誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古事記

古事記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古事記」のブログを一覧表示!「古事記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古事記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古事記」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

イザナギ命の禊と神社の祝詞に秘められていた、願いを叶えるために必要な”祓い清め”とは?? 時に私たちは何か願いがあって、その祈願のために神社に参拝し、そして儀式を執り行ってもらったり、御祭に参加したりします。その時、まず祓詞を奏上して全てを清める修祓を行い、神様にお供え物を捧げる献饌をし、玉串を御供えし拝 ... » more
テーマ 古事記 もも

出雲大社だけではない、出雲に厳然と残る古事記の世界 旧皇族である竹田恒泰氏は、自身が立ち上げた財団で、全国のホテルや学校に無償で「古事記の現代語訳」を配布するプロジャクトも行っていおり、従来より日本のホテルの客室に古事記がないことに違和感を感じていたようです。竹田恒泰 ... » more
テーマ 古事記 もも

古事記「イザナギとイザナミの神産み」から分かる、全てのものが陰と陽で成り立っているとは・・・ イザナギとイザナミが国生みをしたことはよく知られていますが、この二神がたくさんの神さまを生んでいたことはあまり語られていないような気がします。自然界の様々なもの、私たちが生活する上で大切なもの全てを、イザナギとイザ ... » more
テーマ 古事記 もも

古事記「イザナギとイザナミの国生み」から見えてきた、イザナギ・イザナミの本当の意味は・・・ ー古事記伊邪那岐命と伊邪那美命の国生みーそして、天津神々が、イザナキ命とイザナミ命の二柱の神に、「この漂っている国を整えて、しっかり作り固めて完成させなさい。」と仰せになり、神聖な玉で飾った天の沼矛( ... » more
テーマ 古事記 もも

日本最古の歴史書、古事記ー序文と天地のはじめー 天武天皇の命を受けてから、古事記の編纂が太安麻呂(おおのやすまろ)によって完成され、元明天皇に献上されたのは、和銅5年(712年)のことでした。それから約500年後、日本の政権は、天皇を中心とする朝廷から、武士を中心 ... » more
テーマ 古事記 もも

信濃国の諏訪大社の御祭りにも秘められていた、古代ユダヤの証とは・・・ 諏訪大社下宮秋宮出雲大社の祭神・大国主命が、天照大御神の使者から”国を譲ってほしい”と言われ、”私の一存ではお答えできないので、息子に聞いてください。”と言いました。そこで、天照大御神の使者、タケミカヅチは、大国主 ... » more
テーマ 宗教 古事記 もも

縁結びだけではない、出雲大社の祭神・大国主命の働きと由緒 島根県松江市にある出雲大社は、出雲大社の宮司を代々務める千家家の千家国麿さんと皇族の高円宮典子さんが、2014年に結婚されたことで話題となりました。また、伊勢の式年遷宮だけではなく、出雲大社も、60年ぶりの「平成の大 ... » more
テーマ 宗教 古事記 もも

伊勢”神宮”のご由緒と式年遷宮〜天照大御神が伊勢にご鎮座されたのは・・・?? 天照大御神をお祀りしている伊勢神宮内宮正宮今年、首脳サミットが行われることで注目を浴びている三重県に位置する伊勢神宮。正式には”神宮”と呼ばれ、お伊勢さんとも呼ばれて親しまれている伊勢神宮は、2013年には、20年に ... » more
テーマ 宗教 古事記 もも

神社の成立と神社の階位 神道において、神社の歴史はとても古い。7世紀後半、律令制度の下で、二官八省(神祇官、太政官 - 中務省・式部省・治部省・民部省・大蔵省・刑部省・宮内省・兵部省)が成立したと言われています。このうちの神祇官が、 ... » more
テーマ 宗教 古事記 もも

元伊勢・丹波の「籠神社」に秘められた、古代ユダヤの証とは?! モーセの時のように神に従わなくなった北のイスラエル国家も民も、南のユダ国家の民も、それぞれバビロン帝国によって滅ぼされ、その民はバビロニア(現在のイラク)に捕囚されていきました。まず紀元前598年、北のイスラエル国家 ... » more
テーマ 宗教 古事記 もも

作者の寮美千子氏は、私の高校のクラブの後輩にあたる。高校時代から国語は出来たと、彼女と同期の者が言っていたが、作家となり、泉鏡花文学賞を受賞している。それはさておき、高校の同窓会に出向いた時に「今度、新著を出したので」と言われたのが ... » more
テーマ 絵本 古事記

シリアの詩人ムハマド・オダイマさんとの昼食 3月15日(火)、銀座の中華料理店、小南国で、シリア出身で日本在住の詩人ムハマド・オダイマさんとはじめて会い、昼食。フカひれセットをおごる。夏石俳句のアラビア語訳のお礼に。後ろは銀座プランタン俳句、詩、短歌、一神教、古事 ... » more
テーマ 俳句 古事記 イスラム圏  トラックバック(4)

江戸幕末の国学者・本居宣長に学ぶ、本来の日本の思想とは?? 江戸時代幕末の国学者、本居宣長(もとおりのりなが)。名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?本居宣長は、何をした人なのでしょうか・・・本居宣長は、昼は ... » more
テーマ 古事記 もも

アマテラスの天孫降臨 天孫降臨とは・・・天とは高天原のこと、孫とはその孫、つまり天照大御神の孫である邇邇芸命(ニニギノミコト)が降臨するということ。〜アマテラスの天孫降臨〜八岐大蛇を退治したスサ ... » more
テーマ 古事記 もも

スサノオ尊は、ヤマタノオロチを退治した勇者の神・・・悪を退治する方法とは?・・・ 荒れすさぶ神、建速須佐之男命(たけはやスサノオのみこと)。スサノオを祀っている有名な神社は、京都府京都市東山区にある”八坂神社”ではないかと思います。この他、全国にとりわけ多く点在する、スサノオを祀った神社。 ... » more
テーマ 古事記 もも

アマテラスの岩戸開きで分かる事、それは・・・明るい心が、上手くいく全ての基本だった!!!! 天地のはじめから今までずっと、全てを明るく照らし続けてくれている、太陽。太陽の光は、植物(花・草・木など)や農作物(野菜など)の光合成に欠かせない要素ですし、もちろん私たちの生活にも欠かせない要素です。このように、誰 ... » more
テーマ 古事記 もも

古事記に登場する、天照大御神、住吉大神に祈ると、こうなる!! 日本最古の歴史書・古事記。712年(和銅5年)に編纂されてから、ちょうど1300年を迎える年が2012年でした。”読んだことはないけど、日本最古の歴史書と言われているし、日本に住んでいることだし、どんな話が書かれているのか、 ... » more
テーマ 古事記 もも

桃の節句の”桃”・・・それは、イザナギ尊を助けた魔除けの桃だった・・・ 3月3日は、桃の節句。地域によっては、旧暦の3月に桃の節句をお祝いします。桃の節句の”桃”、雛祭りに飾る”桃”と言えば・・・・・魔除けとなり、不老長寿の実であり、”桃”には色々な良い由来があります。そんな”桃”で ... » more
テーマ 古事記 もも

”古事記の天地のはじめ”と”聖書の天地創造”を比べた結果、見えてきた!! 日本最古の歴史書・”古事記”の神話には、どんな風に天地開闢のお話が書かれているのでしょうか・・・旧約聖書・創世記の天地創造と比べてみると、表現の仕方に違いはあるけれど、内容としては同じことを言っていることが分かります。 ... » more
テーマ 古事記 もも

古事記は、なぜ書かれたのか??  日本最古の歴史書である、「古事記」(ふることふみ)。古事記は、上巻が序文と神話、中巻が初代天皇から第15代天皇まで、下巻が第16代天皇から第33代天皇まで、この3つで構成されています。和銅4( 711)年、第43 ... » more
テーマ 古事記 もも

Ban'ya古事記ノート(26) 黄泉の雷
『古事記』の黄泉のくだりで、理解できず気がかりな部分があった。故刺左之御美豆良【三字以音下效此】湯津津間櫛之男柱一箇取闕而。燭一火。入見之時。宇士多加禮斗呂呂岐弖【此十字以音】於頭者大雷居。於胸者火雷居。於腹者黒雷居。於陰者拆雷居。 ... » more

七福神の一人、”えびす様”が商売繁盛の神様だと言われるのは・・・? 誰もが知っているだろう、七福神の福の神、”えびす様”。”えびす”と聞いて、サッポロビールから出ているエビスビールを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?そんな日本の人たちの生活に密着している、”えびす”とはどんな ... » more
テーマ 古事記 もも

出雲の神さま・大国主命も持っていた、”何でも願いが叶う打出の小槌”とは・・・!? 古事記には、出雲大社の御祭神、大国主命(おおくにぬしのみこと)が、色々な試練を乗り越え、誰よりも強い神様になり、国の主となって国造りに取り組むお話が出てきます。この大国主命の国造りを助けたのが、スクナビコナ神、という小 ... » more
テーマ 古事記 もも

出雲大社の御祭神、大国主命は勇ましく強い神様だった!! 「いなばのしろうさぎ」のお話を知っていますか?古事記に出てくお話の一つで、大国主命(おおくにぬしのきこと)と因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)のお話です。出雲の国に、大国主命という心優しい神様が ... » more
テーマ 古事記 もも

浦島太郎が行った竜宮城は・・・願いが叶う秘密がここに隠されていた!! 日本むかし話の一つ、”浦島太郎”と言えば、日本人であれば知らない人はいないくらい、有名な話であると思います。簡単に説明すると・・・★うらしまたろう★むかしむかし、或る浜辺に、浦島太郎と ... » more
テーマ 古事記 もも

強いと見れば媚びへつらう朝鮮・・・それは、神功皇后の三韓征伐の時もだった!! 日本武尊(ヤマトタケル)の第二子・仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の皇后、神功皇后(じんぐうこうごう)の三韓征伐のお話です。仲哀天皇は家臣たちと、大和朝廷に抵抗する熊襲攻撃(九州南部)について話し合いました。 ... » more
テーマ 政治 歴史 朝鮮 古事記

マツコデラックスさんは、日本の英雄ヤマトタケルなのだろうか? ここ最近、女装男性タレントの活躍が、テレビでよく見られます。例えば、マツコデラックスさん。マツコデラックスさんは、色々な番組に出演しており、情報番組のコメンテーターやバラエティ番組の司会、雑誌での連載など、様々な ... » more

ヤマタノオロチ退治から見えてきたものとは・・・ 古事記(ふることふみ)に記述されている、”スサノオのヤマタノオロチ退治”は、何を意味しているのだろうか?@スサノは、”スサ(ペルシャ)の国の王”だった!?聖書に出てくる古代イスラエル1 ... » more
テーマ 古事記 もも

『古事記』池澤夏樹訳日本の国土を産み落としたイザナミは、それからも精力的に次々といろんな神を産み落とします。ところが、火之夜芸速男神(ヒノ・ヤギハヤヲのカミ)、別名火之R毘古神(ヒノ・カカビコのカミ)、あるいは火之迦具土神( ... » more
テーマ 桃太郎 古事記 鬼退治

クリスマスは天の岩戸開きだった!! 日本最古の書物と言われている「古事記」を、みなさん知っていますか?その古事記の中に、”天の岩戸開き”という話が出てきます。天の岩戸開きとは、簡単に言うと、弟スサノオの悪行に困り果てたアマテラスが、岩戸に隠れてしまい、みんなで ... » more
テーマ 古事記 もも

 

最終更新日: 2017/09/21 09:26

「古事記」のブログ関連商品

» 「古事記」のブログレビュー をもっと探す

「古事記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る