、今回、閑話休題ではないが信玄が少年時代のころの逸話を述べていきたい。勿論、歴史好きの皆さんはご存じだと思いますが、そこのところは御了解を得たいと思います。こと、英雄的な人 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

○働く者には相方をつけることが大切だ 信玄は云う。「人間の能力は決して同じではない。性格も違うし、長所もあれば短所もある。そこで長所と短所をよくよく見抜いたうえで、甲と乙、乙と丙というように相方として組み合わせることが大切になっ ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

日本史の「謎解き」21 ピケティ風?の戦国経済論 とんでもなく固くて難しい内容という噂?があった、フランスの経済学者トマ・ピケティ著の「21世紀の資本」が出版されるや、世界ではすでに100万部超え、日本でもたちまち10万部以上が売れたそうですから、これが驚かずにおられましょうか ... » more
テーマ 織田信長 戦国時代 ピケティ博士

〇大将たる者は、家臣に慈悲の心をもって接することが、最も重要である。日頃からこのような考えであるから、信玄の名言集には随所に関連したものが出てくる。〇百人のうち九十九人に誉められる者は、決して良い人物ではない信玄は人 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(1)

〇一日ひとつずつの教訓を聞いていったとしても、ひと月で三十か条になるのだ。これを一年にすれば、三百六十か条ものことを知ることになるのではないか。 つまり、事を成就させるのは、コツコツと積み重ねることだ〇 渋柿は渋柿として使え。 ... » more

万屋満載戦国武将名言集〜Part3
○もう一押しこそ慎重になれ。これはもうことばのとおりだ。○負けまじき軍に負け、亡ぶまじき家の亡ぶるを、人みな天命と言う。それがしに於いては天命とは思はず、みな仕様の悪しきが故と思うなり。 負けることのない戦に負け、亡ぶことの ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

戦国武将の中でも武田信玄ほど畏怖され畏敬の念で見られた武将も少ないであろう。あの信長さえ信玄の動静には常に関心を持ち、贈り物をするなどのゴマすりもしているのだ。後世にも、信玄公の名で格言・名言なるものが相当数残っているのだが、真偽の ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

万屋満載戦国武将の名言集〜武田信玄
戦国武将の名言集〜武田信玄 今回は戦国武将の中でも超有名な武将「武田信玄」の名言について述べたいのだが、戦国歴史に興味のある方は既に知っておられることと思いますのでご理解ください。信玄が生まれたのは、大永元年11月3日(1521年) 亡くなったのは、元亀4 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

万屋満載戦国武将の名言集〜北条早雲
戦国武将の名言集〜北条早雲 戦国武将達はどのような信条をもって生きていたのだろうか?武将たち本人も中々気づかないものと思うのだが、後世の歴史家たちは色々調べているようではある。ということで、今回から一寸気になる名将たちの「名言集」について述べたい。まず「北 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

鎧袖初雁雑事記『豊臣秀次』
『豊臣秀次』 吉川弘文館の人物叢書の一冊です。秀吉の後を継いで、武家関白になりますが、それまでは何度も養子に出され、秀吉の手駒として使われました。そして、最後に跡継ぎのいない秀吉に迎えられたのですが、秀吉に実子秀頼が誕生後、次第に確執は深まっていきま ... » more
テーマ 豊臣政権 戦国時代 伝記評伝

万屋満載織田信長の子孫(男子)たち
天下統一を目前にして、時の風雲児織田信長が、京・本能寺で明智光秀に討たれたのが天正10年(1582)のことだ。それから433年経つ。今日まで織田信長に関する芝居・映画、TVドラマ等は数知れないほどであろう。信長の兄弟の事は過去に ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

武田信玄の弟「武田信廉」のこと 前回に続き、今回は信玄の弟「信廉(のぶかど)」のことだ。歴史の中ではこの二人、よく対比されるのだが、対照的に生きたと評されている。武田 信廉は、天文元年(1532年) - 天正10年3月7日(1582年3月30日)?) 戦国時代 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

万屋満載武田信玄の弟信繁のこと
武田信玄の弟信繁のこと 前回信長のことについてUPしたのだが、そこで大チョンボして申し訳ありませんでした。弁解になるのですが、其の時次は何をUPしようかと考えながら信玄の兄弟の事を考えていた。そして信長の父「信秀」と、信玄の父「信虎」を混同してしまい、チェ ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

鎧袖初雁雑事記『豊臣秀吉文書集一』
『豊臣秀吉文書集一』 新聞各紙でも紹介されていた名古屋市立博物館編による『豊臣秀吉文書集』の第一冊です。これから毎年一冊ずつ、全九巻が刊行予定です。完結するのは、二〇二三年!思わず完結時の自分の年齢をかぞえてしまいました。本文は、編年順となっており、 ... » more
テーマ 豊臣政権 戦国時代 古文書

日本史の「列伝」01 父チャンを超えたい症候群 親があまりに偉大、言葉を変えればスーパースター的存在である場合、その子供は結構難儀な立場に置かれるものです。〜周りの連中はいつも親父と俺を「見比べ」ている〜こうした雰囲気はなんとなく本人(子)にも伝わってくるから鬱陶しい。 ... » more
テーマ 戦国時代 武田信玄 武田勝頼  コメント(2)

歴史ウォーク〜摂津市〜 土曜日歴史愛好家が主宰するウォークに参加した集合は13:30にJRの千里丘駅到着するとすでに20名くらいの方がおられた主宰者作成の資料をいただき出発好きとはいえ手作りの資料には頭が下がる今回の ... » more

信長の「うつけ振り」を列挙・パート4 信長の「うつけ振り」をパート1からパート3まで云ってきたのだが、今回はその信長の実態を見抜いた男・・・そうご存じの斉藤道三のことである。信長が道三と面会した後、巷ではその「うつけ振り」は信長の演技ではなかったのか?と囁かれだすのだ。 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

信長の「うつけ振り」を列挙・パート3 信長のうつけ振りでもっとも有名な伝えが父信秀の死去の際の所業だろう。今回はそのことについて述べていくことにしたい。その前にひと言云っておきたいのだが、、信長15歳の時結婚している。マァ、結婚させられたという方が正しいのであろう。 ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

信長の「うつけ振り」を列挙・パート2 バート1で列挙したとおり「うつけ振り」も徹底していたわけで、とてもではないが「武士」の威厳などあったものではないだろう。ましてや領主信秀の後継者なのだから、信頼しろという方が所詮無理な話だろう。今でいえば頭の血管がブッツリと切れてい ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代

織田信長の「うつけ振り」を列挙・パート1 今回は小説や映画でお馴染みの信長の「うつけ」の逸話を列挙したいと思う。これはもう皆さんご存知の話なのですが、今一度述べたいと思う。大体が「天才だ」「秀才だ」と語り継がれている人物ほど、幼少時代の逸話は多いと思う。徳川家康しか ... » more
テーマ 歴史 史跡と歴史散歩 戦国時代  コメント(3)

 

最終更新日: 2015/08/02 03:18

「戦国時代」のブログ関連商品

» 「戦国時代」のブログレビュー をもっと探す

「戦国時代」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

耳鼻削ぎの日本史 (歴史新書y) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 耳鼻削ぎの日本史 (歴史新書y)
洋泉社 清水 克行

石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世
吉川弘文館

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る