誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    宮城谷昌光

宮城谷昌光

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「宮城谷昌光」のブログを一覧表示!「宮城谷昌光」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「宮城谷昌光」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「宮城谷昌光」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【書評】 宮城谷昌光著 『劉邦』 …負けてばかりの「劉邦」がなぜ皇帝になれたのか 【書評】宮城谷昌光『劉邦』負けてばかりの「劉邦」がなぜ皇帝になれたのか現代ビジネス2015年08月30日(日) http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44793劉邦の故郷、中国の徐州 ... » more
テーマ 劉邦 書評 宮城谷昌光

『劉邦(下)』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『劉邦(下)』(2015年7月刊)を読みました。BOOKデーターによると、<自らの信念を曲げた劉邦の真意とは?秦王の降伏を受け、劉邦は秦の都・咸陽に入る。しかし、項羽によって劉邦は巴、蜀、漢中の王として左 ... » more
テーマ 宮城谷昌光

『劉邦(中)』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『劉邦(中)』(2015年6月刊)を読みました。BOOKメータ−によると、<民に推され沛県の令となった劉邦は、近隣の県を平定しながら勢力を拡大していく。行軍中に名軍師・張良との出会いがあった。楚と結んだ劉 ... » more
テーマ 宮城谷昌光

『劉邦(上)』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『劉邦(上)』(2015年5月刊)を読みました。BOOKメーターによると、<秦末、王朝を覆す「天子の気」を遠望した始皇帝は、その気を放つ者を殺すように命じる。配下に襲われた泗水亭長・劉邦は、九死に一生を得 ... » more
テーマ 宮城谷昌光

『呉越春秋 湖底の城五巻』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『呉越春秋湖底の城五巻』(2014年9月刊)を読みました。BOOKデータによると、<楚、そして呉王僚を討ち、諸樊との戦いに勝利した公子光は、呉王闔廬に、その子の終〓(るい)は太子となった。子胥は闔廬の使者 ... » more
テーマ 宮城谷昌光

『湖底の城 呉越春秋 四巻』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『湖底の城呉越春秋四巻』(2013年7月刊)を読みました。BOOKデータによると、<楚王を伐つ。これが伍子胥の生涯の主題である。祖国を追われた子胥は、楚の太子・子木の亡命先である鄭に入る。しかし子木は滅ぼ ... » more
テーマ 宮城谷昌光

『湖底の城 呉越春秋 三巻』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『湖底の城呉越春秋三巻』(2012年7月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<伍子胥は、処刑される父と兄を救出するため都に潜入するが果たせなかった。「つぎに楚都にくるときは、楚を滅ぼすときだ」と伍 ... » more

劉秀が河北を制してから、皇帝になるまでが描かれた最終巻。部下への信頼、民への愛情。平時も戦火の中も知略を巡らせ、勇を奮い、情味をもって捌いていく。まさに仁を体現し、貫いた劉秀。こんな人に政を治めてもらいたい、そう強く ... » more

『草原の風 下』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『草原の風下』(2011年12月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<いよいよ「天子」として立つ劉秀。その磁力に引き寄せられるように、多くの武将、知将が集結する。光武帝の後漢建国の物語、完結編。劉 ... » more

『草原の風 中』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『草原の風中』(2011年11月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<三国時代に比肩する群雄割拠の時代、乱立する英傑らと戦いを重ね、その頂点にのぼりつめた劉秀。光武帝の若き日々を雄渾の筆で描く。劉 ... » more

本巻では、青年・劉秀が起ってから、王莽の死、流浪そして再起までが描かれています。見所はやはり「昆陽の戦い」でしょう!!寡兵で100万の敵を破った劉秀の手腕。これは燃えます。大興奮です!そこから一気に皇 ... » more

『草原の風 上』宮城谷昌光 宮城谷昌光の『草原の風上』(2011年10月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<三国志よりさかのぼること200年。こんなにも面白い時代があった! 劉邦の子孫にして、勇武の将軍。古代中国の精華・後漢を打ち立て ... » more

本書は、後漢の開祖、光武帝・劉秀の生涯を描いた壮大な物語です。上巻では、劉秀が起ち上がるまでの青年時代が描かれています。皇位を簒奪し、新を建てた王莽の時代。前漢皇帝の末裔である劉秀、字は文叔は、南陽郡は舂陵で ... » more

良太の部屋「新三河物語」を読む
「新三河物語」を読む 「新三河物語」上中下宮城谷昌光著新潮文庫を読みました。上巻宮城谷昌光さんの本は難解だと知りつつ今日買ってきて読んでます。徳川家康の家臣大久保一族をメインに書いてあるようです。信長、秀吉、家康といった君主をメイ ... » more

ブログを始める前に読んだものなので、データ整理のためタイトルのみの紹介とさせていただきます ... » more
テーマ 宮城谷昌光

一人遊び宮城谷昌光
宮城谷昌光 宮城谷昌光さんの本は、参考:[Google]検索の二番目あたりに存在する。http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/_miyagitani.htm帰宅した、家人の手元に、一冊の本が ... » more
テーマ 孟嘗君 宮城谷昌光

東海道新幹線 東京と新大阪を何度となく行き来していて、一番印象的な景色はどこだろうか。やはり、関が原から長浜を遠くに見ながら走る滋賀のあたりだろうか。水田とゆったりとした形の山々。歴史の舞台。工場や配送センターが真近に見えない風景がよい。 ... » more

後漢王朝が色々な勢力の争いとともに、本格的な崩壊をはじめる巻です。重厚さは相変わらずでしたが、物語に加速がついてきたためか、一巻よりもずっと読みやすく感じました。曹操や劉備、孫堅らもやっと生まれて、ちらりほらりと登場しだしましたしね。 ... » more

すこし迷ったのですが、今回はあらすじは省略させてもらいます。だって天下の「三国志」ですから(笑)と、その直後に言うのもなんですが、この宮城谷版『三国志』、一般的に流布しているものとは少し違うようなのです。普通「三国志」と呼ばれる小説 ... » more

秦の時代。始皇帝は苛烈な政治を行い、官が民衆を圧迫していた。地方の郷士である田氏の三兄弟――田譫、田栄、田横は郷里へ帰る途中、ひとりの老人を助ける。すると老人は、3人に奇妙な予言を告げる。彼ら3人ともが王になる、と。そして、時代は再 ... » more

秦の時代。始皇帝は苛烈な政治を行い、官が民衆を圧迫していた。地方の郷士である田氏の三兄弟――田譫、田栄、田横は郷里へ帰る途中、ひとりの老人を助ける。すると老人は、3人に奇妙な予言を告げるのだった。彼ら3人がそろって王になる、と。** ... » more

 

最終更新日: 2016/12/03 03:22

「宮城谷昌光」のブログ関連商品

» 「宮城谷昌光」のブログレビュー をもっと探す

「宮城谷昌光」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る